心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 27日

なんでも頚部脊髄症

Aさん「手足がしびれて、頚椎のMRIでヘルニアがみつかり、しばらく大学病院に入院してたんですよ。手術かと思っていたのですが、そのうちにしびれが取れてきたので退院しました。今は症状はないのですが、定期的にMRIの検査なんです。再発がこわいですから。」

私は即座に頚部脊髄症ではなことが分かりました。Aさんの歩行や腕の動作は何の異常もありません。

Aさんには脊髄症状を思わせるサインが全くありません。

しびれ(ジンジンした異常知覚)は筋痛症の症状です。そしてそれはストレスと大いに関係があります。

Aさんの斜角筋を押さえると強い圧痛がありました。下肢はみていませんが、ヒラメ筋などの筋痛症なんでしょう。

このような簡単な診断ミスが多いのではないでしょうか。インターネットの掲示板をみていてもたぶん脊髄症ではないのにそう思わされているようなのがよくあります。

このようなことは患者さんに無用の不安を抱かせます。

脊髄症状、神経学的サイン

痛みやしびれは神経学的サインではありません。

手指の巧緻運動障害、痙性歩行、腱反射亢進、フスクローヌス、

バビンスキ反射、チャドック反射、ホフマン反射、トレムナー反射などの病的反射が陽性

こういうのが脊髄症を疑わせる神経学的サインです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-27 22:42 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
2009年 02月 26日

ヘルニア・脊柱管狭窄症問題を放置するな!

AさんはX大学病院、Y大学病院で診てもらったが、手術するほどではないといわれた。Z病院で手術する。よくならず当院を受診する。慢性の筋痛症(ヒラメ筋、ひ腹筋など)だった。

「手術するほどではない。」というのはよく聞かれる医者の言い訳なのだが、なぜ痛いのかの回答になっていない。

Aさんは当初、鍼灸師に私のHPを紹介されていたのだが、遠回りになってしまったものだ。

もうこの問題は分かりきっているのだ。

患者さんからしてみれば大学病院の脊椎脊髄専門医のほうが信頼できるだろうが、私からすれば彼らは痛みの専門家ではなく、この問題に関しては回答できないのだ。

Bさんはある大学病院の一般職なのだが、ある日、急に腰、下肢が痛く歩行困難になった。自分の勤める病院の整形外科を受診し、MRIで脊柱管狭窄症と診断された。なんとか手術を回避したいと思っていたが私の著書に出会い、当院を受診する。

もちろんMPSだった。トリガーポイントブロックで痛みは楽になった。感激して帰られた。

神経根を圧迫して痛みやしびれが生じるはずがない。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-26 13:19 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
2009年 02月 24日

トリガーポイントブロック

鍵コメさん
「父の腰痛がほぼ完治しました!TPBのおかげ?でしょうか。自分の拙いTPBでもよくなりました。。ありがとうございます!更に腕を磨きたくもし宜しければ先生のTPB動画をUPして頂けましたら幸いに存じます。」


ということで、掲示板のタクちゃんの投稿をコピペします。

先日、東京から医師が脊柱管狭窄症と診断を受けたお母さんを連れて来院されました。

本日、親戚の医師から私のところを受診するように言われたというメールをもらいました。

今の整形外科の診断治療に疑問を持っている医師は少なくないと思います。何といっても基本となる生理学に矛盾しているのです。
100年前の仮説を続けているわけです。

神経が圧迫を受けて痛いとかしびれるわけではありません。変形しているから痛いわけではありません。心が病んでいるわけではありません。myo-pain 、myalgia なんです。


トリガーポイント注射(再放送)

第1話


第2話


最終回

[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-24 01:12 | MPS | Comments(2)
2009年 02月 23日

脊柱管狭窄症って???

整形外科領域は、これでいいのだろうか?

