<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

ほとんどの痛みやしびれはMPSなのですが医師にはその概念がないため、診断ができません

ほとんどの痛みやしびれはMPS(筋筋膜性疼痛症候群)なのですが、医師にはその概念がないため、診断、治療ができません。その象徴的な投書がありました。

これは医学教育に問題があるのです。

このケース、もし、MRIで脊柱管狭窄やヘルニアがあったら、そのせいだと診断され、手術をするかもしれません。

そしてほとんどは治りません。

治るのはプラシーボ効果(下行性疼痛抑制系の賦活)なんでしょう。

私なら、このケースは初診時に臀部と下腿外側に局麻をうちます。おそらく1回~数回で治るでしょう。

慢性化(末梢性感作、中枢性感作)すると、治療が困難になります。


掲示板より

はじめまして、ネットをさまよっているうちに加茂先生のブログを見つけました。

東京居住の54歳男性です。 一昨年の9月より坐骨神経痛(と思われる痛み)を患っています。

発症後の経過を示します。

2011年9月中旬頃から、散歩中(歩き始めて10分後ぐらい)に右の尻、右足脛外側が痛くなることがあり、最寄りのA整形外科を受診。

A整形外科では「坐骨神経痛」だろうということで、B市民病院を紹介される。B市民病院でMRIを受診したが、「症状的には脊柱管狭窄症だがMRI画像では狭窄が認められない」とのことで、投薬で様子見となる。その後、A整形外科にて、投薬(最初はリリカ、その後現在まではトラムセット)とリハビリ(運動マッサージ、牽引、電気治療)を行う。およそ1年間続けたが、症状は改善せず。

今年になり、ネットでの評判がよいCクリニックを受診。ここでもMRI撮影を行うが、原因はわからず。Cクリニックから同系列のD病院の脊椎脊髄末梢神経外科を紹介され、再びMRI撮影(高精度MRI)するが原因は分からないとのこと。

5月よりD病院でのペインクリニック内科で治療中。ペインクリニックでは、3回(週1のペース)で仙骨部硬膜外ブロックを行うが、あまり効果なし。

7月より隔週で腰部硬膜外ブロックを行っているが、当日のみ痛みは消えるが、その後はどちらかというと、悪化しているような気がします。現在は座っていても痛みが出る場合もあります。主に痛む場所は、右の臀部、右足外側のひざ下から足首までです。5分以上経っていたり、100mほど歩くと痛みます。なお、薬は、トラムセット(食後)、リリカ(就寝前)を服用しています。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-07-30 17:05 | 慢性痛 | Comments(0)
2013年 07月 25日

医師は下肢痛に弱い

掲示板より

加茂先生初めまして、痛みがとれないので色々探していたら、こちらにたどり着きました。いくつか質問したので宜しくお願いします。

40歳男です。

右足の膝から足首の痛みに悩まされております。1年ぐらい前から鈍痛を少し感じるぐらいでしたが1ヶ月前から耐えられない痛みぐらいになりました。

10分ぐらい歩くともう痛くて足をかばって歩きます。最近では右足全体に痛みを感じるようになりました。腰はまったく痛くありません。

その状態で2箇所ほど病院にかかりましたが1箇所目は腰のレントゲンで軽いヘルニアだと言われて1日おきに腰の牽引と右足に電気治療後は静脈注射1本でリハビリに1週間通いましたが痛みがだんだん酷くなったので違う病院に行く事にしました。

そこで処方された薬は、ノイロトロピン錠、メコバマイド錠リリカカプセル、ボルタレンローションです。

2箇所目病院では足のレントゲンを撮って疲労骨折ではないと診断されました。やっぱり軽いヘルニアじゃないかと診断されました。

処方された薬は、レトラック錠、ゼフロプト錠1週間、改善されなかったので、右足の膝の右側あたりにブロック注射?麻酔?を打っていただいたんですがあんまり痛みがとれませんでした。

現在仕事にも支障をきたしております。一度先生のご意見をお聞きしたくて掲示板で質問されていただきました、宜しくお願いします。


指の伸筋や腓骨筋のMPSでした。

一回のトリガーポイントブロックで著明改善しました。

b0052170_15431180.jpg


60歳、女性

8年前より、両側の下腿外側から足首にかけて痛く、歩行が困難。もちろん多くの病院を受診したが。

雑誌でトリガーポイントのことを知り、雑誌に出ていた数軒の病院を受診したがいずれも・・・

「トリガーポイント注射はそんなところにはできない。」

といわれた。それで当院を受診。

3~4回の治療で著明改善した。

「トリガーポイント注射をしますよ」という病院でもその知識の程度はわかりません。

何も検査はいりません。

簡単な治療でよくなります。

医師には筋痛症という概念が全くないのです。

だから診断したり、治療したりができないのです。




[PR]

