心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾( 731 )


2015年 07月 14日

診断が間違っていることを問題にしているのです

手術に反対しているのではなくて診断が間違っていることを問題にしているのです。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄によって痛みやしびれが生じることはありません。

私の理論ではなくて生理学の常識です。

痛み・しびれは「神経学的所見」「神経症状」ではありません。

「痛みを知る」熊沢孝朗(著)P.117
神経線維は通常、その末端にある受容器からの信号を伝えるものであって、その途中が興奮を起こしたりするようなことはありません。


神経線維は圧迫を受けても何もおこりません。

神経線維が強く締め付けられると麻痺がおこります。(絞扼性神経障害)

異所性発火:傷ついた神経線維が発芽して起こる。幻肢痛など。神経が傷つくと麻痺が起こり、次に発芽により異所性発火が生じることがある。手術で治るようなものではない。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-07-14 14:00 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
2015年 06月 28日

脊柱管狭窄症って一体なになんだ?!

金曜日(一昨日)に続いて土曜日(昨日)もA病院で2回脊柱管狭窄症の手術をした患者さんの治療をした。

金土の二日間で、A病院で脊柱管狭窄症の手術を2回した人、計4人を診察治療したことになる。(新患1名)

脊柱管狭窄症の手術をしたがよくならない人はいっぱいいる。

みなさん、こじれた慢性痛になっている。

よくもまあこんな手術をいつまでも続けられるものだと感心する。

「はつらつ元気」2010年4月号

b0052170_17274717.jpg


脊柱管狭窄症について、有名な脊椎外科医がインタビューに答えているのが掲載されている。もう一度それを見てみよう。

http://junk2004.exblog.jp/13049330/

「70歳代の健康な高齢者の6割以上は画像上では脊柱管狭窄をきたしているというデータもあるんです。」

「ヘルニアがある人でも全員が痛いわけではない。狭窄もヘルニアもある意味、加齢による顔のシワと同じようなものだから。」

 手術をするか否かの判断はどこでされるんですか?

「・・・・・神経根ブロックという注射ですが、火事場に水をまけば火が消えるわけですから当然でしょう?・・・・つまり、その部位が犯人と断定できたから手術を施行したのです。」

痛みが消えない場合、別の原因が考えられるわけですね。それが先生のおっしゃる「心因性腰痛」ですか?

「意外に思うかもしれませんが、メンタルが原因で腰痛になるケースも少なくないんです。・・・
・・・・・医者のカンだから証明はできませんが、はずれることはまずないですね。・・・・」

「ただその一方で、痛みの原因が重度の狭窄症なのに放置してしまうと、どんどん足がマヒしたり尿を漏らしたりして、最後は取り返しがつかなくなってしまうこともある。」


「腰、お尻、下肢が痛いという患者さんは、神経根ブロックをして効けば、神経根のところが原因で痛みがおきている。」・・・・これ、皆さんも間違いだとすぐにわかりますね。

「痛みはその神経根を通ってせき髄に入り脳に達している。神経根ブロックが効かなければ、その神経根を通過しなかった。他の神経根を通過したのな。」と考えるのが正解です。

「痛みを放置していると麻痺につながる」このようなことはありません。痛みは激しい電気活動が起きている、麻痺は電気活動が停止した状態です。全く別の病態です。

b0052170_1741532.jpg

b0052170_17413430.jpg

b0052170_17415263.jpg


へんなことが書いてありますね。神経と血管のスペースが減少するとお尻や下肢に痛みが生じる(笑)

どうして?

血管と神経が一緒になって伴走しているところはどこにでもあります。

こんな程度の珍説、見識で手術をされたのではたまったものではありません。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-06-28 17:47 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2015年 06月 20日

えせ医学を信じない

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因になることは決してありません。

1911 年にGoldthwaitが「腰椎椎間板の突出が坐骨神経痛を引き起こし得る」と考えたのが最初だと思われます。104年前の間違った説です。(日露戦争1905年)

