<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 30日

筋肉の攣り、ひっぱりにTPB

私の腰痛の始まりは35歳のころ、ギックリ腰を何度も繰り返したころからでした。

そのつど、安静にして接骨院に3~4回の通院で治っていました。

40歳~50歳のとき、整形外科で坐骨神経痛と診断されて、腰の牽引とホットパックの治療をしました。

50歳の後半から、腰、右すね、右半身の背中の横が硬くなってきました。

腰痛と右すねが痛く、レントゲンを撮りましたが、腰は坐骨神経痛、脚は異常なしということでした。

65歳ごろから、右の背中がもりあがって硬くなり、前からみるとおへそが左よりにずれて、ミゾオチの横がへこんで身体が曲がってきました。歩くのがとても辛くなりました。

昨年からは右足の指先がしびれて感覚がなくなってきたので3けんの整形外科に通院してもよくなりませんでした。3けん目の病院ではMRIで脊柱管狭窄症と診断されて、すぐに手術をしたほうがよいといわれました

手術はしたくありませんでしたので、娘にインターネットで調べてもらいました。それで加茂先生の「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」を読みました。

今年4月に加茂整形外科医院を受診して4回治療をうけて入院予約をして帰りました。

6月末に入院。

足の指の感覚がなく、動きも悪かったのですが、3日目より動くようになりました。

夜中にいつも右のももやふくらはぎが攣っていたのですが4日目よりなくなり、今は一度も起きていません。

少しずつ、腰の痛みやすねや足指のしびれが取れていくのが分かりました。

2週間が過ぎて、お風呂の後、鏡をみてびっくりしました。おへその左がガクンとへっ込んでいたくぼみ無くなって体がまっすぐになっていたのです。

背中の右横をさわると柔らかくなっています。

先生がいっていた筋肉が柔らかくなると身体の矯正になり、痛みも取れるのだということがはっきり分かりました。とてもうれしかったです。

信じられず何度も確認して同室の方に笑われました。

入院して18日目、足腰の痛みやしびれは完全ではありませんが、とても和らいで散歩もすたすた歩いています。

1日1日が回復しているのです。

トリガーポイントブロックは私にとって最高の治療でした。本当に感謝しています。

トリガーポイント注射をしてもらうとき、治る!治る!と心の中で念じていました。

また、深く考えず素直な気持ちで同室の方々のあたたかい心と楽しく入院生活ができたのも良かったのかなと思っています。

あの痛みから解放されて幸せです。先生、ありがとうございました。


ぎっくり腰なんて放っておいても1カ月もすれば治るという意見もありますが、この患者さんのように、何度も繰り返して、体が曲がってしまうこともあります。それは「ワケあり筋」になってしまうためです。

当初から積極的に筋肉にたいして治療すべきですね。

足指が感覚が無く、動きが悪かったのは筋肉のせいです。

MPSはどこの筋肉にもおこり、長年にわたって人を悩ませます。

予防するわざ、早期治療の重要性を広く知らせるべきです。

癒されると筋肉の緊張はとれます。

また、誤診、へんな治療でおこる痛みの泥沼化をふせぐことです。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-30 13:02 | 慢性痛 | Comments(0)
2010年 07月 26日

