心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

全部が否定されたら、今まで生きてきたそのものを否定されているような気持ちになる

ひつまぶしさんのコメント

耳をふさいでいる方々も、筋痛症についての情報を気にはしているんだと思うんです。

手術後も痛みは残っているようで、現状に満足感や安堵感を持っているようにはとても見えないからです。

では、なぜ筋痛症についての情報や「ヘルニアは痛みの原因ではない説」に対して、あんなに過剰といえるほど激しい嫌悪感や拒絶感を示すのか・・・

以前から何度も書き込まれていて、みんなわかっている・・・ それなのに、じゃあ、なぜ知ろうとしないのか。

その答えは、この言葉に集約されているような気がします。

「全部が否定されたら、今まで生きてきたそのものを否定されているような気持ちになる」
 
怒りは『感情の蓋』で、その蓋の下には悲しみ・寂しさが隠されているといいます。その感情がまだじゅうぶんに癒されていないから、耳を傾けることができないのでしょうか。

時間が無為に過ぎていくようで、すごく残念な気がしてなりません。


でもいわなくてはならない。「ヘルニアが痛みの原因にはならない」

困る医師もたくさんいるでしょうが、これで人生を大きく狂わす患者さんもたくさんいると思うのです。

全否定しないと意味がないのです。

99%ヘルニアが原因でないといったところで、私は1%にはいっていると思うことでしょう。

ヘルニアが原因で痛みが生じることはないのです。それは生理学が教えるところです。痛みとはC線維の興奮です。つまり脱分極によって電位差が生じ、それが脳に伝わると痛いと感じるのです。神経線維が圧迫されたところでこのような現象が起こるはずがないのです。

私のところに毎日のようにメールでの相談がきます。皆さん、ヘルニアという誤診をうけて不安の中にいる人たちです。

私は医師として責任を持って返事をしています。ヘルニアが原因で痛みやしびれがおきることはないと。筋痛が原因でヘルニアが生じたのかもしれないけどね。

一部の人の人生を否定する結果になるのかもしれませんが、真実を述べることによって救われるひとはその何倍もいると思います。

無駄な医療費、無駄な時間、それだけではない、医者の誤診が病気の原因にさえなっているのだ。一度だけの人生。

損傷モデル(椎間板の変性、分離症、すべり症など)が痛みの原因にならないのは生理学上あたりまえのことなのですが、私の診療所で1Wも見学すればすぐにわかることです。

本日のメール相談より

★「約1年前にレーザ―手術もしましたが症状はあまり変わりませんでした。・・・・・」

★「今年の3月頃に首肩に痛みと痺れが走り、MRIを撮って見てもらった結果4と5、5と6にヘルニアが出ていますと言われました。・・・・・今ではなぜかほとんど痛みや痺れが無くなりました。ただ、違和感は今でもあり、痛みの再発が恐く、無理な運動や仕事もセーブしております。」

いろんなタイプのヘルニアがあるのではない。いろんなタイプの筋痛症があるのだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-31 21:45 | Comments(15)
2008年 07月 30日

突然背中が痛くなり手がしびれた

b0052170_20382657.jpgAさん(40歳代、男性)は3ヶ月前の20日、突然背中がいたくなり左の小指側にしびれを感じました。

ちょうど左図のような感じだったそうです。すぐに整形外科を受診し、MRIで頚椎のヘルニアという診断でした。

医師は手術をしたら楽になるといいました。

背中に物が入っているような感じです。

1ヶ月前より両方の下肢にしびれがでてきました。







b0052170_2043968.jpg現在は左図のように広範囲に痛みやしびれがあります。線維筋痛症の基準を満たします。

このように痛みがおおばけすることはたまにあることです。なぜなのかよくわかりません。

「ヘルニアという診断名を聞いて不安でしたか?」
「はい、とても不安でした。」

それはそうですね。頚で神経に触れているなんて想像してごらんなさい。何かとてつもない不安が襲ってきませんか。頚を動かすと神経にさわって激痛がはしる・・。このようなことを想像するだけで、息が詰まるほどの不安が襲う人もいます。

