<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

痛みの診断はあてにならない

診察の手順は普通多くの疾患は、検査→診断→治療 です。

ところが痛みに関してはこの手順ではうまくいかない。だから医師は不慣れなのです。

①除外診断:痛みを伴うことのある特異的疾患<悪性腫瘍、感染症、骨折など明らかに修復すべき外傷、リウマチお呼びその周辺の炎症性疾患>を除外する:画像、血液検査

②積極的診断(機能的診断):どのような条件、環境で痛みが増減するかをみる

③治療的診断:神経ブロックなど局麻剤、薬剤で痛みはどう変化するのか

多くの医師は筋肉が痛みやしびれの震源地になっているという考えを持っていない。

そのためにあてどもなく検査をして、間違った結論にいたる。

神経根障害や身体表現性障害と診断されるものはたいていは筋痛症だ。


掲示板より

お医者さんの 見立て は患者にとって少々厄介なもの。

見立てが水戸黄門さまの葵のご紋の入った印籠のようなもの(笑)であればいいのですが、患者にとって恐れ多くも反論できるものではありませんね(苦笑)

ここ数年、慢性痛に悩まされ振り回されてきました。

狭心症のような発作からスタートです。

大胸筋が成りすまし筋。整形外科医談、狭心症の疑いから首のヘルニアが見つかります。

大胸筋に針治療で胸の苦しさは終わり、ここに行き着くまでに2年半。

腰椎にヘルニア、左足の痛みは坐骨神経痛、小臀筋が成りすまし筋。ここに行き着くのにも2年。

盲腸?若い頃から痛みが出るたびに言われていました。腹直筋が成りすまし筋。

ここにたどり着くまでに30年。手術しないでよかったですね(笑)

左ひざ関節痛、一人の医者は靱帯が損傷、治りません。(この先生の待合の本棚には加茂先生のトリガーポイントブロックで腰痛は治るがおかれていて一杯傍線がひかれていました…)

違う医者は軟骨が減っています。ヒアルロン酸の注射です。

加茂先生のブログを読み、トリガーを探しストレッチと指圧でほぼ痛みは消失。

この間いろんなところでドクターショッピング、ブランド(有名大学付属病院)ものにも当りはなく、皮肉にも整形外科とタイアップされている鍼灸の先生が「つぼ」(笑)でした。

普通の保険診療をされている鍼灸院で筋筋膜性疼痛症候群の専門ではありませんでしたが熱心に勉強されています。

http://www.hayaoki.jp/gakumon/gakumon_arita.cfm

リズム運動はセロトニン神経を元気にするこのHPを読んでからリズム運動を心がけています。

120回/分でどんなことでもいいのですが体を動かす。

ジムで自転車を軽い負荷で60から64回転位で15分から20分こいでいます。

音楽を聴きながら手拍子でも良いみたいです。ドリカムの大阪ラバーがほぼ120回/分のリズムです。これを始めてから自律神経の乱れが楽になりました。

小生の経験とつたない知見です、少しでもお役に立てれば幸いです。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-31 08:32 | 慢性痛 | Comments(0)
2010年 08月 30日

診断が2転3転

掲示板より(はちさん)

一体なんでしょう。

一昨年に右手1~3指が痺れ出し病院で診察。

「頸椎症性神経根症」と診断されました。

転院先ではその点について検査しましたがMRI・造影剤検査でも見当たらず、「胸郭出口症候群」ではないかという事で他の大学病院で筋電図検査を行いましたが「首ヘルニア」となりました。

