<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

神経線維が傷ついていないのに「神経障害性疼痛」とは??

b0052170_188062.jpg


武田哲也さんが最近、TVで広告していますね。

http://toutsu.jp/cm/

神経障害性疼痛は、さまざまな原因によって、神経が異常な興奮をすることで起こる痛み。

代表的なものには、坐骨神経痛や頸椎症、帯状疱疹後神経痛、糖尿病神経障害による痛み・しびれなどがあります。

ビリビリ、ジンジン、チクチクは神経からのSOS!


___________________

一方、私が学校で習った神経障害性疼痛とは

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=93309&from=tb

神経が傷つくことで起こる難治性の神経障害性疼痛(とうつう)について、脾臓(ひぞう)内の酵素「カテプシンS」が痛みの慢性化に関与しているとの研究を、九州大歯学部の中西博教授(薬理学)らのグループが発表した。

 治療薬の開発につながる可能性があるとしており、米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」(電子版)に19日付で掲載された。

 神経障害性疼痛は衣服に軽く触れるだけでも激痛が走り、モルヒネなどの鎮痛剤も効きにくい。リンパ球の一種である「T細胞」が、慢性化の原因のひとつではないかと考えられているが、詳しいメカニズムは不明だった。


代表的なものは幻肢痛、帯状疱疹後神経痛があります。

いったいどちらが正しいのでしょうか。

武田哲也さんが間違っているように思いますが、いつのまにか、神経障害性疼痛の定義が変わったのでしょうか。

ジンジン、チクチク、ピリピリなら、線維筋痛症は神経障害性疼痛ですね。

坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症も神経障害性疼痛。

痛覚神経が圧迫を受けて過剰に興奮している?

そうではないのです。

いずれも筋肉に問題があります。

痛みの悪循環が続くと、痛みの信号が次第に強くなります。

リリカは慢性痛の薬というほうが正しいのです。

[PR]

by junk_2004jp | 2014-02-28 18:29 | 慢性痛 | Comments(3)
2014年 02月 16日

器質的疼痛vs心因性疼痛=急性痛vs慢性痛

痛みの生理学はここ10年で急速に発展を遂げたとのことだ。

私が医師になったころの知識はもはや役にたたない。

神経が圧迫を受けて痛い、しびれるというのは間違いである。

腰椎すべり症や椎間板、椎間関節、軟骨、半月板などの変性が痛みの原因というのは間違いである。

痛みはこのような疾患に付随したものではなく独立したものである。

ポリモーダル侵害受容器はこのような構造破綻や変性に反応するものではない。

b0052170_017470.jpg


この図においてB構造破綻は痛みの原因ではない。

構造破綻を治せば痛みの悪循環が止まるというものではない。

痛みの治療と構造の治療は別の問題なのだ。多くの場合、構造破綻は健常者でも見られるもので放置してもよいことが多い。

構造破綻の原因はA侵害刺激(外力)が原因のこともあれば、筋短縮による骨棘形成が原因のこともある。

ところが医師はB構造破綻が原因で痛みが起きていると勘違いをしている。

それはレントゲンやMRIで写るからではないだろうか。

そしてB構造破綻を伴っている痛みを器質的疼痛と呼んでいるようだ。

一方、Bを治したにも関わらず痛みが続いたり、Bになにも見当たらなかったり、傷が治ると思われる時期を過ぎても痛みが続く場合を昔は心因性疼痛と呼んでいたのかもしれない。

これは誤解が生じるので、器質的疼痛を急性痛、心因性疼痛を慢性痛と呼ぶようになった。



どのような痛みも慢性痛になる可能性がある。

慢性痛とは末梢性感作、中枢性感作(脊髄後角、脳)の起きた状態で、急性痛とは明らかに異なった状態で、難治なものである。現在わが国には2000万人いると推定されている。

慢性痛の特殊なものとして線維筋痛症(痛みが全身に広がったもの、200万人)やCRPS(以前は反射性交感神経性委縮症RSDといった)ものがある。

学者によってはこれらを区別する必用もないので「慢性痛症候群」と一丸めにする人もいる。

強い痛みなら数日で慢性痛になるといわれている。

私は打撲や捻挫、骨折などの場合、すぐに局所麻酔を患部に打ってやる。痛みが脳に到達するのを防ぎ将来慢性痛になるのを防ぐとともに、創の治癒にもいい影響がある。

手術も外傷なのだが、全身麻酔でするときでさえ、切開部に局所麻酔を打つことがある。これを”先取り鎮痛”という。全麻でも脳は眠っているだけで、脳、脊髄には痛み信号は入力されているので、術後慢性痛になるおそれがある。局麻を打ってそれを防ぐわけだ。

