心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 30日

もっと素朴な医療で十分ではないか?

掲示板で、
以前から腰から脚にかけて変な鈍痛がありました。特に前屈みから起きあがる時、椅子から立ち上がるときに、痺れともちがう感じで神経がズーンと走るのです。あとこれは、また変な症状なんですが、椅子に座って腰を少し反らしたら、ぐわ~んと腰が前に後ろに揺れてしまいました。

この訴えに対して頚椎、胸椎、腰椎のMRIを撮り、診断名ではないのだが「低位脊髄症候群」なるものをつぶやかれた。ということです。

脳のMRIは撮らないのでしょうか^^。

私のように田舎で開業していると患者さんはたいてい前に診たことがある人のことが多いものです。

今日、「先生、この間から足がしびれるんや。注射でもうってくれんか。」
    「はい、はい、どのへんがしびれるの?」
    「このへん」・・・下腿の外側から足背
    
    下腿の外側の圧痛点を調べて数カ所注射して極超短波をあてました。

    「どう?」
    「楽になった。しびれるということは血の流れがわるいのかね?」
    「というよりも、そのへんの筋肉が凝っていたのでしょ。」
_________

gagagaさんのお父さんから紹介されたヘルニア患者さん、金沢からいらっしゃいました。今日で3回目です。

2,3ヶ月前から臀部~下肢にかけて痛いのですが手術も考えるようにいわれていたのですが、今日はらくになったといっていらっしゃいました。

梨状筋、外側広筋、腓腹筋などの筋筋膜性疼痛なのですが、今日は下腿のしびれだけになったということで、下腿の圧痛点ブロックだけをしました。ブロック後はしびれが軽減しました。

b0052170_19334384.jpg

b0052170_1934088.jpg


図のA点でのブロックは神経根ブロックです。B点でのブロックはたとえば梨状筋あたりでの坐骨神経ブロックです。C点でのブロックはいわゆるトリガーポイントブロックといわれているものです。

どこでブロックしようとも同じことです。

神経にささなくてもその周辺にばらまくだけでいいのです。そちらのほうが神経を傷つけないだけいいでしょう。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-30 19:40 | 症例 | Comments(0)
2006年 08月 29日

痛みと麻痺?

2chより
ブロック注射を打ってから腰の痛みは大人しくなりました(弱い痛みが続く感じく&しゃみはまだ辛い)。 しかし、髄核が左足の神経を圧迫して、太ももやふくらはぎが痛く、ふくらはぎから下が軽く痺れて、足首が上に反る力が弱く、足の指にいたっては反る力がまったくありません。 来月手術予定なのですが、似たような症状で手術した方はいらっしゃいますか?ご意見、ご感想お願いします。

b0052170_1934921.jpg
痛みの強さはNaチャンネルの開閉の頻度によって決まるという。脱分極の電圧は一定。強い痛みはNaチャンネルが激しく開閉を繰り返しているというわけだ。

一方、麻痺とはNaチャンネルが開かなくなってしまったということ。

痛みと麻痺は電気生理学では正反対のことなのだ。

ヘルニアによっていったいどちらがおきるというのか?????ヘルニアが原因だという人はそれを説明してほしい。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-29 19:14 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2006年 08月 28日

トリガーポイントマニュアル

アマゾンのレビューより

日本は痛みの治療では欧米よりも20年以上も遅れていると言われる。原因不明とされる慢性疼痛に悩み、ドクターショッピングを続ける悩める患者は数知れない。レントゲンやMRI、血液検査では発見できない痛みの正体。トリガーポイントは筋筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みの根源である。痛みに関わるすべての医療従事者は、本書をバイブルとし、痛みの治療について再考すべきである。日常的に筋肉や関節の痛みを診る整形外科やペインクリニックの医師はもちろん、鍼灸師、柔道整復師、理学療法士にも必携の書である。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4900365297/250-8001199-6224248?v=glance&n=465392

