心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 10日

診断

途方に暮れる若者や高齢者がいかに多いことか。

生理学上、全く意味をなさない診断。

どこへいってもレントゲン、MRI、何度も何度も撮る。

そして、何の根拠もない医師の思いこみが披露される。

私の説明を聞いて涙を流す若者もいる。安堵の涙か。

3つの整形外科を受診していずれも腰椎椎間板ヘルニアで手術が必要といわれた若い看護師。ある手術大好き病院の理学療法士がこっそり私の本を見せてくれたとのこと。

私は「うつ状態に伴った下肢の筋痛症」と診断した。彼女は涙をながした。


b0052170_0113241.jpg昨日、私はある高齢者に前医たちの医療行為に対して「ご迷惑をおかけしたね」と思わず口にした。彼女は夫の運転する車にのって1時間以上かけて受診した。

それは耳を疑うもので、何度もききなおした。

図の部分が痛くて〇〇会病院を受診した。

「腰椎*番・*番が悪い」という診断で手術をした。全くよくならなかった。

次に、****病院を受診した。

「胸椎の*番*番が悪い」という診断だった。そして又手術をした。全くよくならなかった。

私は何度も聞きなおしたが、大腿の内側が痛かっただけだとのことだった。

その部分を触診すると強い圧痛があった。

そして現在は反対側やふくらはぎにも痛みがでている。

TPB後は軽くなったとのことだった。

核家族化がすすんで、相談する家族(息子、娘)が同居していないのか高齢者だけでは判断できず、ついつい医者のいいなりになってしまうのか。

常識で考えてみなさい。大腿の内側の筋痛症しかありえないだろう。癌、感染症、骨折なんかの可能性は0に近い。

大病院を受診してMRIを撮って「**が狭くなっていて神経が圧迫を受けている」などという証拠写真をみせられれば大概の高齢者は信じてしまう。

白衣の胸に専門医のネームプレートが光っていればなおさらだ。

冷静に判断できる人が周りにいないのだ。このままでは歩けなくなってしまうといわれれば誰だってひっかかてしまう。

___________________

最近、コメントが増えて、盛り上がっていましたので、コメント表示数をふやしました。

捨てハンは読む気がしません。時間のむだ(笑)。

それから数日前からアクセス解析をとりつけましたので(右のリンクの欄)、IPアドレスなどかなりな情報がわかります。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-10-10 00:06 | Comments(33)
Commented by bancyou1965 at 2009-10-10 08:58
こう言う症例での、このような診断を見ていると、MRIがまだまだ普及していなかった20年まえのほうが、治療をすると言う意味では、患者さんには良かったのかも?

脊椎専門医の権威も、御自身の著書の中で、画像診断は除外診断にしかならないことを書いておられるのですが。。。

もちろん、除外診断と言う意味では、精度の高い機械であるほうが患者さんに利益があるのですが。。



Commented by 秋桜 at 2009-10-10 10:16 x
番長先生。
まだまだ 精密器械が無かったころでも 同じ症状 はあったでしょうに。
医者にかかる事も余り無かった 田舎暮しの私の両親は骨の変形も有りましたが 毎日田畑 行ってましたもの。
昔の方はどの様に 過ごしていたのでしょうか ?

答えずれてますかね?
Commented by at 2009-10-10 11:21 x
またまた何一つ証明無く専門医の誹謗中傷が始まりましたね。笑
読む気がなくて結構、IPで情報が分ったらどうなんですか?勝手に公表するのですか?笑 もう少し核心に迫ります。

手術を回避しこちらを訪問、TPBで直っているか?はっきりいって手術で良くならない以上に直っていません。もちろん手術のように完治もしていません。
肩凝りレベルなら知りませんが。手術で思わしくなかったのでこちらを訪問、ほとんど良くなってません。なぜか?こちらではわけあり筋という最も最低であいまいな言い訳があるからです。それを盾に何年もTPBを受けている患者がいますが、それはいったい何なんでしょうか?

