2016年 12月 17日

医師が失敗した道

痛み、しびれ

機能的(functional;条件によって症状が変わる)

複雑系(集学的治療)

心理・社会的症候群


このように表現されるものをレントゲンやMRIなどの画像診断に頼っている。

画像上異常がなければ手も足もでない。

画像に老化変性が見られれば、それが原因だと間違った説明をする。病名もそれに基づいている。

もちろん治療もうまくいかない。

未だに19世紀か。

私のブログに「いいね」を押してくれるのは理学療法士や代替治療家が多い。

彼らは画像診断をする立場にないことが幸いしている。患者の本音を聞く機会も多くもっぱら触診をしているので私の言っていることに賛同してくれるのだろう。

医師は画像を見ることに専念して触診はほとんどしないらしい。

これではどんどん遅れを取ることだろう。

最近、エコーを用いて筋膜の肥厚を観察するということを聞くが、「また画像かよ!」と言いたい。

医師の失敗した道を再びか。

治れば何とでも言えるが、治らない場合、再発を繰り返す場合など、次の手は?ちょっと考えても理論的ではない。

ある人にgimmickという言葉を教えてもらった。

痛み、しびれの画像診断の意味

「悪性腫瘍、感染症、リウマチ、痛風、偽痛風」の鑑別

修復すべき構造破綻(骨折、筋腱靭帯の断裂):構造修復と痛みは別のこと


「Doctor as a drug」という体験をした。

b0052170_45134100.jpg


50歳代女性。3年前より仙骨部にピリピリした痛み、特に誘因なく出現。レントゲン、MRI異常なしとのこと。

次第に右下肢に、昨年より左下肢に。ピリピリした痛み、しびれ、だるさ。

数カ所の圧痛点に少量の局所麻酔を打つ。投薬はなし。治療は1回だけ。

この症例、もしヘルニアや脊柱管狭窄が見つかれば、大変な方向へといったかもしれない。

先日、先生に治療していただいたAといいます。ありがとうございました。あれからかなり楽になりました。
また痺れてつらくなったら先生の所に伺って注射してもらえると思ったら少し気持ちが軽くなりました。

肩甲骨のあたりの痛みもかなりあり腕のだるさもあります。

近所の整形外科の先生はレントゲンを撮って異常なし!!で湿布を出して終わりでした。もう10年はそんな感じです。先日伺った時に肩も診ていただこうと思ったのですがその時はとにかく脚がつらくてそれで頭がいっぱいで肩まで気が回りませんでした。

トリガーポイントブロック注射はどれ位の間隔で打ってよいのでしょうか?月に一度くらいでよいのでしょうか?

[PR]

# by junk_2004jp | 2016-12-17 04:43 | Comments(0)
2016年 12月 15日

最近は慢性の膝痛ばかりを 診ています

TVの影響で全国から慢性の膝痛の方がいらっしゃいます。

レントゲンは撮らないしヒアルロン酸は使わないし、初診から飲み薬を使うことはほとんどありませんし、使うのは局所麻酔だけですから診察費は超安です。

膝痛の多くは筋痛症なんです。(リウマチ、痛風、偽痛風は除く)

軟骨障害や半月板障害は痛みの原因ではありません。

多くの場合、その場でよくなります。笑顔になります。

一挙に改善することもあれば、数日間よかったがまた痛くなった(以前よりはよいが)、これが多いですかね。

よくならないケースは3例ほどありました。それは、

人生の辛さが膝痛に置き換わっている(転換とでもいいましょうか)。軽うつの身体症状とでもいいましょうか。

夜、ズキズキして眠れない。トイレに何度も起きる。口が渇く。などを合併している。

寝る前にトリプタノール10mgを1錠飲んで経過を診ています。

次に入院された方(70歳代男性)のメールを紹介します。参考にしてください。

3週間の入院から退院させて頂いた@のAです。入院中は色々とありがとうございました。入院時には、杖に10キロ以上体重をかけないと歩けなかったのですが、退院時には,軽く杖を添えているだけで歩けました。さらに,退院から3日経った昨日からは、杖なしでも有る程度しっかり歩けるようになりました。この分では、焦らず、ゆっくりと、リハビリウオークを続ければ、近いうちに完治も望める希望が出てきました。今まで、どこの病院にかかっても、悪化する一方だったのですが、先生には本当に助けていただきました。
心よりお礼申し上げます。


[PR]

# by junk_2004jp | 2016-12-15 23:44 | 慢性痛 | Comments(0)
2016年 12月 04日

専門外来SPの反響はすごい!!

