2017年 04月 13日

慢性の痛みは学習された痛み、記憶された痛み、可塑性の狂乱

つまり、痛みの悪循環によって脳・脊髄に痛みの電気信号が繰り返し繰り返し入力され続けると、脳・脊髄は痛みを学習して、わずかな刺激で強い痛みを感じるようになる。

この痛みを慢性痛=神経障害性疼痛、ときには心因性疼痛とか身体表現性疼痛という。

医師によって教育させられた痛みともいえる。

慢性の痛みの治療は脳を再教育して痛覚の過敏状態を正常に戻すことなのだ。

「何回ぐらいの治療が必要か?」という相談をしばしば受ける。

他人の脳の認知・反応を何回で変えられるかわかるはずもない。

年齢や軟骨、椎間板の状態には関係がないように思われる。

コメント欄の千秋さんは

「加茂先生、お世話になっております。2回通院し、股関節の痛みは劇的に少なくなりました。お尻、腰の痛みも改善方向に向かっております。」


脳がいいとか悪いとかいう問題ではない。次のようなタイプは治りにくい傾向だ。

「夜間痛がある、トイレに何度も起きる、眠れない、」

広範囲に痛みがある。

長期間、痛みがあった。

神経質、完全主義、こだわり、注意集中、

不安傾向、強いストレス、

強い思い込み。

発達障害


[PR]

# by junk_2004jp | 2017-04-13 14:35 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 04月 11日

わかさ2013年8月号

b0052170_4212685.jpg


2013年8月号のP8、P9

http://pandora-hope.sns.fc2.com/archives/member/1361/origin/2017/04/2822f2.jpg


b0052170_4155594.jpg



2013年8月号のP22、P23

http://pandora-hope.sns.fc2.com/archives/member/1361/origin/2017/04/faf7d0.jpg

b0052170_4172825.jpg

[PR]

# by junk_2004jp | 2017-04-11 04:17 | MPS | Comments(0)
2017年 04月 10日

痛みの原因が構造上の問題だという医師に診てもらっていても良くなることはない

痛みの原因が構造上の問題だ(たとえば椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、すべり症、椎間板症など)とすることは

痛みの生理学の基本である「痛みの悪循環」を説明することはできない。

構造上の問題だとすることは究極は手術をして構造異常を回復させるか補強するかしなければならないわけだが。うまくいかない。

「痛みと上手に付き合っていきなさい」「筋肉を鍛えて構造異常を補強しなさい」とアドバイスがされる。

痛みの原因が構造上の問題だとすると「慢性痛」を説明できない。慢性痛とは3ヶ月以上続く痛みのことで、痛みそのものが治療の対象と言われている。脳の痛みの認知・反応の歪みなのだ。

レントゲンやMRIの一般化により、見えなくてもよいものまで簡単に見えてしまうことが混乱の原因だ。

癌や感染症などの特殊な病気の発見に有用だったが慢性の痛みの医療には悪影響だったわけだ。

最近の医師は画像だけを見て触診た問診を疎かにしていると聞く。これでは誤診する。

癌・感染症・リウマチなど特異的疾患を除いて痛みは構造異常のせいではなく機能的(functional)な問題なのだ。

そのことをしっかりと知っている医師に診てもらうことがとても重要なことだ。治療法はそれほど問題ではない。

次はFace Bookの投稿から。

この患者さんが構造異常派医師に診てもらっていたら・・・除圧術や固定術を2度ほどやって相変わらず痛みをかかえていただろう。そういう人がとても多い。

もうこの問題は議論の余地はない。いまだに構造異常派の大学病院、中核病院がなんと多いことか!

負の可塑的変化から正の可塑的変化に成功したのだが、患者さんの努力や能力によることも大きい。

承認ありがとうございます。

今から3年前ぐらい、先生のところで一ヶ月の入院をさせて頂き、20年以上の腰痛が完治することが出来ました、Aと申します。

私の仕事は理容師で、先生の治療を受ける前は毎日恐怖の激痛で、仕事することを諦めかけてた時でした。

そんな中、勤めてたお店の方々のお客さんから、加茂先生の治療は是非受けなさいの話を聞き、藁おも掴む思いで入院治療をして頂きました。

あれから3年の月日が流れ、退院から一年後に、念願の目標だった理容室を独立開業することが出来ました。

あの時、先生の治療に出逢うことがなかったら、今も痛みと格闘の日々を強いられ、仕事は完全に断念しておりました。

今こうして地元で、元気な一経営者になれたのも、加茂先生のお蔭以外他は何もありません。

治療後、現在3年経っても腰の痛みは全くありません。

身体が毎日快適です。改めてこの場をお借りしまして、お礼の言葉に代えさせて頂きます。

加茂先生、本当にありがとうございました。


[PR]

# by junk_2004jp | 2017-04-10 02:44 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 04月 07日

TVの影響はすごい、予想以上!

