<   2009年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 31日

坐骨神経痛がわかる本

b0052170_1194070.jpg
慢性的な圧迫が続くと痛みを起こす物質が出る

馬尾及び神経根の機能が低下しただけでは、痛みや知覚異常は出現しません。 それにしても神経が異常になって痛みや感覚が薄れるのはわかりますが、なぜ逆に馬尾や神経根の機能低下が痛みなどの症状を呼び出すのでしょうか。

この理由は現在でもまだ十分にわかっていません。しかし、馬尾や神経根が慢性的に圧迫されている状態では、組織障害に伴って、体内にあるさまざまな発痛物質(炎症性産物や神経伝達物質など) が現れます。

現在では、神経細胞自体の機能が低下したり失われたとき、それまで隠されていた神経伝達物質が、痛みなどの症状を引き出している可能性が強く疑われています。


神経が圧迫を受けると発痛物質がでる?・・・・痛みの生理学者はこれについてどういう見解なのだろうか。

発痛物質がでたとしてその受容器はどこにあるのか?神経根のところには受容器はない。受容器のあるのは神経の先端部だ。

発痛物質がどこに出るのか?

疑問がある。

結局「この理由は現在でもまだ十分にわかっていません。」ということなのか。

神経が圧迫を受けると発痛物質が出て(どこに?)それが痛みの原因になっているのだけれど、その詳しい理由は分かっていない。ということなんですね。

どうもよく分かりません・・・。よく分かっていないのだけれども、圧迫が痛みの原因だと強引に結論づけて手術にもっていくわけです。手術をしても良くならない人をたくさん見てきました。

この手術が適応される患者は、基本的に次のような病態の場合です。

①神経の障害により排尿や排便に障害がある人

②間欠跛行が著しい人(休みながら1回に歩ける距離が100~200m以下)

③脚部に強い痛みのある人

④まひによって脚の動きが悪い人や力が入らない人


手術については上記のように書かれています。①④は麻痺、②③は痛みが対象です。このように痛みと麻痺という生理学的逆の現象が併記されているということは疑問に思うところです。

痛みが強くなると麻痺になると考えているのか・・・。先日、私の本の書評で、「軽症ならばこれでよいが、重症ではこれではだめだ」という意見があったと書いたが、それは重症とは麻痺だと思っているからなのかもしれない。

馬尾型は麻痺、神経根型は痛み、混合型は痛みと麻痺。私はこの説明に納得しません。・・・http://junk2004.exblog.jp/5807271/

押さえられる場所により麻痺が生じたり痛みが生じたりする。その混合型もある。・・・・これは生理学では理解に苦しむところだ。

また痛みが高じて麻痺になるなんてことはない。筋性の痛みが強いと力が入らない。それを神経性の麻痺と誤診されていることが多いように思う。

私は真の脊柱管狭窄症は麻痺性疾患だと思う。真の椎間板ヘルニアの馬尾症候群にあたる。それはとても稀なものだと思う。

世間で一般に脊柱管狭窄症といわれているものは麻痺性疾患ではなくて疼痛性疾患なのだ。だから脊柱管狭窄症とは関係がないと思っている。

それは筋性疼痛なのだ。

真の脊柱管狭窄症=麻痺性疾患・・・・とてもまれ・・・手術が必要

な~んちゃって脊柱管狭窄症=疼痛性疾患=脊柱管狭窄が原因ではなくて、筋性疼痛・・・・とても多い

患者さんは痛みを訴えているのか麻痺を訴えているのか・・・・これが問題です。麻痺の場合はどこかで神経が圧迫を受けているのですから、検査をして、手術が必要なときもあるでしょう。しかし麻痺だと思われているのは筋性疼痛で単に力が入れにくいだけのことが多いですから、真に神経性の麻痺かどうか診断しなくてはなりません。

麻痺性疾患は私の方法で治ることはありません。またペインクリニックの守備範囲外です。麻痺性疾患に局所麻酔でブロックすることはありません。

どうですか皆さん、私の言っていることのほうが正論だと思いませんか?
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-31 01:13 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(8)
2009年 03月 29日

「恐らくは真実は丁度その中間にあるのだと思います。」

脊椎固定術について思う。
「恐らくは真実は丁度その中間にあるのだと思います。」


これはどういう意味なんだろうか?