神経は圧迫に強く、圧迫を受けても何も影響はありません。

神経が切断されたり絞扼(締めつけ)されたりすると麻痺が生じます。痛くはありません。ジンジンした感覚ではありません。「無感覚〜感覚がにぶい」ということです。

痛みが高じて麻痺になることはありません。

ヘルニアで麻痺になるのは馬尾症候群といって48時間以内に手術をしなければ麻痺が残ってしまいます。極めてまれです。

たぶん、腸腰筋の強い攣縮(強い痛み)→椎体を引っ張る→大量のヘルニアが生じる→馬尾神経を絞扼→麻痺

もしヘルニアや脊柱管狭窄で麻痺が生じるのなら、手術がほとんどされなかった昭和初期以前は下肢の麻痺患者であふれていたことでしょう。

「昔は足の不自由な人がとても多かったが今は手術のおかげでほとんどいなくなった。」

「医療後進国では足の麻痺がとても多い。」このようなことは聞かないでしょ。

間違った説を信じないように。今日はメールで2件、電話で2件の相談がありました。

ヘルニアも脊柱管狭窄も健常者にも普通にみられます。無害です。

痛みの本体は筋筋膜性疼痛症候群(MPS)です。急性痛と慢性痛に分類されます。

慢性痛は中枢性感作の起きたもので認知行動療法などいくつかの治療法を組み合わせる必要があることがあります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄で麻痺になるなら「坐骨神経麻痺」ですが、この言葉は聞かないですね。次の動画は腓骨神経麻痺です。痛そうではないでしょ。





下の図は神経が圧迫に強いことを示しています。

b0052170_3253561.jpg

b0052170_3255542.jpg

b0052170_3261572.jpg




[PR]

by junk_2004jp | 2015-06-20 03:28 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2015年 04月 26日

脊柱管狭窄症への減圧術と理学療法、2年後の身体機能に差なし

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/etc/201504/541719.html

症候性の腰部脊柱管狭窄症(LSS)患者をランダムに外科的減圧術群と6週間の理学療法群に割り付け、2年後の身体機能を比較した臨床試験で、両群に有意差がないことが明らかになった。両群とも、2年後に身体機能が同程度に回復しており、効果に男女差は見られなかったという。米Pittsburgh大学のAnthony Delitto氏らが、Annals of Internal Medicine誌2015年4月7日号に報告した。

 腰と脚の疼痛を含む重症の症状が持続するLSS患者の選択肢の一つは、外科的減圧術だ。米国では、腰部の手術を受ける原因として最も多いのがLSSとなっている。しかし、非外科的治療についてはエビデンスがほとんど無いため、選択は難しかった。これまでにも外科的治療と非外科的治療を比較する臨床試験が行われたが、質の高い研究はなかった。

 著者らは、外科的な減圧術と標準化された理学療法の有効性と安全性を比較し、それらの治療の影響に性差があるかどうかについて検討する多施設ランダム化試験を実施した。2000年11月から2005年10月まで患者を登録し、神経外科・整形外科部門と理学療法クリニックで試験を実施。追跡は2007年9月まで行った。

 試験の対象は、CTまたはMRIによってLSSが確認され、神経性間欠跛行を呈し、外科的な治療が適用でき、減圧術歴が無く、手術または週2回の理学療法にランダムに割り付けられることに同意した50歳以上のLSS患者169人。87人を減圧術群、82人を理学療法群に割り付け、24カ月追跡した。2年時点のSF36の身体機能スコア(0-100点の範囲で高値ほど良好)を、主要評価項目に設定した。患者が希望する場合は、割り付け外群へのクロスオーバーを認めた。

 理学療法群には、週2回、6週間のセッションを提供した。理学療法士が、全身運動に加えて、腰椎の屈曲および下肢の柔軟性の向上と強化に焦点を当てた運動を指導し、姿勢などに関する教育も行った。患者には、減圧術群へのクロスオーバーが随時可能であることを説明した。

 24カ月の追跡を完了したのは、減圧術群の74人と理学療法群の73人。減圧術群の2人は手術を受けずに、割り付けから10週以内に理学療法にクロスオーバーしていた。一方、理学療法群では、2年間に47人(57%)が手術にクロスオーバーしていた。それらのうちの31人(66%)は、割り付けから10週未満で手術を受けていた。

 その結果、Intention-to-treat分析では、2年後SF36スコアが、試験登録時(ベースライン)を基準にすると両群とも同程度に改善していることが判明。スコアの改善幅は、減圧術群が平均22.4点(95%信頼区間16.9-27.9)、理学療法群が平均19.2点(13.6-24.8)で、差は0.85ポイント(-7.9から9.6)と有意な値にならなかった。

 理学療法群から減圧術群へのクロスオーバーが57%と多かったことから、感度解析では因果効果の推定を行ったが、結果は変化しなかった。

 治療の効果に男女差があるかどうかも調べたが、有意差は見られなかった。

 減圧術関連の合併症は33件発生し、11件は理学療法から手術にクロスオーバーした患者だった。最も多かったのは再手術で、そこには創傷治癒の遅れや手術部位の感染症が含まれていた。理学療法関連の有害事象は9件で、全てが症状の悪化だった。試験期間中に6人(減圧術群4人、理学療法群2人)が死亡したが、死因は全て試験への参加とは無関係だった。

