<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 27日

腰の手術をするなと友人の言ったことは正しかった。

後悔先に立たずです。

脊柱管狭窄症とヘルニアと診断され手術した方が書いたものを抜き書きします。

私の診察室にも手術をしたが痛みの続いているひとはいっぱい来られます。

どこの代替治療家のところも同じようなことではないでしょうか。

理論的な説明が不可能なのです。はっきり言って、そんなむちゃな診断はないのです。

それが保険診療で行われているのですから、厚労省も考えなくては。

b0052170_18231024.jpg


上の図でAを病名にすれば、受傷の様子だから、打撲とか捻挫。

Bを病名にすれば、ヘルニアだとか骨折。とくになにもなかったら、「異常なし」。

Cを病名にすれば、筋筋膜性疼痛症候群、線維筋痛症、自律神経失調症など。

Bを治療すればCが治るということはない。

Cを治療すればBが治るということもない。

Bは治療の必用がないことが多い。

Cをしっかり治療しないとたいへん辛い人生になることがある。

しかし、殆どの医師はBばかり検査して、それがあたかもCの原因であるかのような診断をする。それが間違いのもと。Bになにもなかったら、「心因性」という診断になることもある。

知り合い10人ほどに相談したが、全員が手術はするなとのことだった。

しかし、ほかの治療が思いつかず、結局、手術をした。これが大きな失敗だった。

2回目の手術を受けた。しかし、これが禍し、・・・・

執刀医に食い下がったが、手術は成功しているとの回答のみ。

助手は少しやり残したところがあると言った。

神経内科にまわされ、あらゆる種類の薬を試したが効果はなかった。

ペインクリニックで硬膜外を受けたが効果なし。

精神科で相談したが、うつ手なし。

腰の手術をするなと友人の言ったことは正しかった。


私は腰の手術をしてたいへん苦しんでいる人を何人も知っている。痛みのメカニズム理論から考えても痛みの手術はあり得ない。

もし、効果があったとしても、プラセボ効果で、しばらくするとまた痛むことが多いのではないか。

いつまでもこんなことをやっていてはいけない。

私が入局したころ、教授がおっしゃった。「どんなことがあってもその患者を最後まで面倒をみる覚悟がなければメスを持ってはいけない。」

患者の人生がかかっているのだ。


[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-27 18:47 | MPS | Comments(5)
2013年 02月 26日

ブロック注射

ブロック注射の意味についてよく質問がありますので、マイクロフォンとスピーカーに例えて説明します。

神経根はいくつかの神経線維が束になってケーブルになっています。

神経根ブロック・・・・あみだくじ

硬膜外ブロックは神経根部に広く局麻をばらまく・・・・・カスミ網

トリガーポイントブロック・・・・・・しらみつぶし

いずれのブロックも電気信号を止めようとしているのです。

神経根、硬膜外は血腫ができて緊急手術が必用なことが極めてまれですがあります。感染の可能性もまれですがあり得ます。


わざわざ危険を冒して体の中の方でブロックする意味は少ないです。


b0052170_1821988.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-26 18:24 | Comments(0)
2013年 02月 26日

先取り鎮痛

手術も外傷です。

全身麻酔で行っても皮膚切開などの侵害刺激は脊髄に伝わり脊髄反射を起こします。それが術後慢性痛になったり、ときには痛みが全身にわたり線維筋痛症といわれる状態になることがあります。

それを防ぐために切開する部分に全麻のときにでも局所麻酔をします。このことを「先取り鎮痛」といいます。

b0052170_0284363.jpg


この図で「一過性の大きな侵害刺激」のところに「手術」をいれれば理解できます。

手術だけでなく乱暴な整体なんかも危険です。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-26 00:31 | 痛みの生理学 | Comments(6)
2013年 02月 24日

痛みが広がる、いつまでも続く

b0052170_1631738.jpg


侵害刺激が入力されると脊髄反射が起き筋肉が緊張します。

交感神経も緊張します。

それがまた次の痛みを作ります。

脊髄の最初の入力点Aの近傍のB点、C点にも影響を及びます。これがあたかもデルマトームに沿って広がっていくように見えるわけです。

b0052170_16364250.jpg


デルマトームを超えて広範囲に痛みが広がることがあります。

構造破綻は痛みの原因ではなくて、結果です。(もちろん生来のこともあり)