現在、心療内科に通院して抗うつ薬を飲んでいるということです。

トリガーポイントブロックをしましたが、背中の痛みはうんと楽になったそうです。

筋痛症なのです。ヘルニアは関係ありません。広範囲な筋痛症ですから、線維筋痛症といってもいいと思います。

整形外科医の頚椎ヘルニアという診断が病勢に影響したのかどうかはわかりません。

患者さんは痛みやしびれを訴えているのであって麻痺を訴えているのではありません。

このようにMRIの乱用によって病気が増えるような気がしてなりません。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-30 20:56 | 線維筋痛症 | Comments(5)
2008年 07月 29日

12年前、朝起きたら腰が痛かった

動作が困難なので、タクシーを呼んで病院にいった。30歳代の女性。

それまでは、全く腰痛もなく元気だった。

病院ではMRIをとり、4・5の椎間板ヘルニアと診断された。

脊柱管狭窄症もあり、分離症もあり、ヘルニアもあるので、どれから手術すればよいか分からないと言われたこともある。手術はしていない。

今では、頚、上肢、背中、腰、下肢に及ぶ広範囲な筋痛がある。線維筋痛症だ。

昨日まで元気だった人が朝起きようとしたら腰痛、12年間のうちにほぼ全身にわたる筋痛症。

まことに不思議なことだ。12年前、病院に行かなかったらどうなっていたのだろうか。

私「寝てるうちにヘルニアになるのですかって突っ込みをいれなかったの?ww」

MRIの証拠を突きつけられて言葉を返すことのできる患者さんはここの常連さんぐらいだろう。

医師にとって必要なのは、考えることのできる普通の脳と普通の手です

鮫の脳みそに神の手が最悪ですね。

ほかの掲示板をみていると、医師の脳を疑います。脳が悪いのか教育が悪いのか。いくら教育が悪かったといっても考えをめぐらすこともできないのか。医師は痛みに関して、臨床学において間違った教育を受けてきた(現在も)のは事実です。

しかし、もうそれに気づくべきです。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-29 23:45 | 線維筋痛症 | Comments(2)
2008年 07月 28日

ヘルニアによる頚部脊髄症

掲示板「みんなヘルニア仲間」より

ほかの掲示板を引用するのは気が引けますが、グランさんが私の名前を出してお書きになっていましたのであえてここでご説明いたします。医師として。

「頚椎ヘルニアと診断されて不安」な患者さんのために!

過去のグランさんのご発言
★発症から手術までの時間ですが、約二ヶ月くらいです。症状は、感覚障害・四肢麻痺・排尿障害です。『頚椎症性脊髄症』でMRI画像では、脊髄の白い流れがC3番くらいから、かなり細くなっていました。

医師は早期による手術を勧めてきましたので、私も同意した次第です。現在は、下肢麻痺が若干残っているものの、何とか働けている状況です。

★私達の症状は抗うつ剤などが効く場合があるそうなんです。

★私は、頚椎症性脊髄症で手術を2年前にしましたが、四肢麻痺と排尿障害くらいで痛みは殆ど無かったのです。痛いのは辛い事だと思います。

★繊維筋痛症ですよねぇ?加茂整形外科の事ですね。皆さん知っているでしょ。私も興味はありますが、ヘルニアでは痛くない。諸悪の根源は筋肉に異変がある。ってとこですか?それでは、筋肉をどうするの? 答えはマッサージや揉み解すですよね。それなら医者は必要ないって思ってしまうのですが...

________

ご発言からすると、グランさんはヘルニアによる「頚部脊髄症」だと思います。手術が正解です。ヘルニアによる頚部脊髄症は「麻痺性疾患」です。めずらしい疾患になると思います。

痛みではなく麻痺(運動麻痺、痙性麻痺、膀胱直腸障害)です。

この疾患(頚部脊髄症)に対して抗うつ薬は効きません。

頚にヘルニアのある人は皆、頚部脊髄症を心配しなければいけないということはありません。

ケイしゃんもエリーさんもあるんでしたね。過去にそのように書いていらっしゃいました。シャルルさん、ひつまぶしさん、タクちゃんも頚椎ヘルニアがあるんでしたね。

頚や背中が痛いといってMRIをルーチンに撮るとこのように多くの人にヘルニア、ヘルニアらしき膨隆がみつかり、痛みやしびれがあたかもヘルニアのせいだという説明を受けて不安になるのです。将来、脊髄症になるかもしれないという心配を持つ人もいることでしょう。

