カテゴリ:MPS( 176 )


2016年 04月 09日

変形性股関節症?

b0052170_16212328.png


これは私の古くからの患者さんです。(60歳代)

以前は右のお尻が痛いといって月に数回来院していました。お尻の圧痛部位に局所麻酔を注射していました。時に、腸腰筋にも打っていました。そのたびによくなっていました。

最近は右は全く痛くなく左が痛いということで同じような治療をしていました。

ところが、3日前より左の股関節が急に痛くなり、車椅子で診察室に入ってきました。

本人の希望でレントゲンを撮りました。今まで一度もレントゲンは撮っていませんでした。

典型的なかなり高度な変形性股関節症です。

左の腸腰筋に強い圧痛がありましたのでそこに3ccほどの局所麻酔を注射するとすぐに痛みは取れて歩いて診察室をでました。

レントゲンの説明は難しいですね。あまり深く印象に残らないように説明しました。

不思議でしょ。今は右は痛くないのです。それに4日前は左もさほど痛みがあったわけではないのです。

そして簡単な治療で歩かれるようになったのです。

目から入る強い印象、医師の配慮のない説明は患者の脳に刻み込まれ、痛みに悩まされることになるかもしれません。

江戸時代は軟骨、変形、神経、半月板、椎間板、筋肉という言葉はありませんでした。これらは訳語として作られたもでしょう。言葉がなければ、概念もないのです。現代人よりも痛みも少なく、上手に解消して生活していたのではないでしょうか。鍼やお灸、指圧、湯治など。

大迫たつ子という強いプロゴルファーがいました。最終日に少し跛行していて、アナウンサーが、股関節が悪いといっていたと記憶しています。股関節が悪くても強いゴルファーでいられるのだと感心した記憶があります。

プロゴルファーは3日間、アップダウンの激しいところを歩かなければいけないのですよ。

[PR]

by junk_2004jp | 2016-04-09 16:52 | MPS | Comments(1)
2016年 04月 08日

私がMPS研究会で伝えたかったこと

もうなん年前になるか、MPS研究会を立ち上げた理由は、トリガーポイント注射を普及したくてではない。

1)「脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが神経を圧迫して、痛みやしびれが生じる」という考えは科学的には完全に間違っている。

2)「椎間板、関節軟骨、半月板などの老化が痛みの原因である」という考えは科学的に完全に間違いである。

これは意外と思うかもしれないが、痛みのメカニズムを勉強すればすぐに理解できる。

3)あなたが診ようが診まいが、ほとんどの外来患者の病気は治癒するものである。病人が治るのを邪魔しないのが良い医師である。

  態度、言葉は医師の有する最も重要な手段である。その重要性を認識して賢明な使い方が出来るようになりなさい。医師は役者でなければならない。相手、場合によって態度、言葉を変更する必要がある。

「ドクターズルール10」よりhttp://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_151.htm

つまり、心身医学だ。

Doctor as drag (薬としての医者)

適切な説明力、安心感、信頼感、など総合的な「医者力」

同じことが代替治療家にもいえる。「治療者力」

私の本やこのブログで紹介したが、内科医や産婦人科医の奥様が脊柱管狭窄やヘルニアで手術を考えていたのだが、当院に数日来院して、治療を見学してあとは自宅で医師である夫が治療して治した。

先日、こんなことがあった。

80歳の医師が椎間板ヘルニアの手術をして、2週間後に痛みが再発、私の本を読んで、ファックスしてこられた。その地域には私が知っている医師がいなかったので、症状をお聞きして、治療法を伝えた。80歳の医師は友人の医師に頼んでその治療をやってもらった。のちに改善の感謝の手紙をいただいた。

「腰痛は脳の勘違いだった」は、著者・戸澤洋二氏は私のHPからヒントを得て、研修に来ている女医さんに注射をしてもらい、認知行動療法を組み合わせて治したという話だ。これは「スーパー患者力」だ。

これらの例からもわかるように、特殊な技術、訓練を要する技術ではないのだ。

「医者力」、「治療者力」は技術もさることながら、説明力、信頼感、安心感、寄り添う能力などだ。これは一朝一夕に身につくものではない。経験、勉強が必要だと思う。

しかし、すべての患者に対応できることではない。

そうだろ、特殊な治療法が必要なら、明治時代以前の世は痛みに苦しむ人が大勢いたことになる。また世界中にも痛みに苦しむ人が大勢いることになる。

この3つを医師に教えたかったのだ。私のやっているトリガーポイントブロックをひろめようとしたのではない。



[PR]