結果である構造を治したところで痛みが治まるという方程式はありません。

構造の治療と痛みの治療は別問題です。

b0052170_16524170.jpg


筋肉はこの写真の魚のようにキトキト(富山弁)になってきます。

神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じるとは間違いです。

b0052170_1655340.jpg
b0052170_16555866.jpg


早期に痛みの入力を遮断しなさい。

慢性痛は、痛みの悪循環が続き、中枢性・末梢性感作が起きた状態です。

筋肉に対する治療、認知行動療法、薬物療法などが必用なことがあります。


[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-24 16:57 | MPS | Comments(2)
2013年 02月 20日

わかさ2013年4月号

耳鳴りと筋筋膜性疼痛症候群の関係について、私の記事がでています。

b0052170_2353281.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-20 23:06 | MPS | Comments(0)
2013年 02月 19日

整形外科医は痛みの診断ができない

これは学んだ学問に問題があるのです。

学問そのものが失敗だったのです。

痛みの原因が構造上の欠点にあるという考え方が間違っています。

痛みは構造の欠点を知らせるサインではありません。

ただし、極端な左右差などはMPSを永続させる要因になることはあります。

50歳代、女性、数か月前より、膝痛。赤ちゃんの世話が原因かとのこと。

ある病院で検査したところ、軟骨の状態が非常に悪く、人工関節の手術が必用、との診断でした。しかし、それもこわいので・・・

近くのクリニックでヒアルロン酸の注入などの治療を受けているが一向によくならない。

ある人に当院を受診してみなさいとアドバイスをうける。

私が「これは手術をしたほうがいい」といったら手術を覚悟だったそうです。

内側広筋に強い圧痛が数か所ありました。この筋肉のMPSです。

たぶん、赤ちゃんをだっこして、立ち座りしたのが原因でしょう。

その部分に局所麻酔を注射しました。

飲み薬はだしませんでした。

1週間後、著明に改善していました。

雑誌「健康」の3月号に私の書いた記事がでています。また、体験談が載っています。

それを読むようにとつたえましたが、「まさにその体験談とそっくり」とのことでした。

軟骨が悪いから痛むとは「そらごと」です。

世に語り伝ふること まことはあいなきにや 多くや皆虚(そら)事なり


軟骨には血管や神経はありません。

つまり、爪や髪の毛とかわりがないのです。

手術をしたためにかえって悪化した人を何人もみたことがあります。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-19 01:26 | MPS | Comments(9)
2013年 02月 18日

脊柱管狭窄症の新聞チラシ

ある地方に次のような新聞チラシが配布されました。

その内容は医学的に根拠がありません。

中高年になると、お尻やフクラハギの筋肉が、長年の生活でくたびれてきます。そして攣りはじめます。それが痛みやしびれの原因です。脊柱管と関係はありません。

早期に治療すれば治りやすいですが慢性化すると相当かかることが多いです。

凝っている(攣っている)筋肉に対して治療しなさい。

脊柱管狭窄症の手術をしたがよくならないという患者さんがとても多いですよ。

b0052170_18325846.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-18 18:33 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2013年 02月 17日

月経が再開した

「痛み学」NOTE 59. 炎症・腫脹にみる合目的活動のダイナミクス③

ポリモーダル受容器は、痛覚系を過剰に興奮させる役割を担うところであり、また修復・鎮痛のポイントでもある。


最近、慢性痛の女性(30代、40代)2人にTPBをしたら、長年の無月経が改善したとのことでした。

どういうメカニズムが働くのか詳細は不明ですが、凍りついていた何かが解けたのです。

本来の鎮痛目的も手ごたえあり。

鍼でも整体でも同じ効果は期待できますね。


b0052170_10105972.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-17 10:13 | MPS | Comments(0)
2013年 02月 09日

