<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 30日

毎日のようにメールをいただきます

私の本を読んだ方から毎日のようにメールをいただきます。高齢の親の心配をされての方が多いようです。

初めてメールいたします。**歳の母の件でご相談させていただきます。

昨年*月、ヘルニアと狭窄症の手術を受けましたが・・・・・・・・

手術前は「狭窄症の症状」だと言われたが、少しも改善されずひどくなっている。

リハビリをしたくても足が動かず、無理して体操などをすると、翌日筋肉痛のような痛みが出る。臀部から太腿にかけて痛みが走る。最近は膝から下に痺れがある。


「ヘルニアや脊柱管狭窄によって神経が圧迫を受けて痛みやしびれが生じる」この概念は間違っています。

このような生理学は存在しません。生理学上大きな矛盾があるのです。

健常者でもこのような画像所見はよくみられます。

だから手術をしても治らないのです。

「手術をして治ることがあるのはなぜか?」という突っ込みがあろうかと思いますが・・・・

痛みの本態は筋肉のスパズム(痙攣)です。それが手術という儀式で止まることもあるのです。全身麻酔の筋弛緩剤がきくのかもしれません。

さんた主義(やった→治った→効いた)は呪術的思考で医師の最も嫌うところです。

ところがこの手術考察はさんた主義なんですね。

治らない例がたくさん存在する理由はなになのか、なぜ考えないのでしょうか?

前提が間違っているからですよ。ところがそうは思わない・・・・

筋力がないからだとか、心因が大きいからだとか、傷んだ神経が回復するのに時間がかかるだとか患者サイドの欠陥のせいにする。

そしてリハビリと称して筋力トレーニングをやらせる。かえって痛くなる。うちの外来にも何人も来ていらっしゃいますよ。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-30 02:26 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2009年 07月 28日

メールをいただきました

ある方からメールをいただきました。

「ブログで発表してもらっても大丈夫です。もっと多くの人にトリガーポイントの素晴らしさを知ってもらいたいです。」ということで了解をえています。

ヘルニアと診断されて不安な気持ちでいる皆さん、ヘルニアは痛みの原因でありえませんよ!痛みの本態は筋肉の
spasm(痙攣痛)です。どうぞ安心してください。


加茂先生に人生をリセットしてもらいました!

こんにちは。初めまして。私は大学2年の女です。私は腰椎椎間板ヘルニアと診断され、MPSで苦しんでいたものです。

私の場合、中学から腰痛でなやみ、最近になって(GW明け)腰の異常な痛みに整形外科へ駆け込みました。

MRIを撮ったら、医師に「うわ~、ひどいねこれ。ヘルニアだよ、椎間板ヘルニア。ぐしゃーってつぶれちゃってるよ。これから毎日コルセットだよ。今は保存療法だから。」と、ロキソニン、筋弛緩剤、神経修復のためのビタミン剤、シップをだされ、次の診察日の予約をされただけでした。

いきなり運動制限をされ、精神的にも落ちこみ、以前から胃が弱かったのもあり、次第にご飯が食べられなくなり、二週間たらずで5キロ位やせました。

また、生理痛がひどく、以前からそれに悩んでいました。私はまさかそんなにひどいヘルニアだと思っていなくてショックで精神的に不安定になりました。

生理痛も尋常ではなく、ロキソニンも全く効きませんでした。インターネットで生理痛を調べたら、子宮内膜症
という病名が浮かびあがってきました。ただ、インターネットの情報は怖いもので、最悪の事態も書いてあるのです。

手術や不妊、永久的に生理をこないようにする・・・など。それらを読み、私はパニック状態になりました。頭が真っ白になり、夜中の一時に実家の母に電話をし、「早く病院に行かなきゃ、早く病院に行かなきゃ」とそればかりくりかえす始末でした。

ヘルニアのトラウマからか、今度もひどいに違いないと思いこんでしまいました。病院に行ったら、確かに子宮内膜症でしたが、かなり初期でということが分かりました。これで、ますは一段落と思ったら、今度はご飯が食べられない、胃の強い痛み、吐き気、夜も眠れなくなりました。