 著者らは今回の試験結果について、「LSS患者に対する外科的減圧術と理学療法が、割り付けから2年後の身体機能にもたらす利益には差は無かった。手術と理学療法に関するエビデンスに基づく治療選択を行うために、患者と医療従事者は、既知の情報に今回の情報も加えて、話し合いを行う必要がある」と総括している。

 原題は「Surgery Versus Nonsurgical Treatment of Lumbar Spinal Stenosis: A Randomized Trial」、概要は、Ann Intern Med誌のWebサイトで閲覧できる。

[PR]

by junk_2004jp | 2015-04-26 01:20 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(5)
2015年 02月 28日

今日のヘルニア関連

もう結論はでています。神経がヘルニアや脊柱管狭窄で圧迫されて痛みやしびれが出るなんて生理学はありません。

① 2度、腰のヘルニアの手術を受けた若い男性。両側の腸腰筋、脊柱起立筋、腰方形筋などの圧通点をブロック。すぐに症状は改善した。筋肉の攣縮が痛みの原因で慢性化しているのだからテニスボールを使って自分でほぐすように指導。ヘルニアは健常者でも普通に見られる。

② 50歳代男性、間欠跛行。脊柱管狭窄症、ヘルニアで2度手術を受けるも改善せず。昨年10月2度当院受診。遠方なので知り合いの鍼灸師を紹介する。本日メールをいただく。

右臀部、脛の痛みで5分と立っておれず、歩くことが苦痛で毎日憂鬱な時間を過ごしていたのが、ウソのようです。

現在は、出来るだけスポーツジムに通い1時間程度の歩行で、気持ちの良い汗をかいています。筋肉の衰えは当然感じますが、本当に序々にですが新しい力が体の中からわいて来るようにも思います。

決して、急がずゆっくりと筋肉を解してやろうと考えています。全く違和感がなくなった訳ではありませんが、(起床時、長時間座ったあと動きはじめに腰部に突っ張る感じ)日に日に薄れてきてもおり、日常生活には支障はありません。

暖かい日は、調子が良く春が待ち遠しいです。鍼灸治療に感謝するのは当然ですが、従来の整形外科治療から、MPS治療(考え、治療方法、効果、事例等々)の情報を提供頂き、その治療へ導いて頂いた加茂先生には、本当に感謝の気持ちで一杯です。

加茂先生もご自身のお体を大切にされ、一人でも多くの「悩める患者さん」の救世主で有り続けて下さい。有り難う御座いました。

[PR]

by junk_2004jp | 2015-02-28 02:28 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2015年 02月 26日

今日の新患、ヘルニア3例

① 2ヶ月前、朝起きたら右肩甲骨内側部に痛み。寝違いかと思った。MRIで頚椎ヘルニアと診断された。そのうち右上肢に痛み、しびれ出現。治療しているがよくならない。

いくつかの圧通点を30ゲージの注射針で局麻を注射したらすぐに痛みやしびれは改善した。筋筋膜性疼痛以外に考えられない。こんな症例にいちいちMRIを撮るなんて。

______________

② 半年前から背部痛、右上肢のしびれ。MRIで頚椎ヘルニアあり。「ヘルニアは小さいのでもう少し症状がひどくなったら来るように。」と医師がいった。最近夜間痛あり。

筋筋膜性疼痛以外に考えられない。症例①と同じくその場で改善した。

______________

③ 慢性腰痛。MRIで腰椎ヘルニアを指摘されている。
腸腰筋や小中臀筋のブロックですぐに改善した。

______________

3症例とも筋筋膜性疼痛症候群以外考えられない。

慢性化していたり強いストレスや不安障害などがからんでいれば治療に時間がかかるかもしれないが、ヘルニアが原因ではありえない。

こんなことしていれば、普通の会社なら客離れで倒産だろうが・・・。

MRI使用のノルマがあるのかもしれないが。



[PR]

by junk_2004jp | 2015-02-26 23:15 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2015年 02月 26日

反省して勉強しない医者

ガラパゴスドクター(ガラ医師)