MRI検査中肩甲骨から右腕全体が痺れ出し、やがて耐えられない痛みになりました。紫色になって検査を中止下程です。

今現状の痛みとして肩甲骨から右手全体の痺れ・痛み・冷感・虚脱感があります。


ある病院では頸椎症性神経根症で仕事はやめるようにといわれた。

ある病院では胸郭出口症候群で鎖骨を摘出する手術も考える。

ある大学病院では頸椎5/6間の椎間板ヘルニアで手術をするようにいわれる。

はちさんは2日間ホテルに泊まって治療に来られました。

2日間の治療費の自己負担分の合計は3120円でした。

8月27日~28日に掛けて御世話になったものです。

おかげさまで翌日には車のハンドルを握って家に帰ることができました。

帰り道調子に乗ってスピードを出していたら覆面パトに捕まる寸前でしたが…

家に帰り猫(3匹)を両手で触れてうれしく

その晩今まで苦痛だったひげそりがスムーズにでき感動すらしました。

ただ自転車に乗るとちょっと痛みが走るかな……

又御世話になるかもしれませんがよろしくお願いします。

今回お世話になった記録を自分のブログにアップして同じ症状で苦しんでいる方々に読んでもらい今の症状にあきらめず一歩踏み出せる機会になればと思います。

ありがとうございました。


b0052170_1905343.jpg


はちさんは棘下筋や小胸筋、前腕屈筋などのMPS(筋筋膜性疼痛症候群)でした。

TPブロック後ただちに手の血流改善がありました。

はちさんは手で操作する仕事(ピアノを弾くような格好)をしていますので、作業関連性頚腕障害をおこしたのです。

肘を支えるものを利用するなど対策を取られたらいいと思います。

このようなケースは何もめずらしくありません。

脊椎の中核病院、有名ドクターの大学病院はMPSをしっかり勉強していただきたい。

レントゲン、MRI、筋電図など受けた検査の数はかなり多いのですが、まともな診断に至らなかったのです。

腕や手がしびれるといったらまずMPSを考えることです。

そしてどのような動作を日ごろしているのか尋ねることです。

圧痛点を注射してやれば早期なら、その場で改善してしまいます。

頸椎症性神経根症(椎間板ヘルニア)で痛みやしびれが生じることはありません。

2年間の苦痛と不安、無駄な費用・・・3000円で解決

頸椎ヘルニアでは稀に脊髄麻痺があります。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-30 19:14 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2010年 08月 28日

異所性発火では説明できない末梢性痛覚過敏

根性痛の根拠とする実験の信頼度は?③

根性痛の説明は異所性発火(神経線維の途中で脱分極が起こる)が用いられる。

これは正常な神経では起きない。

ヘルニアの場合は髄核による神経の炎症、脊柱管狭窄症の場合は圧迫による神経への血流障害とされる。

先に根性痛ありきで、あとからご都合でひねり出した感じはしないか。

ではヘルニアのときは血流障害はいわないのか。

ヘルニアや脊柱管狭窄症では必ず圧痛点がある。

圧痛点は痛覚が過敏になっているところだ。末梢性痛覚過敏。

お尻やふくらはぎに圧痛点があるが、異所性発火ではこれを説明できない。

また、慢性痛では中枢性の痛覚過敏が起きているのだが、これを防ぐには早期に鎮痛させる必要がある。

異所性発火を早期に鎮痛させるにはどうすればいいのか。

ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術をしてもよくならない人は毎日のように訪れる。

なかにはRSD(CRPS)タイプの人もいて改善に難渋することもある。

Aさん(60歳代)は慢性の腰痛あり。昨年末、痛みが激しくなり、5月にヘルニアの手術を受ける。

しかし、痛みは全く改善せず。

8月初め、当院を受診。杖歩行。

3W、6回の治療(Tp-B)で治癒した。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-28 19:40 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2010年 08月 27日

痛みのなかったころを思い出す




[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-27 07:50 | Comments(3)
2010年 08月 25日

You Tube より

You Tube でいろいろ検索してみてください。日本語と英語の両方で検索したらいいです。

英語が聞き取れると情報量が非常に増えますね。私はほとんど聞き取れませんが^^;

慢性疼痛(chronic pain)・・・・24:42144

線維筋痛症(fibromyalgia)・・・・4:8175

複合性局所疼痛症候群(CRPS)・・・0:456

反射性交感神経萎縮症(RSD)・・・・0:5962(RSDは異なった意味のも含まれている)

この情報量の差はすごいですね。もはや英語ができなければどんどん取り残されていくのでしょうか。

軟骨や椎間板が減っているとか、ヘルニア、脊柱管狭窄症だとか言っている場合ではないですよ。そういうことで痛みやしびれは起こりません。


                                     ↓ここの検索窓に上の日本語や英語をコピペしてください。




[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-25 13:37 | 慢性痛 | Comments(0)
2010年 08月 24日

馬尾症候群

2chに馬尾症候群と思われる人の書き込みをみつけました。これはとてもめずらしいことで私はみたことがありません。

その成り立ちについて考えてみます。

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1276660908/l50

441.445.448

初めて書き込みます・・・。 数日前まで入院してました。(半年以上入院) ようやく自宅に帰ってきました。 ヘルニアと診断されたことがなかったのに・・・・。

今年の初めに「くしゃみ」をしたとたん、腰から下の力がなくなり ひっくり返った。 すごい激痛と直腸膀胱障害(←あとから知りました)で、救急車で運ばれ 緊急入院。

L4-5の巨大ヘルニアといわれ翌日緊急手術・・・。

ヘルニアは取ったのだけど、ものすごい量と圧迫だったみたいで今も下半身がほとんど麻痺し歩けないままです。感覚もありません・・・。

本日、障害者認定をもらうことに・・・。 お先真っ暗どころかおしまい状態。もう精神的にもつらいです。いろいろ調べても前例がないし・・・。私みたいな状態になる人っているのでしょうか・・・。