これでいいはずがない。

私が本に書いたように、中高年で足腰が痛いと脊柱管狭窄症と診断するのがブームになっている。

脊椎専門クリニックやペインクリニックで脊柱管狭窄症(神経根障害)と診断されていた奥さんを老内科医が治したこのエピソードは皮肉なことだ。

今日はこんなメールをいただいた。
今日、妻が先生の本を探して来てくれました。びっくりしております。古代からある普通の病気に、こんな事があっていいものかと驚いております。先生に感謝、妻に感謝です。私のケースは以下ですが、よろしくアドバイスお願い申し上げます。


この方は脊柱管狭窄症という診断で2度手術を行いましたが、よくなるどころか痛みが増してきているとのことです。

筋痛症でしかありえないのです。

脊柱管狭窄症診断サポートツールマニュアルの内容はとても疑問があります。
馬尾型なら麻痺、根型なら疼痛なんて生理学的に反対のことがなぜ起こるのか?混合型は麻痺と痛み?根型は予後が良好、手術しなくても治ることがある。と書いてあるが・・・これらを一つの病気としてとらえるべきなのか


脊柱管狭窄症があるとすれば馬尾型の麻痺でしょう。ただし、痛みで受診して将来の麻痺を予測されるケースがありますが、これはほとんど無視していいです。

このような状況が続くのなら、一般家庭医は患者さんが脊椎専門医を受診する場合、くれぐれも注意するようアドバイスしてあげることだ。
専門外科医への早期紹介を減らすことを推奨した。・・・非生産的な診療方法をやめるよう、医師を説得する一番良い方法は何だろうか。(FILE210)


b0052170_23195835.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-23 20:23 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
2009年 02月 21日

根性疼痛を信じられますか

b0052170_191661.jpg椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といわれているところの痛みは「根性痛=nerve root pain」といわれる概念が元になっています。

これは1911年にGoldthwaitが「腰椎椎間板の突出が坐骨神経痛を引き起こし得る」と考えたのが最初だと思われます。1911年というと明治44年ですか・・・・。

生理学の進歩はこの概念が間違っていることを暴露してきました。

根本的なところで間違っているのですから、あとはチンプンカンプンで矛盾に満ちているわけです。

神経根のところで生じた電気信号が脳に到達する。

脳は神経根のところから来たとは理解できず、神経が分布している末梢(たとえば下腿)から来た電気信号だと誤認しているということなのです。

このような現象を異所性発火といいます。正常な神経ではおこりません。

もし神経が傷ついたとすると麻痺が生じます。知覚麻痺は痛覚や触覚が感じられないということです。傷ついた神経が混線(発芽)して痛みを感じることがあります。神経因性疼痛、CRPSタイプ2、カウザルギーなどといいます。まれなものです。難治性疼痛です。手術して治すというようなものではありません。

たとえば下腿に強い圧痛を感じるポイントがあるでしょ。そこを押すと強い痛みを感じるということは・・・

根性疼痛によれば、下腿のある点を圧迫すると神経根から電気信号が生じるということなのですが、このことを理論立てて説明できないのです。

このようなことは常識的にありえないのです。

MPS研究会の医師はこのようなことは起こらないと考えています。

でも「椎間板ガイドライン」や「脊柱管狭窄症診断サポートツール」  に書いてあるではないかとか専門医がそのように診断するではないかという意見があることと思います。

世界的にみてヘルニアのガイドラインは日本だけではないのでしょうか。脊柱管狭窄症の診断サポートツールもたぶん海外にはないのではと思います。このような構造上の異常?が病気を起こすとすれば痛みやしびれではなくて麻痺なのです。

この明治44年から続いている間違った概念によって多くの人が経済的にも肉体的にも精神的にも困っているのです。

厚労省はこのような怪しげな検査や手術にお金を使わず、筋肉の研究、治療にお金を回すように誘導すべきかな。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-21 01:32 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2009年 02月 20日

腰痛の画像診断

ランセット誌「腰痛に画像検査は無用」

重篤な基礎疾患のない腰痛患者に画像検査を行っても臨床転帰は改善しないことが、アメリカ・オレゴン健康科学大学のRoger Chou氏らが実施したメタ解析で明らかとなった。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19200918?ordinalpos=1&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum

_______________________________

画像診断(MRIやレントゲン)は特異的疾患(悪性腫瘍、感染症、明らかな外傷、リウマチ及周辺疾患)を除外するために行うものです。(除外診断)

積極的診断・・・どのような状態、環境、動作で症状がどのように変化するかを観察する(機能的な診断)

治療的診断・・・治療の効果をみて診断する

痛みやしびれの診断は、まずは「除外診断」をします。ただし、病歴で見当がつきますのでスルーすることが多いものです。しかし、思いこんでいると失敗することがある。

次に、どのような動作や状況で痛みが変化するかを観察します。そしておよその見当をつけます。それにしたがって治療をしてその効果をみて総合的に診断します。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-20 21:29 | 急性痛 | Comments(4)
2009年 02月 19日

糖尿病と脊柱管狭窄症&椎間板ヘルニア

腰、下肢痛で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されていたお父さんを連れて来られた整体師からいただきました。了解を得てあります。

お父さんは糖尿病でもあり、内科医からはよく歩くように言われています。整形外科医からは安静にしたほうがいいといわれていました。

お父さんはお酒が飲みたいので、内科医の指示にしたがってよくあるいていたということです。

現在は腰や下肢にほとんど痛みがありません。しかし、左足指がハンマートウになっていて、違和感があり歩行しにくいということです。

本日、父を連れて診療に立ち合わせて頂きましたへなちょこ整体師のAと申します。

今日は本当に先生のところで診て頂けて、本当に良かったです。

いまどきのお医者様は、診察室に入ってもロクに顔もみて下さいません。長い事まったのに、パソコンの画面としゃべる先生に向かって、自分の症状や経緯も聞いてもらえず、痛み止めをもらってお茶を濁すような診察と治療のみ・・・そのくり返し。

HPでのイメージでかなり研究熱心な先生ゆえに、ちょっと怖い威厳のある方だと思っていたら、率直におもしろく丁寧にお話してくださり、それだけでも感激でした。

しかも、あの長年の父の足の指の感覚が戻ったという事実。何もかもが感激で、私自身興奮して思いがおさまらず、メールを書かせて頂いた次第です。

実は、父は非常に医者通いが好きで、権威のあるドクターに言われた事を忠実に守る人間なのです。

しかし、内科と整形と全く違う所に通い、どちらも極端に悪い状態だった事もあり、結局は糖尿の数値をよくし、
だいすきなお酒が毎日飲めるなら、少々足をひきづってでも沢山歩けばよいと、びっこをひいてあの足で毎日毎日1万歩以上はノルマにして歩いてきました。

労災認定を受け、身障者の認定も受けたら?と整形のドクターから言われ、それでも何とか腰やお尻の痛みが落ち着き、歩く事とヘルストロンで健康維持をしてきました。

しかしここ5年ぐらいで、以前は筋骨隆々だったカラダが枯れ木のようになり、特に右足のふくらはぎの太さが左の半分位になり、次第に左も衰え、大地を蹴り上げ歩くのではなく、ひざから股関節に極端に負担をかける歩き方をしていて、すぐに転倒するようになっていました。

私自身も、そんな父を何とかしたい、と言う思いと、自分自身も腰痛やお尻の痛みに苦しんだ経緯があり整体を学ぶようになりました。

主に経絡を指で刺激し、筋肉をゆるめ、ひじや手首、足首以下の細かい骨のある関節は指で局部的に反動をつけて動かす事でわずかなズレを調整する、という手法を用いて施術させて頂いています。

こんなまだまだ勉強&修行中の私のもとにも、医者や接骨院へ行っても、手術を勧められたとか、手術をして、腰の痛みはなくなったが手術待ちで1ヶ月寝たきりでいる間に、脚の筋肉が落ちなんとも不快な症状は別の痛みがでるようになった・・・など色々な悩みを抱えた方が来られます。