将来、頚部脊髄症になる可能性は私と同じ確率かもしれません。私はヘルニアの有無は分かっていません。今、ヘルニアがない人のほうが、急に突出して脊髄症なるのかもしれません。

阪神タイガースの赤星選手も頚にヘルニアがあるそうですが、普通にプレーしています。

脊髄症は病的反射(バビンスキー、トレムナー、フスクローヌス、腱反射亢進)、痙性歩行などで、診断は比較的容易です。

それで、ご相談者の多くは麻痺ではなくて「痛みやしびれ」なんです。

痛みやしびれがヘルニアに起因しているわけではないのです。ヘルニアが原因でそのようなことが起きることはないと言っているのです。

麻痺とは神経の電気活動が起きていない、痛みとは神経の電気活動が盛んにおきているという全く反対の現象なのです。

手足がしびれて頚にヘルニアがあったりするとそれだけで「頚部脊髄症」と誤診されることもあります。

痛みやしびれの原因はほとんどが筋肉のspasm(痙攣)です。それを早く止めることが大切です。慢性化すると慢性痛となって人を苦しめます。このような状態のときに抗うつ薬が効くこともあるのです。

あの掲示板をみていると、「真の頚部脊髄症」の人と「なんちゃって頚部脊髄症」の人と「筋痛症にもかかわらずヘルニアが原因」と言われた人が入り交じっています。

頚にヘルニアがあるという共通項だけで集まり、異なった病態の人たち同士が、それに気づかず、アドバイスをしている。

腰には脊髄がありませんので、腰のヘルニアに関してはすべて誤診に基づくものと思っています。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-28 07:48 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(13)
2008年 07月 27日

なにが真実なのか考えてみなさい

ヘルニアの診断で悩まれているのは働き盛り、子育て盛りの方が多いようです。

一度だけの人生、時間、お金、大変ですね。

医者を変わるたびにレントゲン、MRI、あいもかわらない説明。お金と時間だけが費やされていきます。

神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じるなんてことはありません。生理学でそのようなことが認められていないのです。

だから、ヘルニアがあっても痛くない人はいます。ヘルニアがなくても痛い人もいます。

ヘルニアの手術をしても治る人もいますが治らない人もいます。痛みの本態は筋肉のspasm(痙攣)ですから、手術で治るのは全身麻酔の筋弛緩剤によってspasmが治まってしまうからでしょう。

手術をしてもしなくても1年後、2年後の成績は同じという報告があります。

著明な生理学者Patrick Wallは「神話は終わった」といっています。

Carragee博士は、「手術を受けるか受けないかの選択はつまるところ患者の好みの問題になる」と述べている。(FILE510)


ヘルニアは筋肉のspasmの結果生じた可能性はあります。

頚では脊髄を圧迫して脊髄症の原因になることがあります。腰のヘルニアでは馬尾神経を絞扼して馬尾症候群をおこすことがあります。いずれもまれなことで、痛みではなく「麻痺」です。馬尾症候群は緊急手術が必要です。その可能性は人類みな同じです。

この支離滅裂の仮説を葬ってしまいましょう。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-27 20:44 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2008年 07月 26日

ヘルニア、脊柱管狭窄症という診断は全くバカげている

この掲示板は長年見ており、参考にさせていただいております。わたしも慢性の腰痛、臀部、下肢痛に悩んでいるものです。病歴や治療歴は書くのもめんどくさいのですが(苦笑)ほとんどみなさまと同じです。

20代の頃より腰痛もちといった感じはありましたが、6年前のある日激痛に激痛に襲われ、寝たきり→ヘルニアと診断される。

整形外科治療(牽引、痛み止めの注射、投薬)それでも治らず大学病院(堅いコルセットをすすめられ、、、その他、複数大学病院などを受診し、いつのまにか、病名がヘルニアではなく脊柱管狭窄症になり(^^;)…ペインクリニックをまた転々と。。。

最後には硬膜外ブロック、神経根ブロックもいやになるほどやりました。しかし、神経根ブロックは恐怖心だけが残り、心身ともにつかれはて、すべての治療をやめました。

その間、保険適用外の代替治療も散々やりました。お金も使い果たしました。

すべての治療をやめて、なぜか、症状は慢性ながらも安定していたのですが、うまく動けないことへのストレスなど疲労感は募るばかりです。

そのような状態から少しでもステップアップし、解放されたいと今回小松へ飛びました。

以前から、平行して、TMSの赤本白本、また、最近では天文台長さんの本も愛読しておりました。もちろん、加茂先生のブログもかなり前から読んでいましたので、ぜひ加茂先生に治療していただきたいとかねがね思っていました。

