<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 24日

腰、ひざ、肩、首の慢性痛が手術なしで治るトリガーポイントほぐし

b0052170_23192266.jpg


はじめに

この本を手にとられているのは、腰、ひざ、肩、首の慢性痛に悩まされている方だと思います。なかには、病院で手術をすすめられた方もいるのではないでしょうか。

腰痛であれば腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、ひざ痛なら変形性膝関節症、肩や首の痛みは頸椎椎間板ヘルニアや頸椎症と診断されると、手術をすすめられることが多いようです。

これらの病気は骨などの変形によって神経が圧迫されて起こるといわれています。したがって、神経の圧迫をとりのぞけば痛みは消えるという理屈です。

ところが手術をしても、痛みが消えないことが多いのです。そうしたケースを耳にして、手術をためらう人も多いのではないかと思います。大きなリスクをともなう手術をしたのに治らなかったら、なんのために手術をしたのかわかりません。

こんなことが頻繁に起こるのは、これまでの診断や治療が間違っていたからです。痛みの原因は骨などの変形によるものではありません。そのほとんどは筋肉に原因があるのです。日本ではまだよく知られていませんが、筋肉が原因で痛みを引き起こす「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)」という病気があります。

私の病院には他院で手術をすすめられたという患者さんがたくさんいらっしゃいます。そこで私が診察してみると、そのほとんどが手術の必要のないMPSでした。

MPSの多くは「トリガーポイントブロック」という治療で治すことができます。「トリガー」とは「引き金」という意味です。腰、ひざ、肩、首の慢性痛を訴える人の筋肉にはトリガーポイントが見つかります。このトリガーポイントに麻酔注射をして、緊張した筋肉をゆるめれば痛みがとれていくのです。

そのメカニズムは本書で詳しく述べていきますが、比較的軽症の痛みであれば、トリガーポイントは自分でストレッチしたり、身近にある道具を使って筒単にほぐすこともできます。この方法を「トリガーポイントほぐし」と命名しました。

トリガーポイントは誰にでも見つかります。腰、ひざ、肩、首の慢性痛に悩まされている人は、まず「トリガーポイントほぐし」を試してみて、その効果を実感してください。

--------------------------------

あとがき

慢性痛をもっている人は、日本に2000万人ぐらいいるといわれています。

痛みは、私たちの体に危害を加える外力(原因)の存在に気づき、それから逃避するためにあるものですが、痛みがさらに次の痛みをつくるという悪循環を生みます。

このうち急性痛は「痛み」と「組織損傷」が複合したものであり、痛みと組織損傷はそれぞれ別々に治療すべきです。とくに、痛みは時間がたてばたつほど悪化することがあるので、早期からの治療が必要になります。

一方、慢性痛は中枢神経が過敏になって起きているもので、痛みそのものが治療の対象となります。

そして、「神経が圧迫されると痛みやしびれが生じる」「老化した椎間板や関節軟骨は痛みの原因になる」「かたちが正常でないと痛みの原因になる」「損傷を治すと痛みも治る」—これらは生理学的な根拠がなく、単なる思い込みです。

リウマチ、痛風、悪性腫瘍、感染症などをのぞいて、からだの痛みの多くは筋痛です。この筋痛が慢性化しやすいのです。筋痛はもっともありふれたものですが、意外と知られていません。日本の医学教育では、この筋痛がすっぽりと抜け落ちています。

痛みの生理学は急速に発展しましたが、それが臨床に反映されることはなく、いまだに従来の伝統的な考えのまま治療が行われています。それも専門医のレベルにおいてさえです。無駄な検査、無駄な治療が繰り返されることは大きな損失でしょう。

「手術は完全に成功しました。なぜ痛みが続くのかわかりません」有名大学病院で脊柱管狭窄の手術をした方がこうおっしやいました。

この時点で、そもそも痛みの原因が間違っていたことに気づくべきなのです。痛みに悩む人は、私が医師になった40年前より増えているように感じます。これは、MRI、CT、内視鏡などが発達し、医師数も増えて、保険診療で簡単に検査できるようになり、ムダな治療機会を増やしていることが一因ではないでしょうか。

医師が今のような診断を変えないかぎりは、患者さん自身が勉強して対策をとるべきでしょう。

加茂整形外科医院院長 加茂淳 


[PR]

by junk_2004jp | 2014-08-24 23:16 | MPS | Comments(0)
2014年 08月 21日

リウマチと誤診されたMPS、手術が必要といわれたMPS

Aさんは10年前より左足首が痛く「リウマチ」と診断されステロイドなどの薬を続けて飲んでいます。

今年のはじめより、左の股関節やお尻が痛く、前屈み左屈に傾いています。脊柱管狭窄の手術が必要と言われています。

b0052170_2263347.jpg


Aさんの左足の親指は古いケガで変形しています。そのため、小指側体重で立つ癖がついています。

10年来のリウマチというには所見が少なすぎます。

下腿外側(腓骨筋など)のMPSでした。

同様にお尻や股関節前面のMPSでした。

いずれも一回のTPBで著名に改善しました。

MPSを知らない医師が多いので誤診されるわけです。

MPSは大学で習うことはなく、学会などでも話題にされることはほとんどありません。

筋骨格系の痛みのほとんどはMPSであるにもかかわらずですよ。

脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因になることはありません。


[PR]

by junk_2004jp | 2014-08-21 02:37 | 慢性痛 | Comments(0)
2014年 08月 19日

星野監督の手術に関する疑問

週刊誌Flashに投稿


医学の常識に抗ったサムライ・ドクター100人

定説に果敢に挑み、新理論を打ち立てた「現代のコペルニクス」

腰痛の正体は「筋肉痛」だ!