私にできる事は、日頃の生活での姿勢や動きをうかがう事と、今の筋肉のこわばりをとり全身の筋肉のバランスを整えること、そしてまたそうならないように日頃できる体操や心がけをお伝えする事・・・・・それだけですが、なぜかあれ?良くなったぞ・・・と首をかしげて帰っていかれる方が多く、しかし反面、どうにも何をしても改善がみられない方もおり悩ましい日々です。

そんな中で最も悩ましい存在は父でして(笑) なにせ医者のいうことを信じたいですから葛藤やジレンマがあっても、根性と気合で何とかする!と私のいう事など全く耳を貸しませんでした。

しかし、さすがに今回は「足を切断しないといけないかも・・・」と脅されて、その診断が本当かどうか騙されたとおもって私と一緒に小松へ行って診てもらおう!とひきずり連れて行った訳です。

帰りの車の中では、縮んで曲がった指の感覚が、左とほとんど変わらない位にチカラが入る・・・と何だか嬉しそうに感触を味わっているようで、満足そうでした。

そして、治療そのものの結果もそうですが、先生が現在の医療の現実をああやってあけすけに語って下さった事が相当刺激になったようです。

私たちへなちょこの整体師がそういう事を憶測で語っても、負け犬の遠吠え、もしくは医療の悪口にしかならないので現代医学を信奉している父の世代の人には、ドクターが語ってくれるのが何より影響があるのです。

そういう意味でも、今日は本当に伺って診ていただけてよかった~と私も涙のでる感慨深さです。

そしてまだまだ足りない筋肉の事、全体のバランスの事をこれからも勉強をし深め、予防医学に少しでもお役に立てるよう活動していこうと思いました。

本当にありがとうございました 長々と書いてしまいましたが、ここまで読んでくださったとしたら本当に嬉しいです。

父はこれからも週に1度は通わせて頂き、私も股関節やひざしたの筋肉をほぐし手助けしながら、安定感のある土台=足に戻せるようトライしてみます。これからもよろしくお願い致します。

あと、本日本を購入させて頂いたので、整体院にも置かせて頂き、PRしようと思います(もちろん購入促進・・・笑)


足指の屈筋のこわばりがハンマートウを起こしていたのではないかと思い、その筋肉をやわらげるようにトリガーポイントブロックをしました。

多くの腰痛難民だけでなく、疼痛難民がいます。病院で正しい診断や治療が得られているとは限りません。

その分を整体師が穴埋めをしているのでしょう。特異的病気(悪性腫瘍、感染症、骨折など明らかな損傷、リウマチなど炎症性疾患)の有無は病院で確認すればいいのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-19 22:04 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2009年 02月 18日

脳(心)からの治療?筋肉(身体)からの治療?

