心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:線維筋痛症( 57 )


2017年 09月 21日

同一症状、同一患者が診療科により全く異なる診断、治療が行われている異常事態



線維筋痛症の患者さんを問診すると、多くの人は元々肩こりや腰痛があり、10年、20年かけて徐々に痛みの範囲、痛みの程度、痛みの持続時間が悪化しています。交通事故後の場合には例外でこの悪化が急速に進みます。後ろ向き研究ではありますが、女性慢性腰痛症患者の約1/3は将来線維筋痛症になるという報告もあります[25]。以上の話を総合すると、肩こりや腰痛から慢性局所痛症や慢性広範痛症を経由して最後に線維筋痛症になると推測されます[17] [19] [25-29](図1)。線維筋痛症とはこの痛み状態とでもいうべき集団の最悪の状態なのです。
b0052170_02585382.jpg


b0052170_02585856.jpg
**********************
痛みの定義
不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。
組織損傷を伴うもの=侵害受容性疼痛
そのような損傷があるように表現されるもの=神経障害性疼痛

整形外科では「歳のせい」「軟骨、椎間板が減っている」「ヘルニア、脊柱管狭窄症」などと言っていますが、「不完全型線維筋痛症」「慢性局所痛症」なんでしょう。

手術をすることによって一挙に悪化することは少なくないと思います。
実際、高齢者の中に線維筋痛症の診断基準(分類基準)を満たす人はいっぱいいます。
交通事故が原因で慢性の痛みを抱える患者さんを診ることは珍しくありません。このような認識を持った医師は少ないので十分な保障がされていないのが現状です。弁護士もこのあたりを勉強されたらいいです。

慢性痛を増やさないためには、むやみに画像検査をして、不安や恐怖を与えないこと。
当初より積極的に痛みの治療をすること。
活動的であること。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-09-21 02:18 | 線維筋痛症 | Comments(0)
2017年 09月 14日

レディガガ、線維筋痛症


私の外来にも線維筋痛症といってもいい中高年の患者さんがた〜くさんいます。

日本の線維筋痛症の患者数は200万人ぐらいと言われていますが、現実はもっと多いのだろうと思っています。

「頚から背中が痛い、腰やお尻が痛い、両膝が痛い、腕がしびれる」こんな患者さんはごく普通です。

「腰から下、つまり下半身だけが痛い」「右(左)半身だけが痛い」なんていう、「特殊線維筋痛症」の人もいます。

このような患者さんは「変形性ひざ関節症、脊柱管狭窄症、頸椎症」などといった従来の適当な保険病名がついていることが多いのです。

いわゆる昔の医学、時代遅れの医学です。痛み疾患に対して構造病名をつけるのはナンセンスなんです。

私はそのような患者さんに対して「線維筋痛症ですよ。」「線維筋痛症類似状態ですよ。」と言わないことが多い。

保険診療の査定の問題、使用薬剤の適応症の問題がある。

線維筋痛症は原因不明といわれますが、「椎間板ヘルニアと言われている痛み」も「脊柱管狭窄症と言われている痛み」も「変形性関節症といわれている痛み」も原因不明ということになりますかね。

悪性腫瘍、感染症、リウマチ系、痛風系を除いた痛みはほとんどが筋痛症です。

筋痛症は悪循環を繰り返して慢性化することがあります。広がることがあります。

筋痛症に対して手術をするのはアライメントや可動域の変化を狙う以外に利点はありません。

かえって悪化することがあります。

火のまわりの速い乾いた材木はあっという間に大火になります。不安障害や発達障害、いじめ、レイプ、恐怖体験。

筋痛症に対して早期に手当することが最善の策です。

現在の保険病名の見直し、それに沿った診療報酬の見直し、医師の再教育が必要です。

交通事故や労災が絡んでいることが多く、保険者への説明、文書作成など医師には多大な負担です。

メールをいただきました。この方は何回かヘルニアの手術をされて広範囲に痛みのあった方です。
先生お元気でしょうか?日々お忙しくされていることと思っております。
私は去年2回入院させて頂いた@県のA子です。先生のおかげで退院してからもう何回もゴルフのラウンド行く事が出来ております。
本当に感謝、感謝です。実は今日ミヤネヤのテレビ番組で繊維筋痛症のことやっていました。
歌手のレディガガさんがなったとのことで、世間にもっと広まればよいなあと思って観ていました。
どうか先生もっと、もっと広めて頂きたいと思っております。先生お忙しいでしょうが、お身体ご自愛下さい!いつまでもお元気で祈っております。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-09-14 21:32 | 線維筋痛症 | Comments(3)
2017年 09月 07日