先生に泣こうが何しようがわけあり筋であいまいにしないで直してあげてください。TPBで症状が軽くなったと専門医をバカにしないで直してあげてください。良くなればTPBのお陰、直らなければわけあり筋。直るかどうかわかりません。酷いですね。悪徳専門医と何が違うのでしょうか?

Commented by at 2009-10-10 11:22 x
もしそんな酷いわけあり筋があるなら1回の全身麻酔や局所麻酔で劇的に完治に近いほど直りますか?その後直ぐにスキーなど出来ますか?こちらでは何年もわけあり筋はTPBが必要なのですよね?

代替治療家が何の根拠も無く奇跡の治療だと宣伝しようが問題ないですが、少なくとも医師を名乗っているなら証明してからにしてください。笑
私以外の質問にも逃げていますのでこの質問もスルーですね。笑
Commented by 秋桜 at 2009-10-10 11:38 x
笑さん ずっと 気が済むまで書き続ける おつもりですか? 哀しくなりませんか? 自分の事 。
Commented by シャルル at 2009-10-10 11:55 x
>笑みさん
>もしそんな酷いわけあり筋があるなら1回の全身麻酔や局所麻酔で劇的に完治に近いほど直りますか?その後直ぐにスキーなど出来ますか?こちらでは何年もわけあり筋はTPBが必要なのですよね?

ひどい訳あり筋だったから、手術ではよくなりませんでした。
手術でスキーができるようになった人は、急性期で手術をされたので、訳あり筋は形成されていなかったのでしょう。
それに、その人の、2年後は、どうだかわかりませんしね。。。

笑みさんは、お医者さんではないだろうと思いますが(お医者さんにしては基本的知識がなさ過ぎるので)手術をすることによる身体の負担と、TPBによる負担では大きな差があることは、ご存知だと思います。

それにしても、笑みさんはどうして、そんなに、このMPSが気になるのですか?
Commented by 傍観 at 2009-10-10 12:13 x
シャルルさんに質問。
シャルルさんは手術後どのくらいの期間で再手術となったのでしょうか?

私の親父は2年後どころか術後30年なんともないのですが、これも全身麻酔とプラセボのおかげなのでしょうか。
Commented by シャルル at 2009-10-10 12:37 x
>傍観さま
私の場合は、再手術というと、語弊があります。26歳で手術を受けたのはL5/6。38歳でL3/4と二箇所の手術を受けましたので。
でも、一回目の手術では、退院時にも硬膜外ブロックが必要だったし、そのあと10年以上ブロックを受け続けました。「ヘルニアはきれいに取れている」といわれながら。
手術で痛みが取れないという経験をしていてもなお、2回目の手術を受けたのは、整形の先生を信じていたからだし、MPSを知らなかったからです。
頸にもヘルニアが確認されていますが、MPSとして治療を受けているので、手術は痛みを理由には受けないと思います。

ちなみに、2回の手術でとりたかった痛みは、今でも時々顔を出していますが、ヘルニアの不安はありません。

お父様は、よくなられて良かったですね。痛みが取れる理由は、本当は、わからないというか、複雑なのだと思います。
Commented by at 2009-10-10 12:56 x
>シャルルさん
>それにしても、笑みさんはどうして、そんなに、このMPSが気になるのですか?
さあ、なぜでしょうね?こちらの先生同様、相変わらず専門医の診断が絶えず気になりバカにするのと似ているのでしょうかね。
MPSは何一つ証明されていから根拠が無くても、誹謗中傷しても都合のいい比較対照が必要なのでしょうね。
やはりシャルルさんは主治医を恨んでいるからこのようなブログは気持ちいいですか?

基本的知識はなさ過ぎますが、何を言ってるか何を聞きたいかもわかりませんか?
Commented by 木村 at 2009-10-10 14:27 x
やっと外来が終わりました。

今日もMPSの患者さんでいっぱいでした。

傍観さんにお伺いしたいのですが、

私は、腰痛の原因として、多裂筋、回旋筋あたりのMPSが結構多いと思っているのですが、

手術の時にこれらの筋は、切ったり、触ったりしますか?

