心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

むち打ちと耳鳴り

b0052170_1754725.jpg昼頃、左側面に衝突される。そのときは特に異常なし。

夜より、右耳鳴りが始まる。

次ぎの日受診する。

右の胸鎖乳突筋に腫脹、圧痛あり。

外傷による「右胸鎖乳突筋の筋筋膜性疼痛症候群」


b0052170_17493587.jpg

トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル

[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-31 17:50 | 交通事故診療 | Comments(0)
2008年 01月 31日

HOW  TO  TEACH  DOCTOR  ABOUT  MPS 

タカさんのコメントに同感です。

整形外科医のほとんどがMPSを知らない、知ってても信じない。最先端研究をしている大学病院でもしかり。

ペインクリニックの麻酔科医ですら、MPSを信じてないのでトリガーポイントブロックを軽視している。硬膜外ブロックなどの大袈裟なブロックを崇拝しているような気がします。

医学界にMPSを広めるために厚生労働省が動いてほしい。線維筋痛症の研究チームは発足してるみたいですけど。死なない病気だからといって無視してほしくない。

MPSによる経済損失は数兆円規模でしょう。無駄な医療行為にかかるお金、MPSによる労働損失。日本の医学界は変革されるべき。

私は、4年以上前に頸椎捻挫でMPSになったようだが、その当時はMPSの存在を知らなかった。しかし、素人の私でも筋肉に問題がある事は感覚的に感じていました。それで、あらゆる病院でそれを訴えたが全く相手にされず、医師はレントゲンやCT・MRI画像とにらめっこ。医師によっては、私の訴えを嘲笑する人すらいました。

MPSという言葉を知ったのは、昨年4月、加茂整形外科のホームページで。私の症状は、まさにこれではないかと思いました。

MPSに関しては、日本では鍼灸師界の方が医学界よりも進んでいることを知って、医師は何をしているのかと思いました。医師と鍼灸師は、どうも仲が悪いようで協力体制が整っていない。医師は東洋医学を下に見ているようだが、もっと謙虚になって互いに手を取り合って研究するべきだ。


しばしばメールが来ます。

「MPSだと思うのですが、トリガーポイントブロックをしてくれる医師を知らないか。」

MPSを知っていたとしても、「トリガーなんて効かないよ」というかもしれません。

先日の患者さんは、ペインクリニックの先生にこのことを話したら、「そんなんでよくなるんなら、ペインの医者なんていらないよ!」ということでした。

圧痛点が必ずあるでしょう。そこはどのようなことがおきているのでしょうか。そこに局所麻酔を注射すればどうなるかなぜ試してみないのでしょうか。

慢性化が起きるメカニズムはどうなのでしょうか。筋肉は絶え間ないスパズムで硬くなり、脳は痛みの回路の可塑的変化が生じてくるのです。

このような変化はレントゲンやMRIでは分かりません。しかし、医師はそれを見て診断しようとするのです。ヘルニアがあればそれのせい、なければ、分からないとか、何でもいいからどこかで神経が圧迫を受けているというストーリーにするわけです。たとえば脊柱管狭窄症、黄靱帯肥厚、梨状筋症候群・・・。

患者さんも「骨さえ大丈夫なら安心。」なんておっしゃいます。医師も患者さんも筋肉なんて、そのうちに治るとでも思っているのです。しかし、昨日のレノックスヒル病院慢性痛専門チームも「慢性痛はほとんどが筋痛症なんだ。」と言っています。

「トリガーなんて効かないよ」といって、一ヶ所にチクンと注射するのも、かなり勉強して経験をつんで、何カ所も注射するのも保険では同じ500円なんです。3割負担で150円。

