心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:リウマチ( 4 )


2012年 03月 04日

筋骨格系の痛み・しびれ

筋骨格系の痛みはほとんどが筋性痛だ。

鑑別するものとして、悪性腫瘍、感染症、リウマチ及びその周辺の炎症性疾患(脊椎関節炎、痛風など)、CRPSタイプ2(神経損傷に伴う痛み)

原因は外力による筋の微小損傷だ。この場合、骨折、半月板損傷、椎間板損傷(ヘルニア)、靭帯損傷。腱損傷が伴うことがあるが、構造の治療と痛みの治療は別問題として、それぞれに対して適切に行われるべきだ。

損傷が治ると痛みも治るというものではない。痛みが治ると損傷も治るというものでもない。多くの場合、痛みの治療を優先させるべきだ。

外力は2種類ある。

一過性の大きな外力・・・・転倒、打撲、捻挫など

慢性的な外力・・・・・・・・・生来のアンバランス、仕事、運動、癖、

たとえば、5kg重の頭を支える頚の筋肉、腕をぶら下げている肩周辺の筋肉、立ち座りの膝の筋肉、腰の筋肉。


筋肉で生じた痛みの電気信号は、脳に達する。

脳・脊髄は痛みの信号が入力されると、反射的に防御しようと筋肉を収縮させる。

交感神経の緊張も始まる。

それがまた次の痛みを生じさせる。

このようにして、痛みの悪循環が繰り返されると中枢性感作(中枢性痛覚過敏)が生じる。これが慢性痛という新たな疾患だ

慢性痛を防ぐには急性痛のときに痛みの悪循環を止めてやるべきだ。

坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性関節症、頸椎症、五十肩、テニス肘、頚肩腕症候群、打撲、捻挫、神経根症など整形外科の外来で診ている殆どの疾患は筋性痛なのだ。

筋肉の緊張、短縮が慢性化すると、骨棘形成、O脚変形、側彎、ヘルニアなどの骨格異常が出現する。

これらは、痛みの原因と誤解されているが、痛みの結果と見た方が理論的だ。

慢性的な痛みは脳に悪影響を与える。不眠、うつ、不安障害など。

また、不安障害やうつ状態の人は痛みを永続させる。

どちらが鶏でどちらが卵か分からないこともある。

現在の多くの病院で行われている診断はお粗末なものである。

画像ばかりを見て、触診をしないという患者さんが多い。

画像では診断できない。





[PR]

by junk_2004jp | 2012-03-04 11:28 | リウマチ | Comments(0)
2012年 01月 29日

コニさんのブログより

http://ameblo.jp/cniconimidori/entry-11147596074.html

b0052170_10375512.jpg


とてもよくまとまっているので掲載させていただきます。

これを貴方の主治医に見せたらいいでしょう。

これらの薬剤は痛みの電気信号をストップ(遮断)させようとするものです。

いってみればすべて「痛み止」です。

痛みは悪循環を起こしますから早期に適切な治療が必要です。

痛みは早期なら末梢で遮断できます。(NSAID、局麻剤)

慢性化とともに「下行性疼痛抑制系」の減弱が生じます。(中枢性感作・中枢性痛覚過敏)

痛覚抑制系を元気つける薬剤もあるのです。(疼痛抑制系賦活剤)

[PR]

by junk_2004jp | 2012-01-29 10:57 | リウマチ | Comments(11)
2005年 06月 28日

な~んちゃってリウマチ

長年、リウマチといわれて抗リウマチ薬(リウマトレックスなど)、ステロイド、消炎鎮痛剤を飲み続けていた人が薬をやめたらかえって体調がよくなった。このような人をいますぐにでも5人は名前をあげることができます。

腰痛などで受診した人が、リウマチの薬をのんでいるというので分かることがあります。長期のリウマチなら視診で十分判断できます。「えっ、あなたがリウマチ?」という感じです。

