心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 31日

ここが聞きたいー名医にQ

頚の痛み

http://www.nhk.or.jp/kenko/drq/index2.html#theme2

相も変わらない内容であった。NHKよ、よーく考えよ、影響は大きい。

結局、端的にいうと、「痛み」と「麻痺」の区別がついていない。聞いていてわかるだろ、痛みの話なのか麻痺の話なのか、ふらふらしているだろ。

神経が傷害されると「痛い」とはなんのこっちゃ!根性疼痛とはなに?

「神経が押さえられても痛みは生じない、髄核から出る炎症性サイトカインのために神経根炎が生じると根性痛が生じる」・・・実はこれも間違いなのだが・・・・このように説明されることがある。

骨棘が神経根を刺激して根性痛が生じるといっていたが、これは髄核とは無関係で炎症性サイトカインの説明とは矛盾する。

骨棘なんて40歳以上ではほとんど見られる。すごい頚の写真でも痛みのない人なんていくらでもいる。

私があの場所にいて質問したなら絶対に答えられないはずだ。

骨棘の刺激で痛み信号がおきるはずがないだろ!

神経根が骨棘や椎間板で圧迫されて痛みが生じる(根性疼痛)という生理学的に根拠のない考えが多くの人を不安に陥れている。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-01-31 20:55 | Comments(0)


<< ワケあり筋      科学者からの好意的な書評 >>