心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

器質的・機能的

第四回MPS研究会で大分の山下先生(山下クリニック)のプレゼンテーションから

b0052170_2343435.jpg


器質的要因の反対語として「心理的要因」とか「心因性」とかという言葉が使われることが多く、誤解が生じていることが多いものです。

「機能的要因」という言葉を使うことによって誤解が少なくなることでしょう。

私も著書に書きましたが機能的=functionalです。

functional somatic disease (機能的な身体疾患)=心身症(mind-body disease)

心身症、心因性という言葉は「心」という漢字が使われているので、誤解や拒否反応があることがあります。

どのような痛みも「器質的要因」と「機能的要因」が絡み合っているのです。

多くの医師が言う「器質的要因」=「ヘルニア、軟骨変性、脊柱管狭窄・・・・」ではないことに注目してください。

このような構造上の特徴で痛みを説明することは不可能なのです。

b0052170_23524518.jpg
同じく山下先生のプレゼンから

鍼が鎮痛に効果がある図です。

一つは軸策反射による神経ペプチドの放出

一つは下行性疼痛抑制系の賦活(強める)
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-30 00:00 | MPS | Comments(2)
2009年 09月 29日

白山スーパー林道・白川郷

白山スーパー林道は石川県白山市一里野と岐阜県白川郷を結んでいます。白山の北約10Kmのところを東西に走っています。

b0052170_0175233.jpg

b0052170_063728.jpg
b0052170_071145.jpg
b0052170_094841.jpg
b0052170_010434.jpg
b0052170_0102352.jpg
b0052170_0104364.jpg
b0052170_011516.jpg

b0052170_018321.jpg

b0052170_0112633.jpg
b0052170_0114042.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-29 00:08 | Comments(5)
2009年 09月 28日

疼痛学序説 ・ 痛みの意味を考える

b0052170_19131460.gif[疼痛学序説 痛みの意味を考える   Patrick Wall著 横田敏勝訳]

Patrick Wallはゲート・コントロールセオリーで世界的に著名な痛みの生理学者です。

この割合(椎間板ヘルニアの手術)は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。

椎間板ヘルニアの手術は70年以上もの間行なわれてきた。もてはやされたこともあったが、疑問が増し続けている。ヘルニアの突出と痛みはそれぞれ独立していて、痛みの発現におけるヘルニアの突出の役割ははっきりしない。

以前この手術を熱烈に支持していたマイアミ大学 は、今ではこの手術をやめて、厳密なリハビリテーションのプログラムを採用している。


神経が圧迫を受けて(炎症がおきて)痛みが生じるといっている生理学者は私の知っているところではおりません。

本日、来院された患者さん

以前にL5/Sのヘルニアで手術。

今回は1カ月前、しゃがむ仕事をして、臀部、下腿痛出現。

MRIでL4/L5の椎間板ヘルニアの診断を受ける。

ある日、私のHPを読む。痛みは激減した。

本日、来院、小臀筋やひ腹筋のMPSでした。治療後はとてもよくなりました。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-28 19:22 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
2009年 09月 26日

ヘルニア・脊柱管狭窄症・狂乱

2chより
たまに思うんだけどさ、昔の人達はヘルニアになったりしたのかな 。もしそれがあったってのなら手っ取り早い治しかたもあるんじゃないかな。

・役立たずは嘆く間もなく消えてただけだろ。

・でも生活様式が変わって、古人にはなる人が居なかった、現代人にはなる人がいる、って考えもできるんだけど旧きに倣う生活送ってればならなかったんじゃないかと後の憶測?

・昔の人は身長が今ほど高くない、身体動かしてて腹筋現代人よりあるとかあるんじゃない?


