<   2008年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 30日

結局、痛みと麻痺の区別がつかない医者

今日は雨なので、ゴルフはお休みしてうちにいます。いろいろな腰痛、ヘルニア系の掲示板をみてきました。

掲示板は患者さんのナマの声が聞けて勉強になります。

2chでは「発症→手術→再発→手術→再発、と繰り返したがセカンドオピニオン3人目で地獄のメリーゴーランドがやっと止まった。ちなみに手術はしてない 。」

この書き込みが真実かどうかは分かりませんが、地獄のメリーゴーランドの人はたくさんいます。医者は痛みの本質がわかっていないからです。痛みの本質は筋痛症(筋肉の痙攣)なんですよ。

いろいろな掲示板をみても「診断の間違い」がとても気になるところです。読んでいてそれがすぐにわかるのです。

「痛み」「神経性運動麻痺」この区別がついていないのです。

痛みが続いて足に神経性の麻痺がおきる?????

頚椎でも「脊髄症」(これは脊髄麻痺のことですが、マヒのない脊髄症なんてないです。)と痛み、しびれとは全く別の疾患なんですが、そこのところの区別ができないものだから、みそ**一緒に論じられているんです。

疼痛性疾患なのか麻痺性疾患なのか疼痛性疾患が転じて麻痺性疾患になることはないのです。疼痛性疾患はペインクリニックですよね。ペインクリニックでは局所麻酔を用いて治療しますが、麻痺性疾患はペインクリニックの範疇ではないのです。麻痺性疾患に対して局所麻酔を用いることはありません。

疼痛性疾患は代替治療でも対応可なんです。麻痺性疾患は対応不可だと思います。疼痛性疾患のほとんどは筋肉の痙攣なんですから、それを止めることは代替治療(伝統的治療)でも可能なんです。

「医者が責任をもって回答している掲示板」がいいですね(笑)。

頚部脊髄症なんて、めったにないですよ。病的反射がでますからすぐに診断可能です。先日、頚を下にむけるとビーンと痛みが下肢まで響くという患者さんがいました。頚のMRIでヘルニアがあるということです。これでもう頚部脊髄症と診断するですから、お気を付けあそばせ。

頚のところに脊柱起立筋に局所麻酔を注射したらその症状はその場でとれました。筋肉の伸展による関連痛だったのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-30 11:31 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
2008年 11月 28日

筋硬症

☆ある日、棒が倒れておでこをうつ。頚~背中の筋肉が固まってしまう。

☆自転車にのっていて、車と衝突、転倒。頚の筋肉が固まってしまう。下肢まで痛みがひろがる。

☆崖から転落。右側の頚、腰、殿部、下肢の筋肉が固まってしまう。

☆介護で、頚を後ろに反らして反動をつけて人を引き上げた。その時、頚に電気が走る。以来、頚が固まってしまう。

☆ウェート・リフティングのトレーニングをしていて体調が悪く、お腹、腰、下肢の筋肉が固まってしまう。

_______

現在、治療している患者さんたちです。1年~数か月経過しています。あらゆる検査(画像、血液など)で異常が出ませんので、病気とは認定できないのです。

ただし、筋肉を触ったり、外観を観察するとわかります。

検査値で異常がないので「病名」がありません。

しかし、患者さんはそれは辛い思いをしています。

皆さん、少しずつ改善しています。

ガバペンやリリカを飲んでいる人もいます。

線維筋痛症の範疇なのですが、なにか、その特殊型のような気がします。私のところだけでこんなにいらっしゃるのですから、全国的にはたくさんいらっしゃることと思います。

「筋硬症」という病名をつけて統計をとり研究してみたらいいと思います。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-28 22:18 | 慢性痛 | Comments(0)
2008年 11月 28日

むち打ち

b0052170_20101569.jpg


28日目Oさん
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-28 10:58 | 交通事故診療 | Comments(0)
2008年 11月 26日

筋肉の短縮

b0052170_20443785.jpg


b0052170_223210100.jpg
小殿筋

b0052170_22331375.jpg
斜角筋

b0052170_22335461.jpg
胸鎖乳突筋

「トリガーポイントスタンド式チャート 翻訳 川原 群大 出版:エンタプライズ 」
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-26 20:44 | Comments(0)
2008年 11月 22日

頚椎ヘルニア、低脊髄圧?

