<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 25日

むち打ち損傷患者に対するMRIを用いた縦断的研究ー10年以上の追跡調査ー

日本整形外科学会雑誌 Vol.83 No.11 November 2009

慶応大学整形外科学教室の研究論文より

[結論]

本研究の結果、むち打ち損傷後10年間で頚椎MRI上の変性変化の進行は高頻度に見られるが、患者の多くで臨床症状は改善し、椎間板変性の進行と臨床症状との関連は明らかではなかった。


「椎間板変性の進行と臨床症状との関連は明らかではなかった」

筋骨格系の痛みの多くは「筋性疼痛」なのです。

むち打ち損傷も「筋性疼痛」だと思われます。なかには線維筋痛症へと進化するケースもあります。

この論文のようにレントゲンやMRIの所見と臨床症状は関連性がありません。

椎間板症、すべり症、椎間関節症、分離症、ヘルニア、脊柱管狭窄症などと言われている「痛み」の本態は筋性疼痛だと思われます。

画像診断(レントゲン、MRI)は痛みを伴うことのある特異的疾患の除外にあります。

悪性腫瘍、感染症、骨折など明らかな外傷、リウマチ及びその周辺の炎症性疾患があるかないかということです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-25 22:25 | 交通事故診療 | Comments(6)
2009年 12月 23日

若い鍼灸師よりのメール

先日、整形外科に勤務する若い鍼灸師よりメールをいただきました。このメールをブログに載せることは了解を得てあります。

経験を積んだ整形外科医の院長と、経験の浅い鍼灸師。しかし、感性は若い鍼灸師のほうがいい。

この差は一体なぜなんだろう?

私は医師を育てる教育に問題があると思っている。

院長はたぶん整形外科専門医だろうが、専門医維持の教育研修会で、筋筋膜性疼痛症候群を習っていないのです。私も専門医ですが、教育研修会で聞いたことがありません。

そして、意味の分からない「脊柱管狭窄症」などの講演を聞いているのです。まじめな医師ほど洗脳されるのかもしれません。私なんか、「なにいってるんだい」なんて思っているタイプです。(先日、タクちゃんが教えてくれたビデオ)

馬尾型が麻痺、根型は疼痛、混合型はその両方一つの病名カテゴリで麻痺と疼痛が混在するのはばかげています。(神経性)麻痺とは電気活動が起きていないこと、疼痛やしびれは電気活動がさかんなことです。圧迫する場所の違いで逆の現象が起こるなんてことは考えられません。

脊柱管狭窄症で起こるとすれば「馬尾型」です。これはペインクリニックや鍼灸の分野ではなく脊椎外科の問題です。


お忙しい中、突然のメール申し訳ございません。私は整形外科に勤めている**歳の鍼灸師です。

勤め始めまだ****しか経っていないのですが、最近院長の診察結果に疑問を持ちました。

脊柱管狭窄症だと診察され長年整形外科に通われていたAさんが、この度私が治療をさせていただいたところそのAさんは、脊柱起立筋(背部~腰部にかけて)の硬結及び圧痛、殿部の硬結、下肢の圧痛がありました。治療では、筋肉の硬結緩和、血流改善を目的とし硬結・圧痛部位に刺鍼を行いました。

その結果、3回目の鍼灸治療で刺痛が無くなり、現在では(治療7回目)前屈時に重痛のみになったということです。治療結果としては、筋肉の弛緩、痛みの緩和、冷えの解消が得られました。

この時「どうして脊柱管狭窄症だと診断されたのに痛みが無くなったのだろう…」と疑問に思いました。鍼灸は筋肉や血管には効果を発揮できますが椎間板や骨等には直接的には作用できないのです。

疑問は日々募るばかりで、ある日院長は「腰が曲がっていたり、椎間板ヘルニアがあっても痛みもなく気づかない人もいますから」と患者さんに説明しているのを聞いて「え~!?」と衝撃を受けました。

では、Aさんとヘルニアがあっても痛くない人の違いは何だ?!と思いました。そこから私は色々な書物を読み、この度先生の「トリガーポイントで腰痛は治る!」という本に出会いました。

