心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾( 738 )


2018年 01月 12日

医療費の最大1/3が不要な検査・治療。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症。

JAXAが「こうのとり」や「かぐや」で宇宙で活躍しているこの時代に

いまだに椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因だといっているのにはバカバカしくて怒りを覚える。

それを保険診療でやってるんだから始末におえない。

どれだけの医療費を無駄に使ったことやら。

痛みに悩む人にとって金銭的、身体的負担を強いたことだろうか。本当に腹立たしことだろう。

また、正しいことを言っている医師や治療者にとっても許し難きことだ。

だって、「長く放置したので手術をしても元に戻らなくなってしまった」と説明するのだろうから。

この手のブログなどをみるとその間違いは「痛み」と「麻痺」の違いが分かっていない。

つまり味噌糞の区別ができない。専門医がだよ!

痛みやしびれを神経症状と言っている。

痛みが神経圧迫で生じると思い込んでいる。専門医がだよ!

症例

70才、男性、2年前より30mほど歩くと左下肢痛。左下肢で片足立ちで臀部痛。足底のしびれ。脊柱管狭窄症と診断されている。

知人の紹介で当院を受診した。

左の中臀筋の強い圧痛点に0.5%メピバカインを5ml注射した。すぐに片足立ちしても痛くなくなった。

その他、大腿、下腿、足底の圧痛点にも1〜2ml注射した。

筋筋膜性疼痛症候群以外に考えられない。

MRIで脊柱管が狭窄している事実とこの痛みとは関係がない。

痛みは時間とともに広がることがある。

慢性化は中枢性の痛覚過敏状態(中枢性感作)で、どの程度の医療介入が必要なのかは経過をみないとわからない。個人差がある。

それに至った生活習慣は何なのか。どのようなことに注意すれば再発が防げるのか。


「神経線維は通常、その末端にある受容器から電気信号を伝えるものであって、その途中が興奮を起こしたりするようなことはありません。」  熊澤孝朗・著「痛みを知る」

b0052170_03453987.gif
b0052170_03454419.gif
b0052170_03462952.jpg
b0052170_05210784.jpg





[PR]

by junk_2004jp | 2018-01-12 04:49 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(7)
2017年 12月 04日

脊柱管狭窄症克服マガジン

私がでています。

種明かしをすれば、次のようなことです。へんですね(笑)。最初からそう言えばいいものを。

「脊柱管狭窄症と診断された痛みは実は脊柱管狭窄のためではなくて筋肉の攣り、こわばり、コリの痛みだ。」

b0052170_13411967.jpg
わかさ1月号増刊







[PR]

by junk_2004jp | 2017-12-04 13:46 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2017年 12月 04日

非常識な脊椎外科医

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間孔狭窄症、神経根症などが痛みやしびれの原因になることは決してありません。

これは、神経生理学の基本です。初歩です。

この真実が知れ渡ることによって、しなくても良い検査(レントゲンやMRI)や手術が避けられ簡単な治療で痛みやしびれから脱出できます。

医療費もかなり少なくなると思われます。

痛みは早期に治療すれば簡単に治ることが多いものです。

ついでに、すべり症、分離症(発育期の疲労骨折は除く)、側弯症などが痛みやしびれの原因になることはありません。

手術は外傷ですからそれが痛みの原因になることもあります。

手術が線維筋痛症になる機会を増やすことも考えられます。

不必要な手術は避けるべきです。

筋力低下を神経麻痺だという人がいますが、間違いです。痛みのため筋力低下が起きているのです。


b0052170_02381474.jpg
b0052170_03322423.jpg



神経線維は通常、その末端にある受容器から信号を伝えるものであって、その途中が興奮を起こしたりするようなことはありません。



症例
b0052170_02523607.jpg
Aさんは図のような痛み・しびれがあり間欠性跛行。2年前、脊柱管狭窄症ということで手術を受けたが、全く改善しなかった。

赤点に圧痛があったので30G注射針で0.5%メピバカインをワンポイントあたり0.5%mlぐらい注射した。

すぐに楽になった。筋筋膜性疼痛症候群(コリ)だ。

慢性化(中枢性の痛覚過敏)しているだろうから、相当日数かかるかもしれない。



痛みは脳の認知と反応ですから、どんな方法でも治る可能性があります。

しかし再発はよくあります。

お金と時間がかからない、からだに優しい方法をみつけるべきです。慢性化しないうちに。



C線維の先端にあるポリモーダル侵害受容器(痛みのセンサー)
b0052170_03172085.gif
ポリモーダル受容器で電気信号化され、
脳へと進む。

b0052170_03182514.gif

[PR]

by junk_2004jp | 2017-12-04 03:04 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2017年 11月 09日