手術をしてすぐに治ることがあるでしょ。

ネットでヘルニアや脊柱管狭窄症の手術の経過をみていると、翌日から痛みがなく歩けたというのがしばしばみられます。

私は手術の儀式的効果(プラセボ効果)だと思います。

麻酔の効果もあるかもしれません。

これは手術にかぎることではありません。

Aさん(70歳代)は一昨年の秋より、左臀部~下肢にかけて痛みがあり、家の中では這って生活していました。メールをいただきました。

B市から「しらさぎ」で小松市に着き 4日間入院して治療を受けました。

初日注射を打ったあと、体が軽くなってましたが痛みは取れません。

腰も左下肢も痛いまま入院4日がたちました。 が,お願いしてデパスを服用した夜 体の硬直が少しとれ 脳が偽情報も発信していると思いました。

入院を終え帰宅の日は雪舞いでした。おととしは13時間の登山をしていた私。歩ける足を失ってますが、登山用のリュックを背負い 雪の道を小松駅まで休まず歩きました。

「前へ!」と叫びながら…間欠跛行で5㍍歩くとうずくまっていた私は、痛みなく駅まで歩けたのです!

歩ける距離の長さを回復のバロメーターにしています。自信を持って治療をされている加茂先生に、歩けた私の足が治療効果を証明し、嬉しくて「歩けた」と叫んでました。

また治療に伺いたいと思います。有難うございました。


私の治療がよかったというよりか、Aさんは私のところに来て治療したという儀式的効果がでて、リセットされたのです。

信じて治療を受けることはとても大切なことです。治療する方はどういうことがおきているかを科学的に説明して、保障することです。

手術ですぐによくなることがある理由はおわかりになりましたね。

ただし、また痛くなるとまた手術・・・・。ということも少なくないようです。もちろん儀式的効果が発揮されないこともあります。

慢性痛の場合、脳のリセットは個人差があります。(いいとか悪いとかということではありません)

なかなかうまくいかないこともあります。


[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-09 16:23 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2013年 02月 08日

そらごと



この動画のはじめの方・・・・・

…それは,専門家の皆様方の中には少なくともその一部…少なくともその一部でございますが,もちろん全てではございませんが,極めて重大な虚言(そらごと)が含まれていることがあると,いうことであります。

多くの先生方,国民の皆様方,そんなバカなと、いうふうにお感じかもしれませんしかし、世の中、嘘話が罷り通るという事は何も珍しいことではございません。

例えば,資料の2ページ目をご覧ください.今から700年も前、鎌倉時代の吉田兼好の徒然草の一節でございます。

世に語り伝ふること まことはあいなきにや 多くや皆虚(そら)事なり


…これはつまり、世間で言われていることはほとんど嘘話だと、いう事でございます。でさらに、

いひたきままに語りなして 筆にも書きとどめぬれば やがてまた定まりぬ


つまり学会やテレビ等で好き勝手なことを言って、そのうち筆にも書きとどめぬれば、即ち教科書とかペーパーになってしまえば、どんな嘘話でも正しい物とされ、あげくに政策や法律にまで定まってしまうという、恐ろしいお話でございます。

えーこれは今より日本人がずっとずっと立派であったであろう、大昔の話でございますから、今はそうであっても何も不思議ではないと、いう事はご理解頂けるかと思います。


筋骨格系の痛みについてもまさに上記のようなことがいえますね。

昨年暮れに腰痛に対してストレスが大いに関係していて、レントゲンは必ずしも必用でないという発表がありました。

今まで、すべり症、椎間板症、分離症といっていた診断は無意味なのです。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症もまさに「そらごと」ではないでしょうか。

神経を圧迫すると痛みが生じるというような生理学はありません。

疫学調査でも健常人の中にヘルニアや脊柱管狭窄がしばしばみられる。

手術をしてもよくならないことが多い。手術をしなくても治ることがある。

大病院の学者先生を受診する患者は慢性痛のことが多いとおもわれる。

痛みが出ると、まず、私のような診療所か整骨院を受診することが多いのではないか。

急性痛の場合、「どうして痛くなったのか?」という質問は必ずする。

ところが、痛みの悪循環がおこり、慢性痛となって学者先生を受診する。

そこでは「どうして痛くなったのか?」はもう忘れてしまっている。そのような質問もされないのではないか。

だから学者先生は分からないのではないだろうか。

たいていは痛くなったエピソードがあるんです。侵害刺激は何なのかが重要なんです。

あれはどう見ても筋痛ですよ。神経なんて関係ないですよ。

その大病院の学者先生がガイドラインを作っているのです。

そして開業医は学者先生のいうことを信じて診療しているのです。

そして、慢性痛の患者さんが増えるのです。



[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-08 20:22 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)