心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 397 )


2017年 06月 21日

X-JAPANのYOSHIKIさんの術後


頚椎椎間孔狭窄症で人工椎間板置換術
2度目の手術


>5月16日に米ロサンゼルスの病院でけい椎人工椎間板置換の緊急手術を受け

現在に状況について「手術前よりも痛みがものすごい」と告白。

YOSHIKIさんの症状はどう考えてもMPSなんです。クビや前腕や指の筋肉。
中高年になると頚椎5/6間や6/7間の椎間板は変性して狭小化してきます。以前はそこで神経が圧迫を受けて痛みや痺れが生じる(神経根性疼痛)と言われていわれていましたが生理学的には間違っていると思います。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-06-21 18:53 | Comments(0)
2017年 05月 27日

長友さんの半月板損傷

翌日、インテルは外側半月板断裂を発表

左ひざ半月板の故障からの復帰を目指す長友は、先発メンバーに名を連ねると、左MFでフル出場。積極的に攻撃に加わるなど、持ち味を発揮した。

今回の怪我で半月板を損傷したのか?もともと損傷していたのか?
半月板を損傷していてもプロサッカー選手、それもスーパーでいられるという事実。
半月板手術をするには新たな手術という怪我を負うこと。関節鏡でさえ。
検査をするのにどれだけのメリットがあるのか?
気にしいの人は一生「半月板が悪い」という意識が頭からはなれない。
これは腰の椎間板にもいえる。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-27 09:38 | Comments(0)
2017年 05月 21日

注射の前のアルコール消毒は必要ありません、皮膚の常在菌は体内では増殖しないから!!

https://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=16798

下着の上からでも可能です。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-21 19:39 | Comments(1)
2017年 05月 21日

痛い膝・股関節・手・足の画像は撮らなくてもいい?欧州学会が推奨

https://medley.life/news/item/59192f20e5fb5497038b4574

画像診断は偽痛風、骨折、悪性腫瘍などの鑑別です。

経過や症状から典型的な症状なら撮る必要はありません。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-21 10:32 | Comments(0)
2017年 05月 12日

手足のしびれがピタリと消える新常識(メモ)

b0052170_19594346.jpg

b0052170_200118.jpg

b0052170_200214.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-12 20:00 | Comments(0)
2017年 05月 03日

健康2009年11月号(メモ)

b0052170_18503237.jpg

b0052170_1851694.jpg

b0052170_18514463.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-03 18:51 | Comments(1)
2017年 05月 01日

はつらつ元気2009.9月号(メモ)

b0052170_3532361.jpg

b0052170_3544081.jpg

b0052170_3555349.jpg

b0052170_3564724.jpg
b0052170_3591473.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-01 03:59 | Comments(0)
2017年 04月 29日

5月27日旭川で講演します

5月27日(土) 旭川の医師の依頼を受けて「痛みの診療」ということで医師の会合で講演することになりました。

これはビタカイン製薬の「トリガーポイント理論」の「はじめに」を書いたことがご縁になりました。

パワーポイントを作成しています。

b0052170_10521275.jpg

http://junk2004.exblog.jp/24964077/



[PR]

by junk_2004jp | 2017-04-29 10:56 | Comments(6)
2017年 04月 22日

完解と言えるでしょう(メールをいただきました)

メールをいただきました。参考にしてください。

先生。スタッフの皆様。昨年まで@から通ていたAです。

久しぶりに先生のHP拝見しました。

ノルディックウォーキングに関する記述大賛成です。

私は首から腰までのいろんなところの痛みから先生のお世話になました。

@の他の病院で検査した結果は「頚椎症性神経根症」だが手術するほどでもない。

痛くて仕事もできないのに困った挙句TPBのことを知り小松を訪れました。

先生に注射していただき「よく動かしなさい」と言わたものの、首から下の筋肉を動かす方法を探してネットであれこれと調べた結果ノルディックウォーキングにたどり着き、動画サイトで勉強した(先生が今回アップされたもの)を見て先生の注射と並行して歩き始めました。

最初の3ヶ月ぐらいは手と足がうまくかみ合わず往生しましたが、それがかえって脳を混乱させ痛みが忘れられらるようになりました。

その後も、もう1年近くになりますが毎週末継続しています。

歩きながら「今、ここ、私」に集中し、目で見えるもの、聞こえる音、肌で感じる空気、鼻から入る匂いをだらだらと頭に流し、いつしか痛みを忘れました。もう首、肩、腰こりすらありませんし、20年来の痛みも再現しません。

先週は桜吹雪の中で歩き、今日は鶯の声に気づき、燕の飛び交う姿も見ました。

痛みから解放されて他のことに気づけるようになりました。

これは、一つの体験談に過ぎないかもしれませんが、ノルディックウォーキングは上半身、特にに背中側にも効果があると思っています。(回し者ではありません)

でもアマゾンで買いました。

おかげさまで、昨年来、胃薬、睡眠導入剤断薬できました。

大変お忙しい模様で、皆様こそご健康に留意されますよう。


頚椎症性神経根症」 私はこのような病態の存在を信じていません。手術をすると大変な目にあいますよ。筋筋膜性疼痛症候群です。

ヒザ痛(変形性膝関節症)、下肢痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)にも効果があります。

これらの病名の本態は筋筋膜性疼痛症候群です。慢性化するということは脳・脊髄の可塑性(記憶)にあります。




[PR]

by junk_2004jp | 2017-04-22 23:22 | Comments(1)
2017年 04月 22日

わかさ2011年1月号(メモ)

b0052170_2139435.jpg

b0052170_2140796.jpg

b0052170_2141434.jpg

b0052170_21392857.jpg
b0052170_21403060.jpg
b0052170_2141452.jpg
b0052170_2142797.jpg

b0052170_21395271.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2017-04-22 21:51 | Comments(0)