慢性痛=筋性疼痛=線維筋痛症の治療で、脳(心)からの治療?筋肉(身体)からの治療?をどうすればよいかということが問題となる。

私は両方からやればよいと思う。個人差がありますから、そこは患者さんと相談して最もよい方法を選択すればいいでしょう。

脳(心)の治療・・・・抗うつ薬、抗てんかん薬、抗不安薬など、認知行動療法

筋肉の治療・・・・・・トリガーポイントブロック、マッサージ、電気治療など

私の治療経験ではトリガーポイントブロックはとても効果的なことが多いように思う。内服薬だけでは改善のきざしがない場合でも効果がみられることがある。

内服薬の量を減らせることもある。ときには薬なしで治癒にいたることだってある。

簡単、副作用極めて少ない、安価など、決して敷居が高い治療ではないので積極的にやってみればよいと思う。

欠点は医療費が安すぎるわりに煩雑で時間がかかるので、医師のやる気を保つのがたいへんかもしれないということである。

びわさんは線維筋痛症である病院に入院中ですが、飛行機を乗り継いで来院されました。

こんにちは。加茂先生に治療を受け始め3日目。明日のお昼前の飛行機で帰る為、残すは今日の午後と明日の朝2回のみ。『やっぱり来て良かった』と実感、感謝するばかりなので、正直なところ、もう少し滞在したい気持ちです。今回は、地元で入院中ですが、外泊扱いで受診の許可をもらって来ました。帰ったら、『考えが間違いなかったことと成果』をしっかり報告して、難しいとは思いますが、地元でもこの治療を受けられるよう、引き続き、自分自身頑張りたいと思います。この掲示板を見て、『自分の勉強不足』を再認識しました。色々お尋ねすることが今後もあると思います。よろしくお願いします。とにかく、加茂先生に診ていただけて良かったです。ありがとうございました。


http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#y

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_591.htm
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-18 23:17 | 線維筋痛症 | Comments(1)
2009年 02月 17日

本当は怖い家庭の医学

『腰痛の隠れた本当の原因を徹底解明!完全対処法スペシャル』驚愕の新事実!日本人の約1300万人が悩む腰痛の意外な原因が判明…腰痛の対処法から最新腰痛治療まで大公開!
病院を訪れる腰痛患者全体の85%が、検査しても肉体的には原因が特定できない腰痛。「非特異的腰痛」といわれています。

その原因のなかには、精神的なストレスが原因の場合があります。


全体的にはがっかりな内容だった。

15%が特異的腰痛、これは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症だというのだ。つまり神経根性疼痛。

__________________________

私は神経根を圧迫しても痛みは生じないと思っている。

特異的**痛とは「特異的病理所見のある疾患に伴っている痛み」ということだと思う。

つまり、特異的腰痛とは「悪性腫瘍、感染症、骨折、脊椎関節炎(リウマチ関連疾患)」にともなった腰痛のこと。

非特異的腰痛とは特異的な病理を伴わない腰痛のことだ。

85%は非特異的腰痛といって原因がはっきりしないものといっているが、ヘルニアや脊柱管狭窄がなければもう原因が分からないといっているのだ。そんなバカなことはない。

ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みの原因だと思っているのだろうか?前提から間違っているのではなかろうか。

彼らが特異的腰痛、非特異的腰痛といっているものはともに「筋性疼痛」なのだ。強い圧痛がある。筋硬結がふれる。そこに局所麻酔をうつと楽になる。

筋肉に関係している腰痛がほとんどなのだ。上記の特異的腰痛(悪性腫瘍、感染症、骨折、脊椎関節炎)はまれなものだ。

筋肉の微小損傷がまずありき。ワケあり筋。

ストレスは筋性疼痛の一つの悪材料にすぎない。

先日のTVでは分離すべり症が原因で腰痛ということで手術をしていた。

「構造異常で痛い」「ストレス性で痛い」この区別をどうしているのだろうか?

根本的なところで間違っているような気がする。そしてストレス性の腰痛といっているのでかえって誤解を招くかもしれない。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-17 22:02 | Comments(1)
2009年 02月 17日

ヘルニア騒動

★20歳代、男性、昨年春、寝違え、整形外科受診、MRIで頚椎ヘルニアとの診断。

頚の回旋運動、前屈運動時に痛みがあり運動制限もある。左上肢に痛みが放散することもある。

肩甲挙筋、僧帽筋などのMPSだった。2日間の治療で症状は消失した。

★30歳代、女性、1年前よりMRIで頚椎ヘルニア。

僧帽筋、棘下筋、などのMPSだった。2日間の治療で症状は消失した。

★30歳代、腰椎椎間板である病院に入院中、硬膜外ブロック、神経根ブロックなどをやっても効果なし。携帯電話で当院のサイトをみて、退院。そのアシで当院受診する。

小殿筋、ひ腹筋などのMPSだった。

TPBをすると、「久しぶりに膝を伸ばして立てました。」

次の日、「とてもよくなりました。友人の鍼灸師にこのことを話したら、理解してくれました。先生の本をその友人にプレゼントします。」

医師よ、科学的根拠のない診断を止めようではないか。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-17 19:13 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)