by junk_2004jp | 2016-04-08 20:13 | MPS | Comments(0)
2015年 10月 19日

手根管症候群な〜んちゃって

Aさんは2ヶ月ほど前より右手1、2、3指にしびれがでてきました。

2週間前に「手根管症候群」という診断で手術をしましたが、かえってしびれはひどくなり、夜間痛もあり睡眠が十分にとれません。

反対側に手にも少ししびれがあります。

b0052170_1574521.jpg図のように圧痛点があります。

手をよく使う仕事をしていらっしゃいます。

圧痛点に少量の局所麻酔を注射するとしびれ、痛みは軽減しました。

また手を振るとしびれは軽減することから、MPSによる静脈のうっ血が症状を悪くしているものと思われます。

私は「手根管症候群」という病名のつけ方に反対します。

そもそも神経を圧迫してもしびれや痛みは生じません。

神経が絞扼されたときは「麻痺」が生じます。しびれではなくて「知覚鈍麻」「知覚脱失」が生じます。

手根管部においてこのような神経絞扼が起きた症例を私は見たことがありません。

もしあったとしたら、「手根管症候群」というような病名ではなくて「正中神経の絞扼性障害(手根管部)」という病名にすべきです。

梨状筋症候群、胸郭出口症候群などの病名も結局のところMPSです。さらに脊柱管狭窄症も椎間板ヘルニアという病名で表現されている痛みもMPSです。みんな「な〜んちゃって」なんです。

ズワイガニは石川県で獲れたものは「加能ガニ」、福井県で獲れたものは「越前ガニ」、山陰で獲れたものは「マツバガニ」といいます。

筋骨格系の痛みも場所によっていろいろな名前を使っていて、それぞれに専門家と称する医師がいるのでややこしいのです。

筋骨格系の痛みで、悪性腫瘍、感染症、リウマチ・痛風、幻肢痛、帯状疱疹後神経痛でなければ、MPSです。

誤解を生まないためにも、そろそろ病名を整理して合理的な病名にして保険診療をすべき時になっている。

b0052170_17591169.jpg


ではなぜ図のような正中神経支配領域にしびれがあるのでしょうか。

静脈、動脈、神経は伴走していることが多いので静脈のうっ血が神経の分布範囲と一致しているように思われるのでしょうか?

手根管症候群の治療は不用 http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_268.htm


http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_594.htm 

4-1
://www.round-earth.com/HeadPainIntro.htm
肩甲筋の緊張は頭痛の原因になったり、手根管症候群や胸郭出口群といわれている痛みを呈することがある。いわゆる手根管症候群の場合は半ダースはあると思われる原因のなかで、手根管をどうこうするのは最後にしなさい。手術をする前にぜひチェックを!・・・・


[PR]

by junk_2004jp | 2015-10-19 17:53 | MPS | Comments(8)
2015年 10月 05日

ビタカイン製薬「トリガーポイント理論」を作成しました。

このたびビタカイン製薬様のご依頼をうけて「トリガーポイント理論」の作成のお手伝いをしました。

筋骨格系の痛みに対して、家庭医、内科医が対処できる。早期治療が大切。

これを契機に痛みの治療に関心を持たれることを期待します。

だれでもどこでもレントゲンなどの検査なしでも簡単に治療を受けられますように。

「はじめに」

筋骨格系の痛みの多くは、筋筋膜性疼痛症候群(myofascial pain syndrome,MPS)です。1983年に Travellと Simonsは「筋筋膜性疼痛と機能障害 :ト リガーポイントマニュアル」という表題の膨大な書物でMPSを体系化しました。

MPSは我が国において認知度が低く、医療でうまく対応できていないせいなのか患者数は2010年で成人の22.5%が慢性痛を持っているとの報告があります。

悪性腫瘍、感染症、リウマチ・痛風、幻肢痛、帯状疱疹後神経痛などを除外診断 (レ ントゲンや血液 診断)できれば、痛みやしびれはMPSということになります。これらの疾患にMPSが合併していることもあります。

椎間板ヘルニア 、脊柱管狭窄症 、坐骨神経痛 、頸椎症 、椎間板症 、神経根症 、すべり症 、分離症 、肩関節周囲炎、腱板損傷、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、テニス肘、手根管症候群、肋間神経痛、変形性関節症、半月板障害、アキレス腱周囲炎、腱鞘炎、足底腱膜炎、シンスプリント、などと言われている疾患の痛みやしびれはMPSです。

