<   2008年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 28日

坐骨神経痛(根性疼痛、根症状)という間違った概念を捨てようじゃないか!

ヘルニアがあればヘルニアのせい、ヘルニアがなければ原因不明、こんな医療はもう終わりにしませんか。神経を圧迫しても痛みは生じませんよ。

b0052170_1824885.jpg


Aさん(20歳代、女性)は1年半前に重いものを持ち上げて急に腰痛、右下肢痛になりました。現在もなお休職しています。遠方からMRIを持って車に乗せてもらって受診されました。

痛みはほぼ常時あり、座位や仰向き寝が困難です。下腿はしびれています。

MRIの結果、ヘルニアはなく、痛みの原因が分からないとのことでした。神経根ブロック、仙骨ブロックの効果はありませんでした。

ロキソニンとボルタレン坐薬を使用しています。


圧痛点は小臀筋、腰腸肋筋、ヒラメ筋にありました。原因不明ではないです。診断はすぐにつきました。これらの筋肉の筋筋膜性疼痛症候群(MPS)です。

たぶん物を持ったときに小臀筋などに微小損傷が発生したのでしょう。わずかなきっかけで生じた筋肉の微小損傷が年余にわたって人を苦しめるものです。

早期発見、早期治療ですよ。早く治して、職場に復帰してください。

圧痛点に局所麻酔を注射しましたら、痛みは半減したとのことです。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-28 18:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
2008年 02月 27日

ランナー

b0052170_22111856.jpg3日前、ランニングをしていて急に頚が痛くなり動かすことが困難になりました。

右の肩甲挙筋の攣急spasmが原因でした。局所麻酔を圧痛点に注射するとリリース(この言葉はカイロなどでよく使われますが、医師の世界ではあまり使われませんね)されました。この筋肉は肩甲骨を持ち上げるのに使われますが、ランニングフォームに問題があったのでしょうか。



b0052170_22195136.jpg高校生、陸上部

ランニングのとき右股関節外側に痛みがあり脚をまっすぐに前へ出すのがつらい。大腿筋膜張筋に腫脹圧痛がありました。たぶんストレッチのしすぎではないかと思われます。トリガーポイントブロックをしました。診察室で走ってもらうわけにはいきませんが、たぶん1~数回でよくなることでしょう。

歩行や走る際にまっすぐ前に足が出るようにするために重要な筋肉です。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-27 22:30 | 症例 | Comments(2)
2008年 02月 26日

脊椎疾患にかかる医療費は増大しているが健康状態改善には寄与していない?

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18270354?ordinalpos=2&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_RVDocSum

Care Net .com

脊椎疾患を持つ回答者の推算総医療費は、1997年から2005年までの間にインフレ率調整後で65%上昇しており、全体の医療費より急速に増大していることが明らかになった。

また背部・頸部に疾患のある者のうち、身体機能の制限を自己申告した者は、1997年の20.7%(95%信頼区間:19.9%~21.4%)から、2005年には24.7%(同23.7%~25.6%)に増えていた

さらに脊椎疾患がある者の心の健康、身体機能、労働・修学制限、社会的制約に関する性・年齢調整後の申告に基づく障害度は、1997年より2005年で悪化していた

これらから研究グループは、「背部・頸部疾患は、保健医療費のかなりの部分を占めることがわかった。また脊椎関連医療費は1997年から2005年にかけて増大したが、だからといって健康状態の改善に寄与したとの証拠は得られていない」と結論づけている。


筋肉疾患をかってに脊椎疾患と勘違いしたのがそもそもの間違いの始まりだと思われます。大いなる実験(仮説)は失敗だったのです。退場!