Fake(いんちき)診断「脊柱管狭窄症」

今日は午後休診で、雑誌「わかさ」のインタビューを受けた。

脊柱管狭窄症の自己治療に関することだった。

「脊柱管狭窄症」という間違った診断を受けてどれだけ多くの人が意味のない検査を受けて、間違った説明を受けて、間違った治療を受けて、治らない痛みに苦しんでいることだろうか。

今日の最後に診た患者は2年前より、腰痛、両下肢痛に悩ませられている。

診断は「脊柱管狭窄症」、「神経が*で挟まっている。手術をした方がいい。」と言われている。

もちろんこのような診断は間違っているのだが、それを短時間に説明することは困難な事が多い。

「わかさ」は脊柱管狭窄症は間違いだとは書けないだろうが、

痛みのメカニズム、痛みの悪循環、痛みの慢性化、痛みの広がりについて理解しやすい記事を書いてほしい。

この患者には圧痛点がいっぱいあった。

頚や上肢にもあり、「線維筋痛症」あるいは「広範囲な筋筋膜性疼痛症候群」といったところだ。どちらにしても治療法は同じ。

なぜ専門医がこのような基礎的知識を持っていないのだろうか。

患者が知識をもってFake(にせ、いんちき)診断に気がつくことだ。

「痛み、しびれ」と「麻痺」の区別ができない専門医(笑)。

これによって、患者は早期の痛み治療の絶好の時を逃してしまう。

手術を受けて、効果があったとしても数ヶ月のプラセボ効果、手術という外傷が加わることによって一層複雑になった痛みに悩まされる。



[PR]

by junk_2004jp | 2017-11-09 22:45 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2017年 09月 08日

脊椎外科・整形外科が失敗した概念:痛みに対して除圧と固定

悪性腫瘍、感染症、リウマチ・痛風系は除外する。


❌ 神経根性疼痛・・・神経根の圧迫によりその神経の支配領域に痛みやしびれが生じる。
           椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
           除圧(ヘルニアを取る、骨を削る)

           こんなバカな生理学はない。地球で生きていけない。
           神経が絞扼(締め付け)されると麻痺が生じる。
           

❌ 椎間板性疼痛・・・変性した椎間板は痛みの原因になる。・・・・固定術

❌ 椎間関節性疼痛・・・変性した椎間関節は痛みの原因になる。・・・固定術


椎間板性疼痛も椎間関節性疼痛も動くから痛いので固定して動かなくしてしまえ:椎体の固定術

b0052170_02054652.jpg
b0052170_02055534.jpg
この図は高張食塩水を注射した時に感じる関連痛を示したもの(疼痛誘発テスト)

除圧術や固定術の拠り所となっているものだ。

しかし、実際の臨床で高張食塩水の注射で痛みが生じているわけではない。だからこの図は実験室のもので臨床の痛みとかけ離れている。これが多くの悲劇の元になった。

神経根に針を刺せば一過性の脱分極が生じ痛みが走る(異所性興奮)。これと実際の臨床で見る痛みは全く別のもの。

現実に中高年の健常者でも高率に椎間板の変性や脊柱管狭窄、ヘルニアが見られる。

関節性疼痛?

関節由来の痛み?

関節とは複合臓器「骨・関節軟骨・関節包の内粘膜、靭帯、半月板や椎間板・筋肉」これらの組み合わさったものを関節と言っているのだ。

関節のどこに存在するポリモーダル受容器が感作されてるの?

b0052170_02500617.gif
感作されているポリモーダルを探せ・・・押さえて痛い部位(圧痛点)を探せ。

レントゲンやMRIでは探せない。

なぜポリモーダルが感作されているのか?

炎症が起きてブラジキニンが作用したのか、機械的刺激を受けたのか。

「痛みの悪循環説」による筋肉の攣縮

「慢性痛とは痛み系の不具合」つまり痛みそのものの治療

変性したものは痛みを誘発するのか?

変性したものはブラジキニンを放出しやすいのか?

ポリモーダルが感作されるということはそこで電気信号が作られるということ。つまりエネルギーの形を変えること。

エネルギーはなぜ生じたのか?

b0052170_03202200.jpg
このように推理していくと感作されているポリモーダルはほとんどが筋・筋膜にある。それも案外浅いところ。

それは今までの経験から。

局麻で手術をする時の経験から。

その他の民間療法などから。

慢性痛は中枢性の痛覚過敏状態で、感作されたポリモーダルは介入するポイント。

脊椎外科や整形外科の悲劇がなぜ起きたのか想像できるだろ。

画像で痛みの発生地を探そうとしたのだ。

過敏になったポリモーダルを探すのに画像は必要がない。

圧痛点を探せばいいのだ。

腸腰筋の場合は腰からは分かりにくい。前方からわかる。

構造の治療と痛みの治療は別の問題になる。

痛い筋肉は短縮するのでアライメントの変化が起きる。

手術によりアライメントが変化すれば痛みが変化することがある。

「過敏になったポリモーダルを探す」これを画像によって「老化した組織を探す」ということに置き換えてしまったのだ。

「老化したものは痛みの原因になる」という考え方が失敗の原因。

「老化したもの」=「補修が完成したもの」ということができる。

「老化したもの」を若返ることはできない。だから医師には治すという発想がない。

老化のはっきりしないときは痛みの原因を明確にできない。



[PR]

by junk_2004jp | 2017-09-08 03:36 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2017年 09月 06日