Ⅰ、Ⅱで42000円  Ⅲ、Ⅳで42000円かぁ~
ほとんどの痛みはトリガーポイント症状なのだが、ヘルニアだとかいろんな病名をつけているだけなのだ。

今日来られたヘルニア患者さんは外側広筋、後脛骨筋の筋筋膜性疼痛だった。手術を言われていたのだが、トリガーポイントブロック後は楽になったと言っていらっしゃった。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-28 19:09 | 痛みの生理学 | Comments(0)
2006年 08月 26日

Na(ナトリウム)チャンネル

http://www.aist.go.jp/ETL/jp/gen-info/news/etl-news/pdf/1998/news9-150.pdf#search='Na%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB'
我々は車を運転している時でも、スポーツをしている時でも、目から入っている情報に対して数ミリ秒単位の反応を頻繁に行っている。それを可能にしているのが、神経細胞に存在するチャンネルである。

このチャンネルは細長い形状の神経細胞の細胞膜中に存在している。細胞を取り囲む細胞膜は通常イオンなどの親水的な物質を通さない。それに対してチャンネルは親水的な物質を通す働きがある。特にイオンチャンネルは電荷を帯びた特定のイオンのみを通す。

時には、急激に一種類のイオンのみを通すことで細胞膜の興奮状態を引き起こす。これは、通常我々が神経が興奮していると呼んでいる状態である。特に電圧感受性イオンチャンネルは隣が開くと自分自身も開くという性質がある。そのことでの細長い神経細胞上において次から次へと刺激を伝達する。これが、人間の神経での情報伝達である。その速度が十分に早いため、痛みや感覚はあっという間に脳に伝わり、さらにそこからの素早い反応が可能になる。この機構により人間の神経における情報伝達は、電気回路上の電流に例えられ、あたかも電気を伝える電線の様に働いている印象を受ける。しかし、実際には、これまでに述べたように、興奮が細胞の外から内へのプラスイオンの流れという形で伝わって行くのである。

そのため、後に述べるような短期的な情報(記憶)の蓄積が可能となる。電圧感受性イオンチャンネルの隣が開くと自分自身が開くという機構は、実際には近くのチャンネルが開いたことによる正イオンの流入による膜の内外の電位差、即ち電圧を感受することにより行う。この時の開く速度はマイクロ秒の世界である。実際には、次から次へと情報は押し寄せて来るのであるから、当然、一度開いた電圧感受性Naチャンネルは直ちに閉じて前の状機に戻り次の刺激に備えなければならない。これも速やかに起こり、一度開いたチャンネルは1ミリ秒後には閉じる。さらには近年の研究から、この電圧感受性チャンネルは、もっと高度な神経の活動に関与しており、記憶の機構と考えられる神経の可塑性と深い関わりを持つことがUSAのカンデル等によって判明してきた。

少なくとも神経組織が比較的単純な生物の短期的な記憶に関しては、電圧感受性イオンチャンネルのリン酸化がその実態であることが知られている。ここでリン酸化されたあるグループの電圧感受性Kチャンネルは興奮が来ても開かなくなる。そのため、共に情報伝達に働くNaチャンネルやCaチャンネルとのバランスが取れなくなり、次の神経細胞への情報伝達は過剰になる


b0052170_185164.gif


痛みやしびれを感じるということは、Naチャンネルが開いて脱分極が連鎖的に起きているということである。ヘルニアが神経を圧迫するとこのような現象が起きるということは考えられない。

一方、麻痺とは脱分極が起きないということである。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-26 17:29 | 痛みの生理学 | Comments(0)
2006年 08月 23日

一日に3ラウンド

Aさんはヘルニアという診断を受けているのですが、当院初診は5月末です。当初は待合室で、座っていることができなく、他人に支えられて立っていられる状態でした。

1ヶ月半ほどはほぼ毎日通院されました。

梨状筋、小臀筋、外側広筋、前脛骨筋などの筋筋膜性疼痛症候群です。

神経根ブロックや硬膜外ブロックは一度もしませんでした。画像検査なし。

トリガーポイントブロックとスーパーライザー照射、低出力レーザー照射をしました。自宅ではストレッチをするように指示しました。

そのAさんが先日、この暑い中、ゴルフを1日のうちに3ラウンドしたといっていました。それもカートを使わずにです。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-23 17:21 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
2006年 08月 22日