線維筋痛症(脊椎手術3回、膝手術1回)

50歳代、女性

20歳代・・・腰ヘルニアの手術
20歳代・・・腰の固定術
30歳代・・・頚の固定術
昨年・・・・・右膝の半月板手術
現在、全身が痛い
トラムセット、ノルスパンテープと全身のトリガーポイント注射
仕事は続けている。



神経障害性疼痛=中枢性痛覚過敏状態=慢性痛
「神経障害性疼痛」は誤解されている可能性あり。
「神経がヘルニアや脊柱管によって圧迫絞扼を受けて障害されている」という誤解
もしこの女性が明治時代に生まれていたら、現在よりもましな状態であったのではなかろうか。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-09-07 14:51 | 線維筋痛症 | Comments(0)
2017年 06月 30日

線維筋痛症の1ヶ月入院

b0052170_05393753.jpg
10年ほど前、仕事で左手を痛める。
現在の症状

全身の痛み、突き刺すような、きしむような、圧迫されるような、針金でかき回されるような痛み。

ドライアイ、めまい、頻尿、頭痛、不眠、疲労感、便秘、微熱、耳鳴り、四肢先端のしびれ、顎の痛み

ほとんど動けない日もある。

噛めないので飲み込んでいる。

いろんな治療を試したが・・・薬もいろいろ試してみたが・・・


当院では毎日のトリガーポイント注射、寝る前エチゾラム1錠、ノイロトロピン4錠

1ヶ月入院し、お世話になりました、Aです。1ヶ月間、本当にありがとうございました。入院中、先生から毎日のように、痛くても良く歩いてね!と言われた言葉が、いつの間にか脳にインプットされ、痛くても歩かなきゃいけないんだ!歩いていいんだ・・・と。そして入院中は1日2000から3000歩、歩けたことが自信の1つになりました。退院して10日程経ちますが、現在は日によって(天気もだいぶ影響していると思うので)かなりムラはありますが、まず、上半身の顎、首、肩、肩甲骨の痛みはお蔭様でだいぶ楽になりました。何より顎の動かしてない時もあった痛みが薄らいだのが嬉しいです。下半身は、入院中に毎日注射してもらってた時は、少し弱まってたのですが、帰ってきてからは、戻ってしまったような感じがあります。
入院中後半、歩けるのが嬉しくて歩きすぎてしまったせいで、アキレス腱が痛くなり、すぐ先生に注射をして頂いたら楽になったのですが、家に帰って少し歩くと痛みが出て、現在は少し腫れて強い痛みが続いています。せっかく気持ちが上がってきた所で、自分がうまく調節出来ずに、こんな痛みを作ってしまったのにちょっとショックを受けています。歩きたくても痛みと怖さで歩けません。先生のお言葉がいつも頭をよぎりますが、この状態ではどうしたらよいのでしょうか・・・。
帰ってすぐ、リビングの壁に、よく歩く、よく動く、と、紙に書いて貼りました。
いつも大変忙しい、加茂先生、そして加茂整形外科。先生のお体がとても心配ですが、患者の皆様のためにも、お体に気をつけられて頑張ってください。
お疲れの所、長文になり申し訳ありません。この度は、本当にありがとうございました。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-06-30 06:09 | 線維筋痛症 | Comments(1)
2016年 07月 05日

痛みからの脱出(1)

Aさんからうれしいメールをいただきました。多くの方の参考になればと、公開の許可がありました。

加茂 淳 先生お久しぶりです。線維筋痛症で昨年2回程先生の東京診療を受けましたAです!