厚生労働省は慢性疼痛やMPSについてどのように考えているのだろうか。

「腰椎椎間板ヘルニアのガイドライン」や「脊柱管狭窄症のサポートツール」は全くあてにならない。

サーノ博士のTMSは(Tension Myositis Syndrome 緊張性筋炎症候群)、筋肉に着目しているのはいいのだが、あまりにも心理的アプローチにかたよりすぎている。筋痛は交感神経の緊張と関係があるので、また、慢性化に対して認知行動療法は大切なので、心理療法は重要だ。しかし、それだけでうまくいくケースはあるだろうが、いつもそううまくはいかないものだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-31 12:30 | Comments(8)
2008年 01月 30日

筋の緊張こそ痛みの真の原因だ

筋肉なんだけど。

Cーさんが興味深いサイトを紹介してくださいました。慢性痛に悩んでいる人は読む価値があります。

ヘルニアや脊柱管狭窄症は痛みやしびれ(ジンジンなど異常知覚)の原因にはなりません。
いつまでも古い医学に縛られていないで、早く治癒へのスタートラインに立ってください。

しつこい痛みに苦しむ人へ贈るー痛みが消える

       (慢性痛の構造と総合治療プログラム)


ニューヨーク・レノックスヒル病院慢性痛専門チームの実績から

http://www.geocities.jp/iyashinojidai/manseituu01.pdf

http://www.geocities.jp/iyashinojidai/manseituu02.pdf

http://www.geocities.jp/iyashinojidai/manseituu03.pdf

P.12

プログラムの技術コースにはいったとき学ぶのだが、筋の緊張をほぐすには多くのやり方がある。

今のところ心にとどめおくべき大事なことは、筋の緊張が慢性痛の第一の原因であることである。これはあなたが「神経性の疼痛」と診断されたとしても事実である。

神経は筋に囲まれ、筋が硬化すると神経を傷つけることになる。多くの場合(とくに座骨神経)筋の緊張こそ痛みの真の原因だ。


慢性痛にはもうひとつ原因がある。トリガーポイントだ。 トリガーポイントは筋の緊張や痙攣が長く続いたあと筋肉に形成される退行性の柔らかい小さなつぼである。

そしてそこから特定の部位を通して痛みを伝達する。だからそのつぼや筋肉の腱が骨や他の筋肉と結合している部位に直接注射などの治療をする必要がある。

注射に続いて、三日間特別物理療法が行われる。とくにトリガーポイントへの注射はこの領域で高度に経験を積んだ医師が行わなければならない。医師がこの種の注射がよいと判断したら、専門家を紹介することになる。

[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-30 15:53 | 慢性痛 | Comments(7)
2008年 01月 29日

自分の考えを確認したくて閲覧しているのかもしれない・・・。

何故ウェブには既に知っていることしかないのか 
Why the Web tells us what we already know

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20080125#p2

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-01/uons-wtw012408.php

インターネットは指先で有り余る情報を得られるにも関わらず、知識の泉ではない。オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究者らは、インターネットではたくさんの有用な情報が探せるが、人々は自分の先入観に合った情報に、 より注目することを発見した。

正しい情報を読んでも、人は自分の見解を変えようとしない。このことは人々に正しい情報を提示するだけでは十分でないことを示す。

この研究では人々が健康上の質問に答えを見つけるために、どのようにインターネットのサーチエンジンを使うかを調べた。Journal of the American Medical Informatics Associationに発表された。


うーーん、これはなかなか面白い研究ですね。たしかにそうなんだ。自分の考えを確認したくて閲覧しているのかもしれない・・・。

私が発信している情報は、「整形外科で診ている筋骨格系の痛みのほとんどは、筋痛症だ」ということです。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症による坐骨神経痛(Nerve root pain)という概念の否定です。

