心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 29日

すべり症といわれた痛みがその場で改善

b0052170_2038568.jpg


Aさん(70歳代、女性)は1年ほど前より、立ち上がるときに左臀部~大腿外側にかけて痛みがはしるので苦痛です。

なにかにつかまってでしか立ち上がることができません。

MRIで検査を受け「腰椎すべり症」という診断でした。

根本的には手術しかないといわれました。一時的には神経根ブロックがいいといわれましたが、怖いので痛み止の薬だけでしのいできましたが、それもあまり効かない状態です。

局所麻酔を圧痛点に打ちました。すると、すぐに痛みがなく立ち上がることができました。

すべり症は何の関係もありません。

臀部~大腿外側にかけての筋筋膜性疼痛症候群です。

分かりやすくいえば、その辺の筋肉が凝っているのです。

このような治療は診断にもなりますし、治療にもなります。

レントゲンやMRIはいりません。

多くの医師はレントゲンやMRIで見られる異常所見が痛みの原因だと思っています。

そのためにうまく治療ができません。トリガーポイントブロックなんて一時押さえの姑息的な治療だと思っているものです。

この方、手術をしても治らないでしょう。おまけに頑固な腰痛(CRPS)をかかえる運命だったかもしれませんね。

脊椎外科医には十分お気をつけを。

本日は雑誌「健康」の取材をうけました。脊柱管狭窄症についてです。

神経が圧迫を受けても痛みやしびれはおきないこと、筋痛であることを説明しました。

[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-29 20:38 | 慢性痛 | Comments(0)
2012年 09月 27日

長距離トラック運転手の腕のしびれ

Aさんは長距離トラックドライバーです。

頚痛や右腕のしびれがあります。

3年前「頸椎脊柱管狭窄症」という診断で手術をうけましたが、よくなりませんでした。

僧帽筋、棘下筋、前腕伸筋などに強い圧痛があり、局所麻酔を注射すると、一挙に症状は改善しました。

長時間ハンドルを持つ姿勢が筋筋膜性疼痛症候群をおこしているのです。ハンドルの位置の工夫が一つの解決法です。

b0052170_1251261.jpg


専門外科医への早期紹介を減らすことを推奨した。・・・非生産的な診療方法をやめるよう、医師を説得する一番良い方法は何だろうか。(FILE210)


これは米国でも脊椎外科医になるべく紹介しないようにという皮肉な文章です。

脊椎外科医の大きな失敗は「神経が圧迫すると痛みやしびれが生じる」という非科学的な考え方です。(もちろんそうでない脊椎外科医もいます。)

病態生理に関する事実無根の概念を患者に押しつけ、治療に携わる医師の私的見解を患者に披露する複雑な治療行為の1要素である。患者はこれらの診断によって永遠に変えられるが、良いほうに変えられることはあまりにも少ないと博士は主張した。
(FILE166)


最近のことで思いだすのは皇后陛下の腕の痛み・しびれで「頸椎症性神経根症」という診断だ。これは腕へいく神経が椎間孔のところで圧迫を受けているというものだが、いかにもおかしいことに気づくでしょう。

http://blogs.yahoo.co.jp/meiniacc/43507878.html


[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-27 12:57 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
2012年 09月 24日

筋骨格系の痛みのほとんどは筋痛症、手術成績にはきをつけろ!

b0052170_13294762.jpg


筋骨格系の痛みは「悪性腫瘍、感染症、リウマチ及び類似の炎症性疾患、神経損傷後疼痛(CRPSⅡ)、精神疾患」をのぞけば、つまりほとんどが筋痛症です。

筋肉と脳の間で電気信号がアップロード、ダウンロードしているのです。

筋痛症は慢性化しやすくとても人を悩ませます。

医師にはこの疾患について知識がないため、間違った、見当はずれの検査や治療になります。

レントゲンやMRIに写る所見は痛みの原因ではありません。外力が生じた結果、または筋痛症が続くと筋が短縮しますのでそのための変化と思われます。

神経を圧迫しても痛みやしびれは生じません。神経を絞扼すると「麻痺」が生じます。

麻痺とは電気現象が起きないことです。痛みとは電気現象がおきていることです。

でも手術でよくなることがあるのは、全身麻酔や局所麻酔でリセットされるためか、手術で悪いところを取ってしまったという儀式的効果でしょう。

http://junk2004.exblog.jp/15348649/
ある日、待合室で、知らない人に・・・「手術をしても最初は少しいいけど、歩き始めるとまたもとのように痛くなる。ここで手術した人はみんな、そうなんだ。」という話を聞かされた。それで手術はしないことにした。現在は特に辛い症状はない。