なかなかいいところに気がつきましたね^^。

江戸時代は専門医もいないし、レントゲンもMRIもない。

落語の長屋の大家さんでも、椎間板も知らない。神経も知らない。

そんな時代を想像してみなさい。神経痛なんて日本語もなかったことでしょう。

腰や脚が痛くなっても庶民の知恵で治していたんでしょう。特に不都合はなかったのではないでしょうか。

現在の80歳代の方に若いころのことを聞いてごらんなさい。きっと現在よりも状況はよかったのではないでしょうか。

なにも江戸時代までもどらなくても私が医師になった30数年前でもわりと簡単に治していたのですよ。

世界の医療後進国はどうなんでしょうかね。ヘルニアや脊柱管狭窄症で悩んでいる人は日本が最も多いのかもしれませんよ。

MRIの保有数、脊椎脊髄専門医の数と比例するかもしれません。

専門医の資格を取得したり維持するのにどれだけの手術症例数が必要なのでしょうか。

30歳代の方がスキーにいって数日後より腰痛になりました。

MRIで脊柱管狭窄症、ヘルニアだって(笑)。それも複数の病院で。硬膜外B。

よくならない。

筋筋膜性疼痛症候群(遅発性筋痛が慢性化した状態)でした。

このようなことを放置しておくと日本の成人の半数以上がヘルニア脊柱管狭窄症という診断になりますよ。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-26 19:54 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2009年 09月 21日

椎間板ヘルニアは手術してもしなくても同じ結果

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛を外科手術すべきか?

http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pubmed&pubmedid=18502911

b0052170_8222486.jpg


手術をしてもしなくても半年後はほとんど差がなくなりそれが2年間続いています。

なるほど手術をしたものは最初の半年間は少し痛みが減っているようです。これはプラセボ効果、全身麻酔効果などではないかと思います。

この事実はどういうことを示唆しますか。

ヘルニアが痛みの原因だとするのはあまりにも乱暴です。

手術をして急にすっかり治った人をみていれば「やっぱりヘルニアが原因だった!」と思うことでしょうが・・・。

生理学を勉強すればヘルニア原因説の矛盾に気づくはずです。

現実に健常人にもヘルニアは普通にみられます。

ヘルニアは痛みの結果なのかもしれませんが、原因ではないのです。

このことが常識となれば保存的治療の成果はもっと向上するでしょう。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-21 08:08 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(33)
2009年 09月 20日

骨と関節の日・・・・筋肉は?

最近、生理学者は「筋性疼痛」という言葉をつかって、ほとんどの慢性疼痛は筋肉に原因があるといっています。

http://www.med.nagoya-u.ac.jp/tsurumai_semi08/mp2d67.html
日本では成人人口の約4割が筋骨格系の痛みを有している。

いわゆる運動後の筋肉痛から肩こりや腰痛に至るまで、筋の痛み(筋性疼痛)はきわめて一般的でありながら、疼痛研究領域において理解が遅れている。


http://d.hatena.ne.jp/ucymtr/20081203/1228284147
水村和枝 筋性疼痛のメカニズムはどこまでわかってきたか 医学のあゆみ 2007;223(9):731-735


九州大医学研究院の吉村恵教授(神経生理学)の話: 慢性痛は、神経損傷ではなく筋肉からくる痛みのケースが多い。実態に近いモデルは極めて珍しく、治療法や薬物開発に有効な研究成果だ。


にもかかわらず、運動器の専門家、整形外科はあいかわらずです。今年のポスターです。
b0052170_8415130.jpg


池袋のホテルの13階の部屋より書いています。

10時から2時間カイロプラクティックのセミナーで講演します。一夜漬け(笑)

b0052170_8565629.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-20 08:42 | Comments(5)
2009年 09月 18日

脊柱管狭窄症って???

b0052170_18563169.jpgAさん(60歳代、男性、)は約2年前より図のように腰ー脚が痛くなり、現在は5分間ほどの歩行でひどくなります。(間欠性跛行)

仙台の病院、東京の大学病院、そのほか有名病院2軒で診察を受けました。MRIは合計6回撮りました。

いずれも脊柱管狭窄症という診断でした。

硬膜外ブロックなどの治療を受けましたがよくなりませんでした。血行改善剤も続けて飲んでいます。

手術を観念して、奥様と二人で病院に手術の説明を受けにいきました。

その帰り道、本屋で偶然に私の著書「トリガーポイントブロックで腰痛は治る!」を見つけました。

Aさんは本を立ち読みして感じるものがあったので、その足で(自宅に帰らず)羽田から飛行機に乗り当院を受診されました。
(5月)

当院では4日間治療しました。臀部や下肢の筋筋膜性疼痛症候群でした。TPBを4日間行いました。

飲み薬はなし。モーラステープ処方。

4日間の医療費、3割負担で自己負担5000円。

4日目、20分ぐらいは歩かれるようになりました。

____

本日、Aさんの奥様が腰痛で来院されました。

「私は5月に先生に診てもらったAの妻です。主人は今、元気にしています。」

それを聞いたもので、「今日はブログに書きますよ。」となったのです。

皆さん、脊柱管狭窄症という病態をどう思いますか。

あれはどうみても説明に納得できるものではありません。

神経が圧迫を受けて神経の血行が悪くなり痛みが生じる???そんな馬鹿な!