生物・心理・社会的な要因と関係する筋痛症として新たな治療戦略を立てるべきですね。

「脊椎疾患にかかる医療費は増大しているが健康状態改善には寄与していない? 」この表題は厳密に言うと間違っていますね。

脊椎疾患とは、脊椎腫瘍、脊椎の感染症、脊椎の骨折、頚部脊髄症(頚椎ヘルニア、後縦靱帯骨化症などによって脊髄麻痺が生じている)、馬尾症候群などが思い浮かびます。そんなに多い病気ではありません。筋痛症を頚部脊髄症と誤診されているケースも少なくないと思います。

上記脊椎疾患にかかる医療費はそんなに多くはないでしょうし、脊椎外科は健康に大いに貢献していることと思います。

問題は「なんちゃって脊椎疾患」=筋痛症、なんですね。

真性脊椎症=そんなに多くはない=脊椎外科医がいい仕事をしている。
なんちゃって脊椎症=とても多い=「真性脊椎症」と誤認され間違った治療がされている。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-26 13:11 | 慢性痛 | Comments(0)
2008年 02月 25日

腰股攣急

Aさんは出勤のため車に乗ろうとしたとき、腰に激痛が走りほとんど動けなくなりました。救急車で運ばれました。

腰と右大腿前面に痛みがあり、大腿部はしびれていてほとんど感覚がないとのことです。

吐き気あり。血圧、脈拍正常。

大腰筋のspasmだろうと思い治療する。一旦治まり、経過をみるために病室へ。3時間後、四肢のしびれ、顔面のしびれ、腹部の痙攣痛を訴える。

デパス0.5mg2錠、点滴でおちつく。

自律神経の猛烈な嵐でした。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-25 18:47 | 急性痛 | Comments(4)
2008年 02月 25日

右正面、側面衝突

b0052170_1833989.jpg


受傷翌日より、頚部痛、腰痛が出現する。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-25 18:34 | 交通事故診療 | Comments(0)
2008年 02月 25日

掲示板より

みゆきんぐさん

初めまして。先月内視鏡で手術を行い(L4L5)、術後はすっかり右足の激痛から解放され、歩けるようにもなりました。

術後は2日目からリハビリ開始し、1週間で退院。右足のふくらはぎから下の若干の痛みと痺れは残っているのですが、術後だからとあんまり気にしてませんでした。

しかし、術後に反対の左足にもヘルニアのような強い痛みの症状が出てるので相談したら、もう1度MRIを撮ってみようということになり、その結果が出ました。医師いわく「取り除いたヘルニアがあったとこに手術の時の血のかたまりがあるから、それが神経を圧迫してるんだと思うけど、これは時間と共に吸収されてよくなるよ」と言われました。

なるほどぉ~と思い、それはそれで納得したのですが、こうゆうのはよくあることなのですか?術後血抜きの管は入ってたのですが。

そして、医師いわくこれは、右足に残ってる痛みの原因だと思うけど、左足に強く痛みを出してる所見は・・・(見当たらない?!)って感じで。ただ、あたしの場合、L2L3,L3L4も椎間板真っ黒で、L2L3の方のヘルニアが若干左に出てて、それが左足の原因かもと言われたのですが。痛み止めの薬があんまり効いてないような気がしたので、今回は処方してもらわなかったのですが、リハビリで痛みは時間と共に緩和されていきますかね?




痛みは筋肉のspasm(痙攣)だと思われます。圧痛点(押さえて痛いところ)を調べてみてください。その筋肉が
spasmを起こしているのでしょう。そのような点に局所麻酔を打つと(トリガーポイントブロック)治ることがあります。慢性化していると、かなり時間がかかるかもしれませんが。

ヘルニアが神経を押さえて痛みが生じるという生理学的事実はありませんのでヘルニアのことについては無視してよいと思います。神経が圧迫を受けて損傷すると麻痺が生じます。

血腫で麻痺 http://junk2004.exblog.jp/2311558/

手術で麻痺 http://junk2004.exblog.jp/4238009/

        http://junk2004.exblog.jp/1827340/

腰のヘルニアでは極めてまれに馬尾症候群という麻痺病変がおきることがありますが、それ以外には麻痺がおきることははありませんから安心してください。


実は、1年前にヘルニアと診断されてから、自分の中では色々疑問点もあったのです。最初に腰に激痛が走り、動けなくなり整形外科へ。レントゲンの結果ヘルニアではなさそうとの診断。