脊椎外科医の発表する手術の成績は、いったいいつの時点のことなのでしょうか。

先日脊柱管狭窄症の手術をした人は2か月ほど安静にしていたときは症状はおさまっていたが動き始めたらまたもとのように痛くなってきたといっていました。

何人かの手術をした友人もよくもって半年だといっているそうです。

以前、Nさんも待合室で同じようなうわさを聞いたといっていました。

Nさん
3つの整形外科を受診していずれも腰椎椎間板ヘルニアで手術が必要といわれた若い看護師。ある手術大好き病院の理学療法士がこっそり私の本を見せてくれたとのこと。私は「うつ状態に伴った下肢の筋痛症」と診断した。彼女は涙をながした。

http://junk2004.exblog.jp/12099443/

発表される手術成績はたぶん手術直近のものではないかとおもわれます。

[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-24 13:49 | 慢性痛 | Comments(2)
2012年 09月 21日

無茶な(株)損保会社

Aさん(40歳代、女性、母子家庭)は5月中旬に追突されました。

当院を受診されましたが、運の悪いことに私が入院したころでした。

めまい、吐き気、睡眠障害、頭痛、左上肢のしびれ、長時間の座位困難などに悩まされるようになりました。

4軒ほどの病院をまわり、レントゲンやMRIを撮りましたが特に異常はありませんでした。

仕事ができる状態ではないので退職しました。

MY損保会社には一方的に保険を打ちきられました。

回りまわって、再び当院を受診されました。

左胸鎖乳突筋、斜角筋、上部僧帽筋に強い緊張と圧痛がありました。MPSです。

無茶な損保だと思いませんか。母子家庭で職をなくしてしまって。保障されない。

被害者が弱そうな人だと強引にやられるような気もします。

こわもてにはこのようなことにはならないのでは・・・。

医師もむち打ちに対して知識がなく対応ができないのが実情です。

行政は損保会社を指導していただきたい。

b0052170_18193078.jpg

b0052170_18202859.jpg

b0052170_18203161.jpg


次の写真は1カ月前に追突されて、ふらつき、頭痛、視野が暗いなどの症状で遠方から来られている人です。

左の胸鎖乳突筋が腫れているのが分かりますね。

b0052170_18431773.jpg

b0052170_18433662.jpg


損保はレントゲンやMRIの所見や神経症状(神経麻痺症状)のことばかりをいいます。もとより関係ないことを気にしているのです。

MPSを知らない医師たち、損保によって不幸な被害者たち。

行政の指導を!!!


[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-21 18:33 | 交通事故診療 | Comments(1)
2012年 09月 20日

慢性痛は社会問題、医師からの改革は無理かも

掲示板より

一般に個々の病名を付ければ、坐骨神経痛やヘルニア、むち打ちやねんざと付けるのでしょう。でも、筋筋膜性疼痛症候群とは、認めないようです。

ほとんどの生命保険も同じで、項目すらありませんから加入審査は通るようです。

だが、保険支払いとなると後遺症として受け入れません。

誤った診断が健康保険料や保険会社と国の癒着によって、患者の慢性化の原因をつくっているような気がします。社会問題でしょうね。

特に交通事故での労働災害は、民間保険会の言いなり。

加茂先生の主張の通り、早く痛みから解放させることに重点を置くべきで、率先して見直すべきでしょう。

もちろん、生活保護の絡みだってあるでしょう。つまり、社会保障も患者としてみれば、ストレスの塊みたいなもので、日本の自殺の根源でもあるでしょう。


私たちは損傷モデル(老化変性した椎間板、軟骨、半月板、腱板などは痛みの原因になる。神経が圧迫されると痛みやしびれが生じる)で痛みを勉強してきました。

この考え方は間違っていることがあきらかになってきました。

生理学的にも説明できないのです。

統計学的にもこのような変化は健常人でもよくみられる変化です。

臨床経過も矛盾に満ちています。

これに代って登場したのが「生物・心理・社会的医学モデル」です。

多くの専門医、第一人者と言われる医師は「損傷モデル」で教育を受け、それを信じて教育、臨床を行ってきました。

「損傷モデル」を否定することは自分の業績を否定することになりかねません。おそらくできないでしょう。

しかし、慢性痛に悩んでいる成人は5人に1人ぐらいいると言われています。

社会保険も労災も交通事故もみな「損傷モデル」がベースになっています。

顧問の医師は「損傷モデル」の信者なのですから。

レントゲンやMRIで異常があればそのせいにされ、異常がなければ、あるいは、医師が期待する痛みでなければ「心因性」という診断になります。

患者の方から、このような非科学的な診断にNOを突きつけましょう。

社会問題にすべきです。


[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-20 14:58 | 慢性痛 | Comments(3)
2012年 09月 19日