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で腰下肢に痛みが生じると信じているドクター。

⭕️「他の医師のした手術でよくならないのは、除圧部位が違う、除圧が不十分。」Failed Back Surgery Syndrome の多くはこれ。

⭕️自分のした手術でよくならないのは、手術のタイミングがわるい。長時間圧迫されていたため回復が困難。

⭕️脊椎の変性疾患だから、普通は再発を繰り返す。2度、3度と手術をするのはよくあること。


これだけ自分に都合よく理論武装すれば、反省勉強の余地はない。

長時間手術をしないで回復不可能にした医師はヤブ医者ということになり訴えられてもしかたがない。

そもそも「神経線維を圧迫・絞扼すると痛み・しびれが生じる」このような生理学はありません。

神経根性疼痛、椎間板性疼痛、椎間関節性疼痛、このような痛みの概念は20世紀に流行りました。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-02-26 02:25 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2015年 02月 12日

メール質問

A先生のブログに「腰ヘルニアの神経障害を長く放置すると、治る可能性のある症状が後遺症として残り、悩み続けることになる」と書いてありました。

私も痛みが何年も続いていますし、背中や首まで痛みが広がっていて、ふらついたり冷感がしたりするので、手術が必要レベルなのでは・・・と不安になっています。

最近友人のご主人が@でヘルニアの手術をしました。「こんなにすっきりするならもっと早く手術すれば良かった」と言っていたのを聞き、ますます心配になってきました。先生のご意見をお聞かせください。


そのようなことはございませんので安心してください。

腰ヘルニアを放置したためにどのような症状が後遺症として残るというのでしょうか。私は長年医師をしていますが、そのような症例は見たことも聞いたこともありません。それどころか、手術をしたために大変辛いことになっている症例はみたことがあります。

そもそも、神経繊維を圧迫すると痛みやしびれが生じるという生理学は存在しません。

だから地球上で生活できるのです。

神経線維を圧迫したところでなにも起こらないのです。

神経線維を強く締めつけると麻痺がしょうじます。腰ヘルニアで麻痺が生じるのは「馬尾症候群」といって、48時間以内の手術が必要です。極めてまれな疾患です。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_528.htm

有名な疼痛生理学者パトリック・ウォールは著書の中でつぎのようにいっています。

椎間板の役割について外科医の混乱は、突出した椎間板を取り除く手術の割合が、国によって大きく異なることに反映されている。10年前に10万人あたり英国では100人、スウェーデンで200人、フィンランドで350人、米国で900人であった。この割合は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。


http://junk2004.exblog.jp/20995589/

次は北米脊椎学会会長も賛同していることです。

スミスのチームは、腰痛患者を対象としたX線やMRI(磁気共鳴映像法)検査も問題視している。 腰痛には無関係な異常を見つけるだけに終わることが多いためだ。

40歳以上の成人の8割には、腰の部分に膨らみなどの変形が見られる。医師は手術したくなるが、これは痛みの原因ではない。こうした「異常」がCTやMRIに現れても、腰痛と結び付けることにはほとんど意味がない。

大半の腰痛は筋肉の緊張などによるものだから、画像では原因は分からない。たとえ手術をしても、その効果は市販薬や連動や体を休めることとほとんど変わらず、手術だけは大きな危険を伴う。

腰痛は6週間もすれば、たいてい消える。だが患者は早く治したがり、医師や放射線技師には患者に早く治したいと思ってほしい金銭的動機がある。「腰痛の発症から6週間以内にMRI検査を行うのは、意味がないばかりか、手術件数と治療とコストを増やすだけだ」と、麻酔科医で北米脊椎学会会長のレイ・べーカーはいう。

プロディの提案に「拍手を送りたい」と言うべーカーは、ほかに脊椎専門医の大きな収入源になっている不要な処置があると考えてぃる。医療研究品質局によれば、07年には少なくとも35万1000 件の脊椎固定術が実施され、費用は総額262億ドルに上った。


http://junk2004.exblog.jp/11975069/

これは手術をしてもしなくても1年後の成績は同じという有名な研究です。


次のグラフは健常者にも多くの人にヘルニアがみられることを示しています。

b0052170_1821259.jpg


MRIによる健常者の年齢別異常検出率
BodenS.D.et al(J Bone Joint Surg Am 1990)