本を読ませていただき、すごく納得出来ました。疑問がすべて晴れました。

そして、整形外科医の筋肉への見直しの大切さを知ったと同時に、今まで以上に筋肉と鍼灸治療との関係性の大切さを実感し、精進が必要だと感じました。

まだまだこんな若造ですが、鍼灸を必要としてくれる方の役に立ちたいと思う気持ちはベテラン鍼灸師に負けたくありません!患者さんから感謝の言葉を言われた時涙を流すほど感動したのです。嬉しすぎてたまりませんでした。

そこで、先生にお聞きしたい事があります。これは聞き流して頂いても構わないのですが、先生は鍼灸治療をどう思いますか?

先生の本には鍼灸が何度か書かれているので…。

鍼灸は術者によってやり方も考え方も180°違う事もあるのか世間には良く思われていない場合が多くあります。

院長は…鍼灸は効かないからと患者さんに説明していました…。院内の私の存在意義はなんだろうと思った時もあるぐらいです。西洋医学から見れば、東洋医学の鍼灸はどう思われているのでしょうか?

夜分遅くに申し訳ありませんでした。先生の本、私にとって宝物になりました!これからもこんな私ですが、応援しております!!

[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-23 11:22 | MPS | Comments(7)
2009年 12月 21日

病名とMPS

私は、**市で鍼灸師をしております****と申します。以前から先生のブログやホームページを拝見しておりました。特に「トリガーポイントで腰痛は治る!」の本はわかりやすくありがたかったです。

今回メールをさせていただいたのは質問したいことがあったからです。

それは、MPSの考え方では、ほとんどの痛みが筋筋膜が原因ということになりますが、現代医学的な鍼灸の本や雑誌を見ると、依然として構造や神経が原因となる疾患があります。以下に書く病名はやはりすべて、MPSなのでしょうか?教えてくださいますか。どうぞよろしくお願いします。


胸郭出口症候群、仙腸関節障害、梨状筋症候群、椎間関節症、伏在神経絞厄障害、手根管症候群などの絞厄神経障害。オスグットシュラッタ―病、後縦靭帯硬化症、肋間神経痛



MPSを診断するには、まず、特異的な病理所見を有する疾患を除外します。それは、悪性腫瘍、感染症、骨折などの明らかな外傷、リウマチとその周辺の炎症性疾患(痛風、脊椎関節炎など)。これらの疾患にMPSが合併することはあります。特に骨折などの明らかな外傷にMPSが合併するのは普通のことです。このような場合は主疾患とMPSは並行して治療すればいいのです。

筋筋膜性疼痛症候群の診断基準 (Simons,1990)
●大基準

局所的な疼痛の訴え

筋筋膜の圧痛点から関連痛として予測しうる部位での疼痛あるいは違和感

触れやすい筋肉での索状硬結の触知

索状硬結に沿った一点での強烈な庄痛点(ジャンプサイン)の存在

測定可能な部位では、可動域のある程度の制限

●小基準

圧痛点の圧迫で臨床的疼痛の訴えや違和感が再現する

圧痛点付近で索状硬結に垂直に弾くような触診を加えたり、圧痛点に注射針を刺すことで得られる局所的ひきつり反応

筋肉を引きのばしたり(ストレッチング)、圧痛点への注射により疼痛が軽快する


診断には大基準5項目すべてと、少なくとも1つの小基準を満たすことが必用

_____________________________________

違った言い方をすれば、線維筋痛症は18か所の圧痛点のうち11か所以上あるものですが、それに至らないものがMPSということです。

_____________________________________


胸郭出口症候群、仙腸関節障害、梨状筋症候群、椎間関節症、伏在神経絞厄障害、手根管症候群などの絞厄神経障害、オスグットシュラッタ―病、後縦靭帯硬化症、肋間神経痛

このような病名がどういう状態を指しているのか、明らかではありません。

痛み系は独立した系なのです。

構造に従属するものではありません。だからいつも痛みは構造と分けて考えるべきものなのです。

胸郭出口症候群、梨状筋症候群、椎間関節症・・・・どういう状態をそう命名するのか、さだかではありませんが、このように言われている病態の痛みやしびれはMPSです。

伏在神経絞厄障害・・・・・神経線維の絞扼性障害ですから、麻痺です。つまりMPSではありません。しかし本当に正しいのか分かりませんね。
痛みの性状がピリピリ、ビリビリ、ジンジン、重だるい、痛みに波がある、全く痛まない時もある、自発痛、夜間痛がある、ひざが重なると痛い、絞扼点に圧痛(内転筋管出口、膝蓋下肢出口)、このような症状ではMPSとなり、麻痺があればMPSではないということなのですか?