腰痛の悪化のため、楽天イーグルスの星野仙一監督が休養を余儀なくされている。

球団は、「黄色靭帯骨化症」が原因だと発表。靭帯が骨化して脊髄を圧迫するという、厚生労働省が難病に指定している病気だ。しかし、加茂整形外科医院(石川県小松市)の加茂淳医師(67)は、この診断に異を唱える。

「黄色靭帯骨化症は下肢の麻揮による歩行障害の症状を引き起こしますが、痛みの症状は出ない場合が多いんです。直接診断していないので断言はできませんが、星野監督の痛みの原因はストレス性の筋肉痛でしょう」

この「筋肉痛」という発想こそが、痛み・に対する認識を180度転換させる重要なポイントなのだ。

「これまで、腰痛など筋骨格系の痛みの原因は、神経の圧迫や、脊椎の構造異常だといわれてきました。しかし、それらは日本の脊椎外科医に蔓延する『思い込み』に過ぎないのです」

痛みは、よく患部と脳との電気信号にたとえられる。だが、神経が圧迫されて信号の流れが悪くなるなら、脳ヘの痛みの伝達も阻害されるはずだ。

また、手術でヘルニアを切っても、症状が改善しない患者が一定数いるし、健常人のペルニア持ちもいれば、痛みがあってもヘルニアがないこともある。加茂医師は20年以上前から、このような事例を多数目にし、こう結論付けた。
          
「『椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で神経が圧迫され、腰が痛む』という医師の説明は誤りである。むしろ、原因は『筋肉のけいれん』。つまり、筋肉痛なのだ」

本来、痛みは慢性的に筋肉を使いすぎたり、一過性の強い力を受けたときに生じる。だが、心理的なストレスでも筋肉が緊張し、痛みが生じることがある。信号を受けた脳が、外的な刺激がなくても。痛いと思い込んでしまうのだ。
「さらに、脳や脊髄自身が痛みで緊張し、血管の収縮を命じることがあります。その結果、患部の酸素が欠乏して発痛物質が生成され、新たな痛みを引き起こす・・・。痛みの悪循環です」

重いものを持ったり、硬いところに打ち付けたりした瞬間に生じる「急性痛」は痛みの悪循環の結果、「慢性痛」へと移行する可能性を秘めている。

「筋骨格系の痛み、とくに慢性痛は下痢や高血圧と同じ、一種のストレス反応なのです。ストレスが消化器に出れば下痢に、循環器に出れば高血圧にでる。同じように、筋骨格系に出ているにすぎない。星野監督は過去にストレス性の胃潰瘍や高血圧を患っている。だからこそ、腰痛の原因も同じくストレス性の筋痛症だといえるのです」

さらに加茂医師は、急性痛から慢性痛になってしまうのに、医者が一役買っていると警告する。

「腰痛は心配性の人ほど治りが悪い。レントゲンを撮って『黄色靭帯骨化症があります』などと、構造の異常を宣告されれば、ストレス反応を起こして、痛みによりいっそう過敏になる。

ですから、慢性痛を訴える患者には、『その訴えをよく聴き(傾聴)、共感し、受容し、患者に支持を表明し、腰痛が治ることの保証をする』という心療内科的なアプローチが欠かせない。痛みの不安要因を取り除くことが大切なのです」

加茂医師が治療にあたって重きを置くのは、硬くなった筋肉を緩めることと、痛みの電気信号が脳に走るのをブロックすることだ。

そのためおこなっているのが人体に無害な麻酔剤を、痛みを広範囲に発生させる源である「トリガーポイント(圧痛点)」に打つ注射療法。治療費も10分の1程度ですみ、治療期間も短い。

何年も腰痛に煩わされてきた患者が、数日で完治する例もあるという。

「腰痛で受診すると『筋肉を鍛えてください』などと言う医者がいます。老化した軟骨や椎間板を、筋肉を強くして補おうというのでしょう。しかし、痛みを起こしているのは『骨』ではなく『筋肉』。筋肉は鍛えるのではなく、ほぐしてやらないといけません。テニスボールや木の棒で、痛みを感じない程度にマッサージしてやると効果的です(上写真参照)」

腰痛の患者は、全国に1千万人いるという。医学会の”誤解”のために放置されてきた人々にとって、大きな転換点が訪れようとしている。



b0052170_13464642.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2014-08-19 13:30 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)