外来はすごい数の患者さんが押し寄せています。困っている人が多いのには今更驚かされます。

外来にある5つのベッドをフル回転してやっていますが、午前中1時間ほどオーバーします。午後も5時ごろまでそういう状態が続いています。

最近は再診の患者さんが来るようになりました。

「ずいぶんよくなった」「かなりよくなった」「歩きぶりがよくなったと言われた」

「しばらくはよかったがまた痛くなってきた」

「よかったので無理をしたらまた痛くなってきた」

などという人が多い。このような場合はトリガーポイント注射を続けます。

なかなか良くならないこともあります。

その場合はトラムセットやノルスパンテープを使います。

「どれぐらい良くなるのか?」「何回ほどしなければならないのか?」という質問を時々受ける。

恐怖、不安、強い思い込みなどが治り方に大きな影響を及ぼす。だから医師はわかりません。

膝痛以外に腰痛、頚痛、肩痛、下肢痛など複数箇所痛みのある人が多い。

特異的疾患(悪性腫瘍、感染症、リウマチ、痛風)を除いては同じメカニズムです。

最初から筋肉に重点を置いて、心理・社会的要因を考慮して治療すれば、医療費は少なくて済むし、なにより健康な状態を保てます。

ある意味、医師によって作られる慢性疼痛ということもできるのです。

メールをいただいた2例を紹介しますから参考にしてください。

分裂膝蓋骨は痛みの原因にはなりません。


バスケットボールを小2よりしており、小6で最初に痛みを訴えてきましたが騙し騙し練習は続けました。ですが、中学になって全く痛くてバスケットボールの練習ができておりません。どこの整形外科や整骨院に行っても分裂膝蓋骨や膝のねじれが原因と言われてます。分裂膝蓋骨に成長期に足が痛いのは仕方ないと言った感じです。このような息子でもトリガーポイント注射は有効でしょうか?

先週おせわになりました、Aです。帰ってから2、3日は様子を見てました。昨日からは二か月ぶりに練習復帰できました。ありがとうございました。心から感謝致します。


慢性の変形性膝関節症でも一回で効果があります。すぐにお風呂に入っても大丈夫です。

先日 @県から伺いました、Bです。13年間も膝の痛みに耐えてた、義母でしたが、5日経ちましたが、今のところ 痛みがなく、毎日 自分で揉みほぐしてます、本当にビックリしてます。やはり、13年間 痛みがあったから、痛みのある歩き方になってしまってますが、聞くと痛くない!っていうので、ありがとうございました。

私の実母も、来週 人工関節の手術する予定でしたが、先生の治療と、義母の経過を目の当たりにしたら、手術を阻止しなければ!と思い X日に伺いたいと思ってます。後 受診後 温泉に入るは、大丈夫でしょうか?


[PR]

# by junk_2004jp | 2016-12-04 16:55 | 慢性痛 | Comments(1)
2016年 11月 24日

痛み・しびれを取るための脊椎手術はするな!!!

私はとても不思議に思っている。

これだけ治らない脊椎手術をよくも続けていられるものだ!!

私だったら責任を感じて病気になる。眠れなくなるかもしれない。恥ずかしくて職場に出てこれないかもしれない。

当地方では御三家。

どれだけ診たことだろうか、数しれず。

みんなでやるからこわくない、のだろうか。

手術のあとは他人任せだからできるのだろうか。

ちょっとした小手術(バネ指、できものなど)でも治りが悪いと気が引けるものだ。普通の医者はそういうものだ。

なるほどという根拠もない。

「あんた、なにいってんの」というレベル。

よく続けてやれるものだ。

より一層悪化、広範囲化。

痛み・しびれと神経麻痺の区別もできない。

教授、専門医。

厚労省、いつまで保険でやらせているんだ!しっかりしろ。

患者が増えるばかり。

医療費が増えるばかり。



[PR]

# by junk_2004jp | 2016-11-24 14:54 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
2016年 11月 23日

メールをいただきました

加茂先生。私、@より十日間ほどホテルに泊まり治療に伺った事のあるAと申します。

先日テレビで先生のお元気なお顔を拝見致しまして、大変嬉しく、懐かしく、小松での滞在を思いだしておりました。

時々、肩は主張いたし(笑)恐怖心が一番にやって参りますが、「いやいやまた加茂先生のところに行けはいい」っと、自分に言い聞かせ、毎日穏やかに暮らしております。

テニスボールのプレゼントも懐かしく思い出しておりました。

今はすりこぎもあるのですね(笑)

日々、寒くなって参りますが、お体は大切に、どうかいつまでもお元気でいらして下さいませ。

「…の不養生」になりませぬ様に。(笑)