MPSの症状は痛み、しびれのほかに罹患筋によって、力が入らない、耳鳴り、ふらつき、知覚鈍麻など多彩です。

特殊なものに、痛みが全身に広がった線維筋痛症 (罹患者数推定250万人)、 浮腫や強い痛みが続くCRPSがあります。

MPSの原因は重力 (外力)です。

1)一過性の大きな外力 (転倒、むち打ち、打撲、ねん挫など)
2)慢性的な外力(生活習慣、仕事、スポーツ)です。

老化による筋肉の質 、量の低下(サルコペニア)は外力に対応することが困難になります。

MPSは慢性化しやすく、また痛みの部位が広がっていくことがあります。早期にトリガーポイント注射などの治療が必要です。手技は比較的簡単ですので、プライマリ・ケアの医師、専門外の医師が行えます。私は30ゲージ、27ゲージ、19 mm、38 mmの 注射針を使っています。

MPSは 急性痛 と慢性痛に分けられます。急性痛は「組織損傷 +痛 み」、慢性痛は「痛みそのもの」が 治療の対 象です 。 組織損傷 は電子顕微鏡レベルの微小損傷 から完全骨折のような大きな損傷までさまざまです。

組織損傷の治療と痛みの治療は別の問題です 。組織損傷の治療は必要に応じて 行えば いいですが 、 痛みは損傷が治癒 (不全治癒)したと思われる時期を過ぎても残ることがあるので、早期より積極的に痛みの治療を行うべきです 。 慢性痛は中枢性 、末梢性の感作が起 きたもので 神経障害性疼痛とも言われています。

慢性痛は「生物・心理・社会的疼痛症候群Jと いわれ、ストレスや天候など日常生活の中に原因があ ると考えられるため、集学的な対応が必要です。認知行動療法や薬物療法が必要なことがあります。

変形性股関節症の痛みもMPSですが、可動域制限や脚長差はMPSを永続させる要因となっています。

不安、怒り、抑うつ、こだわりなどはMPSを 拡大、永続させることになるでしょう。 また不安やうつは痛みの閾値を低下させます。

本書によりMPSへの理解が深まり、適切な治療が施行されることを期待いたします。

加茂整形外科医院 院長 加茂 淳

b0052170_1405050.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2015-10-05 14:01 | MPS | Comments(10)
2015年 09月 26日

慢性痛の治療日数

b0052170_205491.jpg
おかげさまで、小松に滞在した1週間で90%回復し、帰郷してからは先生のブログで勉強し、今は100%治りました!

杖をついても10分歩くのがやっとだった私の姿を見ている知人は皆驚いています。

おかげで「○○が痛いんだけど…」と相談されることも多いのですが、医療従事者でもない私がいいかげんなことを言うわけにもいかず、加茂先生のブログを読むことを勧めております(^O^)


腸腰筋、中臀筋のMPSで、2ヶ月ほど前より、踊りが原因と思われました。いってみれば単純な痛みでまだそれほど時間が経っていません。

「どれぐらいで治るのか」という質問が多い。

「分からない」というのが本音です。たとえ数回診察しても。

慢性痛の治療とは「他人の脳のくせ」を治すようなものなのです。

嫌いな食べ物をどれだけの期間で好きになれるか。

海外では「治療的介入が効果的か」を選別して「効果的」と思われる人だけに対して治療するというのを聞いたことがあります。治療を受ける前に選別されるのです。

現在のところ、すべての慢性痛を治すことはできません。

将来はできるようになるでしょう。脳への介入です。

うつや不安障害、アダルトチルドレン、トラウマ、カサンドラ症候群、自閉症スペクトラム、パーソナリティ障害、適応障害、不信感、強い思い込みなどなど

変えられない環境

このような背景があるなら相当日数かかるでしょう。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-09-26 02:44 | MPS | Comments(0)
2015年 09月 24日

これもMPSです

Aさんは風邪をひき、咳、痰が数日つづきました。

1週間後ころより、夜間に5〜6回、呼吸ができなくなり、熟睡ができなくなりました。

いろいろ検査を受けましたが異常はありませんでした。

喘息の薬をもらっていますが効果はありません。

Aさんは、以前に当院で治療を受けたことがあります。

b0052170_23441918.jpg


斜角筋や肋間筋に圧痛があり、そこに30Gの針で局所麻酔を少量ずつ注射をしました。

すぐに効果がありました。

激しい咳で肋骨についている筋肉に異常が起きたのでしょう。

[PR]

by junk_2004jp | 2015-09-24 23:48 | MPS | Comments(0)
2015年 09月 09日

痛みはいつも心身症(Functional somatic syndrome)

b0052170_17524019.jpg
単身赴任のAさんは家に帰るとお尻から太ももの外側に痛みがでる。

Aさん「いつもここ(当院)へくると楽になるんですがね〜」

私「痛みはいつもそういうもんですよ。」

単身赴任が原因なんでしょうか?