どの人も自分の仮説が正しいと思っているわけです。

私の考えに賛同してくれる治療家の方々も従来の考え方が正しいと思っていたことでしょう。私もそう思っていました。

患者さんもいろいろ体験して、たどり着いた方が多いと思います。

だから、今更、ヘルニアが原因だというサイトを閲覧する気にはなりません。それと同じく、ヘルニアが原因だと思い込んでいる人は、ここはスルーしてしまうのでしょう。

従来の一般的な考え方と比べて

    副作用がほとんどない。
    経済的に安い。
    たぶん治療効果はよい。
    治療が怖くない。

他の掲示板を見ると、早く気がついたらいいのにと思うことばかりです。医者も患者さんも一度思い込むとその世界から抜け出ることができないものなのでしょう。

裏切られても裏切られても、お慕い続ける人がいる。その心理状態とはいったいどういうものなのだろう。医師、専門医、大学病院、大病院というブランドを信じているのだろうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-29 02:23 | Comments(2)
2008年 01月 28日

ゴリラに勝ってるのは頭とお尻

肉単(筋肉オタク必携)2730円、より

b0052170_17572385.jpg


ゴリラの大臀筋は人間と比べて貧弱ですね。だから、人間のように骨盤を立てることができないそうです。

高齢者が前屈みで歩く格好に似ていませんか。高齢者には大臀筋にトリガーポイントがあって、筋肉の劣化があるため、筋力の低下が起きているのではないでしょうか。もちろん若い人にもいます。

年齢を重ねると共に大臀筋にトリガーポイントを有する比率が上昇していく。

歩行時に使われる筋肉もよく高齢者が痛くなる筋肉です。

b0052170_18172128.jpg


一方、整形外科では脊柱管狭窄症の症状として説明されることが多いと思います(図)。
この説明が正しいのか、トリガーポイント症状と理解する方が正しいのか。

私はトリガーポイント症状だと思っています。

神経圧迫が後屈でONになり前屈でOFFになる?神経を圧迫しても痛みやしびれはでませんよね。それに、こんなに簡単にON、OFFを繰り返すものでしょうか。それなら、手術をしたら、必ずOFFにならないといけませんね。

馬尾型が痛みではなくて麻痺(これはありうるでしょう)、神経根型は痛み・・・では混合型はその両方・・・・・このような生理学的に矛盾した説明は私は受け入れられるものではありません。

http://junk2004.exblog.jp/5807271/

http://junk2004.exblog.jp/7935384/

脊柱管狭窄症はレントゲン所見では診断できないと言われています。狭窄があっても症状がないことはよくあることです。

神経根型は予後がよくて、しばしば自然治癒することがあると書かれています。(サポートツール)

神経根型といわれているものの本態は本当に脊柱管狭窄がからんでいるのでしょうか。私はこれはトリガーポイント症状で、脊柱管狭窄症とは関係がないと考えています。そうでないとうまく説明ができません。

またそのような観点で治療すればよくなるものです。手術をして、よくならなかった人や、かえって悪化した人はよくみかけます。

こういうのは、言い出しっぺがいるのでしょう。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-28 18:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2008年 01月 27日

Aさんのその後

1回の治療でうんと改善しました

先日は大変お世話になりました。あれから1週間以上経ちますが、治療していただいてから、一度も歩行中に痛みで立ち止まることがなくなりました。

土曜日は、帰りの飛行機の出発まで時間があったので、小松空港まで歩きました。普通に歩けるのが嬉しくて。50分ほどで到着しました。まだまだいけそうでしたが、筋力が衰えているので、翌日普通に筋肉痛になりましたが...

さすがに痛みと痺れが徐々に増してきたので、金曜日に今まで通っていたペインクリニックに赴き、加茂先生の治療が効果があったことを説明し、Blogに載せていただいたダメな筋肉の図を持参し、トリガーポイントブロックをお願いしてみました。半信半疑ながらも、患者の言うことに耳を傾けてくれる先生で、快く引き受けてくれました。

ただ、その先生のコンセプトで1回に10mlしか入れられないとのことで、ちょっと効きが弱いようです。使っている薬が違うのでしょうか?