周囲の無理解に対して説得するのはたいへんだ

Aさん・・・・・手術しないのは怖い、という私情と怠惰なのでは…?と上司から言われました。

Bさん・・・・・宗教のような思い込みをしていると思っています。 (当院を受診することが)

Aさんは病院勤務です。

Bさんはヘルニアかもしれないと診断を受けていました。Bさんは2日間当院に来院されました。

私の診断はうつ状態に伴う腰部の筋痛症です。家に帰ったら心療内科を受診されたらいいと思います。

私は科学的に説明しています。

ヘルニアが原因というのが宗教的なのです。

有名な生理学者Patrick Wallは次のようにいっています。

神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。


先日のビデオでヘルニアの実態が理解されたでしょ。

未だにヘルニアが痛みやしびれの原因だと信じている人がいます。

無駄な検査を受けてかえって治り難くするのはやめましょう。

私は10年以上前からネットで主張しています。

その後

Bさん・・・・・>うつの話を主人にしましたが、やはり受け入れてもらえず、甘えてるだけだと言われてしまいました。一番理解してほしい人にわかってもらえないのは、すごく辛いですね。でも今までひとりで悩んでたことを、先生に気づいてもらえただけでも楽になりました。

うつはみかけよりうんと辛いものです。甘えているのではありません。がんばって来た結果なのです。休養が必要です。



[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-19 18:10 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2012年 09月 18日

5人の方が自ら命を絶たれました

過去10年間に私の患者さんだった方、5人が自ら命を絶たれました。

風のうわさで聞いたのもふくまれます。

自殺の原因はもちろん分かりませんが痛みがなければこういうことにはならなかったのではないかと推測します。

「痛みは死より怖い」といわれています。

痛みに対して社会保障がほとんどない。

医療も痛みに対してうまく対応できない。この中には椎間板ヘルニアで2度手術した方もいます。

経済的に大変窮地になります。

どこへいってもレントゲン、MRIをとり的外れな説明がおこなわれます。

代替医療も決して安くはありません。

マスコミや国会議員を通じて、この問題を広めてほしいものです。

損傷モデルは失敗だったのです。新しい疼痛モデル「生物・心理・社会的医学モデル」で早期に痛みの治療を!




[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-18 18:29 | 慢性痛 | Comments(4)
2012年 09月 17日

Failed Back Surgery Syndrome

Failed Back Surgery Syndrome とは

Failed・・・・・失敗した

Back Surgery・・・・・脊椎手術

診たてや技術に問題があったということではなさそうだ。

手術という外傷に対するCRPSだと思う。

これを防ぐのに全麻のときでさえ切開部に局所麻酔をうつ。手術の痛みの電気信号が脳に行かなくするためだ。(先取り鎮痛)

FBSSはその程度はいろいろだが」切開が大きい場合は多くのケースで皮膚や筋肉が攣っていて苦痛の原因となっている。

Aさん(30代)は後ろに置いた鞄を持ち上げようとしたとき、ギクッと音がして立てなくなった。

このとき、ヘルニアが生じたのか以前からあったのか・・・・どちらでもいいが

ヘルニアの手術をしてその結果、現在は痛みのため車いすを使用している。

鞄を持ちあげなければよかった。

手術をしなければよかった。

悔やまれるがどうにもならない。

必用な手術ならあきらめもつくが・・・・・

たかがぎっくり腰で・・・・

受傷時にヘルニアが生じたとしても、ヘルニアがワルサをしているのではない。ヘルニアは放置でよい。

筋肉が激しく攣っているのだから、そこに向かって局麻をうてばいいのだ。

どれだけ長引いたとしても1カ月もあれば治癒しただろう。

むだな手術はしてはいけない。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_41.htm

腰椎術後の5%~50%にFBSSが発生する。Rishらは文献上15,000人の椎間板手術患者の成績を分析して20%に症状の持続を認めている。米国では年間37,500名のFBSS患者が新たに生まれている。






[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-17 00:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2012年 09月 16日

整形の医師よしっかりして!

