2003年 11月 13日

治療と儀式

昔は椎間板とかヘルニアとか軟骨変性とか骨盤の歪みとか神経とかいう概念はなかったから、案外簡単にこのような痛みは治っていたのかもしれない。卑弥呼の時代はシャーマンのお祓いで!今も未開の地ではどうなんだろう?日本人よりもアマゾンの奥地に住む人のほうが筋骨格系の痛みは少ないかもしれない。レントゲンもMRIもないから。レントゲン、MRI、関節鏡、硬膜外鏡といろいろ開発されてきたが、痛みの原因は見えない。それらは、癌や骨折、感染症に大きく貢献したが・・・。痛みの画像診断は除外診断の意味しかない。ところが、画像所見が痛みの原因だと思い込んでしまう。「痛みの原因はこれだったんだ!!」と思い込む。なにかを「悪者」にまつりあげてそれを退治することによって痛みが治るというストーリーが受け入れやすい。その「悪者」がヘルニアであったり、空想の仙腸関節の歪みであったり、筋力の低下であったりするわけだ。「狐にとりつかれた」ということでで陰陽師で治る人もいることだろう。痛みとはそういうものなのだ。ヘルニアは医者が作った「悪者」だ。なにかもっともらしいし取るのに手ごろときている。その「悪者」を退治するが、真犯人ではないから良くなるとはかぎらない。治ることもあるのは「悪者」を退治したという儀式で、納得して脳が沈静化するからだろう。「痛み」はhtmlの問題なんだ。つまりソフトの問題でハードの問題ではないんだ。福○法○は「頭をとれ!」といってたね。あながち間違えではないんだが、問題のhtmlのところだけをデリートできればよかったのだが・・・。正常なところまでデリートして新しい情報を入力してしまう。オ○○の青○っていう弁護士もたしか坐骨神経痛が原因で入信したんだったかな。オ○○には医者が何人かいたね。入信するきっかけはわからない分けでもない。いくらなんでも脳のhtmlをそっくり入れ替えちゃだめだよね。パソコンならすぐに問題の箇所だけをデリートできるが人間はそうはいかない。複雑なJavaScriptmもある。
[PR]

# by junk_2004jp | 2003-11-13 21:46 | うつ・不安・ストレス | Comments(0)
2003年 11月 12日

ブロック注射

痛みの神経は求心性であることは常識。ということは最も末梢が発信源。ボクは1.5cm位の注射針で痛みに対応している。なぜ皆、神経根とか硬膜外とか奥深いところにこだわるのだろう。そこは痛みの通り道になっているかもしれないが、ちがうかもしれない。坐骨神経ブロック、肩甲上神経ブロックなど教科書ではなんでわざわざ通り道を狙わなくてはいけないのだろう。奥深いところは患者の恐怖も増えるし医者の技術もいる。事故もありうる。通り道より発生現場を狙ったほうが簡単確実安全。
[PR]

# by junk_2004jp | 2003-11-12 23:43 | 急性痛 | Comments(0)
2003年 11月 11日

清原選手

清原選手、半月板の手術をしたそうです。あれだけ丈夫そうな筋肉をもっていてもいろいろ故障がありますね。彼は”筋骨格系に痛みをつくるタイプ・・・ストレスが筋骨格系の痛みとして出るタイプ・・・”なのでしょうか?半月板と痛みの関係はファイル51を見てください。
[PR]

# by junk_2004jp | 2003-11-11 21:44 | うつ・不安・ストレス | Comments(0)
2003年 11月 10日

本当にヘルニアが原因ですか?

AさんはB病院の循環器科に通院しています。腰痛や大腿痛があるため循環器科の先生からその病院の整形外科に紹介され、MRIで検査を受けたところヘルニアがありました。手術をすすめられましたが拒否し、当院で治療してよくなりました。B病院の循環器科の先生はそのことが不可解で気にいらないらしいです。いいかげんに気付いてください、お医者さん!
[PR]

# by junk_2004jp | 2003-11-10 22:46 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2003年 11月 08日

医者の基本

心身医学を理解していることが医者の基本です。特に痛みとかしびれを診る医者は!データーや画像ばかりが中心で、心身医学はどうも軽んじられている傾向です。前述のAさんの心臓も私は「いわゆる心臓神経症」だろうと思っています。専門外であり、また検査をしたわけじゃないので、ここだけの話ですが。心臓病のレッテルを貼られ、定期的にカテーテルの検査をうけ、薬をいっぱいかかえている元気な「心臓病」の人ってけっこういますよね。
[PR]

# by junk_2004jp | 2003-11-08 21:53 | うつ・不安・ストレス | Comments(0)
2003年 11月 05日

咽喉頭異常感症?

「先生、風邪ひいたから薬だしてください。」「どんな症状なの?」「夜になると喉が痛いんです。」熱、咳、鼻汁などの風邪の症状なし。まぶたがピクピクする、朝3時ごろに目が覚める、お腹の調子がわるいなどの症状がありました。おそらく「咽喉頭異常感症」だろうと思います。風邪ではないですね。でも風邪薬がほしい・・。
[PR]

# by junk_2004jp | 2003-11-05 20:36 | うつ・不安・ストレス | Comments(0)
2003年 11月 04日

本当に関節の病気なの?

ラジオの医療相談で「変形性膝関節症」について、某教授は「正座はしないように」といっていました。五十肩でなるべく腕を挙げないようにと言っているようなものです。正座をしないでいるとますます関節周囲の筋肉の柔軟性がなくなりよくありません。患者さんは正座が出来るようになると感激されます。正座をしたって何にもわるいことはありませんよ。大学教授よりも町医者のほうがいいんです、こんな疾患の場合は。軟骨が痛みの原因ではないんだよね。まわりの筋痛。たまに関節粘膜の炎症(鼻炎、胃炎みたいなもんです)。将来は人工関節になんて脅しをかければ・・・慢性の膝痛のできあがり!関節軟骨が悪くても痛くない人がいっぱいいます。あまり悪くなくても痛い人もいます。軟骨自体は知覚神経ないです。腰と同じですよ!だってなんか名前忘れましたが「軟骨をよくする健康食品」、結構人気あるでしょ。そんなもん飲んだって軟骨よくなるはずがないのに・・・・でもプラセボ効果は期待できますね!痛みにはプラセボは効果的で痛み止め(消炎鎮痛剤)より人によってはいいかもしれない。ネタがばれてりゃだめだけど。
[PR]

# by junk_2004jp | 2003-11-04 20:34 | 慢性痛 | Comments(0)