まだまだ時間はかかりそうですが、完治できる希望の光が見えているので、とても気持ちが前向きに変わりました。本当にありがとうございます。

周りの腰痛で苦しんでいる人に紹介したいです。私のBlogの腰痛カテゴリーにもリンクを貼らせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

http://ossc.naturum.ne.jp/

腰痛カテゴリ


ヘルニアが原因で痛みがでることはありません。Aさんは腸腰筋や、腰腸肋筋や、臀筋や、前脛骨筋などの「筋筋膜性疼痛症候群(慢性)」だったのです。

トリガーポイントブロック、マッサージ、ストレッチ、認知行動療法などが治療の手段となります。

私は0.5%メピバカイン(カルボカイン)を使っています。1回の最大使用量は100mlです。ふつう、そんなに使うことはありません。

天文台長さんのようにペインクリニックの医師にMPSの概念を教えてください。認知行動療法も忘れずに。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-27 20:27 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2008年 01月 26日

ストレッチが原因?

Aさん(高校生、陸上部)は最近、両方の股関節を回すとゴリゴリと音がして、関節がはずれたような感じがするようになりました。

痛みはありません。

圧痛点は図のようにありました。両方の腸腰筋はかまぼこのように硬く触れます。大腿筋膜張筋にも圧痛があります。。

b0052170_21481286.jpg


圧痛点をブロックして、図のようなストレッチをしてもらいました。

b0052170_2265267.jpg


すぐに動かしたときの音がなくなり、関節がはずれたような違和感がしなくなりました。

Aさんは毎日、開脚して体を前屈するストレッチをしたそうです。このストレッチは腸腰筋を強く屈曲することになります。このことが腸腰筋を傷めた可能性があります。

音は硬くなった筋肉と何かがこすれて起きていたのだろうと思います。

一方だけのストレッチをやりすぎるとこのようなことが起きるのですね。勉強になりました。

b0052170_22161635.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-26 22:16 | 急性痛 | Comments(0)
2008年 01月 25日

腰椎の圧迫骨折

60歳代の女性が1ヶ月ほど前にしりもちをついて腰痛になり某病院を受診した。だいぶよくなってきたところ、2日前にまた転倒して今度は体の動作が極めて困難になった。

「骨がちょっと潰れているといわれました。骨折ではないんですよね?」

医師は自分が理解しているのと同じように患者さんも理解すると思って言葉を使うことが多いものだ。

骨がちょっと潰れている=骨折、なのだが患者さんはポキンと折れるのが骨折だと思っている。

そして患者さんは、ちょっとした潰れが時間の経過とともに大きな潰れに変化していくことなど想像しない。

第一腰椎はぺしゃんこになっていて、第二腰椎はちょっとつぶれているように見えた。第一腰椎は前回の転倒により潰れたのだろう。第二腰椎は今回かもしれない。ちょうどその部分に叩打痛がある。

1ヶ月後にレントゲンをとると、第二腰椎もぺしゃんこになっている可能性がある。

このような場合の治療は三本柱なのだ。

①骨折の治療
②二次的に生じた(骨折の反応として)、あるいは骨折と同時に生じた筋痛症(痛み)の治療
③骨粗鬆症の治療

これを短時間に患者さんが理解できるように説明するのはある程度、経験が必要だ。この3つはそれぞれ関係があるようにも見えるが独立したことなのだ。

①骨折の治療は可能な限り安静、免荷。病弱な夫と二人暮らしの場合はどうすればよいか。ある程度骨が潰れる(楔状変形)のはしかたがないこと。

②痛みは積極的に、可能な限り取ってやること。骨折が治癒しても痛みが続くことがある。トリガーポイントブロックや坐薬、エルシトニン注射。

③骨粗鬆症の治療は長期的な展望に立てば必要だろう。リセドロネイト、アレンドロネイトなどの薬物療法。

_______________________

全く同じことが椎間板にもいえるわけだ。

外力が加わったとき、骨粗鬆症の人は椎体が壊れるが、骨がしっかりしている若者は、骨をつぶすエネルギーは椎間板を壊すことになるのだろう。ある人はヘルニアを生じるかもしれない。

①損傷の治療
②二次的に生じた(椎間板損傷の反応として)、あるいは椎間板の損傷と同時に生じた筋痛症(痛み)の治療

この場合は②の痛みの治療だけが必要で、①損傷の治療といっても、適当な安静ぐらいなのだろう。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-25 15:26 | 急性痛 | Comments(0)
2008年 01月 23日

整形外科医もかわりはじめた

第15回日本腰痛学会ランチョンセミナーより

腰痛の解明の鍵は脳にある?

