心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 24日

デルタパワー

NHKガッテン 2017・2・22

最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎


デルタパワーとは爆睡(熟睡)すると出てくる脳波デルタ波のパワーのこと。

血糖値が高いということは、いつも戦闘状態にあるということ。交感神経は緊張し、筋肉も緩まない。

眠れていると思っている人でもデルタ波がでる熟睡まではいっていないことがある。

ガッテンで紹介していた薬はベルソムラ(オレキシン受容体拮抗薬)でしょう(もちろん製品名は言わなかったが)。

ベルソムラでデルタ波がでる睡眠が取れて、なかなか下がらなかった血糖値が下がったという内容でした。

これは慢性痛にも応用できます。

「痛いから十分な睡眠がとれない、十分な睡眠がとれないから痛みが続く。」慢性痛を持つ人は睡眠が十分にとれない人が多い。

慢性痛は3ヶ月以上続く痛みのことで、中枢性の痛覚過敏状態です。痛みそのものが治療の対象です。「悪性腫瘍、感染症、リウマチ(炎症性疾患)は除く」

脊柱管狭窄、ヘルニア、軟骨や椎間板の変性が痛みの原因にされてきた古い(ガラパゴス)医学に決別してください。

もっとも、薬を使わずに爆睡できればいいのですが。薬を使ってよく眠れるようになれば痛みも取れていく。そうしたら薬をやめればいいです。

ベルソムラは新しい眠剤です。http://seseragi-mentalclinic.com/suvorexant-effect/

効果がしっかりしていること

副作用が少なく、特に耐性・依存性などがほとんどないこと

入眠障害(寝付けない)、中途覚醒(夜中に起きてしまう)の両方に効果があること

今までにない、新しい作用機序の睡眠薬であること



[PR]

by junk_2004jp | 2017-02-24 01:19 | 慢性痛 | Comments(4)
2017年 02月 18日

頚椎後縦靭帯骨化症

両手指のしびれ、動かしにくい。

頚に後縦靭帯骨化(OPLL)がみつかる。

それのせいだということで手術をする。

3ヶ月経つも改善せず。むしろ悪化。頚部痛も出現。

執刀医は半年はかかると言っているが・・

現在、OPLLの術後悪化したケースを2人診ている。(一人はかなり古く全身に痛みが出現)

OPLLの代わりに頚椎ヘルニアを当てはめてもでもいいのだが。

上肢(手指)のしびれ、痛み、こわばりの患者に対して、頚椎の神経根の圧迫による症状だと誤診する脊椎外科医がなんと多いことか。

たまたま見つかったOPLL、や頚椎ヘルニア。無症候性のOPLL,無症候性のヘルニア。

無症候性のOPLL+前腕の筋筋膜性疼痛症候群

前腕部の圧痛点、数カ所にトリガーポイント注射をすると手指のしびれ、こわばり改善した。

神経根が圧迫されて(ヘルニアやOPLLで)手指がしびれる、痛いなんてことはない。

頚椎OPLLや頚椎ヘルニアが症状を呈するとすれば、「脊髄麻痺」だ。

「無症候性であったOPLL(ヘルニア)が転倒を契機に脊髄麻痺症状が出てきた」これはあり得る。

脊髄症状(脊髄麻痺症状)があるか無いかは病的反射で判断できる。(フスクローヌス、バビンスキ、トレムナー、腱反射亢進)

手指の巧緻運動障害(ボタンがとめにくい)、痙性歩行(パタパタした歩行)などでわかる。

頚椎にOPLLやヘルニアがある人がどのような確率で脊髄症状がでてくるものだろうか。

無症候、つまり脊髄麻痺症状がないOPLLやヘルニアは手術の必要はない。

頚の手術をすれば、頚に相当大きな外傷を負ったわけで、また固定期間もあるので、頚部痛、線維筋痛症へと発展する可能性がある。

手指にしびれや痛みがある場合のほとんどは前腕筋や斜角筋のMPS(筋筋膜性疼痛症候群)だ。

パソコンなど、労働、が原因のことが多い。

MPSを知らない医師が多いが、そのような医師は神経根症と誤診する。(頚椎症性神経根症)

