心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:慢性痛( 507 )


2017年 07月 23日

慢性疼痛患者の心得


慢性疼痛患者の心得

患者と家族の心得

慢性疼痛患者さんが心得ておくこと
痛みが長引くと、痛みのことしか考えられなくなってきます。
脳の「痛みを感じる部分」と「感情をコントロールする部分」は非常に近い所にありますので、感情は痛みの感じ方に大きく影響します。落ち込んだりストレスがかかった時に痛みが悪化するのは、この理由によります。特に「うつ病」と「慢性の痛み」は、深い関係があることが知られています。

また、「今日はいつもより痛いようだ」「あ、今痛みが来た。こんどはまたいつ痛むだろうか」「一生このままだろうか?」と痛みについて繰り返し考えることで、脳の「痛みを感じる部分」と「感情をコントロールする部分」が刺激され、痛みの神経回路がヒートアップして、過剰な活動を始めてしまいます。つまり、思い詰めれば思い詰めるほど、痛みはひどくなるのです。

こうして長い間繰り返し考え続けると、脳の痛みの回路は勝手に働き続けるようになります。こうなると、実際に体に異常がなくても、激しい痛みを感じるようになります。最終的には、脳の痛みを解釈する部分が異常をおこし、頬や足の筋肉を指でちょっと押しただけでも、「痛い」と感じるようになってしまいます。こうなるとかなり治療が難しくなります。
この状態は患者さんが自分で作り出してしまうことが多いため、ここでは、「難治」にならないための心構えをお話しします。


<自分で痛みをコントロールする方法を身につける>
* 痛みについて考える時間を減らす
何かに気を取られたり、集中しているときには痛みを感じないことが多いと思います。そのようなことを見つけ出し、痛みから気をそらせるよう努力してください。
この「何か」を見つけて、それに集中し、痛みを忘れている時間を増やしてください。(このことを「コーピング」といいます。)
「痛みについて考える時間を減らすこと」は、「脳の痛みの神経の過剰活動を減らすこと」とイコールです。
このコーピングがうまくいくと、薬の効果が現れやすいという大きなメリットがあります。全く薬を使っていない患者さんでも、「痛みはあるが気にならない」という、不思議な状態で治療を卒業していく方もおられます。
逆に、どんなにたくさん薬を服用しても痛みについて考え続けていると、薬の効果は相殺されてしまいます。

* 落ち込まない
「この痛みには治療法がない(に違いない)」「本当に治るのだろうか?」「この痛みで私の人生はめちゃめちゃだ」などという考えが心に浮かんだら、その悲観的な考えをすぐに中断してください。落ち込むと、痛みが悪化するだけではなく、痛みを克服しようとする意欲まで失ってしまいます。

* 一人でぼんやりする時間を避ける
多くの場合、忙しいときには痛みを感じません。
逆に、「家でぼんやりテレビを見ているとき」、「寝る直前、なにもすることがないとき」などには、痛みが強く感じられます。
こういうときに感じた痛みが、また患者さんを落ち込ませます。ですから、何か夢中になれること、空虚ではない時間を意識的に作っていくことが大事です。

* 趣味や気晴らしを有効に利用する
慢性の痛みを持つ患者さんの多くは、今まで好きだった趣味や、友達との外出、旅行などをやめて、家に引きこもりがちになります。痛いので出かけるのをためらってしまう気持ちはわかりますが、そうして独りで家に引きこもることで、ますます痛みのことを恨めしく考え続ける環境を作ってしまいます。
今まで好きだったこと、好きだった人との活動は続けてください。


<家族や社会から孤立しない>
* 建設的な生活を続ける
朝、決まった時間に起きて、決まった時間だけ家庭や社会で働くという建設的な生活を放棄しないでください。痛みが長引くと家事を放棄したり仕事を辞めてしまうことがありますが、健全な生活のパターンが崩れると、徐々に、一日中痛みのことを考えながら寝て過ごすようになってしまいます。こうなると、治療はかなり難しくなります。

* 痛みがあっても、「やるべきことはやる」
痛みを理由に、予定された行動をキャンセルしないでください。痛みがあっても、家事や仕事などの「やるべきこと」は今までどおり行うようにしてください。