そこで、胃カメラを飲んだら、胃潰瘍になっていました。胃カメラを飲んだ際に過呼吸になり、足に力が入らなくなり立てなくなりました。

胃潰瘍が落ち着いたと思ったら、今度はまたヘルニア(のせいだと以前は思っていた)がうずきだしました。最初は足の痺れがひどく、常に正坐をした後の足のしびれを強くしたものがありました。夜になるとさらに強くなり眠れなくなりました。

私の足は麻痺してしまうのでは、と泣く日々でした。次に、足がつっぱるようになり、歩けなくなりました。3歩歩けば足がつるのです。

次第に、歩くのを避けるようになり、最終的には車いすで学校に通っていました。安静にしろって言うから安静にしていたのに、どんどん悪くなっていく。どうして?助けて・・・と嘆く日々でした。

いよいよ日常生活が困難になりました。パンツやズボン、靴下が自分ではけないのです。お風呂に入っても、自分で足すら満足にふけない。

絶望でした。私まだ20歳・・・。これからなのに。学校も留年の危機・・・どうしよう。病気もつらいのに、さらに留年もしなくては。「もういやだ。」これは地獄の日々を送っていた日々に毎日のように繰り返していた言葉です。

ヘルニアについて勉強しようと調べれば調べるほど分からなくなり、どんどん不安になっていきました。人生の希望が見えなくなりました。

執刀医探しをするのも一苦労、激痛で探せない。

なんとか留年だけは避けようと、夏休みに手術を決意。学校側にもその措置を頼みにいきました。そしたら、学校の教授に、「ヘルニアは手術した後3か月は寝たきりだから、そんな1か月で復帰できるの?ヘルニアの痛みは麻薬やモルヒネじゃなきゃきかないからね。」

「ヘルニアなんか手術したって治らないよ。ずっと寝てるしかないんだよ。手術するのはいいけど、もし手術しても治らないことも頭の片隅においておく必要がある。」

などさんざん言われました。また、「寝ていても、学校のテストの合格点位とれる。」など・・・何度怒りで肩を震わせ、泣き悲しみ、絶望的になり、疎外感を感じたことか・・・

気が狂ったように泣き始めたり、勉強道具をなげすてたり、パンを握りつぶして投げ捨てたり・・・今振り返ると、あれはうつ病だったのでは・・と。

病院でだされた睡眠薬を日々数え、死ぬのに必要な数を確保しようと考えていた日もありました。テレビを見れば、笑っている人がいて、「なんでみんな笑っているの?みんなは毎日が楽しいの?みんなは腰が痛くないの?」私は笑うことを忘れました。そして痛みのない生活が分からなくなっていました。

ある日、執刀医探しの病院に行くのすら激痛でかなわないと思い、病院に行くための痛み軽減対策として、とあるペインクリニックを訪れました。

それが、私の運命を変えたのです!

そのペインクリニックの先生は、トリガーポイントの考え方を取り入れていらっしゃる先生だったのです。初めは、整形外科の先先生の説明とあまりにも真逆すぎてとまどいましたが、もう神にもすがる気持ちで治療を受けました。

そしたら、三段階段を上がるごとに休み、泣きながら上っていたのが、たった一回注射しただけで、階段が休まず上れるようになりました。

注射を重ねるごとに鎮痛剤がボルタレンからロキソニン、ノイロトロピンへと変わっていきました。今では、本当
にツライ時のみ鎮痛剤を使うだけになりました。ブロック注射を始めてから、一度もボルタレンを使わなくなりました。嘘のようです。

今、普通に学校に通えるようになり、一人で生活できることに喜びを感じています。

一度は人生をあきらめなくてはならないのか、とさえ思ったほどの痛みが嘘のようになくなり、加茂先生はじめ、ペインクリニックの先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

実は、私は今医学部2年です。ヒトの役に立ちたい、助けたいと思い医学部に入学しました。それが、ヒトに支えてもらわなければ何もできなくなってしまったことに絶望を感じ、本当に将来医師としてやっていけるようになるのか不安でいっぱいでした。