「自賠責後遺障害等級表」の大問題

次のメールをいただきました。

また、交通事故で不当な扱いをされている人は少なくないと思います。

強引な治療打ち切りや、後遺診断で適切に対応されていないことが多いようです。

自賠責後遺障害等級表に問題があると思います。

この問題は患者さん1人では到底太刀打ちできない根深いものです。グループを作って問題の研究にあたるべきでしょう。

損保会社の社員にしたってどうにもならないと思います。

医師にしても、分かっている人もいれば、分かっていない人もいます。多忙でなかなか自賠責にかかわってはおれない人も多いと思います。

自賠責後遺障害等級表の文言を変える必要があるのです。

まずは

12級13号 「局部に頑固な神経症状を残すもの」
14級9号  「局部に神経症状を残すもの」


「神経症状とはなにをいうのか」これを自賠責側に訊ねるべきです。

そうすると、ポイントは、神経障害を医学的に証明するにはどうすればよいか、ということになります。

ポイントは3点です。

①シビレなどの自覚症状
②画像所見(MRI画像による神経根圧迫所見など)
③神経学的検査による異常所見

①の自覚症状は、必ず後遺障害診断書の「自覚症状」に記載してもらいましょう。

②の画像所見についてはMRI必須です。病院にMRIがなければ、他の病院ででも撮らなければなりません。

③神経学的検査は、主に次のようなものです。

(頸椎捻挫)
・スパーリングテスト
・ジャクソンテスト
・握力
・徒手筋力テスト
・筋萎縮検査
・知覚検査
・腱反射

(腰椎捻挫)
・ラセーグテスト
・SLRテスト
・FNSテスト
・徒手筋力テスト
・腱反射
・知覚検査
・筋萎縮検査
・バレーサイン
など


このようなことは私は間違っていると思います。間違ったことが記載されているものを判断の基準にしているのです。

自分の間違いを訂正してもらうところからです!!

平成X年X月X日に交通事故に遭い、色々な病院にかかり、入退院を繰り返しましたが、今現在も後遺症に悩まされている状態です。

首・背中・腰・臀部・足に痛みがあり、足と腕に軽い痺れが出ることもあります。頭痛もあり、寝付けないことや夜中に目を覚ますことも多く寝不足ぎみです。自律神経も病んでいるのだろうとは思います。

早く治したいというのもありますが、交通事故の後遺障害申請が思うように進まず経済的な問題も抱え込んでおり苦しんでいます。

14級という最低の認定はやっと取れましたが、行政書士や弁護士の先生からは14級程度では今後の治療費を補うことも難しいでしょうと言われています。

・・・・・・

しかし、どこの整形外科も交通事故に関わりたくないためかあまり相手にしてくれません。

話しを聞いてくれても、画像に僅かなヘルニアがあるが症状と一致せず、大したことはないような判断をされます。

筋肉の問題であるということが理解出来たので、普通の整形外科に行ってもまともな判断をしてくれないということがようやく分かりました。

そこで、ご相談なのですが、この筋筋膜性疼痛の症状で、交通事故の後遺障害申請や社会的な身体障害申請の診断書を書いていただくことが出来るのでしょうか?

また、ある弁護士さんは筋肉の問題では申請は無理だと言っていましたが、やはりそのとおりなのでしょうか?先生を頼っている沢山の患者さんの中には私と同じような悩みを持っている方もいたのではないかと思いご相談させていただきました。

就職もまともにできない状態ですが、身体障害があると認定されれば、企業も公的補助があるので雇用しやすいと思っています。小さな子供X人を育てるためには、なんとか働くことを考えないといけません。

勿論、治療が最優先ですが、交通事故後遺障害の件、社会的身体障害の件、先生のご経験から何かアドバイス頂ける事がありましたら何卒、宜しくお願いいたします。


交通事故のほとんどは神経はやられていません。だから神経症状はありません。

筋肉がやられるのです。筋症状なのです。これを理解できる医師がほとんどいないのです。

筋肉の症状は慢性化することは少なくなく、線維筋痛症にまでなってしまうこともあるのです。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-26 18:35 | 交通事故診療 | Comments(11)
2010年 07月 25日