そうです。その症状から絞扼性神経障害と診断するのが間違っているのです。MPSそのもので、神経が絞扼されているわけではありません。


手根管症候群などの絞厄神経障害・・・・・手根管症候群は、「正中神経の絞扼性障害」のものとMPSのものが同じ病名が使われていて、話がややこしいのです。参考http://junk2004.exblog.jp/7412543/手根管症候群の多くはMPSだと考えています。だから手術なしでも治るという報告があります。

オスグットシュラッタ―病・・・・・骨端核の使い過ぎ障害です。その痛みはMPSと考えていいでしょう。障害なのか損傷なのかは微妙ですね。私はMPSだと思います。

後縦靭帯硬化症・・・・・後縦靱帯が骨化したことなのですが、無症候なことは稀ではありません。症状がでるとすれば脊髄マヒです。

肋間神経痛・・・・坐骨神経痛でも肋間神経痛でも一般にいわれている病態はMPSです。ただし、帯状疱疹後の肋間神経痛という場合は、神経損傷後の痛みですから、MPSではありません。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-21 20:06 | MPS | Comments(0)
2009年 12月 20日

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会のホームページができました

このたび、筋筋膜性疼痛症候群研究会(JMPS)のオフィシャル・サイト(ホームページ)ができました。

http://www.jmps.jp/

これから、徐々に内容を充実していきたいと思っています。

筋骨格系の痛みのほとんどはMPSです。しかし、医師にはMPSという概念を習っていないので、この診断に到達することは少なく、意味のない構造的な診断をしてしまう傾向があります。

それが慢性痛の一因になっているように思えます。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-20 11:04 | MPS | Comments(3)
2009年 12月 18日

慢性の痛みに関する検討会(厚生労働省)

ようやく動き始めた。

結局、今までの筋骨格系の痛みの医療は失敗だったのではないだろうか。

慢性疼痛という新しい概念が必要。

急性痛のうちに治すのが最も肝要。

適切な病名がない。どう表現したらよいかわからない。ヘルニアやすべり症や軟骨変性がみられたところでそれが痛みの原因でもないわけだ。

治療法、薬も保険ではうまく行うことが困難。それでも保険診療をしなければならない。病名なんて・・・

厚労省は早くこの問題を解決すべきだ。それには、従来然とした学者に頼るのはいかがなものかと思う。

多くの患者さんから現実を聞け!!


http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/s1210-5.html


近年、人口構造や疾病構造の変化により、慢性疾患を対象とする対策の重要性が高まっている。こうした状況の中、これまで厚生労働省においては、生活習慣病や難治性疾患、腎疾患、リウマチ・アレルギー疾患等の対策が推進されてきた。

しかしながら、必ずしも具体的な対策の対象となっていない慢性疾患も存在するため、本年「慢性疾患対策の更なる充実に向けた検討会」を実施し、その中で、系統的な取組がなされていない代表的疾患として、筋・骨格系及び結合組織の疾患等が挙げられたところである。

筋・骨格系及び結合組織の疾患を中心とする「慢性の痛み」を来す疾患は、疾病を有する者のQOLの著しい低下につながり、就労困難をまねくなど、社会的損失も大きい。

以上のような背景及び問題意識のもと、「慢性の痛み」を取りまく課題を整理し、今後の対策のあり方に資するための検討を、厚生労働省健康局長の下、有識者の参集を求めて行う。

