心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 15日

慢性痛問題

日本人は江戸時代のほうが身体能力が強かったのではないだろうか。

駕籠かき、飛脚、お伊勢参り、お遍路さんなど。

わらじでそれも舗装されていない道。

平均年齢も違う。またその時代のことはドラマとか小説、絵でしか想像できないのだが。

神経、軟骨、半月板、椎間板、脊柱管などという言葉、概念がない時代に戻ればよいのだが。

もう一つの要素は「肥満」だ。

b0052170_17245735.png

b0052170_17233420.jpg


私が医師になった40年前と比べても筋骨格系の痛みの患者さんは多いような印象がある。

その理由は、レントゲン、MRIの普及、国民皆保険による医療アクセスの容易さにあるのではないだろうか。

科学の進歩によって痛い人が増えるとは皮肉なことだ。

医師はレントゲンやMRIの所見の異常が痛みやしびれの原因だと説明してきた。

どうもこれが痛み蔓延の原因の根底にあるように思う。

決してそうではないのだ。

痛みは電気信号だ。リウマチ系、痛風系、悪性腫瘍、感染症を除けば、起電のきっかけは外力しかない。

そしてレントゲンやMRIの所見は外力による損傷が補修された結果であって、痛みの原因ではない。

b0052170_17252075.jpg

これはシオノギ製薬のサインバルタのパンフレットから。

時代は変わった。

慢性疼痛=神経障害性疼痛=神経可塑=痛みの学習、記憶

痛みの慢性化は学習されたものだったのだ。

医師はレントゲンやMRIを使って「間違った痛みの教育」をしていたのではないだろうか。

もっと素朴な方法で痛みは管理できて慢性痛は激減できる。

次は2009年のプルミエという雑誌から(私も出ている)

b0052170_17260128.jpg
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は非特異的な腰痛ではなく原因のわかっている腰痛だと説明されていたわけだが、

「じゃあ、慢性腰痛にならないようにするにか即手術して解決しなければならない。」となるわけだ。

私の方が正解だったと思う。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みの原因ではない。

特異的腰痛というのは「悪性腫瘍、感染症、リウマチ系」で画像診断はこの鑑別にある。

b0052170_17571630.jpg

丁度よいコメントがありました。

打撲して痛いのがこのようにして「変形して痛い」にすり替えられるのです。

はじめまして。
3ヶ月ほど前に転倒し両膝を強打しましたが、激痛と言うわけではなく歩行もしゃがみこみもできていたので湿布で様子見していました。

ただ、何となく違和感が取れないので1ヶ月前に整形外科に受診するとひびは入っていないが、変形性膝関節症になっていると診断されヒアルロン酸の注射を受けました。

ところが注射後ひどく痛み、リハビリも始めたのですが、受診前より痛みが増しています。

思うに、レントゲン写真で内側の軟骨が減っている事実を見て脳が意識してしまったのか、それまで感じなかった箇所に痛みを感じるようになったようです。

先生のブログを拝見して妙に納得しました。遠方で伺う事ができませんが、先生の論文などを参考に何とか治していきたいと思います。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-10-15 18:11 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 10月 12日

変形性関節症(OA)

この病名を改めるべきだと思う。

「軟骨が減って骨と骨がすれて痛い」

これ、間違いです。

ポリモーダル侵害受容器は軟骨が減って・・に反応しません。

仮関節(骨折が癒合しない状態)が痛くないのは普通ですね。

「関節が痛い」

関節って何?

骨と骨とのジョイントの部分。

関節は次のものによって構成されています。

「骨、関節軟骨、半月板、関節胞、靭帯、腱、筋肉、滑液胞」

椎間板も椎体と椎体を連結していますから関節です。

関節が痛いってどのパーツが痛いのか?

リウマチ、リウマチ周辺の自己免疫疾患、痛風、偽痛風、悪性腫瘍、感染症を除けば

筋肉が圧倒的で、ついで腱、靭帯が痛いのです。つまりMPSです。

早期に治療、病態を教え、対処の仕方を教えることによって、患者数は激減することでしょう。

病名が邪魔をして、医師にはこの観念がありません。残念なことです。

慢性化は腰などと同じで中枢性感作(中枢性の痛覚過敏)です。

下行性疼痛抑制系の機能低下、時間的加算、長期増強。

医師のレントゲンやMRIの所見の説明は患者に悪影響を与え、治癒を遷延化させているように思います。

b0052170_16025093.jpg
b0052170_16031117.jpg
b0052170_16033008.jpg
b0052170_16035478.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2017-10-12 16:04 | Comments(1)
2017年 10月 11日

大谷翔平投手昨秋に痛めた箇所で、内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受ける。



b0052170_18560702.jpg
三角骨は約10%前後の人にある。病的意義は少ない。

足には15の過剰骨がある。

捻挫のあととか使いすぎによって痛みがでることがある。

「有痛性三角骨障害」などといわれる。

大谷さんの場合は現在でも活躍しているのですから、ほとんど症状はないのでしょう。

しかし、何億の契約の世界ですから、「有痛性三角骨障害」という専門医のレッテルが邪魔をするのですね。

手術は儀式的な意味しかないものと思います。

手術は人為的なケガですから、その痛みが長引かないことを祈ります。

私が主治医でしたら、捻挫をした場合、数日間、痛みの強い点数カ所に30ゲージの針で0.5%メピバカイン(局所麻酔)を注射します。

それが痛みが長引かない、慢性痛にならない、最善の方法です。

そのことは組織損傷の治癒にもいい影響を及ぼします。



[PR]

by junk_2004jp | 2017-10-11 20:04 | MPS | Comments(0)