菊地教授はまた、TVなどで「腰痛の85%は原因が分からない。」ともおっしゃっています。

これらを総合すると原因の分かっている15%の腰痛の中には固定術が必要なものもあるのだろうということでしょう。

私は原因の分かっている腰痛とは特異的病理所見の有する腰痛、すなわち、悪性腫瘍、感染症、骨折、脊椎関節炎(リウマチ周辺疾患)だと思う。これらが15%もあるはずがないので菊地教授のいう原因が分かっている腰痛とは私の考えと違うのであろう。

固定術が必要な腰痛とはどのような腰痛なのだろうか?原因が分かっていないのに固定術をするということもないだろう。菊地教授のいう原因の分かっている15%の腰痛とはいったい何なんだろうか?その中には固定術も時には必要なこともあるということなんだろう。それはどういうときなんだろうか?
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-29 08:42 | 慢性痛 | Comments(7)
2009年 03月 27日

ちょっと違うんじゃないのかな?

私の本の感想としてある有名な脊椎外科医が次のようにおっしゃったということを人づてに聞きました。
「軽症ならばこれでいいが、重症となるとこんなことで治らないだろう」

またある有名な脊椎外科医は次のようにおっしゃっています。
「脊椎外科医を自認すればする程、或いは一流としての名声が高ければ高い程その医師の下には手術が必要な患者さんが集まります。」
その一方、カイロなどの代替治療家のもとには、比較的軽症の腰痛患者が集まる。いってみれば放っておいても治る程度の腰痛患者が集まる。

その結果、次のようになるとおっしゃっています。
「一方では、手術で治らない患者さんが多いという印象を持ち、他方では手術をしなくても全部良くなるという印象を持ちます。これでは比較に足る2群にはなっていない訳です。」


私はこの考え方には賛成できません。

つまり診断根拠となっている根性疼痛や椎間板性疼痛、椎間関節性疼痛という理論に間違いがあると思っているのです。それは「椎間板ヘルニア診療ガイドライン」や「脊柱管狭窄症診断サポートツール」を見てもあきらかにヘンテコなんです。

軽症ならば筋性疼痛で重症化すると根性疼痛となるわけでもないでしょう。

はっきりいって診断のレベルでおかしいのです。

手術が必要な患者さんってどんな患者さんなんだろうか?それをどのようにして診断するのだろうか?それを明記してほしいものだ。

何をもって重症とするのか?

たとえばhttp://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#saoこの症例は読んでみれば分かりますが十分に重症です。
整形外科には5ヶ所掛かりましたが4ヶ所で手術を勧められました。ヘルニアの所見はなく椎間板変性のみです。某大学病院の超有名な教授からL5S1後方固定術を勧められており現在保留にしてあります。

2つの大学教授から手術をすすめられています。

この患者さん、当院で40日間ぐらいの入院ですっかりよくなりました。現在、看護師をめざして勉強中です。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#mati
“TVで神の手”と称賛を受けているDrや有名な内視鏡のDr、東京、名古屋と走り回りました。全ての医者から最終手段である手術を勧められました。

どのカリスマDrも結論としては、手術をしても痛みや麻痺が治らない場合がある事や手術に伴うリスク、危険性を告げられ、結論としては完治は未知のウエイトを占める部分が大きいというものでした。

このように診断に疑問があるのです。

これらは特殊な例ではありません。いくらでもあります。

また手術をして良くならない症例なんていっぱいあります。

私は治療法のことよりも診断に対して疑問を持っているのです。

治療法を論議する前に、痛みとはなにか?痛みの生理学を勉強してほしいものです。

「痛みの生理学って、かなりオタクにならないと、首を突っ込まない分野だし。」シャルルさんがおっしゃっていますがそのとおりなのです。

痛みの生理学を知らないのではないかと思うのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-27 19:00 | Comments(5)
2009年 03月 26日