慢性疾患対策を考える上で、受療頻度の高い疾患に共通する課題として「慢性疼痛」が挙げられ、当該疾病を有する者のQOLに大きな影響を与えている。

慢性化した痛みの診断・治療は容易ではなく、身体面、精神面、社会面からの全人的なアプローチが必要である。

慢性腰痛は人口が多いにも関わらず、現在の治療体系では良くならないことが多い。

[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-18 13:52 | 慢性痛 | Comments(6)
2009年 12月 12日

第5回 MPS研究会を開催します

2月7日(日)9時からシンポジウム

トリガーポイント研究所の佐藤 恒士さんに講演をお願いしました。

約2時間、一般の方を対象にご講演していただきます

申し込み(予約)は要りません。


開催場所:東京都中央区日本橋本町2-2-6

田辺三菱製薬株式会社東京本社

http://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=../company/map_tokyo.html
[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-12 23:42 | MPS | Comments(2)
2009年 12月 09日

杉様の場合

杉様がヘルニアの手術を3回もしたというエピソードは有名です。私も本に書きました。

その後のことは知らなかったのですが・・・

先日、遠方から来院された患者さんから聞きました。

この方は脊柱管狭窄症の手術をしたがよくならなかったのですが・・。

「杉良太郎さんが大阪のカイロでよくなったと聞いたので、いろいろネットで調べているうちに先生の所がよいとういことを聞いたもので・・」

ということでした。

そこで

「杉良太郎  大阪  カイロプラクティック」で検索しました。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=4933

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=5510

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=9171

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=9376



http://blogs.yahoo.co.jp/acechiroclinic/49642930.html#49647303

ついでにこんなベストアンサーもありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1431018574


痛みの本態は筋肉のspasm(痙攣)なんです。それがゆるめば治ります。

ヘルニアが原因で痛いわけではありません。

「ミリ単位で背骨のゆがみを治す」・・・これも独特な表現でよくわからないですね。いろいろなテクニックを使って緊張した筋肉を緩めればいいわけです。

筋痛症の治療はいろんな方法がありますが、「信じるものは救われる」です。

しかし構造破たんが原因だという説を信じると何回も何回も手術ということになりますね。

また医師も4回目の手術があるだろうというような予言を患者に与えることによってそうなったときの予防線を張るわけです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-09 18:52 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(13)
2009年 12月 09日

手遅れか?

始めまして。

残念ながら日本のほとんどの整形外科医はMPSすら知らないし、認めません。画像診断のみです。

仮に認めてしまえば、経営が成り立たなくなるでしょうね。だから厚労省も動きません。手遅れだと思います。

ドイツなどの整形外科は早くからとりいれ、健康保険システムも成り立っていますね。


これは存じ上げない方からいただいたメールです。

今のままではますます病人が増えます。痛みに対して正しい教育がされていません。

私は2通の「脊柱管狭窄症の手術承諾書」の写しをもっています。いずれも患者さんからいただいたものです。手術をしてもよくならなかった方なのですが・・。

その内容は、納得できるものではありません。

神経が圧迫を受けて神経障害が生じる、そのため下肢の運動障害、しびれや痛みが生じるというものです。

これは一見、正しい説明のように思うことでしょうが間違っているのです。

上からは変わらないでしょう。下から変えていかなくては。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-09 00:09 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(7)
2009年 12月 07日

CM



これは砂の器のテーマに似ていますね。








[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-07 13:44 | Comments(4)
2009年 12月 05日

脊柱管狭窄症

御著「TPBで腰痛は治る!」を読ませて頂きました。私は****市在住の7*歳・男性です。

3年前に右下肢痛を「腰部脊柱管狭窄症」と診断され開窓手術を受けましたが、未だ快癒しないどころか悪化し、ここ2~3ヶ月は併発した腰痛も激化、QOLが日毎に低下して、腰痛難民になりかけています。そんな時に出会ったご御著で、整形外科業界の実態を知り、「その通り!」と思わず膝を打ってしまいました。


脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアと診断を受けて手術をしたものの改善しない方から、

毎日のようにメールや電話でのご相談を受け、またそのような方が実際に診察にいらっしゃいます。

上はその一つのメールです。

そもそも神経が圧迫を受けるとその先端部で痛みやしびれを感じるという説そのものが理屈にあわないのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-05 19:22 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)