by junk_2004jp | 2013-07-25 15:55 | MPS | Comments(0)
2013年 07月 20日

シンポジウムのスライド

14日ペインクリニック学会に続いて行われたシンポジウムで、MPSを紹介しました。
b0052170_015949.jpg

b0052170_0153016.jpg

b0052170_0154449.jpg

b0052170_016120.jpg

b0052170_0161461.jpg

b0052170_0162921.jpg

b0052170_016484.jpg



②従来はいわゆる“損傷モデル”で痛みを説明していましたが、痛みの生理学の発展、検査機器の発展により、それでは矛盾が多く、最近では否定されるようになってきました。それに代わるのが“生物・心理・社会的医学モデル”です。

③ 腰痛の85%は原因がよくわからない非特異的腰痛で、10%が椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症による腰痛、5%が悪性腫瘍、感染症、リウマチ、骨折、内臓疾患による腰痛、と最近、雑誌やTVで、しばしば言われています。
これに反して 、私は95%は筋筋膜性腰痛だと考えています。つまり、10%の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症も特別扱いをしないわけです。

④痛みのはじまりは侵害刺激Aです。ポリモーダル侵害受容器を介して脳に伝わります。
一方、Aは構造破綻Bを招くこともあります。
Cは痛みの悪循環を表します。痛みが入力されると、反射的に筋肉が緊張します。筋肉の短縮の結果、Bが生じることも考えられます。
ABCはこのような関係にあります。Bはいずれにしても痛みの原因ではありませんが、あたかも痛みの原因のように説明されてきました。
Bになにもなかったら、「異常ありません」「心因性」などといって、痛みの治療がされないことがあります。
痛みの治療と構造の治療は別問題なのです。

⑤痛みはexperienceと定義されています。他人のexperienceの診断は他の疾患と比べて特殊です。
除外診断は画像や血液検査で悪性腫瘍、感染症、骨折、リウマチおよび、その周辺の炎症性疾患の除外です。
除外後の病態は筋筋膜性疼痛症候群MPSです。
次に、積極的診断です。どのような環境、状態で痛みが強くなったり弱くなったりするかをみます。
治療的診断では、どのような治療に反応するかをみます。慢性痛か急性痛か判断されます。
骨折、脊髄症、リウマチ、骨粗鬆症に合併したMPSがあることは当然のことで、治療はそれぞれの疾患とMPSに対して行われるべきです。

⑥ところが、本邦では、痛みの発生源として筋筋膜がほとんど想定されてなく、またその教育もなされていません。
結果的に、不必要な、あるいは有害な手術、過剰な内服薬投与が数多く行われているものと思われます。

⑦TP注射は、1994 年に硬膜外ブロック保険点数を削減する目的で導入されたもので
MPS における TP の治療と無関係に認可されたものです。
そのため、施行した回数及び部位にかかわらず、1日に1回しか算定できません。
見直していただきたいところです。

⑧筋筋膜性疼痛症候群の歴史について少し述べます。
ケネディー大統領の主治医として有名なJanet Travell,MDと、David G. Simons, MDによって Myofascial Pain and Dysfunction The Trigger Point Manualという題の膨大な原著が1983年に完成しました。

⑨ その内容についてごく簡単に述べます。図は小殿筋のTPと関連痛です。
坐骨神経痛といわれますが神経が悪いわけではありません。

⑩これは、前脛骨筋、長指伸筋、長拇指伸筋のトリガーポイントと関連痛です。拇指背屈力低下やしびれが神経麻痺症状にまちがわれることがあります。

⑪これは腸腰筋のトリガーポイントと関連痛です。腰と股関節前面の痛み、ももを挙げて歩くことが困難になります。

⑫これは斜角筋のTPと関連痛です。 頚椎症性神経根症、胸郭出口症候群などと診断されます。

⑬これは棘下筋のTPと関連痛です。五十肩のときにみられます。

⑭ これは内側広筋のTPと関連痛です。 変形性膝関節症、半月板障害など膝痛の本態です。

⑮ 胸鎖乳突筋のTPと関連痛です。むち打ちのときにみられることがあります。耳鳴り、ふらつき、頭痛、顔面痛などがおこります。

⑯筋肉が拘縮して、タウトバンド、筋硬結が生じるイメージを動画で表現しました。釘は骨です。

⑰トリガーポイント形成に関するいくつかの仮説があります。
統合仮説を紹介します。
運動神経終末より、アセチルコリンの過剰分泌とエネルギー危機を統合したものです。アセチルコリン過剰分泌、筋小包体よりCaイオン放出、筋節の拘縮、エネルギー危機で発痛物質がつくられます。