* 痛みを食卓の話題にしない
慢性顔面痛患者さんの9割は女性ですが、痛みにとらわれた生活では、朝起きたときから自分の痛みについて家族にぐちを言い続けてしまうことがあります。繰り返し痛みについて話し続けることは、脳の痛みの回路を活性化させて、痛みを悪化させる原因になります。
また、うんざりした家族があなたを避けるようになり、孤立してしまうこともあります。痛みのことは、必要最小限の話題にしてください。

*疼痛緩和よりも社会復帰を
慢性疼痛(特に非定型顔面痛・非定型歯痛)の最大の問題は、患者さんが社会生活を止めて、家に閉じこもってしまうことです。ひどくなると、一日中横になっているような状態になります。
非定型顔面痛・非定型歯痛は命にかかわる病気ではありませんが、痛みのために、人生の重要な時期を引きこもって過ごし、仕事、友人関係を失ってしまう人は少なくありません。気がついたら、結婚の機会や仕事を失い、両親もいなくなって、経済的に立ち行かなくなっていたということにならないよう、「社会生活を続けること」、「社会に復帰すること」を第一目標としてください。


<その他の注意>

* 家族に依存しすぎないこと
患者さんが家族に依存し、家族も過剰に手厚く患者さんの世話をしている場合には難治になることがあります。
「痛みがあること」で、なにか得をする・嫌なことをしないですむことを「疾病利得(しっぺいりとく)といいます。「家族が大事にしてくれる」「家事をしなくて良い」などが代表的な「疾病利得」です。
そして、「疾病利得」がある場合には難治です。本人が無意識に治りたくないと思っているためです。

* 筋肉をリラックスさせる
体に力が入り、筋肉が固くなってしまわないように気をつけてください。軽い体操や、こっている場所に温湿布をあてるのもいいでしょう。筋のこりは、痛みを悪化させます。
また、浅くて速い呼吸もやめて、お腹から、ゆっくり深く呼吸してください。


<患者さんの家族が心得ておくべきこと>

* 疼痛性障害の痛みは、患者さんの脳が感じている痛みで、本物の痛みです。仮病扱いして、患者さんを責めるのは筋違いです。

* 患者さんに、「まだ治らないのか」とか「我慢できないのか」というようなプレッシャーを与えるのは逆効果です。ストレスは疼痛を、一層悪化させます。

治療を妨げるような事をしない。(第一選択は、抗うつ薬による薬物療法です。中途半端な知識で、抗うつ薬の減量を忠告したり、他の習慣性のある薬や健康食品を勧めたりしないこと。)

患者さんをいたわりすぎることも、痛みを悪化させる可能性があります。患者さんが自分でできること、今までやってこれたこと(家事など)は、患者さんに任せてください。毎日痛みについて長々と話を聞くことは、患者さんの意識を痛みに集中させるため、逆効果です。必要以上に痛みを家族の話題にしないことが重要です。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-07-23 10:51 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 06月 22日

みんな困っています

3月、フジTV「その原因Xにあり」に出演してから、全国から多くの人がきます。

3ヶ月経った現在でも続いています。一時期よりやや落ち着いてきましたが。

私の言葉に感動したのいう人は数人いらっしゃいました。

朝の4時ごろから駐車場に集まりはじめます。

だれが始めたか、番号札(整理券)が配られます。

外来は9時より始めて午後6時すぎに終わります。(昼休みは30分)