その後は2ヶ月くらい整骨院に。腰の痛みはなくなってきたものの、今度は下肢痛が現れ、再び整形外科へ。そしてMRIの結果巨大ヘルニアとの診断。それからはずっと薬と理学療法。でも一向に良くならず。気になり本屋で腰痛の本を読んでは、自分の症状はどちらかと言うと、脊柱管狭窄症に似てると思い、本当にヘルニアの痛みなのか疑問を持ち始めたり。脊柱管狭窄症は年配の方がなると書いてあるから、20代の自分は違うだろう、やっぱりヘルニアかと思ったり。

そして、痛みが徐々に強くなり、神経根ブロックを勧めらる。でも、すごい痛いと聞いて逃げました。その後、他の病院へMRIを持って行き、左足の臀部から太ももの痛みと痺れを訴えました。そして先生が、MRIを見て、ヘルニアは右に出てると言うのです!!!(その先生は、どちらかというと正中型で右よりといいましたが・・・)あたしはずっとヘルニアは左に出てると思い込んでたので。

その先生は、「ヘルニアが出てるのと反対に痛みがあるのだったら、学会で発表ものだよ」と。(そんなこと言われても・・・)よくよく思い出してみれば、最初の整形外科でも左足の痛みで行ったのに、ヘルニアは右に出てると言われてた。

そこで、またヘルニアに対する疑問が・・・しまいには右も痛くなり始め、左右交互で痛くなってきたのです。結局ブロック注射をすることになり、右が痛い時は神経根で、両方(特に左が痛い時)の時は仙骨ブロックをずっとしてました。でも、これもほとんど効果がなく・・・

年明けについに右足激痛で動けなくなり、救急車で最初の整形外科に運ばれました。(前日までは左足の方が痛みが強かったのに)そこで、再度MRIを撮り、半年前よりさらにでかくなってるといわれ、注射も効かなかったみたいだからって、手術に。

(しかも入院中、膀胱直腸障害の疑いが認められ、予定日より4日早くの緊急オペ)そして術後、右に出てたヘルニアを取ったのだから右の痛みは軽減されたと信じ込んでたのです。では術後に再開した左足の痛みについては?!再検査しても、とりあえず他の箇所のヘルニアによるものだろうという診断。様子を見ようってことで終わり。

加茂先生のサイトなど読んでると、やっぱりヘルニアが痛みの原因と思い込んでたような気がしてきました。医者のあいまいなな診断より、よっぽど納得させられる部分が多く・・・なので、今思えば、ヘルニアが痛みの原因でないから、ヘルニアが右にあっても、痛みが左に出てたことはおかしいことではなかったんじゃないか?!と。

今同じ病院で、PTの元でリハビリをしているのですが、そのPTは、術後に痛みを訴えた時「筋肉の問題だと思う」って言ってたのです。あたしは最初にそう言われた時、心の中では「いや・・・これは術前にあったヘルニアの痛みと同じだから、他の箇所のヘルニアが原因なんじゃないのか?!」って。

でも今思えば、触診もしない医者より、実際に体や痛いとこの筋肉などを触って診断するPTの方が説得力あるかもと。

とりあえず、今は動けないほどの痛みでもないので、PTの元でストレッチや筋力強化をしていきながら、様子をみたいと思います。子ども相手の仕事で動きが激しく、足腰への負担が大きいのですが、医者にも仕事はしてもいいといわれたので、仕事に戻ろうと思ってます。

本当は、この痛みの中、仕事に戻って、またあの激痛に襲われたら?とか再発したら?と不安だったのですが、ヘルニアがあっても、それが痛みの原因につながらないと考えると、前向きに戻れるような気がしました!

なんだか自分のことを長々と書いてしまい申し訳ありません。よは、あたしもヘルニアや医者に対して、たびたび疑問があったのですが、手術しちゃた者ですって感じです。もっと早くこのサイトを見つけてればと思いましたぁ!