頚椎症性脊髄症を520円で治す(笑)

b0052170_2141190.jpgAさん(70歳代女性)は昨年初夏より、左の上腕に痛みが生じました。

秋には右上腕にも痛みが生じ、次第に両手背側にしびれを感じるようになりました。

病院に行き頚椎のMRIを撮りました。C4、5、6で椎間板がつぶれていて脊髄が圧迫されているためで、「頚椎症性脊髄症」と診断されました。

薬や理学療法をしましたがよくなりません。

___

図のようなところに圧痛点がありましたのでTPBをしました。その場ですぐによくなりました。

初診料、モーラスパップ付きで520円(1割負担)でした。

Aさんには脊髄症を思わせるような病的反射や運動障害はみられませんでした。

上腕三頭筋や前腕伸筋の筋筋膜性疼痛症候群でした。

Aさんは進行するようなら手術も・・・といわれたそうです。

Aさんは編み物をよくするそうです。なにかそのような動作と関係がある筋痛症だったのでしょう。

ご用心を!(長時間の作業に、医師に、ネットにあふれる間違った情報に)
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-26 21:47 | 慢性痛 | Comments(1)
2009年 03月 26日

WBC イチローのコメントより

http://www.yomiuri.co.jp/sports/wbc/2009/news/20090324-OYT1T00661.htm

WBC日本代表・イチロー外野手「苦しいところから始まり、それがつらさになり、(心の)痛みになり……。最終的に笑顔になれた。笑顔が(日本のファンに)届けられたこと、最高です」


http://www.excite.co.jp/News/sports/20090325/Sponichi_kfuln20090325001001.html

「個人的には想像以上の苦しみ、つらさ、痛覚では感じない痛みを経験した」の言葉は本音だった。


TVでイチローのコメントを聞いたとき、「イチローは痛みの定義を知っているのか!」と思いました。まさかそこまでマニアックではないにしてもさすが一流は言うことがちがいますね。ヤブ医者よりもよほど痛みの本質を理解しています。

[痛みの定義] 国際疼痛学会   1986年
An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage.

不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。
 


「痛みには感覚としての痛みと情動としての痛みの2面性があり、それは個人的な体験なんだ。」ということです。

よく覚えておいてください。レントゲンやMRIの画像で他人の体験が分かるはずがないのです。分かるのなら定義を変えなくてはいけません。

痛みと構造は別問題として対処しなくてはいけません。

辛さが痛みとなる。せつなさが痛みとなる。悲しみが痛みとなる。怒りが痛みとなる。痛みとはそういうものなのです。そしてなにかの拍子で生じた痛みが習慣となってしまうことがあるのです。

感覚としての痛みは、押しピンを踏んだときの「アイタッ!」です。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-26 01:19 | 痛みの生理学 | Comments(0)
2009年 03月 25日

嘘のような本当の話

70歳代の女性が骨粗鬆症の検査のために腰のレントゲンを撮りました。このときは腰痛はありませんでした。また過去にも腰痛に悩んだことは一度もなかったということです。

そこでたまたま「すべり症」があることが判明しました。

「今、あなたが歩いておれるのは筋肉が強いから。」・・・なんて説明を受けていました。そして腰痛が起こる可能性が大きいといわれました。

それからしばらくして、本当に腰痛が起こりました。

現在は起床時に腰~下肢がこわばるがしばらくすると良くなるといった具合です。

しかし、手術をすすめられているそうです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-25 18:25 | 慢性痛 | Comments(0)
2009年 03月 24日

本の反響

痛み患者の不思議な心理

意外にも高齢者の中に私の本を読んで、「これだ!」と思った人が多くいたということです。

高齢者はインターネット世代でないので情報不足だったのです。

高齢者はなかなか古い考えを捨てられないのではないかと思っていたのですが、そうではありませんでした。

ひょっとして若い人よりも考え方をチェンジできるのではないかとさえ思いました。

決して多くはない残された時間、大切にしたいと思うのは当然のことです。

一方、若い人達は(医師も患者も)、高齢者と比較するとブランドや権威に弱く従順で、思い込みがつよく一途なのかなとも思いました。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-24 22:42 | Comments(2)
2009年 03月 23日