MRIが普及し始めた時代の平成6年にA病院の脳神経外科でMRI検査をして、頚椎椎間板ヘルニア(C3~C7間)の診断。はじめて異常と言われてものすごく嬉しかった。

平成11年、A病院の脳神経外科で頚椎椎間板ヘルニアの悪化と、後縦靱帯骨化症の診断で顕微鏡下による、前方固定術(C4、C5、C6)をする。手術の目的は、第1に神経症状発症の予防、第2に不定愁訴の改善の期待。

手術をしてもきっと改善しないだろうと感じていた。手術をすれば周囲に分ってもらえると思っていた事も、手術を受けることを決めた理由の1つ。

自分としては、第1に不定愁訴の改善だった。手術後、骨化があまりしていなかったとの事で、後縦靱帯骨化症の診断は除外。

手術以降は、A病院の麻酔科で神経ブロックを週1回。主に、後頭部の頭蓋骨の下端付近の凸部(左右)の2点へのトリガーポイント注射。(針を刺す時に、ミシミシと鳴っていた)いつも、数時間は幸せ。1年位は、点滴もする。

他に、*市のBペインクリニック病院で星状神経節ブロック注射を10日間位、毎日した。効果は、感じなかったが、目が充血するまでの時間が早いので交感神経がの働きが強いとの事。また、T5位への硬膜外クウブロック注射を1回する。広範囲に薬が広がったの感じ、脇下と肋間神経痛に関して半日位は楽。

A病院の麻酔科で神経根ブロック注射をC5からT2へする。神経根に注射針を刺す瞬間の激痛と支配域の半日くらいの麻痺があったが楽だった。

自分から要望した点へのトリガーポイント注射をする。数時間は楽。

また、デパスを1日に1mg×3回を2年間のむ。麻酔科で筋弛緩の目的で処方。のんでいる時は、症状が緩和。一方で、少し高揚、強気、感覚が自然でなかった。薬をのみそこねた時、症状を急激に感じ不安感を急激に感じる。

のみ続けることに不安を感じてやめる。禁断症状が伴い、減量などをしながら完全にやめるまでに10ヶ月位かかり計3年近く飲む。

手術とその後の神経ブロック注射など により、不定愁訴の改善に期待していたが、1年・2年・3年・・・と経過していくが改善なくずっとこのままと思う事が多くなる。

平成14年の夏に「むちうち症はこれで治る」という本を読む。当初、低脊髄圧症候群の症状を読んで自分はコレだと思う。

低脊髄圧症候群の診断的治療でブラッドパッチを6回(頚椎から腰椎まで計15箇所位)する。

RIシンチと脳造影MRIの画像、経過の手紙 を当時の**共*病院の**先生に送り、低脊髄圧症候群の所見がある という返事を頂き、A病院にお願いしてする。

回数を重ねる度に、体がつらくなる。平成16年*月の6回目の頚椎部に行った以降が特につらくなる。極度の疲労感・短期間の複数の部位の激痛・考える事が大変・気力の喪失・寝汗などが続く。治らない、どうすれば良い、もう治らない、やはりずっとこのままか。焦りが大きくなる。

診断的治療のブラッドパッチの結果、低脊髄圧症候群では無かったと思う。この治療のため、各地から病院に多くの患者が来られていたが、自分の知る範囲でこの治療で改善した方は、ほとんどいない。A病院もこの治療を中止。