掲示板より

昨日、加茂先生にTPB注射をしてもらってきました。毎朝の腰のこわばり、腰痛、しびれで長年悩み、辛い毎日を送ってたのですが、今日は腰が全く痛みません。

手足の痺れが半分ほどになりました。来月も行きたいと思っています。椎間板がつぶれていると整形外科でリハビリを続けてきた時間が無駄だったなと思いました。

痛みで精神的にもずいぶん落ち込み、憂鬱な日々を送ってましたから、これからも続けて通いますね。よろしくお願いします。



今すぐに、どなたか思いだせませんが、よかったですね。

筋骨格系の痛みに対して、従来の損傷モデルは失敗だったのです。

損傷モデルとは「椎間板、半月板、軟骨、腱板などが老化変性しているために痛い、神経が圧迫されているために痛いという従来の考え方」

最近はそれに代わって「生物・心理・社会的モデル」が言われています。

これは簡単にいうと、いろいろな状況によって痛みが変化しますね。それは脳が大きく関係しているということなんです。

筋肉と脳との情報のアップロード、ダウンロードです。

慢性化するのは中枢性感作(脳の痛覚過敏)が生じるからです。この状態を慢性痛といいます。

いかにそこから脱出するか、いかにリセットするかということです。

急性痛のときは比較的簡単に脱出できます。

悪性腫瘍、感染症、リウマチ及び類似の炎症性疾患は鑑別します。

骨折などの大きな損傷がある場合は、構造の治療と痛みの治療は別問題として対処する。痛みの治療は当初より積極的に行われるべきだ。そうでないと、骨折は治ったが痛みが続くということがある。

医師は未だに損傷モデルで診察を行っている傾向がつよいのです。

「椎間板が傷んでいる」「ヘルニアがある」「軟骨が傷んでいる」

これらは痛みの原因ではなく、どちらかというと、結果なんですね。

そのため、「特に異常なし」といわれて放置されることもあります。

昨日の終業ちかくに同じような患者さんをふたりみました。

ふたりとも若い女性で頚痛、頭痛、両腕のしびれ、ドライアイなどなどがありました。

ふたりとも頸椎ヘルニアと診断されていましたが・・・・

一人は過去にうつ状態の経験あり、一人はパニック障害の経験あり

長時間にわたっての前屈みの労働

不安やうつ状態における慢性的な筋痛症というのが私の診断です。

画像診断は悪性腫瘍、感染症、リウマチ及び類似の炎症性疾患、骨折の鑑別にあります。

医師は信じてきた損傷モデルからなかなか脱出できないかもしれません。

患者さんのほうから変わっていってください。


[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-16 09:26 | うつ・不安・ストレス | Comments(4)
2012年 09月 14日

痛み・しびれの原因

脊柱管狭窄、椎間孔狭窄、椎間板ヘルニア、外側ヘルニア・・・・なんでもいいですが神経を圧迫して痛みやしびれが生じるというのは間違っています。

ヘルニアの高位とデルマトームがあうとヘルニアが原因、あわないと原因不明というのが一般的な医師の診断です。

これは診断のアルゴリズムがおかしいと思いませんか。

そもそもなにが原因で痛み・しびれがでるのか診断できないといけません。

偶然にヘルニア高位とデルマトームがあえば、それが原因だというのはおかしな話です。

高位が一致しない場合は無症状のヘルニア、無症状の狭窄症ということで、なぜ痛いかについてしゃべることができない。

手術をする医師は痛みやしびれに精通しているものと思っているでしょう。ところが全く知らないのです。だからデルマトームに一致しない場合は分からないということになります。一致したようにみえても正しくはないのですが。

そのほかに、神経根ブロックがあります。神経根ブロックが効いたらそこが原因、効かなかったら、分からない(心因性)なんていうのもへんな話ですね。

なぜこんなことになったのか。

それは痛みを勉強しないで脊椎を勉強したからです。そして正常でないものが痛みの原因だと思ってしまったのです。そして手術をするのはとても危険です。

それにしてもこのデルマトームに完全に一致することはないです。

b0052170_015346.jpg


病態生理に関する事実無根の概念を患者に押しつけ、治療に携わる医師の私的見解を患者に披露する複雑な治療行為の1要素である。患者はこれらの診断によって永遠に変えられるが、良いほうに変えられることはあまりにも少ないと博士は主張した。(FILE166)


この割合は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。・・以前この手術(ヘルニア手術)を熱烈に支持していたマイアミ大学は、今ではこの手術をやめて、厳密なリハビリテーションのプログラムを採用している。(FILE417)
  
いまだに腰痛の解剖学的発生部位を探している研究者もいますが、そのような研究はおそらく役に立たないだろうという意見が大半です。(FILE89)

[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-14 00:10 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(9)