ただ術前の気の狂いそうな痛みから解放され、今は歩けるようになったことを考えれば、手術をしたことは全然後悔していないのですが・・・(ただ手術したことが痛みの軽減につながったわけではなさそうということは理解しました笑^^;)




早く気が付いてよかったですね。気が付かないと、再発ヘルニアとかいって再手術、固定術になることさえあります。そしてよくなるのならいいのですが、よくなるはずもありません。あるいは癒着が原因だといって癒着を剥がす手術を何回も受けるはめになります。

http://junk2004.exblog.jp/8057560/
_____________________


救急車で担送された

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#sinamon

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#if

______________________


手術した方に言いにくいのですが、まあ早く気づいてよかった、気づかないのは整形外科医の脊椎専門医だけといったまことにへんな世の中になっています。

医師にいろいろ質問していくと医師は必ず返答に困るものです。例外的とされるか、心因性とされるか、narrative based medicine(物語に基づいた医学)とかいって煙に巻かれるかです。

手術でよくなることがあるのは、全身麻酔で筋弛緩剤を使いますのでそれにより筋のspasmが取れるのではないかと想像しています。

[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-25 02:37 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2008年 02月 24日

脊椎外科医がしきっているかぎり・・・

両足底の種子骨障害との診断に悩まされている女性

最近の医師は触診しないことが多い。画像所見にたよりすぎる。治療に行き詰まると精神科へ紹介することがある。

筋肉に目を向けることで大きく展開が変わってくる。これは何も日本の整形外科医に限ったことではないようだ。

坐骨神経痛の保存療法:王様は裸か?
坐骨神経痛に対する有効性が証明された保存療法は存在しないにもかかわらず、SPORTにおける保存療法のアウトカムは素晴らしいものであった。

「臨床研究でプラセボ治療を受ける坐骨神経痛患者も良好なアウトカムを示すことに注目すべきである」と博士は付け加える。


「椎間板へルニアに関連する坐骨神経痛」「腰仙椎部の根性症候群」この前提が意味不明なのではないでしょうか。そう考えるのが自然です。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-24 22:23 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2008年 02月 23日

両足底の種子骨障害との診断に悩まされている女性

はじめてメールいたします。突然に申し訳ありません。私は**在住の4*歳、女性、会社員です。

どの整形外科に行っても解決しない足の問題を抱え、このままですと仕事も首になりそうな中、先日偶然にも先生のサイトを見つけ、最後の希望としてご相談させていただきたくメールをいたしました。

数年前に両足種子骨障害を患ってから、靴を調整しながらの事務の仕事をしてきましたが、一ヶ月前にイベント設営のためほぼ一日足を使いすぎたことにより、両足アキレス腱を痛めてしまいました。急性期の痛みと腫れは治まったのですが、特に左足アキレス腱を中心とした足首全体のビリビリとしたしびれと重苦しい痛みのような違和感、さらに両足下肢全体の筋力低下のため30分と立っていられない症状が取れないでいます(異常な脱力感です)。就寝時は、ビリビリとしたしびれも少しは緩和されますが、朝に活動を始めると一日中そうした症状が続きます。そしてそれは週末になるに従い、積み重なってひどくなっていきます。

先生のサイトとブログを拝見し、今の症状はまさに筋肉に問題を抱えているからではとハッと気づかされ、是非先生に診ていただきたいと思った次第です。
_________


私よりも、もっともっとひどい状況の人はたくさんいることは分かっているのですが、それでも自分自身、仕事を失うのではないかという恐怖心だけでなく、このまま一生まともに歩けないのだろうかという絶望感に陥っていたところでしたので、ご返信を読み命を救われた思いがいたしました。ありがとうございます。

普通に道を歩いていただけなのに、2005年6月から9月の間に、立て続けに両足種子骨障害を負ってしまいまして、それ以来、未だに種子骨で地面を踏み込むことができないでいます。特に左側に至っては、レントゲンおよびMRI画像診断によりますと、種子骨を中心とした親指までに至る範囲で、原因不明の骨萎縮を起こしているとのこと。これは、怪我をした当初のレントゲン撮影で分かったものです。