当初は強い関節炎があって血液検査でリウマチ+であったので「リウマチ」という診断になったのでしょう。

それが薬によって緩解したのか、もともと一過性の炎症であったのかいまとなっては分かりません。

医者も患者も一度レッテルをはると「リウマチだから・・・」という妙な言い訳というか、あきらめができるのでしょう。

総合病院などになると、医者が変わることが多いので診断した医者はもういなくなっていることも多いと思われます。あとから診る医者は、漫然と治療を続けるということになるのでしょう。

経過が長ければ、結果が分かるものです。あとから診る医者のほうが有利なのですが、いつも診断に疑いをもって「レッテルをはがす勇気」を持たなくてはいけません。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-06-28 10:21 | リウマチ | Comments(0)
2005年 04月 01日

関節リウマチと免疫

膠原病が発症するきっかけは強いストレス

さらに、膠原病がどういうようなときに発症しているか、ということを患者さんたちにしっかりと問診していくと、必ずストレスやウイルス感染のエピソードが得られました。たとえばひどい風邪をひいたあとで発症したという類のケースがひじょうに多いのです。つまり、ひどく組織が破壊されて、免疫抑制の状態になったときに起こっている病態なのです。

                   「免疫革命」  安保徹 (講談社インターナショナル)
 

私たちはまだ何も知らない

策2部で見てきたアレルギー、リウマチ、がん、エイズ、どれ1つに関しても私たちはまだ何も知らないのです。「現代分子生物学の理論ではこうなるはずなのに現実はまったく違うのはなぜか?」という場面に、私たちは何度も出くわすことでしょう。

このように現実とは残念ながら矛盾に満ちたものです。そのような現実を目の前にした時、微生物や分子という実体を追究していくことはもちろん大切なことですが、それと同じくらい大切なのは「何ものかのバランスの崩れを整える」という体液病理学説の精神に立ち返ることなのかもしれません。
・・・・・・・・・・・・
関節リウマチのようにマクロファージが活発に働きすぎて病的な事態を生じる病気もいくつかあります。そのような病気に対しては、マクロファージの機能を和らげる治療が開発されていくのかもしれません。

私たちの"知"が行き詰まったとき、先人たちの"知"から学ぶことはやはり多いような気がするのです。なにしろ顕微鏡も抗生物質もない時代に、先人たちは病気とはなにかを必死に見つめ、そして考えてきたわけですから。

「好きになる免疫学」 多田富雄 監修  萩原清文 著  講談社サイエンティフィク


___________________________

抗リウマチ薬は免疫に関係する細胞に働きかけ、異常になった免疫系を元の状態に戻して、病状の進行を止める薬です。抗リウマチ薬には、免疫調整薬と免疫抑制薬があります。

服用を開始してから、治療効果が出るまで1~3ヶ月かかりますが、効果が出ると、しばらく寛解状態が続きます。ただし薬により、特徴的な副作用が出ることがありますので注意が必要です。

患者により、特定の薬に反応しない人もあるので、試行錯誤を繰り返しながら、最も適した薬を選択することもあリます。副作用も、人により出る人と出ない人があるので、その薬が患者さんに合うかどうか検査して注意します。

免疫抑制剤を早期の関節リウマチに投与すると、将来の関節破壊が防止できるといわれています。最近、新しい薬の開発が盛んに行われています。


抗リウマチ薬はいろいろ試してみないと分からないのです。また副作用も気になります。長期に使うと効果が弱くなるので、他のものにチェンジすることもあります。先日、副作用で死亡例がでたというリウマトレックスも抗リウマチ薬です。

リウマチの治療はよく分からないというのが本当のところです。私は可能なかぎり薬は少なくするようにしています。

免疫異常による炎症、関節破壊を食い止める、痛みを管理するということですが、まだまだこれからの発展を期待したい。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-04-01 20:10 | リウマチ | Comments(0)