遅発性筋痛の発生機構

運動や作業、旅行などをした次の日に痛む、あるいはむち打ちや捻挫、打撲をした次の日に痛みが強くなるのはよく経験のあることです。これを遅発性筋痛といいます。

筋骨格系の痛みのほとんどはこれなのです。

先日、書いた「作業関連性筋骨格系障害」(WRMSD)もそうです。

同じような書き方をすれば、「生活習慣関連性筋骨格系障害」「スポーツ関連性筋骨格系障害」ということになります。

これらも殆どが筋肉の障害が原因です。

筋肉の障害が長引いてくると範囲や強さが拡大していくことがあります。

ところが筋肉に対する医学が十分でなく、いつのまにか、レントゲンやMRIで写るものが痛みの原因だという間違った考えがはびこってしまったのです。

これら、写っているものは筋肉の短縮の結果なのか、あるいは、筋痛と同時に生じたものなのです。

次の論文はとても重要です。

遅発性筋痛の発生機構


●何らかの条件で慢性化し、より重篤で慢性の障害の元となる可能性もはらんでいる。その発生機構は今持って不明である。

●非ステロイド性消炎鎮痛薬は、運動前に投与した場合には遅発性筋痛の発生を抑えるが、遅発性筋痛がいったん生じた後では無効である、との報告が多いことから・・・


むち打ちや多くのスポーツ、作業関連は消炎鎮痛剤を前もって与えておけば遅発性筋痛を押さえられるのです。

むちうちになったら、最初はあまり痛くないことが多いのですが、このときに消炎鎮痛剤を使うべきなのです。

スポーツをする前にバンテリンなどを塗ってすればいいということになります。

ピッチャーが登板する前に消炎鎮痛剤を塗れば、寿命が長くなる可能性があるかもしれません。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-25 11:00 | 痛みの生理学 | Comments(1)
2010年 07月 23日

マイ・ドクターで紹介されました

b0052170_23275551.jpg


「心身症」の特集

巻末付録・心身症に本当に強い専門医・病院リスト120「全国版」に当院が選ばれました。

心身医学の第一人者・九州大学の久保千春先生の監修で選ばれたことは誇りに思います。

心身症は誤解されやすい言葉です。

パニック障害やうつや不安障害は心身症ではありません。

心身症とは、身体疾患で、環境などによってその症状が変化する疾患の総称です。

Functional Somatic Disease のことです。

機能的な身体疾患、コンピュータ用語でいえば、ソフトの不具合のことです。

ソフトの不具合がハードを変化させることがあるのです。

たとえば胃潰瘍、本態性高血圧、筋硬結、筋短縮、ゆがみ、軟骨や椎間板の変性。

多くの医師は痛みの原因と結果を間違えているのです。

ヘルニアや脊柱管狭窄、あるいは軟骨や半月板の変性が痛みをつくることはありません。

筋骨格系の心身症は慢性疼痛が代表格です。

心理・社会的要因が密にかかわっています。

「原因不明の痛みが長く続く」・・・・「ヘルニア、脊柱管、軟骨、半月板が原因だと分かっている」は間違いなのです。これらは痛みの原因とはなりません。医師がかってにそう思っているだけなのです。

b0052170_23485785.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-23 23:46 | 慢性痛 | Comments(0)
2010年 07月 22日

神経症状とはなにか??

神経症状とはなにかを定義しなくてはならない。

どうも医学と自賠責では「神経症状」の定義が違うのではないかと思った。

このようなどちらでも取れる用語を使う場合気をつけなければいけない。医師の間でも統一されているとも思えない。ネットで検索してみると、痛みやしびれを神経症状といっている医師もいる。

たとえば、神経質、神経症、神経過敏というときの「神経」とは「精神」という言葉に近い。

私は「神経症状」というときは「神経麻痺症状」「神経脱落症状」のことだと思っている。あいまいな表現は避けるべきだ。

損保や労災でもそのように書くべきではないのか。

痛みやしびれは神経症状ではない。「experience」と定義されていることだ。「体験」と定義されているものは神経症状ではない。

痛みやしびれは「個人的な体験」で自覚的症状。一方、神経症状とは神経が障害されたときにでる症状で、他覚的症状だ。

末梢神経の障害では、知覚鈍磨~知覚脱失、弛緩性運動麻痺(筋力低下、筋委縮)、腱反射減弱

中枢神経の障害では、知覚鈍磨~知覚脱失、痙性運動麻痺(筋力低下、筋委縮)、腱反射亢進、病的反射

むち打ち外傷で神経障害を起こしたものをみたことがない。

むち打ちは筋障害なのだ。

掲示板より

加茂先生。おかげさまでここまでたどり着いたという近況です。

むち打ちから1年、先生の診断で慢性の筋性疼痛。約1ヶ月間隔の4回目の治療でようやく自分の筋肉だ!と思えるようになってきました。表現が難しいですが、運動などでの筋肉痛を一般の筋肉痛として感じるようになりましたということです。