ヘルニアと診断され、手術で取れてはいるみたいです。(転院先の病院の医師や、退院後のお世話になり始めた医師は「きれい」に出来ているとは言っていますが・・・。)

医師いわく、つぶれた神経の回復を待つしかないとのこと。あと、年齢と回復力に望みを託すしかないとも。

元ヘルニアになるのでしょうか?スレ違いならすみません。

ちなみに、身体障害者手帳の申請の病名は「腰椎ヘルニアによる脊髄損傷」ですけど。こんな人もいないか(泣



まったく前兆はありませんでした。強いて言うなら、たまの「腰痛」はありましたがあちこち病院にもいってますけれども ヘルニアとは診断されたことはありませんでした。

「くしゃみ」だけです。緊急手術になったのだけど、今となっては救急車だったので医師は大丈夫だったのだろうか?と不信感ばかりつのっています。くしゃみでこうなったのかなと。



くしゃみをした時に大量の髄核が絞り出された。

くしゃみをした瞬間に、椎間板や椎体に付着している大腰筋が強烈にスパズムを起こしたのではないだろうか。強い痛みが想像される。

その結果、髄核が大量に絞り出された。

もし骨粗鬆症があったら、椎体が圧迫骨折を起こし、ヘルニアにはならなかったかもしれない。

筋肉の急激な短縮は椎体か椎間板のどちらかの損傷を起こす可能性がある。

髄核が一挙に大量に飛び出たために、馬尾神経の絞扼性神経障害を引き起こした。

この場合は48時間以内の緊急手術が必要といわれている。

今回のケースは残念ながら、麻痺が残ってしまった。

このようなことはヘルニアの有無に関係なく誰にでも起こりうる。

私の想像では、ヘルニアでない人のほうが確率は高いのではないかと思う。一挙にドバッとでる可能性があるから。

また、スポーツマンで大腰筋が異様に発達した人のほうが可能性が高いのではないか。

「椎間板ヘルニアによる馬尾神経の絞扼性神経麻痺」

椎間板ヘルニアによって痛みやしびれが生じることはない。

この掲示板の他の人たちは痛みやしびれを訴えているので、それはヘルニアのためではない。無症候性の椎間板ヘルニアのひとが筋筋膜性疼痛症候群になっているのだ。

今回のケースでもくしゃみをした瞬間にヘルニアになったとしてもそれが少量ならば、麻痺も生じず筋肉のスパズムによる痛みももうおさまっていたことだろう。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-24 13:47 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
2010年 08月 21日

Fibromyalgia Awareness

パープルリボン

Fibromyalgia Awareness(線維筋痛症を知ってください)

Fibromyalgia & Chronic Pain Awareness(線維筋痛症と慢性疼痛を知ってください)

b0052170_0243668.jpg


b0052170_0373027.jpg


ざーっと見積もっても日本には複数部位に痛みをもつ人は3000万人はいる。

痛みは慢性的な交感神経の緊張をまねき、不眠、抑うつ、不安など多彩な症状を起こす。

保険診療ではあいも変わらず、部位別の病名で慢性疼痛や線維筋痛症という病名は使われない。

そもそもこういうことを想定していない、時代遅れの考えが基本になっている。

病名もなければ薬もない。

医者はまともな教育を受けていない。

慢性疼痛のほとんどが筋性疼痛(筋肉が攣っている、凝っている)なのに、老化した軟骨や椎間板が痛みの原因だと錯覚して、筋肉を鍛えようとしている。

そして意味不明の手術を受ける。

そのためにますます、痛みが強くなる。

患者さんはレントゲンやMRIの検査ばかりを受けて、どうせやくに立たない説明を聞かされる。


[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-21 00:24 | 線維筋痛症 | Comments(2)
2010年 08月 19日

髄核から出る炎症起因物質のため?

根性痛の根拠とする実験の信頼度は?②

髄核から放出される炎症性サイトカインTNF-αによって神経根が炎症すると根性痛が起きると言われています。

膨隆型は直接に髄核と神経根は接触していない。でも、痛みが生じるということはTNF-αはかなり浸透するということか。

そうならヘルニアになってなくても髄核が後方移動しただけでも神経根に炎症は生じるのか?

線維輪には炎症は生じないのか。

ラセーグテストで神経根が圧迫を受けると痛みが放散するのは炎症が強くなるためなのか?

炎症が起きたからといってなぜ異所性発火が生じるのか?