健常者でも多くの人にヘルニアがあります。

======================

以上のことから、ヘルニアが神経を圧迫して痛みやしびれが起きているのではないということです。

でも手術をしてすっきり治る人もいるのは事実です。

人間にそなわった儀式的効果、プラセボ効果ではないでしょうか。しかし、半年もすればまた痛みが再発するというケースが多いようです。

私の患者さんにも手術を経験したひとがとても多いです。

その先生もブログで書かれていますね。

「腰椎変性疾患は色々な形で再発があります。再発なく一生を終える人は幸運と思ってよいでしょう。少数の幸運な人がいる一方で、多くの人は再発を繰り返すことになります。私の経験では、2度や3度は希でなく、4度、5度、最も多いのでは頸椎2回と腰椎5回の計7回という患者さんがいます。」


私の患者さんでは「手足の痺れと全身疼痛が5年前から発症し、頚部3回、腰部2回もオペをしてしまいました。」

痛みやしびれは「脊椎の変性疾患」(老化)という考えは20世紀に席巻しましたが、21世紀の今はそれは間違いであったという反省がされています。

しかし、その考え方がまだ一般にひろがったわけではないですね。

今は「生物・心理・社会的疼痛症候群」=「筋筋膜性疼痛症候群」という考え方がされています。

[PR]

by junk_2004jp | 2015-02-12 18:39 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2015年 02月 09日

バカな診断、とまどう患者、医師を再教育

こんな患者さん、とても多いですよ。有名な脊椎外科医も疑ってみるべきです。

「これぐらいならそんな痛みにはならない」なんて説明します。いったいどれぐらいの大きさなら痛みになるというのでしょうか。そして適切な診断、アドバイスはできないのです。でも有名な脊椎外科医なのです(笑)。

脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアは普通にみられる老化現象で痛みの原因になることはありません。
MPS(筋筋膜性疼痛症候群)を知らないのだから永遠に正しい診断にはならないのです。

b0052170_21483280.jpg



前略
今年に入って、地元の書店で「慢性痛が手術なしで治る」という先生の本を購入いたしました。
小生、二年くらい前、左足首まわりに痛みがでるようになり、整形で診てもらったところ脊柱管狭窄症と診断されました。腰に痛みはありません。今もありません。

ブロック注射2回、血の流れをよくする治療をしました。手術を勧められたこともあり、治らないとみられていました。現在、痛みはありませんが、少しふらつくようで、人並みに急いで歩けません。

痛みがないので生活に支障はありませんが、いつ再発するのかと心配でした。

本で「トリガーポイントほぐし」のことを知り、本当に安心しました。九死に一生を得た思いでした。しかし、トリガーポイントを探すのは難しいようです。足首のどの部分にあるのでしょうかご教示ねがいます。

現在、簡単な全身運動をしています。またクロレラを服用しています。これで痛みが治っているのかわかりませんが・・・。お手数ですがご返事えおお願いいたします。

==================

先般、足首周りの痛みについて、お尋ねいたしましたところ早速、ご返事いただき、まことにありがとうございました。脊柱管狭窄症でなく安心いたしました。

再度申し訳ありませんが、手術を心配しました脊柱管狭窄症のことを勉強したいと思いますので、ご教示くださいますようお願いいたします。

MRIの画像では脊柱管に3箇所ほど黒く写っています。これで脊柱管狭窄症と診断されました。以下お尋ねいたします。

1・足の痛みだけで腰に痛みがなかったのはどんな理由がありますか。
2・MRIの画像で黒く写ったのは何が原因なのでしょうか。
3・MRIの画像と足首の痛みは関連ないのでしょうか。
4・MRIだけで脊柱管狭窄症と判断できるのでしょうか。
5・黒く映るのは老化現象なのでしょうか。痛みとの関連はないのですか。
6・脊柱管が全て黒く映るようになったらどうなりますか。

そのほか参考になることがありましたら何でもご教示ください。お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

[PR]

by junk_2004jp | 2015-02-09 19:55 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2015年 02月 07日

メールをいただきました。

2年前、左脚にTPBをしていただき、以後痛みは皆無となりました。それ以前は、5分以上の連続歩行や佇立が困難で、睡眠時は1時間~2時間毎に痛みで覚醒し、体位を変えても激痛で 、最後は座位で仮眠して仕事にいく辛い日々でした。

現在は、つま先を上に上げる力が弱く、スリッパ歩行がうまくできず、前下腿部の筋肉が痩せてきていますが、痛みからは完全に解放され、日常生活に支障は全くなく、快適に過ごさせていただいております。

先生のTPBを紹介して、行かれた方はみんな喜んでみえます。どうか今後も痛みで苦しんでいる人をTPBで救済してあげてください。

先生の益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。


詳しいことは忘れましたが、遠方からの患者さんで、通院されました。
[PR]

by junk_2004jp | 2015-02-07 02:59 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)