数日間ホテルから通院する人、日帰りの人、それぞれです。

先遣隊で治療に来た人が家族や友人を連れて「御一行様」で来院されることもしばしばです。

日本全国、どこでも同じような痛みに対する医療が行われていて、満足されない患者さんで溢れているのです。

また、ほとんどの方は多くの部位に痛みやしびれをもっています。

「レントゲンやMRIは撮るが痛みは取らない」という揶揄悪評を聞きます。


「ヘルニアが神経を押さえている」「脊柱管、椎間孔で神経が圧迫されている」

「軟骨が、椎間板が、半月板がボロボロ」

「腱板が裂けている」

などなど、痛みのニセのお墨付きを与えられ、即手術を言われたり悪化したら手術といわれる。

安静を指示されるが、これでは悪化の一途です。

上記のことが痛みの原因ではないのです。

なんとかしなければ慢性痛は増えるばかりです。

私は医学教育の失敗だと思います。

未だにひと昔前の痛みの伝説を引きずっているのです。

北原雅樹先生は「日本は痛み医療の最貧国」とおっしゃっていらっしゃいます。私もそう思います。

日本のレントゲンやMRIの人口あたりの台数は全世界で頭抜けています。

医師は経費の償却の必要もありせっせと撮影しなければならない立場でしょうか。そのことが却って悪い結果になっているようです。

そうすると前記のような構造破綻が見つかるわけです。

毎年の医師国家試験に「痛みの生理学から」「MPS(筋筋膜性疼痛症候群)から」必ず問題を出すのもいいアイデアです。

厚労省は本腰を入れて痛み医療の対策をしなくてはいけません。




b0052170_22192676.jpg
この図は「慢性痛はどこまで解明されたか」という本からの図を持ってきて私が書き足したものです。

この図を見ていると問題点がつかめます。

Bの治療とCの治療は別問題なのです。Cの治療は重要です。Bの治療は必要ありか検討すべきです。

Bにないもなかったら「異常なし」「手術するほどではない」といわれて、痛みの治療Cはされません。それで治ればいいのですが。

痛みの悪循環が続くとD脳も感作されます。それが慢性痛です。

強い痛みなら数時間で、普通3ヶ月と言われています。

痛みの病名も混乱を極めています。同じ病態でも診る方向からなんとでも言えるのです。

Aから見たら「挫傷、捻挫、打撲、労働スポーツ障害」

Bからみたら「ヘルニア、骨折・・・」

Cからみたら「筋筋膜性疼痛症候群、線維筋痛症、慢性痛、神経痛、CRPStype1」

Dからみたら「身体表現性障害、心因性疼痛、神経障害性疼痛、中枢性疼痛、不安障害、抑うつ状態、発達障害など」

整形外科医の頭は混乱しています。

患者に説明する病名、カルテに約束ごととして記載する病名、勤務先に提出する病名、保険会社に提出する病名、裁判や弁護士に関わる病名

他人に提出する診断書の病名は無難ものになります。

発達障害や不安障害、抑うつ状態が根底にあると痛みの閾値が低くわずかなきっかけで大火になることも想像できます。


痛みの定義

不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。

①組織損傷を伴うもの・・・急性痛、炎症性疼痛、リウマチ、リウマチ類似疾患、痛風、仮性痛風

②組織損傷があるように表現されるもの・・・慢性痛、神経障害性疼痛、身体表現性障害・・・・

②は痛みそのものが治療の対象です。中枢性の可塑的変容です。

①②とクリアカットに分類できるものではありません。

しばしば混在します。

早期から痛みの治療をして慢性痛にならないようにすべきです。no pain,no pain(痛みがなければすべてよし)

慢性痛になったら、患者を支持、保証して集学的に治療すべきです。

今のような診療体制、医師は画像ばかりをみてコンピュタを相手にして、触診することもなく、不安を煽るようでは慢性痛は増え続けます。

中年の女性で5回腰の手術をした人、クビ、腰、膝と手術をして慢性痛に苦しんでいる人、この人たちは現在、私のところで良好な経過になっています。

神経が圧迫を受けても痛みはおきません。

すべり症など構造異常が痛みの原因になることはありません。

軟骨がボロボロでも痛みは起きません。

それでは「痛みの悪循環」が説明できないからです。

痛みは電気現象なのですが、それらが発電するエネルギーを蓄えているとは思えないからです。

健常者でも普通にみられます。

どうぞ「専門医と称する人」の診断に気をつけて!




[PR]

by junk_2004jp | 2017-06-22 23:28 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 06月 16日

ポールウォーキング











薬やトリガーポイントブロック、鍼などを利用して、毎日、少しずつやって!

b0052170_19472474.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2017-06-16 19:48 | 慢性痛 | Comments(1)
2017年 05月 19日

心因の要素が大きいほど強い痛み

「すっごく痛い!」

目蓋を強く閉じておっしゃることもある。

そういう感じの患者さんは心因の要素が大きいと思っている。

心因の要素が絡まない慢性の痛みはないのだが、長いこと医師をしていると、見えてくるものがある。

お手紙をいただきました。

都合で中途半端を承知で退院せざるを得ず・・・小松空港では痛みで歩けなくなり情けなく涙をながしました。

到着した空港では車椅子を頼みタクシー乗り場へ、やっとの思いで帰宅・・・

先生が毎回”よく歩いてください”と仰せられるお言葉を守り帰宅しましてから毎日、杖は離せませんが、一心に歩きましたところ、痛みはあるものの20分ほど歩けるようになりびっくりしております。