圧痛点は痛覚過敏点なのだが、それの説明はどうするのか?

疑問は続く。




ガスによる圧迫か?髄核は?

b0052170_22202163.jpg


明らかに別人のものだ。TVとはいえ・・・

番号が見やすいように私が書き込みました。

b0052170_23154375.jpg


↓のエアもなくなっている。私には分からないが、画像の専門家(放射線科医師)が見れば分かるのだろう。


[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-19 20:27 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(6)
2010年 08月 14日

慢性痛はどのようにしてできるか②



男性患者:「爪が変形してきて、色が変わってきました。驚いています。」

解説者:「しかし最も驚くべきことは、きっかけは、通常、ほんの些細なことだということです。

痛みは脳によってコントロールされています。

損傷が起きた時、その瞬間に、痛みの受容器は末梢神経を介して脊髄に電気信号によるメッセージを伝達します。

脊髄の中の神経末端の結節部から、神経伝達物質が放出されて、脳の視床へとメッセージが伝達されます。

ここが、痛みが記憶されるポイントなのです。

視床は、脳の他の部分を刺激し、痛みの信号を減弱させようとして、神経にメッセージを送ります。

しかし時に、神経システムが混乱して、これらの痛みのメッセージが増幅されてしまうことがあります。

中枢神経系の過剰な刺激が慢性疼痛のきわだった特徴なのです。」

女性患者:「痛みは最初くるぶしから下の足の部分に感じられたのですが、それが脚全体に拡がってしまいました。その結果、車椅子を使わざるを得なくなってしまいました。これが今の私です。」

解説者:「そして今や激痛が彼女の全身に拡がっています。」

医師:「脳のレベルで起きていることはただ一つのことです。」

解説者:「機能MRIにより、慢性疼痛で脳の回路が変化していることが明らかになっています。

このような変化が可能になるのは、神経系の可塑性として知られています。

そして、キズが治癒された後も脳は痛みのメッセージを送り続けるのです。」


これが慢性疼痛の出来上がるメカニズムです。

もちろん慢性疼痛にも強い、弱い、部分的、広範囲などの差はありますが。

ヘルニアや脊柱管が神経を圧迫しているとか、軟骨や椎間板がすりへっているとかいう骨大工さんの理論では慢性疼痛は解決できないのがおわかりですか。

「先取り鎮痛」という言葉があります。これは全身麻酔で手術をするときでさえ、手術の創の部位に局所麻酔を打つことです。

つまり、全身麻酔で手術をしても、手術の術野で生じている外傷の痛み(手術といってもそれはまさに骨にまで達する外傷なのです)は脳に伝わっているのです。

これが術後長引く痛みの原因になっているわけです。これを防ぐために術前に創となる部位に局所麻酔をうつわけです。

Failed back surgery syndrome

Failed:失敗   back surgery:脊椎手術

脊椎手術をしたあと、痛みに悩まされている人はとても多い。

手術といっても、外傷なのです。

外傷後に生じるCRPSタイプ1といってもいいでしょう。古い言い方ならRSDです。

失敗といっても手術の技術の問題ではない。運が悪かったといしか言えないかもしれません。先取り鎮痛をしていれば違ったかもしれません。

絶対に必要な手術(悪性腫瘍、感染症、骨折、神経麻痺)なら仕方がないとは思いますが、これらでないのなら、手術の意味がわかりません。

意味の分からない手術のあと、CRPSが生じれば、踏んだり蹴ったりです。痛みのメカニズムを十分に勉強して、危険な治療から身を守るべきです。

手術のほかにもCRPSを生じるものとして、乱暴な手技矯正があります。

慢性疼痛を証明する科学的手段はfunctional MRI;fMRI(機能的MRI)です。

b0052170_13353958.jpg







[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-14 08:05 | 痛みの生理学 | Comments(0)
2010年 08月 08日

慢性痛はどのようにしてできるか①



このビデオはCRPS(RSD、反射性交感神経萎縮症)についての説明ですが、これは慢性痛のなかでもとくにシビアなものです。

一般の慢性痛もこれと同じシステムです。

Pain is controlled by the brain(24秒のところ)


b0052170_0513125.jpg

知覚神経の先端部で作られた痛みの電気信号が脳に向かう。

この時に、この部位に局所麻酔を打てば、悲劇は防げた可能性がある。
b0052170_052412.jpg

脳は痛みを認知して反応する。
b0052170_0522813.jpg

アップロード、ダウンロードをくりかえす。

骨格は関係ない。

外傷の大小は関係ない。
 

[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-08 00:52 | 慢性痛 | Comments(3)