心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 08日 ( 1 )


2017年 11月 08日

本当にお寒い日本の痛み医療

Aさんは夏ごろより、首から左上腕〜前腕に痛みとしびれが出てきた。上腕の筋肉がピクピク痙攣することがある。

仕事は重いものを持ち上げて移動すること。

B病院(地方の中核病院)、C公立病院を受診。いずれも頚の神経から来ているというものだった。

消炎鎮痛剤を続けて飲むようにと言われた。改善しない。

過剰な労働が原因なのは話を聞いただけでわかる。

僧帽筋や上腕三頭筋、前腕伸筋、棘下筋などに圧痛があった。

強い圧痛点に30ゲージの針で局所麻酔を注射するとすぐに楽になった。

ダルビッシュ君なら1年間ぐらい休暇が取れるだろうが、一般労働者では明日も仕事をしなければならない。

上肢が痛いとかしびれるというと「頚からきている」

下肢や臀筋が痛いとかしびれるというと「腰から来ている」というのが一般的だ。

何の根拠もない。

医療費はかさむが、多くはMRIの設備償却と薬代にばける。

患者はよくならない。

これが若手バリバリの専門医なのだから困ったものだ。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-11-08 19:10 | Comments(0)