平成18年4月に図書館で 腰痛は怒りである の本をたまたま見つけその後購入、TMSジャパンのサイトから加茂先生のホームページを発見する。

質問もさせて頂いたりし、多くの 真実 を知る。これ以降、ほぼ毎日加茂先生のホームページを拝見させていただく。症状が強いときでも、以前のように必要の無い不安感・恐怖感をほとんど持たなくなる。また、持たないようにする。意識して体の事は無視し、暗黒の世界からは脱出できたと思う。不安になりそうな時も加茂先生のブログ等をいつも拝見することで、励まされる。
自分は、心身症になっていたのだと感じる。
 
長年、自分の症状に対し不安が小さくなったり、解消したりする事はなかった。それは、症状に対する的確で素人でも理解し、納得ができるような説明がなかったからと感じる。加えて、治る・良くなる という確約がなかったからと感じる。

手術をはじめ、色々な治療などをしたが、結局はこの事が欠落していて、自分自身も半信半疑の状態での治療等だった ためと感じる。

現在、真実の情報を得て、意識・考え方に変化。全ての原因は筋肉 ! ! !

症状は続いているけど、週末に1時間程度ウオーキングや、ストレッチ・銭湯などに行ったりして、なんとか過ごす。特に朝の2時間位はダメ。ブルーで元に戻ってしまう事が多い。通院等と薬は無し。・・・・・・


先生のところにお邪魔させていただいてから、1ヶ月半がたちました。先生の治療を受けさせて頂いたという事実が、誇りに思えたり、安らぎに思えたりしています。本当です。

先生に処方していただいた、ガバペン250mg ( 1回1錠×3回/日)とトレドミン25mg ( 1回1錠×2回/日)を飲んでいますが服用していると、楽だと思います。

張り、凝り等の感じ方が緩和していると思います。ただ、少々、便通の感じ方も鈍いかもしれません・・・


エリーさんの「ほのぼの談話室」に低脊髄圧のことがでていましたので、最近のある患者さんの体験談をのせました。

ある教授の講演では健常人でも漏れは見られるということで否定的なご意見でした。

慢性疼痛のメカニズムにおいても低髄の関与は聞きません。

知人のある医師も今はもうブラッド・パッチはしていないとのことでした。

でもこれで治る人もいるのですから、不思議なものです。

ブラッド・パッチ、手術、TMS、カイロ、鍼などなど・・・・いろんな方法で治ることもあれば治らないこともある。痛みの本態は何なんでしょうか?
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-22 00:51 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2008年 11月 20日

筋性疼痛

筋性疼痛のメカニズムはどこまでわかってきたか

根性疼痛、椎間関節性疼痛、椎間板性疼痛などはよく聞く。

これらには圧痛があるのだろうか?これらは整形外科的な妄想なのか^^。

一方、筋性疼痛には運動時痛、圧痛があり、筋硬結をふれ、圧迫により放散痛(関連痛)が生じることがある。

筋骨格系の痛みのほとんどは筋性疼痛なのだ。

筋性疼痛がどうして生じるのか、なぜ遷延化するのか、これは生理学者に教えてもらうしかない。

筋性疼痛として対策をとるべきで、腰、膝、頚、肩などパーツに分けてみたとて大した意味はない。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-20 23:07 | 痛みの生理学 | Comments(0)
2008年 11月 19日

筋性疼痛のメカニズムはどこまでわかってきたか

タクちゃんが掲示板で教えてくれました。

別冊「医学のあゆみ」 難治性疼痛と闘う研究と治療の最前線

筋性疼痛メカニズムはどこまでわかってきたか

名古屋大学環境医学研究所神経系分野II 水村和枝先生


http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.cfm?bookcode=283470

筋性疼痛(肩こり、腰痛、顎関節症、筋筋膜性疼痛症候群、線維筋痛症 など筋性疼痛に悩む人は多い)