今日は173人の外来患者さんをみました。

多くの方は両膝、腰、首が痛いというように多数の部位に慢性の痛みをもっています。

おそらく1日の注射回数のギネス記録でしょう(笑)。

私はどれだけ使っても手に痛みがでることはありません。

慢性の痛みに悩んでいる人がいかに多いか、実感します。

疼痛疾患の診断の仕方、治療法について本腰を入れて考える時に来ていると思います。

私のTVを見て「もう一度生きる元気が湧いた」というおばあさんがいました。

患者さんが多すぎて十分に説明できませんし、治療のあとの検査も十分ではありません。

慢性の痛みの治療は脳の認知と反応を変えることにあります。

すべての人に満足を与えることはほとんど不可能なことでしょう。

喜びのメールをいただいた時は疲れも吹っ飛びます。

二日間A県から来院し、受診したBと申します。受診後、痛みが半分程に減り、前は1時間行動するのがやっとだったのですが、今は午前中いっぱい家事をできるようになりました!こんなに痛みが軽減するなんて夢のようです!3年間疼痛で鬱になるほど苦しんできたのは何だったのか…加茂先生には感謝してもしきれません。先生の治りますよと仰られた言葉を信じて運動を頑張っていこうと思っております。一緒に受診した父の腕も力が入るようになったようで、喜んでいました。


半年前に腰痛と足のつっぱりしびれ等があり整形外科にて診察頂き脊柱管狭窄症、間欠性破行と診断されました。治療法はブロック注射痛み止投薬、ビタミン剤です。3、4分も歩行すると坐骨、(両足)太もも裏側から脹脛の痛み、しびれがあり、なかなか良くならず難儀しております。

お世話になり随分と楽になり先生、看護師さん、スタッフの皆様には大変お世話になり感謝申し上げます。




[PR]

# by junk_2004jp | 2017-04-07 21:38 | Comments(2)
2017年 04月 06日

ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因になることは決してありません

テレビ東京 「Letters〜感謝の手紙〜」より

『歩けないほどの腰の痛みから解放してくれた整形外科医へ』 
2013年4月11日(木)放送分

トイレにも行けないほどの腰の激痛に襲われた女性。椎間板ヘルニアの治療を受けても症状がおさまらず、出会ったのが加茂医師でした。

診断は、筋筋膜性疼痛症候群。痛みを発生させている筋肉に局所麻酔注射を打ち、硬直を解く治療を続けました。現在は日常生活に支障がないほど、症状が改善しました。

「加茂先生は『私は患者さんの痛みをとるお手伝いをしているだけ。治るよ。』と仰って下さり、寝る体勢を丁寧に指導して下さいました。二人三脚で治療にあたって下さり、加茂先生の力強い言葉のひとつひとつが、どれだけ励みになったか分かりません。」

[PR]

# by junk_2004jp | 2017-04-06 21:14 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2017年 03月 31日

急性期慢性痛、慢性期慢性痛



b0052170_2012366.gif

中井吉英教授(元・関西医科大)は図のように痛みを説明しています。

つまり急性痛と言えども最初から慢性痛の形をとる場合があるということ。

私のような開業医はこれがよくわかる。

かかりつけ医は患者さんの過去のパターンをよく知っているからです。

「Aさんはまた、妙な痛みが出てきて歩行が困難。」

なんらかの心理的な辛さが痛みに転換している。(転換性障害)(身体表現性障害)(心因性疼痛)

かかりつけ医でなければ、この診断にたどり着くのに時間がかかる。

これは患者さんに説明困難なことが多い。実際に痛いのだから。

Bさんは痛みが出るたびに腰の手術をしてくる(笑)。

https://vimeo.com/179557907


[PR]

# by junk_2004jp | 2017-03-31 20:26 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 03月 31日

手術は最大のプラセボ

最近も某テレビ番組で、疼痛・麻痺?により歩けない脊柱管狭窄症の患者に対して某術式によるオペを行なった結果、症状が無くなり歩行が可能になったという例が紹介されていましたが、この様な場合、実際の機序として何が起こったのか、先生からご説明戴けると助かりますm(_ _)m


私はこのTV番組を見ていませんので、番組に対して意見を述べません。一般論として意見をのべます。

麻痺なのか疼痛なのか180度ちがいます。

麻痺は神経症状です。時と場合によって症状が変化することはほとんどありません。運動麻痺は動かないこと、知覚麻痺は無感覚、痛くないのです。

痛みは「感覚的、情動的体験experience」と定義されています。神経症状ではありません。他人が体験したことの原因が画像でわかる?そんなバカな。

痛みの程度は時と場合によって変わります。間欠性跛行はそのいい例です。休んだら治るわけですから、神経症状ではありません。

脊柱管狭窄で麻痺になった症例をみたことがありません。

いったいどういう症状があれば「脊柱管狭窄症」と診断するのでしょうか。

言ってることが支離滅裂で私には到底理解できません。

http://junk2004.exblog.jp/13049330/

これを読んでみてください。言ってることが到底納得できるものではありませんね。

痛みが進んで麻痺になる?