専門医なんだろ、なぜこんな失敗をを繰り返してるんだ!

b0052170_19543460.gif
今日は若い女性が腰のヘルニアの手術を2回、固定術を1回して、未だに薬をたくさん飲んで休業している人を診た。

21世紀、医学は発展しているがまだ昔のままだ。かわいそうな犠牲者。

社会問題だ!

神経がヘルニアや脊柱管狭窄で圧迫を受けて痛みやしびれが出るなんて、とんでも医学だ!!

手術という外傷が加わることによって一層悪化、難治となる。






[PR]

by junk_2004jp | 2017-09-06 20:07 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2017年 08月 29日

私の治療はイロ物ではありません

本日の診察室

2ヶ月前より、両方の肩が痛く挙上困難。同じころより両下肢がしびれ痛くて歩行や体動困難。思い当たる原因はない。

以前に椎間板ヘルニアになって、オゾ⚫️療法を受けてよくなったことがある。今回もそこに行ったがよくならなかった。

肩周囲や大腿周囲の圧痛点に少量の局所麻酔を注射してやると、すぐに腕は挙がるようになり、下肢のしびれも改善した。

私「オゾ⚫️療法はいくらでしたか」
患者「40万円ぐらいでした。」
私「私のところへはどういう経緯で来られたのですか?」
患者「インターネットです。」
私「痛みやしびれの原因は強い筋肉の緊張です。重い物を持っていると手がしびれるのと同じです。物理的なことが原因のこともありますが、強い不安や緊張が引き金になることも少なくないのです。」

今回の場合、誘引となる出来事がなく、多箇所に一挙に発症したことを考えればストレス(結婚式出席、友人、兄弟の死亡など)が原因ではないかと思います。

私「椎間板ヘルニアは痛みやしびれの原因になることはありません。注射は筋肉の緊張を取ったということです。一時抑えではありません。たぶんこれでよくなるでしょう。」

保険診療で3割負担で2000円ぐらいでした。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-08-29 20:25 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2017年 07月 13日

怒り

次のような相談メールしばしばあり。
なんとも腹立たしい。
医師は悪意は決してないのだが、なぜ勉強しないのだ、なぜ反省しないのだ。なぜ同じ事を繰り返しているのだ。

この病院で手術した患者をたくさん診てきた。
この病院は腰痛治療で有名なのだが笑わせる。
専門医ってなんなんだ?
早期に適切な治療をすればこの患者の人生はよい方向に向かったものを。
この患者、もし私が最初から診ていればレントゲンも撮らないで、数日〜数週で回復しただろう。
私は1年前に腰椎椎間板ヘルニアになりました。
そして、A病院で受傷2ヶ月後、3ヶ月後に開窓術を2回、受傷6ヶ月後に脊椎固定術を1回、合計3回の手術を受けました。
4月から仕事復帰していましたが、6月の初めに箱を持つ作業をしていたら右足と腰に激痛が走りました。その後、右足の痛みと痺れは取れないです。
A病院を受診しましたがレントゲンで見る限り固定した所のズレもないし特に異常なしとのことでした。
薬を飲んで今も自宅療養で安静にしているのですが良くなりません。それどころか、左足、左手にまで痺れを感じるようになりました。
イライラした気持ちでいたところ、仲間の整形外科医から著書「脊椎外科の罠」ーある医療難民からの衝撃の叫びー
という本が届いた。
b0052170_20344550.jpg
手術は成功、しかし消えない腰の痛み。あの診断は正しかったのかー?
真実を求め立ち上がった患者たちに、仕掛けられた数々の罠。
10人に1人は腰痛を患うとされるこの時代。
これはあなたにも起こりうる物語。
b0052170_20445415.jpg





[PR]

by junk_2004jp | 2017-07-13 20:45 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
2017年 07月 11日

椎間板ヘルニアは腰下肢痛の原因ではありません(2例)