皇后陛下も頚椎症性神経根症と報道されていたが、MPSなんだろう。

とにかく有名大病院でさえ誤診していることが多いので気をつけることだ。



[PR]

by junk_2004jp | 2017-02-18 02:12 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2017年 02月 05日

痛みについての啓蒙、啓発

はじめまして。@の鍼灸マッサージ師、Aと申します。現在、指圧と整形外科のリハビリで勤務しており、鍼治療もやります。

加茂先生のホームページやブログを拝見して、痛みへの考え方が本当に腑に落ちます。最近は勤め先の整形外科の治療はよくない見本のように思えてなりません。

鍼治療は圧痛点を探してそこに刺す治療をしています。患者さんの話をよく聞き、よく触ることを心がけております。

以前から気になる記事がありまして、損傷すると末梢側の神経が敏感になるということです。加茂先生はどのようにお考えになるか知りたいです。

以下は「医道の日本(2014年10月号)」という鍼灸手技療法誌の記事の抜粋です。

「神経は再生しません。そのかわりに痛みの受け口が増えるなどの反応をします。ナトリウムチャネルが増える、交感神経の受容体が増える。だから痛みは交感神経と関係してきます」

「怖いのは、痛みを伝える神経と遠心性の交感神経がくっつくことです。交感神経に刺激があると痛みが出るようになります。運動神経とくっつけば動かすときに痛くなります」


痛みは悪循環をして慢性化することがあると知られています。

末梢性感作、中枢性感作がおこります。

末梢性感作はポリモーダル受容器の受容体の数が増える、皮膚表面に伸びると言われています。痛みを感じると当然交感神経は緊張します。交感神経は遠心性で延髄からでしたかね。そのへんも次第に敏感になるのでしょう。

末梢神経が切断されると発芽がおこり、他の神経と交通することがある(CRPSタイプ2)といわれています。

>最近は勤め先の整形外科の治療はよくない見本のように思えてなりません。


どこの病院もだいたいそういうもんです。保険診療自体が昔の考え方によっていますから。

多くの整形外科医はどっぷりと洗脳教育を受けてきたのです。整形外科医も勉強しているのですが、お仲間連中のことが多い。

脊椎手術で有名なある病院のリハの先生が患者さんにこっそりと私の本を紹介したということがありました。

しかし、30年以上臨床をしていて気がつかないとすれば問題です。

レントゲンやMRIとにらめっこして、患者をみない、触診しないでパソコン打つのに忙しい、これでは何年たっても成長しないね。

私は最近、超忙しくて、うまく説明したり、指導する時間がありません。

スタッフ用、患者さん用の説明用紙をつくりました。

構造の変化なら図を書いて説明できますが、電気系統の変化、心身医学ですから難しいです。

患者さんの理解に応じて説明することです。

================

[痛 みの定義] 国際疼痛学会 1986年

不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。

しかしその後研究は飛躍的に進歩し、1980年代の半ばには、痛みのしくみが詳細に解明されました。さらに最近では、先に解明された痛みとはまったく異なる発生機序で起こる痛みがあることが科学的に証明され、痛みの概念に大きな変革が起こっています。 (痛みを知る:熊澤孝朗名大名誉教授)


Ⅰ「組織損傷を伴うもの」:いわゆるケガのいたみ(3ヶ月間、急性痛、炎症性疼痛、侵害受容性疼痛)
Ⅱ「損傷があるように表現されるもの」:非損傷の痛み(慢性痛、神経障害性疼痛、心因性疼痛などいろんな言い方をされるが実態は非損傷性の痛み。損傷が治癒した後の痛み。)

[痛みの診断]

  ①除外診断:悪性腫瘍、感染症、リウマチ、痛風、偽痛風を除外
  ②上記でなければⅠかⅡか。Ⅰだとしても痛みの治療と組織損傷の治療は別問題
  ③積極的診断:痛みが影響を受ける環境、状態を検討する
  ④治療的診断:治療(薬)によって痛みはどのように変化するかを検討する

[痛みの治療のキーポイント]

傾聴・共感・受容・支持・保証
Doctor as drug (治療者が最大の薬となる。その逆も言える)


[PR]

by junk_2004jp | 2017-02-05 15:27 | Comments(5)