もうなにもかもどうにでもなってしまえばいいんだ、と自暴自棄になっていた時期もありました。

しかし、私の人生は、トリガーポイントブロックにより変わりました。

もう一度、一人の人間としてのスタートラインに立たせていただきました。本当にありがとうございます。私は誓います。将来、医師になれたら、患者さんのために精一杯尽くし、患者さんの気持ちを真剣にとらえ、地獄のような日々からもう一度新しい人生へと歩きだしていけるように全力でお手伝いをする、と。

色々まとまらず長く書いてしまいました。ただ、ひとつお伝えしたいのは、加茂先生は着実に多くの人を救い、多くの人に幸せな人生をもたらしているのだということです。本当にありがとうございました。            


がんばってください。

痛み、不安、抑うつ、過呼吸、胃潰瘍、生理不順・・・・これらはたぶん一連の出来事かもしれませんね。痛みやしびれに関する診断は間違っていることが実に多いのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-28 00:17 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2009年 07月 26日

整形外科医は井の中の蛙か

掲示板より:よくありそうな話です。痛みしびれに関しては、 整形外科医院長<1年目の柔道整復師

はじめて投稿させていただきます、柔道整復師のarlと申します。

私は今年免許を取り、埼玉県の整形外科でリハビリを担当しています。

うちの整形では色々な患者さんが参られ、日々私だけで20~30人にマッサージや運動療法をしています。

今回投稿させていただいたのは、加茂先生の本を読み、自分も患者さんを一人でも多く笑顔にできたらと思ったからです。

というのも、狭窄症の患者さんや腰椎椎間板ヘルニアと診断された患者さんがリハ室に放り込まれるからです。

院長は院内で行われるカンファレンスで『痺れは治らない』と断言しました。私たちはマッサージをして何人もの痺れを治したり、緩和させた経験があるのにです。また、加茂先生の本を読めば、それが、間違いであると痛感しました。

私自身は経験が少ないですが、筋を緩めれば関節の痛みが取れることがなんとなく分かりますし、最近は狭窄症の人は腸脛靭帯が硬くなって関節に歪みを生じさせているのではないかと思っています。

私は医師ではないので、トリガーブロックを患者さんに使ってあげることはできません。しかし、硬結部位や筋の硬いところをほぐすようにマッサージすることはできます。

加茂先生、われわれ柔整師にできることはないでしょうか?注射の後のマッサージなどはどのようにおこなっっているのでしょうか?本を読んでも今一そこら辺がピンときません。

長くなって申し訳ありません。最後にもうひとつ質問させてください。

うちにも下肢の筋痛症の患者さんがいます。本にのっているまんまの症状です。患側が太く、異常感覚があり、膝が痛みのため90度以上屈曲しない、70代男性、この人の異常感覚をとるにはどうすればいいでしょうか?ちなみに、大腿前面に筋硬結はみられませんでした。

時間をかけてでもいいので、注射をせずに筋痛症を緩和できないでしょうか?お忙しいとは思いますが、何かアドバイスをいただけませんか?(ちなみにうちの院長は柔整師の意見はききません、意見しようものなら怒ります。)宜しくお願い致します。


私は自分が整形外科医ですから整形外科医の思考過程はよく理解できます。残念ながら教科書(マニュアル本)が間違っているのでどうにもならないのです。

痛みやしびれとは何かという勉強はしていないのです。

柔道整復師も間違った教科書で勉強してきているのですが、毎日患者さんの体を触っているうちに何となく気がついてくるのです。そこへ持ってきて私の本を読むと「あ~そうだったのか!」とすべてが腑に落ちる。

ところが医師は画像診断を重視して間違った思い込みの世界にいて脱出できません。

今まで多くの手術をしてきた医師、プライドの高い医師にとって今までが間違っていたとは言えないと思います。しかたのないことです。

痛みの生理学は進歩しています。

痛みに関して新しい時代の医師を育てなくては大変なことになりますよ。大学からは育ってこないでしょう。患者さんやコ・メディカルが医師を教育して育ててください。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-26 00:51 | Comments(4)
2009年 07月 24日