神経根ブロックの電撃痛について

2chで

「椎間板が飛び出して神経を圧迫することが、痛みの原因とはならない」 「痛みは末梢神経のポリモーダル受容体で感知するのだ」 という医者もいる。 では、神経根ブロック/硬膜外ブロック注射で激痛が走のは、なぜだろう?
という質問があったのでここでお答えします。

まずは生理学の勉強から、

http://www.isis.ne.jp/i/467/3.html

電気の発生現場は、細胞である。そもそも細胞膜の内と外でいつも100ミリボルトの電位差がおこっている。この状態を「分極」といい、細胞の内側のほうが低いマイナス電位になっているのだが、何らかの刺激をうけるとプラス電位に反転する。「脱分極」という。この脱分極こそが人体のさまざまな"神秘"をうけもっている。

もともと細胞の内外は電解液で満たされている。そこはふだんはナトリウムイオンとカリウムイオンによって濃度平衡を保っているのだが、外から何かの刺激が加わると、細胞膜の透過特性に変化がおこってナトリウムイオンが突発的に内側に向かって流れていく。突進する。これが生物学でよくいう「細胞が興奮した」という現象にあたるのだが、実際には「細胞膜が興奮した」のであって、それはナトリウムとカリウムのイオン相互に濃度の変化がおこったということだった。

このとき、ナトリウムイオンはプラスの電荷をもっているので、それが細胞内に流れこみ、内側の電位はプラス20ミリボルトほど上昇する。この脱分極は0.3秒ほど続く。この時間が重要で、その持続を保つために電解液に溶けこんでいたカルシウムイオンが一斉にがんばって内部に移動して、内側のプラス状態を維持するように動くのである。かくてこのあと、カリウムイオンがあらためて外側に移動して、細胞膜はふたたび分極状態に戻る。

つまり、われわれの人体の電気を作ったり運んだりしているのは ナトリウムやカリウムやカルシウムのイオンなのである。われわれはイオンという電気に満たされた電気システムなのである。これに対して、世の中の電気製品のすべては電子によって動いている。

われわれの身体は電気仕掛なのだ。

http://www.kdcnet.ac.jp/seiri/lect/action.htm
この動画も参考にしてください。

b0052170_19444538.jpg
横田敏勝著「臨床医のための痛みのメカニズム」より

ブラジキニンがブラジキニン受容体に作用するとNaチャンネルが開きNaが細胞外から細胞内へ流入する。(脱分極)→電流が生じる。

これが痛みの電気信号が生じるメカニズムです。

神経根ブロックは神経に針を刺すのですから、そのところでNaの流入がおこり脱分極するのでしょう。そこで生じた電流は脳に到達し、脳では下肢に痛みが放散したように判断する。

硬膜外ブロックでは神経の細胞膜を傷つけることはないのでこのような電撃痛はない。太い注射針なので局麻をしないですれば、機械的刺激(Aδ繊維=早い痛み)を強く感じるのだろう。

神経線維(電線)を圧迫しても電流は生じないのはあきらかです。ヘルニアが神経を圧迫して痛みが生じるというのなら、どのようにして脱分極が生じるのか説明しなければならないのだが。

局所麻酔を注射すると一時的にNaチャンネルがふさがれて脱分極しません。
b0052170_206359.jpg
「図解局所麻酔法マニュアル」江南堂より
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-22 19:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
2006年 08月 20日

ガンとヘルニアの違い

腰痛、坐骨神経痛(ヘルニア)はガン治療で治る!?