@より愛と心を込めて。乱文にて失礼致しました。

ありがとうございます。

返信を試みましたが不能でしたので、ここを見ていればいいのですが

日本中で気軽に保険治療できるようになればいいですね。

すりこぎですか、あれはディレクターの提案です。私はファックス用紙やサランラップの芯を使っています(笑)。

最近は電話やメールでの問い合わせ、質問で大変忙しい。特に電話の対応が大変。事務員がでますが。

「何回すれば治るのか」

「そんなことで治らないだろ!どうせ最後は手術なんだろ!!」

「ずーっと続けなければならないのか」



痛みは機能的=functional=心身症(条件によって症状に変化のある疾患)

心身症の意味が誤解されていますが「functional」ということです。

functionalな問題を器質的な病名で表現(たとえば「変形性・・症」)すること自体に間違いがあるのです。

治療を受けて「なるほど、そういうことだったのか!!」ということを理解することです。

そして自分が主体となって、時に医師やその他の治療者の助けを借りて治療、管理していくことです。


[PR]

# by junk_2004jp | 2016-11-23 11:01 | Comments(0)
2016年 11月 19日

知らぬはお医者さんだけか!

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症

看護師にこっそり聞いてごらんなさい。「手術をしたらよくなるか?」って。

ほかの患者さんに聞いてごらんなさい。

先日、当院にある有名な手術派の病院を退職した看護師が腰痛で来院しました。「患者さんは手術をしてよくなったか?」と尋ねたところ「よくなりません」という答え。

家人の無理解に押し切られて手術をする人がいます。「いつまでもグズグズ言っていないで手術をしろ!」
患者「先生(私のこと)、手術をしても痛かったら治療をしてくださいますか?」

案の定、手術をしても痛みが続き、治療にいらっしゃいました。

テレビでも有名な病院ですよ。

「神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じる。(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)」「老化、変性した椎間板や半月板、関節軟骨は痛みの原因になる。」このような説は生理学的根拠はありません。統計上も根拠がありません。

患者さんは正しい知識を身につけて人生をだいじにしてください。

これからの若い医師もよく勉強をしてください。

下の患者さんは当院で数日間治療して帰られました。治療後は、近江町市場、東茶屋、兼六園などを観光されました。

2年ほど前に腰の痛みから始まり、左足のふとももからふくらはぎが痺れたようになり長時間歩く事ができません。近くの整形外科にすぐ診てもらい、レントゲンやMRIを撮り、出された診断は腰のすべり症で、治らないと言われました。

コルセットを買い痛み止の薬と湿布薬をもらい様子を見てくださいと言われたのが2年前です。しかし腰の痛みと足の痺れは治るどころか日増しにひどくなっていきます。歩行してても少し休むとまた歩けるになるためにそのことを医者に告げると薬を飲んでコルセットをして様子を見てくれ の繰り返しなので近くのカイロプラクティックの整骨院に半年ほど通院しましが治るどころかひどくなっていくばかりなのです。

今年の4月には歩くと太ももから足の裏にかけての痺れがひどくなり麻痺したみたいになり感覚がないようになり、自分でネットで調べたら腰部脊柱管狭窄による間欠歩行症ではないかと思い内科で整形も部門があるいつも診察もらっている医院に相談してここでもレントゲンを撮りMRIで撮り@@で大きい医療センターを紹介されました。またここでもレントゲンとMRIを撮り出された診断は手術しかないと言われました。

第二の人生を取り出す為に手術しましょうと言われ⚪️月⚪️日入院、手術の段取りで進んでいきました。それが今年の5月でした。

しかし知人に聞いたりネットで調べると手術しても良くならないという悪評ばかり聞き手術は断りました。

ネット検索で調べたら⚪️に⚪️⚪️カイロプラクティックの存在を知り今そこで治療してもらっています。そこで加茂先生の資料のコピーを見せてもらい納得しました。⚪️⚪️で週2回ほど通院して少しずつ改善はしていますがまだ時間がかかりそうなので思い切って加茂整形外科で治療する事に決心しました。



巧妙な「医療化」

悪意はないと思いますが、もう思い込んでしまったのです。


[PR]

# by junk_2004jp | 2016-11-19 21:05 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
2016年 11月 17日

専門外来SP 

専門外来SP・2016年11月15日


30分29秒

変形性膝関節症    半月板損傷

押さえると痛いところがいっぱいありますね。その筋肉が攣っているのです。そこをマッサージや鍼をして筋肉を柔らげてください。そして膝を座った状態で10回ぐらい曲げ伸ばしをしてください。