これまでは、動くことで広範囲に痛みとTPを十数か所確認できましたが、ようやくゼロですかね?。ただ、今度は、落ちた筋力が戻るために筋肉痛が出ます。でも経験したMPSの痛みと違うようです。

車の運転でわかるのですが、首の揺れを支えようと筋肉が働くと、翌日にかけて首周りの筋肉痛で1日で治まります。MPS状態の以前なら背中から左半身へと広がって1週間は、痛みを抱えた状態での生活、これの繰り返しで、ほとんど苦痛の一年といっても良いです。徐々に筋力UPを図って行きたいと思っています。

ちなみに、労災保険の担当者から神経症状の話が出ましたので、「神経の痛みって何ですか?」と尋ねると明確な答えがありませんでした。


http://www.jiko-sos.jp/sequelae/post_41.html

これを読んでいると明らかに時代遅れのポンコツだ。いつ作られたものかな。ブラック・トライアングルではたしか、昭和30年代のころとなっていたか・・。

早急に医学界(神経生理学に詳しい、筋の生理学に詳しい人)と自賠責は協議すべきだ。

これを読んで、損保がトンチンカンな質問をしてくる理由が分かった。

彼らにしては当然だろう。彼らは研究者ではない。法律に従って事務処理をする事務屋さんなんだから。

弁護士も、裁判官も・・・

この問題は根本的なところから再検討すべきなのだ。

MRIやレントゲン所見と痛みは相関しない。

ラセーグテストやスパーリングテストを神経学的検査だといっているのは笑える。

患者さんは自分の健康を取り戻すことと、もうひとつ、時代遅れの自賠責後遺障害等級表を根拠にしての保障問題と戦わなければならない。

被害者サイドの弁護士にがんばっていただきたい。

まずは線維筋痛症の第一人者、筋性疼痛の生理学者の話を聞くことだ。

そして、この古臭い「自賠責後遺障害等級表」を変えることだ。

筋肉の障害に苦しんでいるのに、神経の検査をしてどうするんだ。


[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-22 07:20 | 交通事故診療 | Comments(0)
2010年 07月 21日

苦痛と社会コストの最大原因

作業関連性筋骨格系障害(WRMSD)


b0052170_2356362.jpg


下のグラフをみてください。

19年のほうが16年よりすべてが増えています。

(石川保険医新聞・2010.7.15)

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-21 23:44 | MPS | Comments(0)
2010年 07月 21日

こんなに多いのに一体対策はどうなってるのか

b0052170_241278.jpg


不全型慢性広範痛症より上はザーッとみても25%、つまり4人に1人いる。

外来でも実に多いと思う。

こんなに多いのにもかかわらず、保険診療では適切な病名もないし、薬もない。適切なリハビリもできない。

痛みやしびれに対してレントゲンやMRIを撮って構造病名をつける悪い習慣が残っている。それによってよくなることはない。

無駄な検査、無駄な治療。

手術による悪化、筋肉を鍛えることによる悪化。

ほとんどの痛みは筋肉に由来するにもかかわらず、筋肉についてなにも知らない医師。

筋痛は慢性化するととても辛いことになる。

不眠、うつ、不安、多彩な自律神経症状。

医師はこのような病態の教育を受けていない。間違った教育を受けている。

筋骨格系の痛みはほとんどが筋性疼痛で、早期に適切な治療をすべきだ。慢性化するとやっかいだ。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-21 02:53 | 慢性痛 | Comments(4)
2010年 07月 20日

Chronic widespread pain →線維筋痛症

今日の京都新聞

b0052170_23424217.jpg


http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_442.htm

b0052170_2348989.jpg


ほとんどの筋骨格系の痛み(悪性腫瘍、感染症、骨折などの明らかな外傷、リウマチなどを除いたもの、ただし、これらにもMPSは合併する)はMPS(筋痛症)として早期に治療すべきなのだ。