器質的原因が不明な非特異的腰痛の中で、12週以上続く腰痛が慢性腰痛と定義されている。痛み自体が病気となっている治療の難しい病態で、欧米を含め、学会等でもその存在と治療が常に問題となっている 。私も、どのような鎮痛薬も効果を示さず、オピオイドの高用量投与を必要とした症例なども軽験している。慢性腰痛における機序の解明と効果的な治療法の開発のための最近の試みについて、いくつか述べる。


「腰痛の解明の鍵は脳にある?」・・・天文台長さんの「腰痛は脳の勘違いだった」を読まれたのかな(笑)。

ここで問題になるのは、「器質的原因が不明な非特異的腰痛」という言葉の定義なのです。このハードルが整形外科医にとっては克服が困難なのです。

下肢に痛みのあるのが(膝から下に痛みがあるのが)特異的腰痛というというようなことを聞いたことがあります。これはバカげている。

たとえば、頚痛を考えてみなさい。頭痛を伴う頚痛を特異的頚痛という?
五十肩を考えてみなさい。上肢に痛みを伴うものを特異的五十肩という?

お尻は腰の一部なのか下肢の一部なのか、はたまたどちらのも属していないのか?

そんな議論をしているのと同じことです。

「ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、椎間板変性などを器質的原因とみなして、これらがある場合は非特異的腰痛ではない、つまり特異的腰痛とする。」このように発想する整形外科医はいることでしょう。

これらの構造上の特徴は健常者でもしばしばみられるもので、特異的な病理ではありません。到底痛みを説明できるものではないのです。

特異的腰痛というと、特異的な病理の存在する腰痛のことで、「悪性腫瘍」「感染症」「骨折などの明らかな損傷」を伴った腰痛のことと定義すべきです。

変性した椎間板には知覚神経が入り込み「椎間板性腰痛」が起きる、ということは理論上はあるでしょうが、もしそうならば、圧痛点はないでしょうし、筋硬結は触知できないでしょう。

ほとんどの慢性腰痛には筋硬結があり、圧痛点(末梢性痛覚過敏点)があります。つまりほとんどが筋肉が大きく関与しているのです。

b0052170_1722118.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-23 17:22 | 慢性痛 | Comments(12)
2008年 01月 22日

メールでのご質問

初めまして。いつも興味深く読ませていただいてます。

私、3年前に頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニアと診断されました。昨年秋に「腰痛は脳の勘違いだった」を読み、その後「鍼」と太極拳を始めました。右足(膝から下)に痛みがあったのですが、だいぶ楽になりました。

質問ですが、足裏にある違和感(中指・薬指の辺りから土踏まずにかけ、短めのガムテープが張られ、引っ張られてるような)も、筋痛症と考えていいのでしょうか?


最近、掲示板にも「腰痛は脳の勘違いだった」を読んだ方が来られます。ヘルニアなんて関係ないのですね。麻痺ではなくて痛みなのですから

医師もはやくこの事に気づかなければいけないですね。そして無駄な検査、無駄な治療をして患者さんに不安をあたえるべきではありません。

b0052170_15302460.jpg
膝から下の痛みは下腿の筋痛症だったのでしょう。

足裏の違和感も⑬⑭⑯番あたりの筋痛症の可能性が高いと思われます。圧痛点を探して、トリガーポイントブロック、鍼、指圧、マッサージなどをやってみてください。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-22 15:36 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)