神経根ブロックが効いたらそこが痛みの原因だ?

いずれも素人相手の話ならこの程度でもなんとかなってるのでしょうが。

診断に至った科学的根拠が全くないのです。

「ゆっくり成った狭窄症は無症状。急に成った狭窄症は症状あり」と言っている有名ドクターもいます(笑)。

b0052170_011628.jpg


これは日本臓器のサイトからです。とても信頼おけるものです。

どこにも神経圧迫のことが書かれていません。

昨日の「週刊医学のあゆみ2017・1・14」慢性の痛みー何によって生み出されているのか?

この雑誌にも神経圧迫のことがどこにも書かれていません。

不思議に思いませんか。

あれだけ「ヘルニアだ」「脊柱管狭窄症だ」と言っていた人はどこに行ったのでしょうか。

線維筋痛症の診断にもヘルニアや脊柱管狭窄のことが含まれていません。

線維筋痛症の人で上記を持っている人はよくいます。

線維筋痛症の人に「とりあえず脊柱管(ヘルニア)の手術をしなさい。」なんていう医者はいないはずです。

「ヘルニアの手術をしたら次の日には歩いて帰宅」なんてTVやYOU TUBEでみますがプラセボ効果だとしか思えません。

タイの心霊手術のピッツアマイさんが釘と髪の毛を取り出したらすぐに治ったという動画がありました。今は削除されています。

「⚪️⚪️があなたの痛みの原因です。」と強く教示しておいてそれを取り除く儀式をすればすぐによくなることがあります。

エコーで筋膜の癒着?を見せて置いてそれを取り除く儀式もこの部類です。

私の師匠は「医師は役者でなければならない。」といいました。http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_151.htm

名医と言われている人はプラセボを上手に利用しているのですね。それには役者になる必要があるのです。これはいい意味に理解してください。

近代的な大病院で名医がMRIを見てご宣託。手術という大掛かりな舞台装置。これでプラセボ効果が出ないようなら・・・。

私の2回のTV出演でもすぐによくなった人が何人もいたでしょ、膝痛ですが。脊柱管狭窄症と診断された人でもすぐによくなる人もいます。

局所麻酔の薬理効果なのかプラセボ効果なのか、その両方なのかわかりませんが。

慢性痛は「可塑性の狂乱」「学習された痛み」というのが最近の常識です。

痛みの治療でプラセボ抜きは考えられません。

しかしよくなったとしても数ヶ月、また再発。

腰椎変性疾患は椎間板ヘルニアであれ、脊柱管狭窄症であれ、変形性腰椎症であれ、再発があることを前提にして治療を考える必要があります。これは保存治療でも、手術治療でも同様です。


これはある脊椎外科医のHPからです。

何度も何度も検査を受けてプラセボ手術を受ける。

そのうち取り返しのつかない状態になる。いっぱいいますよ。

ヘルニアや狭窄症は健常人にもごく普通にみられる。

手術をしても治らない人いっぱいいる。ヤフーの相談掲示板に投稿されたものが私のHPに記載してあります。

痛みのメカニズム、慢性痛のメカニズムで説明できない。

プラセボ手術についてhttp://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_364.htm

医者の多いところに慢性痛が多い、医者の少なかった時代は慢性痛も少なかった、そんな気がしてならないんですが。(医療化)

とにかく、足腰痛、肩痛などcommon disease、簡単な検査、簡単な治療、再発に簡単に応じられなくては。

私が入局した金沢大整形外科の初代教授、高瀬先生「メスをもつなら、その患者がどうなっても一生面倒を持つ覚悟で」


[PR]

# by junk_2004jp | 2017-03-31 01:06 | Comments(0)
2017年 03月 30日

昭和に流行った痛みの医学は間違いだったわけだが

昭和に流行った痛みの医学が間違いだったことは議論の余地はありません。
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄が・・・・
軟骨が・・・・
半月板が・・・・
腱板が・・・・
椎間板がぺしゃんこ・・・・
すべり症が・・・・