診断は病院によって座骨神経痛、骨盤脱臼、頸椎症、慢性疼痛、などいろいろでしたが、頚椎及び腰椎ヘルニアで傷病手当をいただきながら治療、リハビリ中に幸いにも先生のお名前に巡り会えました。

その後、Bでトリガーポイントブロック他のブロック治療を受け、1年2ヶ月の治療経て、先月、「先生、私はもう大丈夫!」と言って卒業しました。

治療も始めた頃は次の治療までの一週間が待ち遠しく、頑張れる期間が一週間半、二週間、三週間、また二週間にもどってと行きつ戻りつしながら次第に生活にかけられる時間が伸びていき、ヨロヨロ歩きがサクサク歩けるようになり、トポトポ走れるようになり、昨年冬にはスロージョグですが3キロ走れるようになり、今年2月からは週に3日のパートながら仕事にも復帰しました!

最後の治療までの一ヶ月はあっという間で、痛みに囚われの日常ではない、普通に生活する日常に戻れていることを実感しました。

まだ疲れたりするとあの嫌な痛みがやってきますが、お風呂にゆったり浸かってゆるストレッチと呼吸法をやって眠ると少しずつ回復しますし、仕事の途中や休日はなるべく気持ちよく身体を動かして、疲れたらこまめに休憩して、ストレス発散し、痛み発作が起きないように気をつけて生活しています。先生のご本やブログを始め、沢山の本で勉強したおかげか、身体とはかなりうまく付き合えるようになってきたのではないでしょうか?(笑)

家事も仕事も遊びも以前よりできる量は減りましたが、家族も家事を手伝ってくれるようになり、家で手作りのご飯が食べれることに皆、感謝しているようで、以前よりも質的には豊かな生活が送れているように思います。

加茂先生に「よくなると思いますよ」言っていただいたけれど、正直ここまで回復するとは思っていなかったので、本当に生まれ変わったような気持ちです。

大好きなバレエも昨年から少しずつトレーニングしていて、時間をかけてウォームアップすれば、少し音楽に合わせて踊ったり、ジャンプしたりできるようになりましたので練習中のものですが動画を添付させて下さい!

本当にありがとうございました。そして、心身の痛みに囚われて苦しんでいる沢山の人達が少しでも穏やかな日常を取り戻せるようお祈りしています。


動画はこちらから

https://www.facebook.com/jun.kamo1/posts/1222814357763055?notif_t=like¬if_id=1467694068362919

[PR]

by junk_2004jp | 2016-07-05 13:42 | 線維筋痛症 | Comments(0)
2016年 06月 06日

うれしいメール

40代、女性。6年前、アメリカに住むようになり、腰、肩、背中、両下肢、前腕と広範囲に痛み広がる。

顎痛、頭痛、睡眠障害、口渇、めまいなどあり。

myofascial pain syndrome → fibromyalgia  (筋筋膜性疼痛症候群 → 線維筋痛症)

アメリカではマッサージを受けるのに2万円するとのこと。

現在は日本に住んでいる。

加茂先生のホームページはずいぶん以前から拝見していましたが、本当にどうしようもなくなったときの最後の望みにと大切にとっておいていました。

しかしこの数ヶ月は特に調子が悪く、とうとう先生に頼る時が来たという思いで足を運びました。

思い切って出かけて行ってよかったです!常に石が入っているようだった首のぼんのくぼが楽になり、首を左右に振るだけでめまいがしていたのが落ち着きました!

車や電車に乗っていると、流れる景色にふらついていたのですが、小松の帰りのバスでは外を見ていても全然大丈夫で、久しぶりに快適に移動を楽しめましたし、テレビ の画面も酔わないで見られます。

世界が変わったようです。先生が念入りに注射してくださったお陰です。本当にありがとうございました。


胸鎖乳突筋や斜角筋が悪いと頭を支え辛くなりふらつき感、めまいが生じることがあります。

患者さんの希望で、パップ剤とサインバルタ1錠7日分、処方しました。

今回、顎の筋肉にも注射をして、すぐに開口が軽くなりました。

今回の料金は全部込みで3割負担で2500円ほどでした。日本はいい国ですね。

もちろん、6年間も続いている不具合が一度で全快するというものではないですが、これをきっかけにして快方に向かわれることを期待します。

痛みの治療は個人差があります。

一つの参考にしてください。

注射針30G、0.5%メピバカイン使用。


[PR]