___________________


b0052170_1823910.jpgBさんは以前にヘルニアをやったことがある。

2ヶ月前に左の太ももの裏側がしびれたので(ヘルニアの時と同じ)病院を受診した。

MRIでヘルニアと診断された。薬をもらった。

小康状態だったが、9月はじめに激痛におそわれる。

当院受診。

翌日よくなる。

会社に出勤しようと出かけるもまたもや激痛。

跛行。大変辛そう。

治療で良くなり帰るもまだ少し痛むと再診。良くなって帰る。

明日会社に行けるだろうか。

もちろんヘルニアは何の関係もない。

ヘルニアがあると診断することは「痛みのお墨付き」を与えるようなものだ。

テストになると頭痛がするとか、痛みはパターン化する。

ふさわしくない激痛や痛み行動(この場合は痛む部位を手で押さえて跛行)ほど、心因が絡んでいるように思う。

このような疾患の説明はかなり難しい。

痛みの診断は「大きな組織損傷、悪性腫瘍。感染症、リウマチ・痛風」でない限り、繊細な人間観察が必要です。

整形外科とは最も縁遠い部分です。私はこの仕事を40年もやっているうちに次第にわかってきたように思います。

若い医師に是非伝えたいところです。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-09-09 18:13 | MPS | Comments(0)
2015年 08月 31日

「しびれ」と「知覚鈍麻・脱失」

コメント欄に質問がありました。

「しびれ」

ジンジンした嫌な感覚。神経症状ではない。線維筋痛症、筋筋膜性疼痛症候群に付随することが多い。

重いカバンを持っていると手がしびれてきた。

綱引きのあとしばらく手がしびれて動き辛かった。このとき感覚も少し麻痺しているようだった。

長時間正座していて足がしびれた。

鉄棒にぶら下がっていたらしだいに手がしびれた。

高齢者は下肢の筋肉が重力に対抗困難になりしびれを訴えることがある。

ストレスと多いに関係することがある。

「筋肉の緊張→静脈のうっ血」に関係するのではないだろうか。

あなたのストレス度チェック

b0052170_1811482.jpg


「知覚鈍麻〜知覚脱失」

神経症状です。(神経麻痺症状)

局所麻酔を打ったあと

神経麻痺で知覚が鈍麻している。あるいは脱失している(全く感じない)

このような状態も「しびれている」と表現されることがあるもので、ややこしくなります。

医師は注意深く患者に聞く必要があります。

「しびれ」が高じて「麻痺」になることはありません。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-08-31 18:11 | MPS | Comments(0)
2015年 08月 21日

International MYOPAIN Society(国際筋痛症学会)

International MYOPAIN Society(国際筋痛症学会)

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の診断基準 (Simons,1990)

●大基準
1 局所的な疼痛の訴え
2 筋筋膜の圧痛点から関連痛として予測しうる部位での疼痛あるいは違和感
3 触れやすい筋肉での索状硬結の触知
4 索状硬結に沿った一点での強烈な庄痛点(ジャンプサイン)の存在
5 測定可能な部位では、可動域のある程度の制限

●小基準
1 圧痛点の圧迫で臨床的疼痛の訴えや違和感が再現する
2 圧痛点付近で索状硬結に垂直に弾くような触診を加えたり、圧痛点に注射針を刺すことでえられる局所的ひきつり反応
3 筋肉を引きのばしたり(ストレッチング)、圧痛点への注射により疼痛が軽快する

診断には大基準5項目すべてと、少なくとも1つの小基準を満たすことが必用


筋筋膜性疼痛症候群は International MYOPAIN Societyで診断基準によって定義されています。

患者の体をいつも触診している鍼灸師、柔道整復師、理学療法士はこれによってすぐに理解できるはずです。

除外項目はないですね。つまり椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症は除くとは書かれていません。そんなものあってもなくても関係ないわけです。

一方、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などについて世界的な学会の診断基準はありません。痛みやしびれと関係ないから作られないのです。

A先生が言っていた、ブログに書いてあった、手術して治った人がいるというような話ではデベートできません。

ついでに、これも読んでね

腰痛への煽り:賢明な医療か、医療対象化か、あるいは病気の押し売りか?