主婦が羽田から小松へ飛ぶのは勇気が要りました。しかもひとりでこのカラダで行けるのか心配でした。でも発症当時小学生だった子供も高校生です。勇気を出して飛んでよかったです。

長年の痛みからころっと全快とは行きませんでしたが、大変満足な治療結果でした。感覚的には痛みもしびれも半減しました。

特にTPB注射のあとの何時間かは、「あ、痛くないってこんな感じだったのか」と痛みのない感覚を思い出し大変うれしかったです。加茂先生の考え方を直接お聞きすることができ大変勇気が湧きました。

加茂先生には大変お世話になりました。どうぞこれからもお元気で、よろしくお願いいたします。
また、このような素晴らしい掲示板を長年運営してくださっているけいしゃんをはじめ、みなさまに御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・

他の方も書かれているように、私もさんざん色々な病院を受診しましたが、よくなるどころか患者を不安にさせるのが上手な医師ばかりです。よけいに悪くなり一番ひどいときには、うつ症状もあったと思います。


痛みが慢性化するのは「痛みの神経回路の可塑的変化」つまり痛みの記憶が起きるからだと言われています。

ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みの原因ならば、早急にそのような構造上の変化を改善しなければ慢性化になる可能性があるということになります。

痛みの本態は筋痛症なのです。早く筋痛症として治療していれば慢性化は防げたかもしれません。何回もMRIやレントゲンを撮らなくても済んだでしょう。

無意味な診断を止めにしませんか。筋痛症として治療することです。筋痛症の治療は個人的な好みの方法でよいと思います。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-26 21:44 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2008年 07月 25日

肩の運動障害

山崎君の紹介

Aさんは2月に肩の大結節の剥離骨折(裂離骨折)&脱臼のケガを負いました。すでに骨折や脱臼は治癒しています。

上肢の前方からの挙上は可能なのですが、側方からの挙上は90度ぐらいにしかできません。つまり、腕を水平位までしか挙げることができません。

病院でリハビリを続けていますが、進歩が見られず関節鏡の検査をするかもしれないという状況です。

b0052170_1131682.jpg
肩胛下筋に強い圧痛がありました。

この筋肉は肩胛骨の前方に位置し背部で肋骨に乗っかっています。腋下で触診することができます。

Rotator cuffを形成している筋肉です。

この筋肉の圧痛点(腋下)に局所麻酔を注射しました。すぐにできなかった側方挙上が可能になりました。

この筋肉は腋の下で触診可能なのでつい見逃されます。50肩で側方挙上が困難な方は要チェック。

つまり

転倒によって肩関節の脱臼骨折と同時に肩胛下筋などのMPSが生じたのです。脱臼骨折は治癒したのにMPSが治癒していなかった。

これを契機にMPSの治癒も促進することでしょう。

医師はこのような症例の時に関節の中の不具合を想定するものです。膝関節の時もそうです。しかしほとんどの場合、関節の外(筋肉)に責任があると思っています。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-25 01:35 | 慢性痛 | Comments(6)
2008年 07月 24日

b0052170_20402571.jpg

Thunderbird 金沢
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-24 20:40 | Comments(1)
2008年 07月 24日

ヘルニアも脊柱管狭窄症も間違っています

Aさん(50歳代、男性)
3ヶ月前にゴルフ プレー終了後、変な右腰の痛みが出て歩くときも右腰が下がった状態になり、その日いつも行く整形外科で筋肉をほぐす注射を打ってもらい、次の朝 まだ右腰に痛みあり。2日後、ゴルフの後また同じ症状がでて、再び注射を打ってもらい、次の日、右臀部から太もも・足裏にしびれがきました。

2W後MRIを撮ってもらい3箇所ヘルニアがあるといわれ、3回ブロック注射、痛み止めをもらい、腰の牽引、マッサージ。

1ヶ月後、脊髄専門の外科でレントゲン・MRIを取った結果 腰部脊柱管狭窄症と言われました。手術の後遺症が怖く、血管を広げる薬と痛み止めを飲んでます。しかし何とか治したくてたまりません。まだ痛み、しびれは強くなった感じです。