⑱関連痛のメカニズムです。

⑲筋硬結の触診法です。

⑳トリガーポイント注射の方法です。

21間欠跛行といわれている病態の実態は、上肢にたとえると、こういうことになります。
毎日、重い鞄を長時間持っている
MPS(テニス肘、五十肩)が生じる
しびれ・痛み・筋力低下・知覚鈍麻があらわれる。
休むと治る、これを間欠鞄持ちという。
下肢もこれと同じことです。下肢は重いものを持ちませんが、長い人生、重い体を支えて、立ったり座ったりしていますので
臀筋や下肢の筋肉にMPSが発症します。このように考えるのが理にかなっています。私は脊柱管は関係ないと思っています。

22神経根症といわれているもののからくりです。
たとえば、L5の神経が悪いというのは、そのように見えるだけなのです。
Aで生じた痛みの電気信号は脊髄後角から入り、脳に行くのですが、前角にあるL5の近隣の運動神経核に影響を及ぼすからなのです。 現実には神経根が悪いわけではありません。

23筋性痛は広がることが多いですが、それは、さきほどの脊髄反射による広がりのほかに筋膜の引っ張りによる広がりが考えられます。

24筋性痛は慢性化しやすいといわれています。末梢性、中枢性感作がおき慢性痛になるととても治療が困難になるものです。
早期発見早期治療がだいじです。

2510年後のペインクリニック~私ならこう考える~
生物・心理・社会的医学モデルの定着
神経根性疼痛という概念は過去のものとなる
ほとんどが筋筋膜性疼痛だという概念が主流となる。筋肉に対する治療。
病名の統一(同じメカニズムのものは同じ病名)構造病名と痛み病名 は別にあつかったほうがいい。
早期発見早期治療、プライマリ。ケア医による早期治療が慢性痛を防ぐことになる。

慢性痛に対して認知行動療法など心療内科的な方法が必用

[PR]

by junk_2004jp | 2013-07-20 00:01 | MPS | Comments(0)
2013年 07月 19日

ほとんどがMPSなんだけど、ほとんどの医師がMPSを知らないという悲劇

間質性膀胱炎の擬態をつくるMPS

ほとんどの医師はMPSを知らない。

だからヤミクモに検査をする。

なにも見つからなかったら、「悪いところはない」と痛みを説明したり治療することができない。

たまたま、ヘルニアや脊柱管狭窄が見つかればそれが原因だと説明する。

それで治ることはない。

手術をするしかないということで手術をするが、プラセボで半年ほどいいことがあるが、やはり痛くなる。

掲示板より

3年ほど前に脊柱管狭窄症と診察を受け、現在はトラムセットとデパス錠を服用しいますが、1ヶ月ほど前から座骨神経痛の症状(右側臀部の鈍い痛みと右足の痺れ)が加わりとても酷いです。

整形外科の先生は、「脊柱管狭窄症だから仕方がない」と言っていますが、脊柱管狭窄症の症状とは明らかに違います。

思いきって他の整形外科を受診しMRIを受けたところ、骨と神経は悪くくなく、脊柱管狭窄症でも腰椎椎間板ヘルニアでもないといわれました。

やはり、筋肉の硬直が原因なのでしょうか?


この患者さん、2度MRIを撮っています。

最初はヘルニアと脊柱管狭窄のため、しかたがないという説明です。

2度目のMRIではヘルニアも脊柱管狭窄もないという所見です。ではなぜ痛いのかという質問には答えられませんでした。治療もできません。

当院受診

臀筋のMPSでした。ヘルニアや脊柱管狭窄はあってもなくてもいいです。病的意義はありません。

TPBで一気によくなりました。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-07-19 20:25 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2013年 07月 11日

医師よこれ以上患者に迷惑をかけるのはやめよう

Myofascial pain syndrome often leaves doctors baffled and patients untreated

Most doctors have never heard of myofascial pain
syndrome and few know how to treat it.

ほとんどの医師はMPSについて聞いたことがないのでそれをどう治療すればいいか分からない。


ワシントン・ポストの記事です。アメリカも日本と変わらないのですね。

とにかくMPSについて知らないのです。学校で習わないのです。

だから、手当たりしだいに検査をして

「どこも悪いところはない」「治療するところがない」

たまたま見つかったヘルニアや脊柱管狭窄を痛みやしびれの原因だと説明する。

こんな患者さんであふれています。

足裏がしびれるというだけで頚椎の手術をして、よくならず、頚痛が増えただけ。

下腿がしびれるというだけで、頚椎~腰椎のレントゲン、MRI、CT、骨髄検査などを受けて、どこも異常はないといわれた人。

手がしびれる、腰が痛い、脚がしびれるという患者さんに対し、頚椎ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症という診断。患者さんはネットで調べて、うつではないかと心療内科を受診したが、うつではないと診断される。・・・あきらかにうつですよ。(仮面うつ)