種子骨を保護する中敷を入れてはいるものの、通常歩行時にまともな踏み返しができないため、どうしても踵に負担がかかる歩行となったまま今日に至っております。踵もそのころからこんにちまで意味もなくずっと痛いのですが、なんとか耐えられています。が、そろそろ危険な感じになってきました。


b0052170_16372100.jpg
Aさんのふくらはぎは両方とも氷のように冷たくなっていました。これはヒラメ筋のMPSのために血行が悪くなっているのです。

上図のような圧痛点がありました。

両側のヒラメ筋、母趾内転筋、短母趾屈筋、母趾外転筋のMPSと診断しました。トリガーポイントブロックをして、数時間後にもう一度診察しましたら、症状はほとんど消えていました。

b0052170_16493833.jpg

b0052170_16495951.jpg
種子骨障害は、それそのものは痛みの原因ではないと思います。図でもお分かりのように、母趾内転筋などの強い短縮、突っ張りによって付着部(種子骨)障害が生じるのかもしれません。

種子骨に負担をかけないでおこうとする気持ちが歩行のバランスを崩して、母趾外転筋の踵骨付着部にもMPSを生じていました。

ヒラメ筋のMPSも二次的に生じたものでしょう。

種子骨障害という病名はいかがなものかと思います。私もレントゲンを撮るとあるかもしれません。痛みの本態はMPSなのです。早期にトリガーポイントブロックなどをして、筋肉のマッサージやストレッチをしてやるべきでしょう。

「種子骨が悪い」という言葉にあまりこだわらないほうがいいでしょう。

診察した中には足を専門にしている医師もいたとのことですが、どこに圧痛があるかを調べることはなかったとのことです。そして、もうこれ以上治療ができないと判断すると精神科の受診を示唆したとのことです。

とにかく医師は筋肉を無視して診断する傾向にあります。ほとんどの痛みは筋肉から発せられているというのに。

Aさんはあと何回治療する必要があるかはすぐには言えませんが、上記の筋肉のMPSととらえて、数回の治療でよくなることでしょう。

種子骨障害や踵骨棘は痛みの原因ではなくて、MPSの結果なのかもしれません。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-23 17:09 | 慢性痛 | Comments(2)
2008年 02月 23日

腰股攣急、脚攣急、手足攣急

MPS研究会の先生に教えてもらったのですが、芍薬甘草湯や五積散などの漢方薬の効能に腰股攣急、脚攣急、手足攣急というものがあるそうです。

江戸時代は神経や椎間板という概念がありませんので、このような表現をしていたのでしょう。

現代では椎間板へルニアに関連する急性坐骨神経痛といわれているものも、江戸時代の診断では脚攣急にあたるのでしょうか。

小臀筋や下腿筋などの強いspasmが本態ですから、江戸時代の言葉「脚攣急」のほうが実態に則していると思いませんか。

私はこのような痛みはヘルニアが原因だとは思っていません。ヘルニアは筋のspasmの結果なのかもしれませんが。

生理学的にも、疫学的にも、また臨床経過からも全く合理的に説明できないことに対してなぜ多くの医師がこだわり続けているのでしょうか。

「椎間板へルニアに関連する急性坐骨神経痛」の治療は「椎間板ヘルニアは無視してよい」という強いメッセージを与えて、MPS、筋のspasm(攣縮)として治療すれば急性のものは1ヶ月以内に治癒するようです。私の症例集や、「掲示板から、患者さんから」を参考にしてください。

麻痺ではないのですから、MRIやレントゲンは特異的な病気(悪性腫瘍、感染症、骨折)はないという意味しかないのです。

タクちゃんの病名は頚にヘルニアがあるけど「背攣慢」ですね(笑)。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-23 00:46 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2008年 02月 21日

疼痛の遺伝子治療薬を開発

Medical Tribune 2008年2月21日

〔英チェスターフィールド〕米食品医薬品局(FDA)は,関節炎などの慢性疼痛に悩まされる患者の助けとなる新たな治療薬の審査を近く行う予定である。

シグナル伝達を阻害

Diamyd Medical社が開発したNP2と呼ばれる治療薬は,同社の新たな神経標的薬剤送達システム(DDS)遺伝子治療薬の 1 つである。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-21 20:53 | 慢性痛 | Comments(0)