人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2021年 09月 17日

間違った介護と医療で、急激に身体が弱っていく高齢者。

間違った介護と医療で、急激に身体が弱っていく高齢者。_b0052170_12542569.jpg
「そのときが来てから」では手遅れ!



これ以後は私の意見です。

間違った医療の代表格が9月23日号の週刊文春にでていました。

間違った介護と医療で、急激に身体が弱っていく高齢者。_b0052170_12590588.jpg
「神経根が脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアで圧迫を受けると痛みやしびれが生じる」という説は昔よくいわれました。

痛みの生理学では説明できません。「異所性発火」というとんでも説を用いて説明する教授の講演を聴いたことがあります。

健常高齢者でも6割以上に狭窄があるといわれています。

文春の記事は突っ込みどころがいっぱいあります。

「痛みは脳や体に記憶される」
「痛みの可塑性ーガマンしてはいけない痛みの話」
「今まで間違っていた”痛みの医学”」

これらは過去ブログをみてください。

私は脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアと診断された人をたくさん診てきました。

手術をした人も診てきました。

痛みは慢性化すると厄介です。早期に鎮痛して動かすことです。

痛みの本態は筋痛です。

たとえば、60歳代、タクシードライバーは長時間座位なのでエコノミー症候群のような状態になります。動かさない左下肢がむくんで足背がしびれてきます。腰痛、臀部痛、下肢痛がありました。腸腰筋や殿筋、下腿前面の筋などに局所麻酔を注射。すぐに改善しました。休憩時も車から降りて足腰を動かすように。

上記のような症例は整形や脊椎外科へいくと、レントゲンやMRIを撮り見当違いの診断「脊柱管狭窄症」となるのです。










# by junk_2004jp | 2021-09-17 13:08 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾
2021年 09月 14日

慢性痛(図説)

痛みについて短時間で患者さんに説明することは難しいですね。特に椎間板ヘルニアなど古い通説を否定しなければいけないのですから。

私はこのような図を作りました。A4でラミネート加工。


痛みを放置しないで!

慢性痛(図説)_b0052170_01331926.jpg

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、軟骨のすり減り、半月板損傷などが慢性の痛みの原因ではありません。
慢性痛(図説)_b0052170_01324438.jpg

慢性痛症という病気
慢性痛(図説)_b0052170_01343302.jpg

痛みは脳や体に記憶される。体の記憶は筋肉のこわばり。
記憶される前に治療を!
慢性痛(図説)_b0052170_01361498.jpg

筋骨格系の痛みの分類
慢性痛(図説)_b0052170_02304210.jpg








# by junk_2004jp | 2021-09-14 01:55
2021年 08月 25日

QRコード

QRコード_b0052170_12541291.jpg

QRコード_b0052170_12545427.jpg
QRコード_b0052170_12551308.jpg
QRコードを付けました。画像を印刷してラミネート加工をして展示しています。

患者さんに勉強してもらいましょう。それが回復に役立ちます。






# by junk_2004jp | 2021-08-25 13:05
2021年 08月 23日

今まで間違っていた“痛みの医学


今まで間違っていた“痛みの医学_b0052170_01510469.jpg


# by junk_2004jp | 2021-08-23 18:54 | 慢性痛
2021年 08月 20日

慢性痛は高度に発達した人間の脳のせい

慢性痛は高度に発達した人間の脳のせい_b0052170_18242193.jpg

慢性痛は人間である証拠です。

レントゲンやMRIは、またはそれを診断の根拠とする医者は慢性痛を増長させる可能性があります。

悪性腫瘍、感染症、リウマチ系(関節リウマチ、脊椎関節炎系、リウマチ性多発筋痛症)、痛風系(偽痛風、痛風)を除くほとんどの痛みは外力によって生じ、慢性化することがあります。

損傷の治療と痛みの治療は別問題です。損傷が閉鎖しても痛みが続くことがあります。

早期に痛みの治療をすることが慢性痛の予防になります。



# by junk_2004jp | 2021-08-20 13:57 | 慢性痛