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_609.htm


[PR]

by junk_2004jp | 2015-08-21 20:28 | MPS | Comments(0)
2015年 07月 16日

復習:Patric Wall 筋筋膜性疼痛症候群

神経根性疼痛(神経根がヘルニアや脊柱管狭窄で圧迫を受けてその神経支配領域に痛みやしびれが生じるという考え方)が生理学的に否定されています。その痛みは筋筋膜性疼痛症候群です。

脊柱管狭窄症とか椎間板ヘルニアと言われている痛みは五十肩やテニス肘と同じメカニズムなのです。これはありふれた筋肉の病態で脊椎外科医の専門ではありません。家庭医で十分対応ができます。専門でなくてもちょっと知識があれば対応できます。鍼灸マッサージでも対応できます。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_528.htm
神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。


http://junk2004.exblog.jp/20995589/
スミスのチームは、腰痛患者を対象としたX線やMRI(磁気共鳴映像法)検査も問題視している。 腰痛には無関係な異常を見つけるだけに終わることが多いためだ。

40歳以上の成人の8割には、腰の部分に膨らみなどの変形が見られる。医師は手術したくなるが、これは痛みの原因ではない。こうした「異常」がCTやMRIに現れても、腰痛と結び付けることにはほとんど意味がない。


http://junk2004.exblog.jp/11975069/
手術をしてもしなくても半年後はほとんど差がなくなりそれが2年間続いています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_594.htm#toutuugaku

疼痛学序説ー痛みの意味を考えるー Patrick Wall 著 横田敏勝 訳

筋筋膜痛症候群

線維筋肉痛症候群と異なり、筋筋膜痛症候群(myofascial pain syndrome)の痛みは1つの領域に限局している。圧迫が痛みを生じる圧痛点(トリガー点)がある。このときの痛みは、遠隔部に拡がり、患者が訴えていた痛みに似ている。

トリガー点の下に、ピーンと張った筋肉の帯を触れる。この帯にある筋肉を伸展したり、この帯に局所麻酔を注入したり、針を刺したりすると、痛みは緩和する。1930年代、初期の痛みの専門家のある人たちが、筋肉や靱帯の中に少量の高濃度食塩水を注射して、自分たち自身にこの病態に似た状態を再現した。痛みが注射部位から遠隔部に拡がり、丸1日間持続するのを感じた。患者はトリガー点やピーンと張った帯のある筋肉を動かせないかもしれない。あるいは、その筋肉を動かせば痛みが誘発される。筋筋膜痛症候群のトリガー点は、鞭打ち症のような脊椎損傷部位に現れるかもしれない。多数の研究者がトリガー点の領域から採取した生体組織を調べたが、異常は発見されなかった。ピーンと張った帯は収縮している筋肉によって作られるが、この収縮は痙撃するほど強くない。一部の人たちの痛みは、2ヵ月間続き、後遺症を残さずに消失する。対照と比較した研究はなされていないが、回復は局所の圧痛点の治療と、運動によって加速される。痛みが6ヵ月間あるいはそれ以上続くと、予後がだんだん悪くなる。圧痛点の局所治療は一時的緩和を生じるが、圧痛は戻ってくる。

これらの病態では、問題と原因が圧痛点になければならないと,患者たちが確信している。圧痛点にそれを納得させるような異常が見当たらないので、本書でもう馴染みになったサイクルが始まる。

多くの医師たちは、局所性の原因がない局所性の痛みはありえないと思い込んでいる。したがって、局所性の原因を証明できないので病気は存在しないと結論する。これは、赤ん坊から沐浴水を独断的に放ることと同じである。この病態については、検討に値する筋の通った仮説がある。たとえば、脊髄内の少数の運動ニューロンの興奮によって、興奮性が高まった領域にピーンと張った帯が生じる。そして、この領域が感覚を生じるというものである。註1)実際には、原因がないこの痛みは、医師たちがそれを観察したことを認めているのに、英国では正しい病名で診断されていない註2)。

1)訳者は、筋繊維の微小損傷と考えている。  2)わが国では数年前、トリガー点への局所麻酔薬注射の保険適用が認められた。

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の診断基準 (Simons,1990)

International MYOPAIN Society

●大基準
1局所的な疼痛の訴え
2筋筋膜の圧痛点から関連痛として予測しうる部位での疼痛あるいは違和感
3触れやすい筋肉での索状硬結の触知
4索状硬結に沿った一点での強烈な庄痛点(ジャンプサイン)の存在
5測定可能な部位では、可動域のある程度の制限
●小基準
1 圧痛点の圧迫で臨床的疼痛の訴えや違和感が再現する
2 圧痛点付近で索状硬結に垂直に弾くような触診を加えたり、圧痛点に注射針を刺すことで得られる局所的ひきつり反応
3 筋肉を引きのばしたり(ストレッチング)、圧痛点への注射により疼痛が軽快する診断には大基準5項目すべてと、少なくとも1つの小基準を満たすことが必用

[PR]

by junk_2004jp | 2015-07-16 22:39 | MPS | Comments(0)