こんにちは、6月に2日間、加茂先生に診ていただいてからもう1ヶ月になりました。あの時点ではほんとに良くなるのか疑問でいっぱいでした、先生の言われる心の持ち方、考え方が今ようやく理解できるようになりました。

5分も立ってると冷や汗が出てたのが、立つことも1時間、600mは歩けるようになりました。

主治医の整形で腰部脊柱管狭窄の手術をしないと告げ、筋肉痛を和らげるということでトリガーポイント注射を頼んで頼んで、週2回・3箇所(それ以上はだめ)また違う内科の先生に週2回(この先生も3箇所)打ってもらってます。

臀部から太もも側・裏側にあった痛みも太もも裏一部分になってきました。主治医の整形の先生も顔色でわかるのか、この頃は体調良くなったね,この注射は害ないから毎日打ってもいいよと言ってくれます。

MRIを撮った整形外科の先生は局所麻酔は打たない、ブロックだけと言われました。(この先生に2箇所腰部脊柱管狭窄)

週2回はジムでバイク20分こいでます、体重も2キロ減量、ゆっくりゆっくり、我慢せず、怒らないで、1日過ごせるようにしています。

わずか1ヶ月でこんなに変わると怖いくらいですね、さすがにゴルフは出来ませんが(加茂先生はできると言われますが)、今月もう1回1泊2日でおじゃましますのでよろしくお願いします。


Aさんは筋痛症なんです。筋痛症の方をMRIを撮って生理学的に説明不能な概念(脊柱管狭窄症、ヘルニア)を押しつけるのはとてもまずいことです。

ヘルニアや脊柱管狭窄症という診断で痛みに悩んでいるみなさん!もう一度、筋痛症という考え方から症状を検討してみてください。

専門医の診断が正しいとは限らない、というか多くの場合は間違っているのがこの問題なのです。

筋痛症の患者さんを脊椎脊髄専門医から守る必要があります。筋痛症を神経の病気、脊椎の病気と誤診されるのはよくあることです。そして医原病になります。

生理学的にも理解に苦しむ説明です。健常者でも普通にみられます。臨床経過からも説明不可能です。

Aさんのようにある日突然痛くなった、筋肉に対する治療をしたら1ヶ月ほどで著明改善した、これをどうしてヘルニアや脊柱管狭窄症で説明できるのでしょうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-24 08:20 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2008年 07月 23日

拇指球の痛み

両足底の種子骨障害との診断に悩まされている女性

Aさん(10歳代、女性)は3ヶ月前より、左の拇指球が痛くて、歩行も苦痛です。夜間痛が強く泣いたこともあるそうです。

お母様が私の上記ブログをみつけて、診察にいらっしゃいました。遠方からなので、ホテルに泊まられました。

b0052170_13214247.jpgAさんはバレエをしています。痛みの原因は何かはっきりとは断定できません。

スポーツ専門の病院を受診し、レントゲンやMRIを撮りましたが特に異常はみられませんでした。軽度の外反母趾を指摘されて装具をつけました。

1ヶ月ほどして少しよくなりましたが、またちょっとしたはずみで悪化しました。

医師に注射をお願いをしてやってもらいましたが全く効果はありませんでした。


拇指球の周辺の圧痛点数カ所に0.5%メピバカイン6mlを注射しました。注射後、痛みが消えたことを確認しました。初診料を含めて3割負担で1500円でした。

「局所麻酔の薬理作用の持続は2~3時間です。これは一時押さえではなくて痛みの悪循環をリセットする目的です。」
______________




次の日

「痛みが全く無くなりました!昨日は痛みの消えている間にと思い食事をしました。3時間過ぎても痛みがでないのでとてもうれしかった・・・。日本海をみてきました。」

「よかったですね!」

「運動をするとまた痛みが出るでしょうか?」

「それは何ともいえません。足裏の筋肉が強く痙攣をおこしたような状態だったのです。マッサージをよくして、少しずつ運動量を増やしていけばよいと思います。」

ということで、この日は注射はしませんでした。320円でした。

「よかったですね、今日のブログに書かせてもらいますよw」
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-23 13:05 | 慢性痛 | Comments(9)