特異的疾患(悪性腫瘍、感染症、リウマチ、痛風(偽痛風))を除いて筋骨格系の痛み疾患のメカニズムは同じです。

痛みの電気信号がどのようにして起きるのか。

なぜ長引くことがあるのか。

なぜ広がっていくことがあるのか。

急性痛と慢性痛のちがいは。

慢性痛=中枢性感作とは。

構造の治療と痛みの治療は別の問題です。

脳に達した電気信号を認知反応する脳は個人差があります。(不安障害、抑うつ、発達障害、アダルトチルドレンなど)・・・・生物・心理・社会的疼痛症候群

リウマチに合併したMPS、脊髄症に合併したMPSなど。

椎間板ヘルニア 、脊柱管狭窄症 、坐骨神経痛 、頸椎症 、椎間板症 、神経根症 、すべり症 、分離症 、肩関節周囲炎、腱板損傷、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、テニス肘、手根管症候群、肋間神経痛、変形性関節症、半月板障害、アキレス腱周囲炎、腱鞘炎、足底腱膜炎、シンスプリント、などと言われている疾患の痛みやしびれはMPSです。

トリガーポイント注射は医師の総合的な手技です。

痛みは脳の認知と反応ですので、個人差がおおきいものです。「何回で治るか」?


[PR]

# by junk_2004jp | 2016-11-17 04:13 | MPS | Comments(0)
2016年 11月 17日

みんなの家庭の医学



32分35秒から、当院で治療された方です。

腰痛、下肢痛

トリガーポイント注射+薬+認知行動療法

戸澤洋二さん「腰痛は脳の勘違いだった」

b0052170_8282225.jpg



[PR]

# by junk_2004jp | 2016-11-17 03:16 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2016年 11月 11日

運動器疼痛学会

http://www.pcoworks.jp/jamp2016/open_lecture.html

b0052170_13564440.jpg


2016年11月27日(日曜日)13:10〜15:00


  私も出席します。

[PR]

# by junk_2004jp | 2016-11-11 14:01 | 痛みの生理学 | Comments(2)
2016年 11月 05日

「老化したものは痛みの原因になる」「神経が圧迫されると痛みやしびれの原因になる」という説は間違い

b0052170_21581350.jpg写真は出来が悪いが、80歳代後半の女性。普段、腰痛や下肢痛は全くない。

数日前、風呂からあがるとき、腰にピリッと感じた。右腰に強い圧痛点があったので、そこに局所麻酔を2mlほど注射した。すぐによくなった。

レントゲンを撮って欲しいとのこと。

ほとんどの椎間板は完全に潰れてしまっている。

「レントゲンは特に異常は見られません。」と説明した。

痛みセンサーは老化に反応するものではない。

発痛物質、機械的刺激、熱刺激に反応する。

痛みは悪循環をして広がることがある。早期に鎮痛すべき。

「神経を圧迫すると痛みやしびれが生じる」これは論外の間違い。

変形性関節症:半分以上が自覚症状なし…東大病院など調査

50歳以上の日本人では、女性の4人に3人は膝(ひざ)の変形性関節症、男性の5人に4人は腰椎(ようつい)の関節症(腰椎症)であることが、2000人を対象にした東大病院などの調査で分かった。半分以上は自覚症状がなかったが、加齢とともに痛みなどの症状が表れやすくなるという。変形性関節症患者の大規模な国内調査は例がなく、7月の日本骨代謝学会で発表する。

変形性関節症は四肢や脊椎(せきつい)の軟骨がすり減り、関節の炎症や変形が起きる病気で、症状が進むと激しい痛みが生じて歩行困難になる。介護保険の要支援原因の第1位となっているが、国内の潜在的な患者数や予防法はわかっていなかった。

研究チームは、東京都板橋区と和歌山県日高川町の50歳以上の住民計2000人以上を対象に、関節をX線で撮影するなどして調べた。変形性膝関節症と診断されたのは男性54%、女性75%、変形性腰椎症は男性81%、女性68%に上った。このうち痛みがある人は、男性の2~3割、女性の約4割にとどまった。

患者の割合を04年度の年齢別人口構成に当てはめると、50歳以上の膝関節症患者は3080万人、腰椎症は同3300万人と推計された。

研究チームは昨年、全国の計1万人を対象に、患者の遺伝子と症状、治療効果などに関する追跡調査を始めた。研究チームの馬淵昭彦・東大医学部助教授は「潜在患者が多いことが分かった。病気の実態や治療法の解明につなげたい」と話している。

毎日新聞 2006年6月12日 20時12分 (最終更新時間 6月12日 21時11分)

[PR]

# by junk_2004jp | 2016-11-05 22:09 | 慢性痛 | Comments(0)