ガンの真犯人はガン細胞であることは疑いのない事実なので、それをどうするかは患者さんが決めればよい。

一方、痛みの原因がヘルニアであるはずがないのに「ヘルニア」と診断されるのだから、患者さんには正しい情報が伝えられないのだ。だから患者さんは効果的な治療を選択しようにもできない。

このように「ヘルニア問題」は治療以前の問題なので深刻である。間違った病態説明のため適切な治療の選択肢が提示されない。

70年間、我々は腰の`損傷'の概念と共に生きてきた。これ以上正当化するには欠陥がありすぎる。さらに、これは医原性である。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-20 18:40 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2006年 08月 19日

Ebb Tide

b0052170_16111321.jpg

b0052170_16112876.jpg

b0052170_1834554.jpg

b0052170_18141643.jpg

金沢あたりの日本海

http://ladynwavs.com/ebbtide.html

まず、↑ここを開いて最小化してから画像をクリックして拡大してください。Ebb Tideを聞きながらみてください。


http://ladynwavs.com/music.html
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-19 16:14 | Comments(4)
2006年 08月 18日

損傷モデルから脱却すべき時

軽度の外傷によって重篤な腰痛が誘発される?“損傷モデル”は妥当なのか?
腰痛の“損傷モデル”は、70年以上にわたり医師および一般の人々の考え方を支配してきた。それによって、大部分は良性である症状が恐ろしい疾患へと変容してきた。非常に費用のかかる現代の腰痛による活動障害の危機は、このモデルと切っても切れない関係がある。

いくつか国々では損傷モデルからゆっくりと脱却している。しかし米国では今も腰痛に関する時代遅れの考え方から抜け出せずにいる。先へ進むべき時である。


b0052170_19564280.jpg


日本は「損傷モデル」の最盛期でしょうか。痛みの本態は筋筋膜性疼痛で、それはヘルニアや椎間板の変性とは関係のない「心理・社会的因子」が関係したものです。

ある掲示板より

●私と同じころに 固定術をされた方が いらっしゃいまして、3回目の固定術だそうです。 10年ごとに 固定している上下の骨が 悪くなり、「しまいに 腰の骨が1つになるやろう!」と 自分で言ってました。

●以前椎間板ヘルニアでOPを2回して3回目の正直で固定術をしてもらいました。その後も筋膜が破れたとか傷口が化膿したとかでもう2回手術をしました。これでもう腰の痛みとはおさらばかな?と思っていたら、固定術の時に骨盤から骨を取って腰椎に移植した骨が元気で皮膚から発芽してしまいました。いつになったら腰の病から開放されるのかな?
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-18 17:57 | 慢性痛 | Comments(2)
2006年 08月 16日

痛みやしびれは心身症

(A)2chヘルニア掲示板より

去年の6月にPLDD受けたが足の痺れ、腰の痛みが改善されなくて、今は気合いでなんとか立っていられる状態、近いうちにまた病院に行こうと思うんだけど「手術してくれ」って主張すればしてもらえるもんかな?


(B)当院リンクの掲示板より

以前、こちらの掲示板にお世話になったくろいぬです。前回の書き込み以来、10年間悩んでいた足の痺れと腰の激痛を全く感じずに生活できていました。が、最近将来のことを悩んだりして、どうも、またガラにもなくストレスがたまったようで、腰痛が再発しそうになっています(;_;)足の痺れは全くなく、腰も痛くはないのですがあの嫌な重いような違和感があります。そのせいで、また不安になっています・・・


痛みやしびれは心身症なのです。(骨折、悪性腫瘍、感染症に伴うものは除く)
だから手術という儀式で治まることもありますが、治まらないことや再発することもあります。

上記の投稿のどちらが金銭的、社会的に有利か考えてみてください。

心身症の定義
心身症と診断するには2つの条件を満たす必要がある。第1は、身体疾患の診断が確定していることである。明らかな身体疾患がない場合は心身症と呼ばない。第2は、環境の変化に時間的に一致して、身体症状が変動することであり、たとえば仕事が忙しいときや緊張したとき、身体症状や検査所見が増悪することで判断される。


身体疾患の診断が確定:筋骨格系の痛みやしびれの場合、多くは「筋痛症」、「滑膜炎」

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/images/sinsinsyounohyou.gif拡大可
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-16 23:55 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(6)