最近は医師より患者さんの方がよく知っている。ネットがあるから。

医師は自分の狭い間違った考えに固執してどうにもならない。

まだ少しはあるかもしれない「医師ブランド」だけがたより。それももうじきなくなる。

痛み、しびれに関して

専門医なんて全くあてにならない。

なにも知らないから手術をする。

あとは近くの病院でリハビリを・・・・

もうだまされなさんな。なにも知らない人に手術されるのは。

知らないだけなら、まだまし。私だってこれ以外は知らないことだらけ。

間違った知識をもっていて、メスを持つのは罪。

神経は圧迫を受けて痛みやしびれが出るなんて、そんな生理学は存在しません。

肩は腱板断裂で手術、腰は脊柱管狭窄で手術をした70歳代の女性、いまでは全身の痛み(線維筋痛症)

70すぎれば誰でもき腱板断裂はあるでしょう。

脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因になることはないです。

二か所も骨にまで達する刀傷を負えば線維筋痛症になる可能性が増える。

脊柱管狭窄症で有名なある教授は、ある雑誌で腰の筋筋膜性疼痛はあっても数%と述べている。これは筋筋膜性疼痛を知らないという証拠です。

「筋筋膜性疼痛を知ってるか?」と質問した時、「知ってる」と答えても、怪しいのがわかりますね。

多くの医師は名前すら知らないのです。名前を知っていたとしても打撲や捻挫の痛みという程度の知識なんです。

ほとんどの痛みがMPSであるにもかかわらず・・・・。

なぜこのようになったのでしょうか。

MPSはMRIやレントゲン、CTなどの検査機器はいりません。

MPSは手術器械や固定器具は全くいりません。

薬剤もほとんどいりません。

だから、商業的には全く魅力がないのです。

MPSにはそれがないのです。



[PR]

by junk_2004jp | 2013-07-11 02:05 | MPS | Comments(2)
2013年 07月 03日

第2回しびれ・痛みの研究会(釧路全日空H)

6月29日、釧路にいってきました。

MPSの重要性について約1時間プレゼンしました。

b0052170_16203864.jpg

b0052170_16205945.jpg

b0052170_1628317.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-07-03 16:27 | MPS | Comments(1)
2013年 07月 02日

変形性股関節症

5年前の患者さんからメールをいただきました。

私はすっかり忘れていました。お目にかかれば思いだすでしょう。

変形性股関節症で悩んでいらっしゃる方にとって朗報ですよ。

TDL=東京ディズニーランド


変形性股関節症の痛みもMPS : 心療整形外科http://junk2004.exblog.jp/9258502

ブログで紹介していただきましたXデス~♪
思い出して下さい\(^o^)/

もう忘れてる!?・・・(-_-;) そんなぁ~(ToT)/

加茂先生にどうしても聞いてもらいたいお願いがあり
久しぶりにHPを読んでいた・・・ら・・・

ジェジェジェ~~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/~~~ジェ~~~

体調をこわされていたのですか・・・(-_-;)・・・
大勢の患者さんを相手に格闘していた勇ましい姿が目に・・・

久しぶりに診察に行った時、「儲かって、ビルでも建っているのかと思ってました。」と、言ったら
先生は、「儲からないから、数をこなすしかないよ!」と言ってました。

どうかどうか・・・日本の国宝である先生・・・お身体を大切に
m(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m

そんな先生の身体を心配していながら・・・
自分のお願いごとはしっかり!!します(^_^;)アハハハ

先生のサインが欲しいです~♪欲・し・い~~~ヽ(^。^)ノ

先生の本を購入してから、次に行った時にお願いしようと思っていたのですが、
股関節の動きも良く、病院への再訪は当分・・・ナイと感じてます。

なので、お願いデスm(__)m
本を送りますので「サイン」をして下さい。
お願いしますm(__)m

お忙しいところ、こんな用事でメールして申し訳ありません。

痛みの掲示板で、股関節の人の症例が少ないと言っていた方に
是非、私のことを紹介して下さい(^_^)v

時間はかかりましたが、あれから・・・5年・・・

筋肉のコリを毎日風呂上りに、コツコツとマッサージしただけですが
当時は杖で病院へ、TDLは車イスで行ったのですが(^_^;)
今年はTDLへは、自分の足で回ることができましたよ!!

\(^o^)/

一日、ぐったりするまで遊びました!

そんな私のことを手術だ!と言ったアホな外科医に見せてやりたいですわぁ~<`ヘ´>
でも、そんな私の体験談も変人扱いする人もいます(ToT)

信じられる人、信じられない人・・・脳の構造はどう違うのやら・・・トホホホ

[PR]

by junk_2004jp | 2013-07-02 05:58 | 慢性痛 | Comments(0)