10年前になりますが、母が寝込み自宅介護・・・

お葬式の時、突然足に痛みが走り歩けなくなり、それ以来今日に至るまで痛みを抱え8年になります。

医師からは手術を勧められ半ば諦め一縷の望みをかけせっせとジム通いするも改善せず、なるようにしかならないと諦めておりました。

その時、テレビで加茂先生を知り藁をも掴む思いで・・・本当の治療に巡り会うことができました。

初めて”治る”と確信の持てる治療に感謝いっぱいです。

2週間という短期治療でありましたのに8年間も苦しめられた痛みが3割確実に快癒いたしております。

誠に嬉しく希望の持てる日々に心から感謝しております。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-19 21:58 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 05月 14日

二種類の慢性痛

慢性痛=筋痛症(myopain)

日本の医師の多くに筋痛症の概念がない。

あったとしても筋肉痛ぐらい放っておいても治ると思っている。

レントゲンやMRIに写っている構造異常が痛みの原因だと思っている。なにも異常がなかったらお手上げ。

そしてしなくてもよい手術をする。しばらくはプラセボ効果でよいこともあるが、また痛くなる。

手術という外傷が加わって痛みがこじれにこじれていく。

①発達障害、極度の不安障害などが背景にある場合は、最初から慢性痛のような形をとると思う。(一次的慢性痛)

②急性痛が慢性痛に変化する。(二次的慢性痛)

・ケガと使いすぎ、固まった姿勢。

・筋肉そのものの場合と反射的に筋肉に攣りの場合。

①と②を明確に区別できないこともある。①を持った人がケガをした場合など。

①は精神科医の出番が多くなる。

②は何としても避けたいものだ。早期に除痛。

例えば、背骨の圧迫骨折でセメントを注入した人で、慢性の痛みに悩んでいる人を数人みたことがある。

骨折の治療は完璧にいったので医師は痛みを訴えるのはオカシイと思っている。

骨折の治療と痛みの治療は別問題なのだ。

もちろん両方とも完璧に行うことが理想だが、痛みの治療は時間のファクターがあり優先されるべきだ。

現実的な話・・・

腰痛だけを訴えることは少ない。ほとんどの患者さんは多数部位に痛みを持っている。

それに対して一々、もっともらしい病名をつけてカルテに記載して説明して治療するのは大変な労力だ。

4〜5人に一人の割合で慢性痛を持っているといわれている。

筋痛はそれだけ慢性化しやすいわけだ。

整形へいってもレントゲン、MRIをとって湿布とお薬、ペインクリニックへいっても硬膜外、神経根ブロックや星状神経節ブロック。

多くの患者さんはみきりをつけて我慢するか、マッサージに通う。

あるいは一発逆転の夢をいだいて手術をする。プラセボが一生続く幸運はまれ。

医師数が増え、世界トップの人口あたりレントゲン、MRI数、皆保険、これだけ条件が整えば慢性痛は伝染病みたいに広がっていく。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-14 01:59 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 05月 13日

慢性痛=筋痛症

慢性痛は筋痛症なんです。

リウマチ痛風、悪性腫瘍、感染症は除外

痛みの悪循環、痛みは広がる、多くは反対側にも。これらを満足するものは筋痛症しかないのです。

ということは、急性痛も筋痛症なんです。ただし、急性痛の場合は「筋痛症+骨折」というように他の要素も加わっている可能性があります。

そして筋痛症が慢性化しやすいのです。

ところが日本の医師には最もありふれた筋痛症の概念がないのです。そのためうまくいかないのです。

私が参考にしている信頼できるサイトにも筋痛症の項目がみられます。まだ製作中なんですが。

https://www.nippon-zoki.co.jp/library/CSPdata/CSP_index.html
b0052170_18541949.jpg
b0052170_18544554.jpg


熊澤孝朗先生の「痛みを知る」
b0052170_1857227.jpg
b0052170_18574842.jpg


丸山一男著「痛みの考え方」
b0052170_18595425.jpg
b0052170_1902572.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-13 19:02 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 05月 06日

慢性痛の治り方はいろいろ

当日はお忙しい状態だったので、いちばん、痛みを感じていた右足首だけの施術をしていただきました。

小松の駅まで歩いたのですが、痛みは変わらずあり、正直がっかりしてたのですが、翌日から右足首の痛みが軽くなり驚きました。

今までトリガーポイント注射をしてもらったこともありますが、麻酔なので、そのときは、効いた気分になるけど、時間がたてば、元に戻ってたので、翌日以降に効果が顕著にあらわれたことには、驚きました。