脊柱管狭窄症ブーム

約30年前、私が医師になったころの整形外科の教科書的な本・・「神中整形外科学」は電話帳ほどの厚さです。

b0052170_2173732.jpg


この本の索引の「せ」のところです。

b0052170_2192288.jpg


脊柱管狭窄症がないですね!30年前は脊柱管狭窄症がなかったのです。というかそういう概念がありませんでした。あったかもしれませんが、この電話帳のような教科書には出ていませんでした。

高齢者の脚腰の痛い人はおりましたが、脊柱管狭窄症という病名が使われることはほとんどなかったということです。

だから手術をすることもほとんどなかったのでしょう。それでもそれほど困るわけでもなかったようです。

ところが今では脊柱管狭窄症という病名がブームになっているようです。

「しばらく薬で炎症を和らげ様子をみます。よくならなければ、神経ブロック、さらには手術です。」

このように言われて不安の中にいる人がたくさん診察に来たり、メールで相談を受けたりします。

また手術しても良くならない人からも相談をうけます。

なかには、触診もせずに診断されたと憤慨している患者さんもいます。

今日の患者さんでは30歳代の女性が脊柱管狭窄症と診断されていました。私の診断では線維筋痛症でした。腰や下肢だけでなく、頚、肩、腕など広範囲に圧痛点がありました。

このように脊柱管狭窄症という診断がブームになったのはなぜでしょうか?

新しい病気ではないですよ。おそらくずーっと昔からあったことでしょう。鍼やお灸、按摩、温泉で治していたのでしょう。

だれか火付け役がいたのでしょう。

私の記憶ではプロスタグランジン(血行改善薬)が出回るようになったのがきっかけのように思います。

本当にこの神経が圧迫を受けて痛みが生じるという概念は正しいのでしょうか?

馬尾が圧迫を受けると麻痺、神経根が圧迫されると痛み、この生理学的に相反する現象が起きるといわれています?????????

怪しい概念だと思いませんか。筋痛症と診断して治療すればたいていはよくなります。

施術師は、「脊柱管狭窄症の症状は治すことができます」と言い、体験談集を私に見せてくれました。

これはある患者さんのメールからです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-23 21:11 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2009年 03月 22日

MRIをもう撮らないこと

びわさんは線維筋痛症をわずらっれいます。私のところで数日間治療して帰られました。

かなり症状は改善しました。私はたぶん疼痛管理はそう難しくないという感じがしました。場合によっては薬剤も必要ないかもしれないと思いました。

掲示板より


③おひる過ぎに主治医(リウマチ)が部屋に来られて…「あとで副院長が来ると思うよ。水曜日にとったMRIの画像を神経の先生達に診てもらったら『これは痛いだろう』とおっしゃっていた。今日までの所見をまとめるので、それを持って月曜日に大学病院へ行ってね。」と言われました。     

*C5/6だけだと思っていたのが、C4/5 C6/7 も椎間板の狭小&骨棘による硬膜嚢圧排&頸髄の圧迫が見られるそうです。…というのは別にいいんです。

何が言いたいかというと、1週間前から痛みの増幅、腕から指先の腫れ、冷感、発汗など訴えても「気のせい」とか言って相手にされなかったのに、画像で見えるものがでてくると、こういう対応。

体の痛みからではなく精神的に参ってしまいます。こんな状況のなかでは理論武装も太刀打ちできないなと凹みます。加茂先生の治療で結果が出ているのに、患者自身が「それが一番楽になった」と言っているのに…医療って一体何なんでしょうね?