症例1:本を読んだだけで、症状はかなり改善していました。ヘルニアが痛みの原因ではありません。心理・社会的疼痛症候群=筋筋膜性疼痛症候群です。
歩行困難な中ふっと手にした先生の本。呼ばれた気がします…。ヘルニアが大きいので思い切ってオペをしたらどうかっと言われました。今年1月にも1度動けなくなりヘルニアが少し出てきたのでリリカと湿布が出されました。夜勤中に脚が動かなくなり退職しました。4月5月と痛みしびれもなかったのですが6月は寝たきりに近い生活でした。
手術かぁ~っと落胆していたところ、先ほど本屋で偶然先生の本が目に入り読むにつれて、いてもたってもいられず御連絡した次第です。昼には手術をして生まれ変わるしかない(笑)っと自分に言い聞かせていました。専門医の先生にまだまだ働きたいので歩ける様にして下さいっとお願いしたら、手術しか…。のお返事でしたので。ところが偶然にも午後にはこの本に出会い、今日読めて良かった!運命を感じました!お忙しいとは思いますが、さっそく伺います!本当にこんな出会い!ないですよね!嬉しくて長々と書いてしまいました。

b0052170_19511591.jpg
b0052170_21020547.jpg

症例2

1年半前にヘルニアと診断されて、腰から下半身にかけて慢性的な痛みが続いており生活に支障をきたしております。

平成28年(西暦20164 1回目のMRIの検査で、ヘルニアと脊柱管狭窄症があると伺いましたが、

脊柱管狭窄症で神経が圧迫されているのかの確認のため、ブロック注射を行ない一時的に神経を麻痺させた結果、痛みが全く感じなくなり、ヘルニアと脊柱管狭窄症だという診断結果が確定されました。

上記の結果をふまえ手術を検討しましたが、家族から手術よりも加茂先生の行なう治療法を薦められ、時期を考慮していました。


前略、4日間お世話になりましたAです入院前には、ともて気持ちがめいり、将来も不安になっていましたが、先生に治療していただいてから、痛みスイッチがオフになり始め、気持ちも穏やかになりました。

体を動かしながら、心もポジティブに生活してまいりたいと思っております。本当に有難うございました。


Aさんは入院されてトリガーポイント注射ですぐに症状がなくなりました。
お話を聞くと子供のころより緊張→痛みのタイプでした。(厳しい父親)
ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みの原因になることはありません。
心理・社会的疼痛症候群=筋筋膜性疼痛症候群です。


疼痛学序説ー痛みの意味を考える Patrick Wall

椎間円板の役割について外科医の混乱は、突出した椎間円板を取り除く手術の割合が、国によって大きく異なることに反映されている。10年前に10万人あたり英国では100人、スウェーデンで200人、フィンランドで350人、米国で900人であった。この割合は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。



[PR]

by junk_2004jp | 2017-07-11 20:52 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2017年 07月 08日

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因になることはありません

「椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が神経根を圧迫、絞扼してその神経根の支配領域に痛みやしびれが生じる」これ間違いです。

この間違いを専門医が言っていますので気をつけて。

クビや腰の手術をして慢性痛に苦しんでいる人をたくさん診てきました。

生理学的には全く間違っています。

神経は圧迫を受けても何も生じません。絞扼されると痛みやしびれではなく麻痺が起こります。この麻痺は神経症状です。

痛みやしびれは神経症状ではありません。

健常者でも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄はごく普通にみられます。

痛みは悪循環する、痛みは広がる、痛みは慢性化する、痛みは変化する。

このような事実を説明するには「筋痛」しかないのです。

Aさんは数日ホテルから通院を3回くりかえされました。

X月Y日
Aと申します(@県在住55歳)。TVで拝見させて頂きました。
半年前に腰痛と足のつっぱりしびれ等があり整形外科にて診察頂き脊柱管狭窄症、間欠性破行と診断されました。治療法はブロック注射痛み止投薬、ビタミン剤です。
3、4分も歩行すると坐骨、(両足)太もも裏側から脹脛の痛み、しびれがあり、なかなか良くならず難儀しております。
遠方なもので予約診療等あれば教えて頂きたいのですが、宜しくお願い致します。
1週間後
お世話になり随分と楽になり先生、看護師さん、スタッフの皆様には大変お世話になり感謝申し上げます。
3週間後
治療をして頂き大変楽になりありがとうございました。腰、お尻から脹脛の痛みがまだあります。来月8日から4日間の予定ですが宜しくお願い致します。
6週間後
先生、ありがとうございました。また楽になりました。治療を受け確信できた事、腰痛=ヘルニア、狭窄症、間欠性破行…等々はすりこまれた情報と神経が痛いと言う誤った概念と思い込みであり、今まで治療をし良くならない、治らないからと、また、他の整形外科へと、まるで整形外科難民のような私も先生とお会いでき解放されました(笑)。改めて感謝申し上げます。

b0052170_04164708.jpg

b0052170_04243783.jpg
b0052170_04431989.gif
b0052170_04442288.gif


[PR]

by junk_2004jp | 2017-07-08 04:09 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)