痛みに対する正しい知識が広まるように

気の毒な経過

①神経が圧迫を受けても痛みやしびれが生じることはない。

②構造異常が痛みの原因になることはない。

画像診断は除外診断のために行われる(悪性腫瘍・感染症・骨折・リウマチ周辺の炎症性疾患の有無)。

①②は痛みの生理学では常識です。

構造異常がたとえば脚長差を生じたり跛行を生じさせたりするのなら、筋肉の異常緊張が生じるのでめぐりめぐって構造異常が痛みの原因となっているとはいえる。

このような痛みの常識が世間の常識となれば、どれだけ医療費が少なくてすむことだろうか。

痛みに悩む患者さんが助かることだろうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-24 22:08 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2009年 07月 20日

今のままでは大変なことになりますよ!

現状の整形外科的な診断を続けるならば大変なことになりますよ!

痛みとは何かを勉強しない医師。

医療費がかさむだけで病人は増え続ける。

痛みと麻痺の関係が分からない医師。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によって痛みやしびれが起きることはありません。

______________

ヒラメ筋が痛い方がいました。

医師はもうそれで筋肉が痛いのだとは思えないのです。

例によって腰のレントゲン、MRI→ヘルニア、硬膜外ブロック→効果がない。慢性化。

これ1つや2つの病院ではないのです。

患者さんは仕方なく数時間かけて私のところへこなくてはならないのです。もう馬鹿みたいですね。

ヒラメ筋にTPBをしてやれば症状は軽快しました。

_______________

手がしびれるといったら頚のレントゲンとMRI。主に1、2指のしびれ。

ヘルニアがありました。頚の牽引などをしましたが改善しませんでした。

4~5軒の病院を訪れました。大学病院もいきました。みな同じ見解。

数時間かけて私のところにいらっしゃいました。

仕事はパソコンでマウスをよく使うとのこと。

前腕伸筋に圧痛がありました。たぶん、その部分の筋痛症でしょう。仕事の癖で、マウスの作業に力が入っているのでしょう。

________________

仕事で左肩を軽く打ちました。少しアザができる程度でした。

その後、半月しても痛みが取れず、首のほうまで痛みがでてきたので総合病院でレントゲン、MRIを撮りましたら首にヘルニアがでているとのこと。

右にヘルニアがでていましたが、実際に痛いのは左なのです。左肩を打ったのです。

医者のそのことを聞くと「そういうこともある」という説明でした。

5軒、整形外科を回りましたが皆同じ意見でした。

大***病院ではまたレントゲンとMRIを撮りました。説明は同じでした。

首は動かさないようにと・・・・。

うちは手術以外はしないのでよそへ行けということでした。

もうどこも信用できなく気持ちは落ち込み辛い毎日でした。


上記を書いてくれたAさんは働きさかり。高校生のお子さんがいます。仕事はトラック・ドライバー。

頚を動かさないと運転はできませんので現在休職中です。もう半年になります。生活費大変ですね。

Aさんは整骨院の紹介で数時間かけて私のところを受診されました。

Aさんは軽いうつ状態になっていました。医師によって作られたうつかもしれません。筋痛症とうつの合併はよくあることです。

もし、最初に私のところを受診していたら・・・

「2W前、左肩を打って、痛みが続いています」

たぶんレントゲンは撮らないでしょう。TPBを1~数回でたぶん治ったことでしょう。

医師はもっと勉強すべきです。何が専門医ですか!!!

彼らは究極のマニュアル人間なのです。で、マニュアルが間違っている場合はもうなにもできなくなってしまうのです。

痛みに関するマニュアルが間違っているのです。それに早く気づいてほしいものです。他人の人生がかかっているのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-20 08:55 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(12)
2009年 07月 17日

「わかさ」9月号

昨日発売の「わかさ9月号」に9ページにわたって私の記事がでています。
b0052170_2221556.jpg

b0052170_22215230.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-17 22:24 | Comments(0)
2009年 07月 16日

椎間板ヘルニアという無意味な診断

無症状例と比べて,椎間板ヘルニア手術が適応とされる重症例では,神経根の被圧迫度とともに,仕事上のストレスや満足度,不安や抑うつなどの精神要因にも大きな差があるとされる。


手術が適応とされる椎間板ヘルニアとはどういうものなのか?