うつ、ヘルニア、脊柱管狭窄と、7、8年、症状を訴えても、改善することもなく、スキーや登山などの楽しみが次第にできなくなり、故に肥満や、あるいは、うつになっていたので、まだ、希望はあるんだ、という気持ちを与えていただき、感謝しております。とりあえずは御礼まで。



[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-06 17:22 | 慢性痛 | Comments(2)
2017年 04月 28日

足くびの慢性痛

次のようなメールをいただきました。

この方は半年前、階段の昇降を繰り返したためか、右足クビが痛くなりました。

下腿から足くびに至る数カ所の圧痛点(痛覚過敏点)に局所麻酔を少量ずつ注射しました。30ゲージ針を使いました。

先日、初めての治療をしていただきました者です。

半年間痛みに泣いていて、@からアクセルを踏むのもやっとで向かい、治療していただいた帰りに、まだ痛みはあるけれども、正しい痛みと言うのでしょうか…。

得体の知れない強く軋むような心も沈む痛みが理由があって今痛くてもちゃんと治る痛みに変身したような気持ちで帰途につきました。

その日の夜は、半年ぶりに全身の力が抜けて眠ることができました。

今は、あんなに痛かった右足より、昔脱臼した左膝のほうが気になる感じの時があったり、気になる箇所がくるくる変わってる感じです。

それでもすごく自然でしっかり立てます。

感謝の気持ちでいっぱいになると、まわりの風景が輝いて見えます!

嬉しくて書いてしまい、支離滅裂ですいません。ありがとうございます。

また来週よろしくお願い致します。


b0052170_203282.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2017-04-28 20:00 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 04月 26日

ミラー現象

ミラー細胞

「わ、痛そう!」は、共感する神経細胞が働いていた。

神経科学者のラマチャンドラン氏はミラー細胞が発見される前から鏡を使って幻肢痛の治療をしている。

家族3人が同じような痛みで来院。

病室で誰かがよくなるとみんながよくなる。その逆もある。

膝痛でも肩痛でもいわゆる坐骨神経痛でも長い痛みの人は大概両側に同じように圧痛点がある。

「患側をかばっていたら反対側もいたくなってきた。」というがミラー現象なのだろう。

幻肢痛のミラーセラピーはこの現象の有効利用なのだ。

痛みを共感してもらっては困る。

慢性痛の大きな責任は脳にあることがわかる。

痛みが分節を超えて広がるのは(同側に広がるのは)グリア細胞の活性化にあるといわれている。つまり、痛みの電気信号は一本道のハイウェーを進むのではなく、周りに影響を与えて進む。

とにかく、痛みは早く止めるにこしたことはない。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-04-26 19:48 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 04月 20日

痛みと洗脳と利権

TV出演の影響が収まらない。

大阪での放送が1、2日前にあったとのことで、そちらからの問い合わせが増えている。

もう諦めていたという人も一回の治療ですっかりよくなった人もいる。

なんだか「軟骨すり減り」の洗脳が解けたかのようだ。

治りにくい人は洗脳が解けないか脳の可塑性変化が強い、不安障害、抑鬱状態。

痛い、痛い人でも入院した途端によくなる人もいる。

水が溜まっていて外見上は痛そうだと思われる人でも、よく歩くように指導すると見違えるようによくなったという。

その逆のこともある。

産業界、医学会の利権が絡んだ洗脳。

悪意はないものと思うが。

医師も洗脳を受けている。

軟骨がボロボロ、将来は人工関節と言われれば誰でも歩く恐怖が生まれる。

正座を避ける。

ますます悪化。

医師は治そうとはしないで人工関節になるまで放牧(失礼)しているがごとき。

私の婆さん時代(明治生まれ)の日本人は皆、きちんと正座ができた。

その時代は軟骨、半月板、椎間板、脊柱管などという言葉は一般的ではなかったし、医師もそんなにおおくはなく洗脳する必要もなかった。

痛みの本態は筋筋膜性疼痛症候群、慢性疼痛なのだ。

自分のペースで歩くことが大切。

肥満、腰痛、膝痛で歩くことが困難な方はポール・ウォーキング(ノルディック・ウォーキング)がよい。



スティックはアマゾンで買える。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-04-20 22:41 | 慢性痛 | Comments(0)