by junk_2004jp | 2016-06-06 13:37 | 線維筋痛症 | Comments(1)
2015年 12月 20日

不安障害+線維筋痛症

Aさんは全般性不安障害と全身の痛みがあります。

ある心療内科で、「抗不安薬を飲んでいたら地獄を見ることになる。」と言われますます悪化しました。

抗不安薬についてはいろいろな批判があることは知っています。

抗不安薬はAさんにとって必要な薬で、それを使いこなすことが心療内科医の腕の見せ所ではないでしょうか。私はそう思います。

症状の改善とともに抗不安薬を少なくしていき、3ヶ月ぐらいで0にできました。痛みはあるものの日常生活には支障のない程度になりました。

b0052170_10455525.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2015-12-20 10:47 | 線維筋痛症 | Comments(6)
2015年 03月 03日

全身の痛みから脱出

Aさんは3年前に転倒で腰を強打、以来全身に痛みが広がっていきました。

線維筋痛症(FM)の治療は薬の選択などかなり個人差があります。
治療は患者さんと医師の共同作業です。今回はかなりうまくいった症例です。
不安の解除、認知行動療法(散歩など)、薬(サインバルタ、リリカ、トラマール、ノルスパンテープ)、トリガーポイント注射(30G、全身)

今後は地元の医師のもとで薬の調整(減量)をやってもらう。

先生のおかげでとても元気になりました。帰りの飛行機では痛みが無く座っていられたので、3ヶ月前に小松を目指して意を決して飛行機に乗り、痛みでうなり続けていたことを思うと、また飛行機に乗ることができるんだとうれしかったです。

加茂先生にお会いするまでは、痛みで眠ることもできず、死んだ方がいいと毎日のように泣いていましたが、今は感謝とうれしさの涙です。今は、「生きてて良かった~」です。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-03-03 13:15 | 線維筋痛症 | Comments(0)
2014年 07月 18日

痛みが全身に広がる病気をとことん治す

b0052170_2040543.jpg


私もでています。
[PR]

by junk_2004jp | 2014-07-18 20:41 | 線維筋痛症 | Comments(0)
2014年 07月 09日

薬も重要なことがある

向精神薬に批判的な意見もあるが、患者は藁をもつかむ気持ちだ。

時間的、経済的なめんからも薬は適切に使われるべきだと思う。

次にあげるケースは批判的でない鍼灸師でよかった。患者に不安を与えるのはよくない。

加茂先生

失礼と思いながらもメッセージさせてもらいました。いつも加茂心療整形のHPを読ませていただいております。

・・・・・・・3年前半に歯痛があり...

歯科医に通院・・・以来 顎関節症、首、太もも手前しびれ、腰、臀部・・・・痛みと痺れに悩まされ、絶望の日々を過ごしておりました。

臀部痛みはヘルニア、それには固定手術をしかないと整形外科医から言われたり・・・・
まー、よくあっては困るけれどよくある,慢性痛難民の日々を過ごしていました。

生まれてこの方、病気知らずで、「病院=治してくれる場所」という信じきっていたゆえに、辛かったです。

絶望的に寝たきりの状態で、夫と故郷の@で生活しておりましたが、偶然にも加茂先生のHPのリンク先で見つけたトリガーポイント鍼治療院が同じ町内にあることがわかり、2か月前から通院しております。

薬は精神科(神経・心療内科)の医師から処方してもらいなんとか生きています。3か月前にてんかん薬(リボトリール)を処方してもらい、私には劇的にあいました! 肉が踊るというのはこの事か?というばかりでした。

その日のうちに台所にたって料理ができ、精神科医も驚いてました。数年ぶりにじゃがいもの皮を向けた感動は忘れません。

・・・・・・医療貧乏のストレスも楽になりました。全人類の不幸を背負った錯覚すらしていたのですが、ちょっと世も捨てたものじゃないかな・・・・と思ってきてます。ありがたいことです。

まだまだ、日常生活は困難ですが。@でどうにかならないものかと、あの手この手と先生のHPやFBを見ながら、あーでもないと苦闘しながらも生きてます。

暑い日が続くと思いますが、私達遠方の加茂先生ファンのためにも頑張ってください。
伝えたかったので・・・・・・


[PR]

by junk_2004jp | 2014-07-09 10:12 | 線維筋痛症 | Comments(0)