とにかく痛みの治療は早期鎮痛にかぎる。

もちろん、悪性腫瘍、感染症、リウマチ・痛風の除外は必用。

b0052170_0183830.gif


ポリモーダル侵害受容器で、痛みを伝えるC線維の先端についている。

ブラジキニン受容体、プロスタグランジン受容体、ATP受容体、ヒスタミン受容体があり、これらは内因性の発痛物質に反応する受容体である。

すべり症やヘルニア、軟骨障害などがあったとしても内因性発痛物質が遊離されることはない。

これらの内因性発痛物質は組織損傷に反応して分泌される。

痛みは広がることがある

痛みは脊髄反射で分節内に広がる。また分節を超えてひろがる。反対側にも広がることもある。

隣接する筋膜を引っ張ることによって広がる。

私は、交通事故によって慢性痛になったと思われる人を何人もみてきた。

自賠責の後遺症診断は、筋肉の損傷による慢性痛という概念がない。神経学的検査による異常があるかないかを聞いてくる。

神経学的検査とは神経麻痺のことだが、神経麻痺が起きていることはない。そうするととても低い賠償になる。

Aさんの頚、脊中、上肢の痛み、しびれ、異常感覚、冷感、汗は、背部を強打したことが引き金となったCRPSであることはあきらかだ。

Aさんの症状はCRPSではないという医師もいるかもしれないが、ではなになのかと問いたい。。







You TubeでCRPSで検索するとたくさんの動画がみられます。

[PR]

by junk_2004jp | 2014-02-16 00:14 | 交通事故診療 | Comments(0)
2014年 02月 14日

わかさ2014年4月号

b0052170_2165493.jpg


わかさ2014年4月号(2月15日発売)に私の記事がでています。

脊柱管狭窄症とはとんでもない診断であること、筋筋膜性疼痛症候群であることが書かれています。

神経が圧迫されても痛みやしびれはおきません。

慈恵の北原雅樹先生の記事も同じような内容で載せられています。

最近診察した、とんでも・な~んちゃって脊柱管狭窄症を2例紹介します。

症例1.60歳代男性

半年前のある日、激しく自転車をこいだ。数日後から、ハムストリングとふくらはぎが痛くて歩行困難となった。

2軒の病院(整形)で診てもらった。MRIを撮り、同じ診断、脊柱管狭窄症だった。治療を続けているがよくならない。

ハムストリングとヒフク筋のMPSでした。TPBですぐによくなりました。


症例2.70歳代男性

半年前より、ハムストリング、ヒフク筋に痛みあり。

メタボのため、ランニングをしている。数軒の医師で脊柱管狭窄症といわれて治療をしているが一向によくならない。手術するほどではないといわれているが。

もちろん過度のランニングによるハムとヒフク筋のMPSです。TP後は楽になった。

脊柱管狭窄が痛みの原因というのは理論的にはおかしい。

こんなことでは慢性痛患者が増えるばかりだ。

脊柱管狭窄ではないが、同じようなばかげた整形の症例をかきます。

70歳代、女性、半年前、2時間ほど、しゃがんで草むしりをした。翌日より膝が痛くなり、歩行困難となった。

某病院での検査の結果、軟骨が減っているとのことで、ヒアルロン酸の投与などを受けているがよくならない。

内側広筋のMPS(2時間草むしりによる)で、TPB後はすぐに痛みは改善した。


このように整形外科はレントゲンやMRIの画像診断をして、そこに現れる異常が痛みの原因だという間違った観念がうえ付けられている。これは専門医レベルでもそうなのだ。

これでは慢性痛の患者が増えるのも当然だ。

[PR]

by junk_2004jp | 2014-02-14 21:36 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2014年 02月 01日

ヘルニアが神経を圧迫して痛いといっているのは無知

医者によってつくられた病気、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症

どれだけ多くの人が迷惑していることでしょうか。

神経を圧迫したって痛みやしびれはおきませんよ。生理学の教科書にはそのようなことは書いてありません。

痛みの原因は侵害刺激です。転んだ、打った、重いものをもった、あるいは毎日繰り返される労働や運動です。

ヘルニアの原因も上に同じです。あるいは痛みを避けるような姿勢や筋肉の緊張なのかもしれません。

b0052170_011398.jpg


以下はFace Book に書かれたものです。

私は24年間「椎間板ヘルニア」と言われ続け、どこの医者が診ても治せず、「ヘルニア」という診断名に疑問を持ち始めました。調べている中でMPS(筋筋膜性疼痛症候群)と言う症状が、どこの医者の診察よりも、自分の体の症状と8割整合性がある感じ、加茂先生にたどり着きました。正直、他の医者の説明は整合性に疑問があるのと、治らないので半信半疑でした。

昨年の7月中旬に左足爪先がシビレを発症し、椅子にも座れない激痛が左下半身を襲い、8月のお盆前に腰の痛みはひけても、シビレと激痛が治まらず2ヶ月その状態が続きました。その後、恐る恐るも歩けるようになり、MPSではないかと思い、加茂先生に通院と入院で5週間お世話になり完治しました!

結果として、私の場合、腰痛とヘルニアは関係なく、爪先のシビレもふくらはぎの筋肉が原因と、自分の体をもって実証しました。

痛みを一番分かるのは自分。巷の整形外科医の診断名を鵜呑みしても治りませんよ。原因は「筋肉」と断言できる先生のみ治せます!

[PR]

by junk_2004jp | 2014-02-01 00:03 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)