神経根の被圧迫度と症状とはどのような関係があるのか?

ヘルニアの症状とはどういうものなのか?

上記の質問には答えられないことはわかっている。

MRIで椎間板ヘルニアと診断されて不安の中に痛みを抱えている人、特に若い20代、30代の人がたくさん診察にくる。

医療費の無駄というより、医療費により新たに病気がつくられている。

人生に大きな影響を及ぼす。

職業、家庭、子づくり。

「ヘルニアがあるが取るほどでない。」これもよくつかわれるフレーズだが、言われた方も困るだろうな。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-16 08:13 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
2009年 07月 13日

それにしてもどうしてもヘルニアの圧迫か!そこのところがおかしい

第82回日本整形外科学会(メディカル・トリビューンより)

腰痛に心理社会的要因が強く関与

福島医科大学整形外科の紺野愼一教授は,成人4,500人を対象とした質問票調査から,日本人の腰痛には心理社会的要因が強く関与していることを報告。この関連性はドパミンシステムによって説明できると,その機序を解説した。


ドパミンシステムによって説明

紺野教授らは,層化二段無作為抽出法で選出した全国の成人4,500人を対象に,腰痛に関する質問票調査を実施した。腰痛はL2,L3から臀部にかけた痛み,かつ過去1か月間に24時間以上続く痛みを腰痛と定義。VAS,年齢・職業などの個人属性,腰痛特異的QOL〔Roland Morris Disability Questionnaire(RDQ)日本語版〕,包括的健康関連QOL〔SF-36,Japanese Perceived Stress Scale(JPSS)〕,心理社会的要因に関する項目について調査した。

その結果,痛みとは独立してRDQが著しく高い群の特徴として,ストレス,抑うつ,過度な仕事,仕事に対する満足度が低い,同僚との関係不良が挙げられた。腰痛の危険因子は,年齢,家族歴,喫煙,運動あり,職業あり,自覚ストレス,うつ度,職業関連身体負荷であった。以上から,同教授は「日本人の腰痛には心理社会的要因が強く関連することが判明した」と述べた。


2008年,同科の菊地臣一氏(現・同大学理事長兼学長)は,新しい腰痛の概念として『生物・心理・社会的疼痛症候群』を提唱した。無症状例と比べて,椎間板ヘルニア手術が適応とされる重症例では,神経根の被圧迫度とともに,仕事上のストレスや満足度,不安や抑うつなどの精神要因にも大きな差があるとされる。


ヘルニアの手術適応を述べてみなさい。ここの文章が分からない。いいこといってるんだが・・・ある先生が言っていた・・「中途半端に正しいのがかえってやっかい」
[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-13 21:29 | うつ・不安・ストレス | Comments(0)
2009年 07月 11日

金沢大学放射線科 松井修教授 受賞祝賀野球部同期会

b0052170_23301330.jpg


金沢大学付属高校野球部同期会

松井修君(金沢大学放射線科教授):このたび文部科学大臣賞を受賞されました。

そのお祝いで高校同期の野球部の仲間が金沢で飲みました。子供や孫の話になりましたが、まだまだ元気にやっていこうということですw。

紺谷君、山本君、橋本君、松井君、そして僕。

今日は欠席でしたが、米林君、北君、北村君。

北村君は東大の泌尿器科の教授でした。

松井君はサード。北村君はショート。ボクはピッチャー。三遊間は教授になったのです。驚きでしょ!鉄壁な三遊間でした。

進学校でしたが野球に熱中していました。

みんなそれぞれの分野で仕事をし終えた、あるいはし終えようとしているのですが、まだまだ幕を閉じるわけではありません。

最後は「高校三年生」を歌ってお開きになりました。団塊オヤジってとこでw

また半年後!
[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-11 23:30 | Comments(4)
2009年 07月 11日

二次会「北浦」

b0052170_23284066.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2009-07-11 23:28 | Comments(0)