単なる筋痛症ですよ。五十肩と同じ仲間の病態ですよ。

Aさんがもし2年前に当院にきていたらレントゲンやMRIを撮ることもなく、たぶん数回の治療でよくなったことだろうと思います。

もし人間が四足動物だったら・・・・

五十肩、テニス肘なんかになると歩行が辛いことでしょうね。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-18 19:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(13)
2009年 09月 17日

危険な「痛みの遷延」

末梢性感作
中枢性感作(wind-up現象、長期増強long-term potentiation)

b0052170_23525860.jpg


b0052170_23514771.jpg



b0052170_23534149.jpg


b0052170_23543622.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-17 23:54 | 慢性痛 | Comments(4)
2009年 09月 16日

日経ヘルスプルミエ11月号

b0052170_20203549.jpg
b0052170_2021158.jpg



私たちMPS派はほとんどの腰痛は筋性疼痛で、それは心理・社会的な要素を多分に持った機能的な身体疾患だとおもっています。

ごく僅かに、特異的な病理を示す疾患「悪性腫瘍・感染症・骨折など・リウマチ周辺の炎症性疾患」がありレントゲンやMRIなどの画像診断はこれらの特異的疾患の有無を検査する意味しかありません。

一方、次のような意見もあります。私たちと明らかにちがいます。いずれも筋痛症という概念が全くありません。

腰痛難民があふれている原因がみえてきませんか?

85%が原因不明!?→ストレス性

10%が脊柱管狭窄症、ヘルニア!?→手術

これをマジで信じていれば触診はしませんわな。筋痛という概念がないのです。

前かがみで痛いのなら手術しなくてもよいほどのヘルニア?

後屈で痛いのなら椎間板の老化、脊柱管狭窄症、分離症?

b0052170_22233583.jpg


b0052170_22355411.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-16 20:21 | MPS | Comments(0)
2009年 09月 15日

筋硬症

myogelosis

myo:筋肉

gel:ゲル、ジェル

sis:症

ゴムまりのような触感の筋肉、かまぼこのような感じ・・・・

硬いパンパンに張った筋肉、皮膚はツヤをおびていることがある。

新鮮なブリやマグロの触感

見た目には健康そう。

どういう表現がぴったりくるのか?

手技療法家ならだれでも知っていることと思うが、ほとんどの医師は知らない。

触診しないのだから知らないのだ。習ったことがないから知らないのだ。

そして、レントゲンやMRIでヘルニア、脊柱管狭窄症といった見当違いな診断をする。なにも見つからなかったら精神疾患にされることもある。

手術によって筋硬症がますます悪化することがある。必要な手術ならしかたのないことだが不要な手術をしてなったら目も当てられない。

___________

ヨガをやっていて、股関節がピリッときた・・・・それがきっかけで・・・・全身の筋硬症・・・・線維筋痛症

歩いていて、急に臀部に急に痛み・・・梨状筋症候群という診断、手術・・・・全身の筋硬症・・・・線維筋痛症

ギックリ腰がきっかけで・・・・・全身の筋硬症

筋肉のspasmがなぜか治まるどころか拡大してしまうことがある。拡大しなくてもその場でシツコク残ってしまう。

鞭打ちとか転倒とか身構えできない不意の外傷

パソコン、介護、流れ作業など

体全体を締め付けるような服を着て生活するとどうなるか・・・・不安、抑うつ、神経症

このような病態そのものが現在の日本の医学から抜け落ちている。ものすごく多いにもかかわらずだ!

保険診療は機能していない。パンドラの箱を開けるとどうなるか?

医師は学校で習っていないので知らない。大学教授も・・・・

ぎっくり腰は90%は放っておいても治るかもしれないが、筋硬症になっていく可能性もある。

早期にトリガーポイントブロックをすればその運命はどうなのだろうか・・・・

筋硬症(ほぼ全身に広がると線維筋痛症)にならないですんだかもしれない。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-15 22:51 | MPS | Comments(2)