機械痛覚過敏(運動時痛、圧痛)が特徴

しばしば硬い部分(硬結)があい圧迫に敏感な点(圧痛点)がある

圧迫により放散痛が生じる

遅発性筋痛モデル

通常3~7日で治るが、トレーニングを続けると外傷の元となることもありうるし、また慢性的な痛みの潜在的な原因となっている可能性

虚血、寒冷、加齢でも遷延する

遅発性筋痛の発生機構→乳酸説、筋スパスム説、結合識損傷説、筋損傷説、炎症説、酵素流出説、酸化ストレス説などの仮説。最近では炎症説は否定的

遅発性筋痛の形成過程には運動中から運動直後に生じるプロスタグランジンやブラジキニンがかかわっているが、維持にはかかわっていない

C線維の関与は間違いない

機械感受性の変化を起こす機構→筋の機械的特性の変化、筋内の環境、痛み受容器に発現するチャネルや受容体の変化


むち打ち、ヘルニア、脊柱管狭窄症、顎関節症、変形性膝関節症、椎間板症、椎間関節症、頚椎症、肩関節周囲炎、テニス肘、腱鞘炎など筋骨格系の痛みの本態(本質)は筋性疼痛なのです。

これに気づかない限り、無駄な検査、治療を繰り返します。

筋性疼痛の患者さんをレントゲンやMRIで検査していいかげんな説明をしているのが現状なのです。

筋性疼痛の治療として急性期は局所麻酔と安静が効果的です。

慢性化した筋性疼痛の治療はやっかいなことが多いので、急性期のうちに治療することです。


      
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-19 11:58 | 痛みの生理学 | Comments(0)
2008年 11月 17日

5回の腰の手術

4回の腰の手術   ☆番長のところは4回ですか^^☆

Aさん(60歳代、男性)はH14年よりH20年にわたって5回腰の手術を受けています。ほぼ2年間隔ですが、最後は3か月の間隔です。

X病院で3回、Y病院で2回です。X病院、Y病院とも腰の手術では有名な病院です。ね、ケイしゃん^^。

手術時の病名は、最初から順に、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症です。

私の患者さんから紹介を受けて来院されました。

術後はしばらくは痛みが弱くなっているのですが、1W~数Wでまたもとのような痛みになったそうです。

「すべてすることをしたので、もうすることがない。」
「時間が薬なので、近くの医院で養生してください。」

なんていわれて、近医で電気治療を受けていたが、よくならない。

私は診断の仕方に問題があると確信しています。痛みの原因は構造的なことではなくて、筋肉の痙攣痛なのです。

習慣化した筋肉の痙攣痛!

手術をすれば一時的に痙攣痛が治まることがあるものと思います。また手術は最も大掛かりな儀式ですからプラセボ効果もあって、よくなることもあるものと思います。

痛みの本質を見抜いてください。

このブログを書いたあとに番長さんのブログを見ましたら、手術4回がでていましたので、トラック・バックしました。

医師も患者さんも痛みの本質に気づくことを祈ります。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-17 18:10 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2008年 11月 16日

椎間板ヘルニアによる神経根症状

椎間板ヘルニアによる神経根症状とはいったい何なんでしょうか?

まず、「痛み」は含まれるものと思います。「根性疼痛(こんせいとうつう)」私はこれは無いと思っていますが。

仮に「根性疼痛」とそれ以外の疼痛を「非根性疼痛」とでもいいましょうか。

それをどうやって確かめるというのでしょうか?そのような方法があるのなら当然、ヘルニアガイドラインに書かれるべきものですね。

「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン」にはそのような方法は書かれていません。

そもそも「腰椎ヘルニア」のガイドラインなるものが他の国に存在するのでしょうか?私は日本以外のものは知りません。

「非根性疼痛」なるものの本態は何でしょうか?「椎間板性疼痛」「椎間関節性疼痛」「筋筋膜性疼痛」などという答えが想像できます。

そもそも腰椎椎間板ヘルニアがなにか症状を起こすとでもいうのでしょうか?