腰痛や頚部痛、四肢の痛みはもはや脊椎外科の疾患ではないことがお分かりであろう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が痛みやしびれの原因になることはない。

老化した軟骨や椎間板が痛みの原因になることはない。

痛みの早期治療はとても大切なことだ。

早期から筋痛症として積極的に治療することが重症化を防ぐ方法だと思う。

それはトリガーポイントブロック(局所麻酔の局所注射)が最も有効、安全だと思われる。

治療者は筋骨格系の痛みを診るとき、悪性腫瘍や感染症など特殊な病気がなければ、Chronic Widespread Painや線維筋痛症の卵と思うべきなのだ。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-20 23:43 | 慢性痛 | Comments(4)
2010年 07月 20日

「熊澤孝朗先生へのインタビュー」

医療従事者必読の記事

コメント欄より(m_chiroさん)
また熊澤先生は、椎間板ヘルニアで痛みが起こることもある、と言っておられました。しぶしぶ、という印象で。。。。

しかし、通常、その痛みが遠心性に末梢の痛みとして出るという言い方はされませんでした。

どうも、二次性に筋性防御として作られた痛みが関連痛などをつくり、問題をややこしくしているというニュアンスかな、とも思います。その辺を整理して、もう一度推論してみたいと思っています。


これは、熊澤先生へのインタビューをうけてのm_chiroさんのご感想です。

http://mchiro.exblog.jp/14785106/

熊澤 孝朗先生インタビュー

私も同意見です。

「椎間板ヘルニア」のかわりに「椎体圧迫骨折」を入れてみれば分かると思います。

「椎体圧迫骨折」は痛みをおこすか?と問われれば、起こすこともあると答える。

「椎間板ヘルニア」という病名のかわりに「椎間板圧迫損傷」。

重いものを持った(転倒した)→椎体圧迫骨折(ヘルニア)

いつのまにか→椎体圧迫骨折(ヘルニア)


いずれの場合もMPSが合併していると痛む。

構造と痛みは2本立てで治療。

構造(ヘルニア)をこの場合は治す必要はないが、痛みは治す必要がある。

構造を治しても痛みが治るとはかぎらない。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-20 07:51 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2010年 07月 19日

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアで手術の必要があるのは脊髄麻痺症状(頚部脊髄症)のでているものだけです。これは病的反射がでますし、運動障害が主訴となります。そんなにあるものではありません。

頚部脊髄症にMPSが合併していることがありますが、べつのことと考えるべきです。

頚や腕のしびれがヘルニアが原因だと考えるのは間違いです。

外国まで手術にいき治らない人や、有名人で何度も手術をしている人もいますが、診断そのものが間違っていると思われます。

適切に診断して適切な治療をすれば、安全に安価で治療できます。

加茂先生へ

ご無沙汰しております。

今年、X月に2日間、頚椎と肩甲骨痛でトリガーポイントの治療を受けました、@のAと申します。*のB氏に紹介いただいた者です。

出来れば、加茂先生のところで継続して治療を受けたかったのですが、小松市までは遠く同じ治療に長けている病院を探し治療を続けました。

ネットで探した病院数ヶ所で治療を受け、安心して受けられる******に1週間に1度の間隔で治療を続けました。

その他の治療(指圧)も併せて受け、2ヶ月後頃より快方へ、今ではうその様に痛みが消えました。

痛みの原因は骨とか頚椎椎間板、と頑固に思っていたら大変な手術も覚悟しなければならなかったと思います。

実際、前出以外の病院では、レントゲン下の危険なブロック注射も試しましたが、全く効果なく、残ったのはレントゲン下と言う恐怖感のみでした。

本当に腰痛、肩こり・首痛の原因がストレス(仕事の量:心身への過剰な負担)から始まり、それを我慢することがどんなに大変なことになるか、トコトン分かりました。

痛み(捻れ)を感じ始めたら、出来るだけ早めに手当てすること、痛感しました。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-19 07:31 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)