長期にわたって疼痛管理が必要なことがあります。現状ではそれについて医師は訓練されていません。これが実態です。

まささんの掲示板では整形外科医の奥さんが痛みの相談にきています。

MPS研究会の医師によりますと、整形外科医の奥さんが治療にきてその効果にびっくりされたとのことです。

「神経が圧迫されて痛い、しびれる」なんってバカなことを言ってる場合じゃありませんよ。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-22 10:40 | 線維筋痛症 | Comments(0)
2009年 03月 17日

The Pain-Spasm-Pain Cycle

MPS研究会の先生に教えてもらったサイトです。

http://www.pain-relief-hope.com/pain-spasm-pain.html

b0052170_883364.jpg


慢性疼痛≒筋性疼痛=筋肉のspasm(痙攣)

現在のところこのように考えるのが最も合理的でしょう。

心理・社会的な要素があります。

習慣化、パターン化。

痛みの増強、範囲の拡大・・・・・線維筋痛症

今までの医学は痛みのある場所の構造異常が原因だといってきました。たとえば、ヘルニア、脊柱管狭窄、すべり症、軟骨障害、半月板障害、椎間板障害、腱板障害など。

これらは20世紀の医学は失敗でした。だから、この路線の医師はうまく答えられません。その様子をアクビさんが掲示板に書いています。

>家族や親戚一同からの手術していっぺんで治せと風当たりが強いです。

ご家族のみならず、親戚一同ですか・・・心中お察し申し上げます。

実は私もヘルニア持ちで、それがわかったのはおととしのぎっくり腰(3回目)がきっかけなのですが、私のヘルニアは軽度だったので、逆に医師はなんでそんな痛いとか、歩くのが大変とか、私が訴えることが理解できないという風でした。それより以前に膝痛で掛かった別の医者も同じような感じでした。

つまり・・・
ヘルニアとか関節の状態うんぬんに関係なく、ほとんどの医師が痛みについて説明が出来ないのです。
ご担当の先生に聞いてみるといいですよ「ヘルニアが軽症の人でも(ヘルニアの症状が無い人でも)強い痛みが出る人がたくさんいるらしいのですが、それはどうしてですか?」

私の膝痛を診た医師は某医大から来てる先生でしたが「関節の状態は大して悪くない。どんな運動をしても問題ないはずです」それで私「ならどうして痛いんですか?」医師「・・・・・」。

その後掛かったスポーツ整形外科医。
最初はリハビリの運動が効を奏したけれど、医師の指示によりランニングを久々に再開、腰痛、股関節痛が出る→リハビリでいったんは良くなる、でもランニングで止まった時に膝崩れが起こる。
この時点で、半ばこの医者は態度がなげやりになっていました。
その1ヵ月後ぐらいにぎっくり腰。
リハビリはまったく上手くいかない、私は意味不明なことを訴える。
医者はすっかり私の扱いに困っていたようです。

・・・単純な話、何が私の体に痛みを生じさせているのか、まるでわかっていなかった、ということです。
残念ながら、こういった整形外科医は珍しくないのです。

むしろ「整形外科」の医療のあり方や教育の問題を知れば知るほど不可思議な世界なのだなあ、ということを認識せずにはいられません。

そして、例のCMもそうですが、メディアの責任も大きいですね。
私の母も「"神の手" とか呼ばれてるような偉い先生に診てもらった方がいいんじゃないの?」とか以前は言っていました。
でも、加茂先生の話をいろいろするうちに、母も父もそれなりに私の判断が正しいと理解するようになりました。

私の場合、長年過緊張の状態で過した結果、筋肉がガッチガチのよくない状態になってしまい、激しいスポーツでそんな状態の筋肉を酷使したり、年を重ねたりするうちに、あちこちに問題が生じる体になってしまっていました。

問題は筋肉なのです!
ヘルニアが生じたから痛みが起こったのではなく、元々なんらかの理由で筋肉に不具合が生じていて、その結果として関節や椎間板にアンバランスな負荷が掛かった結果なのです。
いくらヘルニア取っても、筋肉の状態が良くならないのでは、痛みは残る可能性が高い。
先生のご説明と重複しますが、仮にいったん取れたとしても、再発することがある。

そういうことなのです。

[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-17 08:18 | 痛みの生理学 | Comments(2)