「馬尾症候群」以外には考えられません。馬尾症候群は48時間以内の手術が必要です。

馬尾症候群は緊急手術が必要なんです。インターネットやってる場合ではないのです。

腰椎椎間板ヘルニアが何か症状を起こすとでも考えているのですか?

手術をしてもしなくても半年後の成績は変わりがなかった。

健常人でもしばしばヘルニアがみられる。

手術をしても良くなる人もいるがよくならない人もいる。

どのような治療をしても良くなる人もいればよくならない人もいます。

「やった」「治った」は医師が最も嫌う非科学的な態度です。

ではこの騒動をどのように推理すべきなのでしょうか。

「以上の点を総合すると、椎間板ヘルニアによる根性下肢痛は本質的には「筋痛」であり・・・・」

これは至極当然のことです。

五十肩、テニス肘、変形性膝関節症などと同じカテゴリに属す「筋痛症」なのです。

ヘルニアがこのような筋痛症を起こしているということを証明できないのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-16 19:32 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2008年 11月 15日

パンドラの箱

筋痛症はパンドラの箱

筋痛症はおそらく大昔から人類とともにあったと思います。世界各地に伝承医療として治療法が残っています。

ブッシュマンは植物のトゲを利用したと聞いています。スラブ地方でしたか、蜂を捕まえて痛いところを刺す治療もあります。

鍼、お灸、指圧、按摩、これらはみんな筋痛症の治療なんですね。

ところが20世紀の後半になってレントゲンやMRIなどのハイテク機器が医療に利用されるようになって、筋痛症の原因を間違えてしまったわけです。

ヘルニアだとか軟骨が減っているとか椎間板が悪いからだとか、間違った仮説が流行したのです。

しかし、今、この仮説は見直されているのです。

健常人でもこのような異常はしばしばみられること、そのような仮説に従って治療しても結果はよくないこと、痛みの生理学では説明不可能なことなどが分かってきました。

最近、慢性痛(症)という概念がさかんにいわれるようになってきました。慢性痛症を作らないようにするには、早く痛みを止めてやるべきなのです。

本当にヘルニアが原因だと思うなら、早くヘルニアを取ってやればいいのです。

痛みが慢性化してくると広範囲に痛みが起こることがあります。人間の体は筋肉だらけですからね。

ある許容範囲を超えるとバーっと広がることがあります。最近多いのは介護とパソコン業務です。それが線維筋痛症。

ヘルニアと線維筋痛症。変形性股関節症と線維筋痛症。

変形性股関節症は跛行のことが多く、下肢の筋痛症から始まり線維筋痛症になることが多いように思う。

ヘルニアと診断されている線維筋痛症はしばしばある。ヘルニアがあるから線維筋痛症になるのではなくて、もともと部分的な筋痛症だっただけ。

寝違えで腕がしびれるといったら、MRIを撮り、ヘルニア。

パソコン業務で肩こり、腕がしびれるといったらMRIを撮り、ヘルニア。

スケボーで下腿痛と腰痛で、MRIを撮り、ヘルニアと脊柱管狭窄症。

ゴルフで脚がつったらMRIを撮り、ヘルニア。

ヘルニアがなかったら「異常なし」「原因不明」「ヘルニア、取るほどでもない」

これが日本の痛み医療の実態なのでしょうか。このままだと大変なことになりますよ。子供に高価な道具を与えたようなものです。

パンドラの箱は開けないほうがいいのでしょうか。

筋痛症を認めると、労災、自賠責、大変なことになるかもしれません。

ヘルニア、固定術学者先生、困りますね。

筋痛症の患者さんは大変多くその治療は手間、時間がかかるので、保険診療も見て見ないふりを決め込んでいるのか。

2chより

「レントゲンじゃ分かりませんよ。私も小さい整形にいったら筋肉痛と言われ。大きい病院いってMRI撮りましたら即入院手術でした。今日で10日目。明日退院です。」

小さい整形が正解です(笑)。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-15 22:02 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)