心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 15日 ( 1 )


2017年 11月 15日

なぜ我が国は痛み医学が20~30年遅れていると言われているのか

年配ご婦人が腰痛及び下肢のしびれである公立病院を受診した。

「頚で神経が圧迫を受けているので頚の手術をする必要がある。」と診断された。

「歩けなくなることもある。」ともいわれた。

この方は当院が2回目の受診だ。

頚は全然痛くないのに頚の手術を言われたことに不信を抱いて2回目の受診となった。

腸腰筋、臀筋、ハムストリング(大腿後面の筋)など圧痛のあるところに1〜2mlの局所麻酔を注射した。

すぐに楽になったとのことだった。

痙性跛行なし、バビンスキー、クローヌス、腱反射亢進などの病的反射なし。つまり脊髄麻痺症状なし。

このような診断は全く馬鹿げている。患者に無用の心配を与えてかえって痛みやしびれを慢性化する。

医師は診察できるレベルに達しているのだろうか、疑問だ。

他の社会ではこのような場合、閑職に追いやられるか、自営なら客がこなくなる。

医師はこれでもやっていける奇妙な職種だ。

看板が一流だとそのおかげでやっていける。

だれも説教する人はいない。そういう特殊な職業だと認識すべし。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-11-15 19:23 | 慢性痛 | Comments(1)