それを大学病院、基幹病院、専門病院でなぜ引きずっているのでしょうか。

私のような地方の診療所と基幹病院の関係、普通に考えて逆ですね。

慢性の痛みに行き場所がなく困った患者さんがた〜〜くさん押し寄せていらっしゃいます。

ヘルニアの手術をしたがよくならない。

すべり症でボルトでとめたがかえって痛くなった。

脊柱管狭窄症の手術をしたがかえって悪くなった。

ふくらはぎが歩くといたくなるので診てもらったら脊柱管狭窄症で手術が必要といわれた。

軟骨がぼろぼろで手術が必要といわれた。

半月板の手術をしたがよくならず、反対のヒザも痛くなってきた。


なぜ痛みが生じるのか

どうして慢性化するのか(慢性化には医師の診断が大きく関わっていると思う)

なぜ痛みの部位が広がるのか

痛みの生理学の発展、fMRIなどの発展で詳しく分かっています。

週刊・医学のあゆみ2017.1.14

慢性の痛みー何によって生み出されているのか

■慢性の痛みはどのように考えられてきたのか?……小山なつ・等誠司 
神経可塑、長期増強、生物・心理・社会的モデル、痛み行動、集学的治療

■慢性痛はどのようにアプローチされているか?:脳画像法からみた慢性痛の脳内機構……半場道子 
■脊髄では何がおきているのか?──神経障害性疼痛の脊髄後角におけるメカニズム……津田誠 
■脳幹における痛みの抑制と慢性疼痛発現の機構……御領憲治・古江秀昌 
■情動・報酬系では何が起こっているのか?……南雅文 
■痛みは脳をどう変えるか?――Neuroimagingからみえてきたもの……寒重之・柴田政彦 
■慢性疼痛のメカニズムにおいて,心と体の間で何が起きているのか──心身医療の観点から……細井昌子 
■慢性の痛み医療はどのような夢をみるか……北原雅樹 


このような最新の研究者の著書をみても「脳」の話ばかりです。ヘルニアも軟骨も脊柱管もでてきません。

多くの患者さんのために早く臨床に取り入れるべきです。

簡単な治療でよくなることが多いです。

医療費削減にも貢献することでしょう。

私は2001年ごろにHPを作りましたが、最近の慢性痛ブームに我が意を得たりの心境です。


[PR]

# by junk_2004jp | 2017-03-30 14:27 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 03月 28日

「神経が圧迫を受けて痛い」「軟骨がすり減って痛い」というガラパゴス医学

「神経が圧迫を受けて痛い」「軟骨がすり減って痛い」というガラパゴス医学から早く決別しなさい。

こんなこと言ってると訴えられる時代がくるだろう。

間違った情報を患者に与え、治るチャンスをのがす。

痛みは時間との戦いという面がある。

今日は8回腰の手術をしたという人、ヘルニアの手術を5回したという人を診た。

ヘルニアの手術を2回してなおたいへん辛い中学生を診ている。現在、回復傾向にある。

ヘルニアの手術を2回して大変重い線維筋痛症の人を診ている。長い回復の道のりのスタートをきったところだ。

ある脊椎外科医のHP

この方は「神経障害性疼痛」を誤解している。ヘルニアや脊柱管狭窄によって神経が障害を受けると思っている。だから手術するタイミングが重要だと説いている。

治らないのは前医が手術を勧めなかったから時期を逸したというわけだ。これでは治らなくても自分の責任ではないという何とも都合のいいいいわけだ(笑)。

慢性の痛み-何によって生み出されているのか?
b0052170_2114274.jpg

何が慢性痛を生み出しているのか? 慢性痛は単に“長く続く”急性痛ではなく,中枢神経系の可塑的な変化を伴って成立する独立した病態である.それはどのように生み出され,患者を苦しめ続けるのか? 医学・医療はそれに対して何ができるのか?

[PR]

# by junk_2004jp | 2017-03-28 21:20 | 慢性痛 | Comments(0)
2017年 03月 26日

慢性痛の最新研究は脳科学



痛みはポリモーダル侵害受容器でおきる。
電気信号として脳に伝えられる。

「神経が圧迫されて痛い・しびれる」「軟骨、椎間板、半月板が老化変性していて痛い」という生理学はありません。

b0052170_17574328.gif

b0052170_17585457.gif


痛みは悪循環する。
反射的に筋肉が緊張する。
交感神経緊張して血管収縮。


b0052170_1844180.gif

b0052170_18174729.gif


痛みは広がることがある。
痛みの電気信号は一本の神経線維を通るだけではなく周りの神経線維にも影響をおよぼす。(空間的加算)

痛みの悪循環が続き、脳に痛みの電気信号が入力し続けると「慢性痛」になる。

慢性痛=神経障害性疼痛=中枢性感作=神経可塑性=中枢性痛覚過敏
下行性疼痛抑制系の機能低下
時間的空間的加算(wind up)
長期増強(Long-term potentiation)


b0052170_18554556.jpg



[PR]

# by junk_2004jp | 2017-03-26 18:00 | 痛みの生理学 | Comments(0)