麻酔科の時に、ヘルニアの手術は沢山経験しましたが、その時は筋肉に
興味がなくて見逃していました。

もしわかったら教えてください。
Commented by ひとみ at 2009-10-10 14:50 x
私は現在 某総合病院の整形外科に「腰椎ヘルニア」で入院中です。
誰でも大きくて有名な病院の整形外科、脊髄科の脊椎専門医なんて肩書きがある医師に診断されたら 信じてしまいますよね…。
肩書き、そして白衣の威力は偉大だと思います。
私も手術を医師から勧められていますが「加茂整形外科を受診するので」とハッキリ断りました。
手術をしても良くならなかった場合、「個人差がありますから…」と医師は言いますよね。
上手い言葉だと思います。

早くここを退院して加茂先生に診て頂きたいです。
Commented by シャルル at 2009-10-10 15:25 x
>笑みさん

私は、手術をしてくれた先生を恨んでもいないし、手術を受けたことを後悔もしていません。その時の知識で、一生懸命考えて決断したのですから。
今は、MPSという概念や、慢性痛との付き合い方を勉強する中で、自分の身体との折り合いをつけるべく頑張っているところです。

このブログでヘルニアなどの診断について、少々きつい表現をされるのは、まだまだ少数意見だからインパクトが必要なのだと思います。

線維筋痛症などの話題もあり、正しい痛みの生理学について、段々と広まってきていますが、まだまだ遅れている分野ですね。
Commented by at 2009-10-10 16:41 x
>シャルルさん
>このブログでヘルニアなどの診断について、少々きつい表現をされるのは、まだまだ少数意見だからインパクトが必要なのだと思います。
どっちもどっちでこれぐらいの誹謗中傷は必要なら、私ぐらいの批判コメントも当然容認してください。

>線維筋痛症などの話題もあり、正しい痛みの生理学について、段々と広まってきていますが、まだまだ遅れている分野ですね。
こちらの先生がMPSの第一人者かどうか知りませんが、こんな批判をバカみたいに延々と繰り返し話題にする広め方でないとMPSは広まらないのでしょうか?

今まで1度でもいいのですが、専門医などの医師とMPS会員の方は討論会のような事をしたことがあるのでしょうか?ないなら広まるとか遅れてるとかより以前の話ですよね。
Commented by 傍観 at 2009-10-10 17:23 x
>木村さん
私医療関係者ではないのでわかりません。
失礼を承知で書きますが、なにか木村さんの書き込みは的がずれている感じがします。

>シャルルさん
返答ありがとうございます。
手術をして治らないのは辛いですね。
簡単に述べる事は不謹慎かも知れませんが、お気の毒にとしか言いようがありません。

シャルルさんも(ついでに木村さんも)ヘルニアによる痛みや痺れは存在しないと思いますか?
私は、前にも書きましたが筋痛症もあればヘルニアによる弊害もあると考えてます。

手術して治ってしまう数と、手術しても治らない数、手術して加茂整形外科他を受診する数等々、割合が出ると比較しやすいんですけどね。
Commented by bird at 2009-10-10 18:40 x
はじめまして。
私の手のしびれはテニスをしている時両手でラケットを振り上げボールを打った瞬間に始まりました。フレームショットをしたわけではありません。そのしびれはずっと続き、一年後頸椎ヘルニアの手術のあとだんだんなくなっていきました。
私のイメージとしては筋肉が・・・というよりヘルニアがピッと飛び出た、という方が近いかなと思います。一瞬のことでしたから。
実際はどうなのか、ずっと不思議に思ってます。
「しびれ」の話が出たので書かせていただきました。
自分の体験からはヘルニアと筋痛症が絡み合ってる気がしてます。
Commented by syaruruk at 2009-10-10 18:41
>笑みさん
私は、笑みさんがコメントすることについて、反対も拒否反応もしていません。
ただ(ヘルニア無害論)に興味も関心もなければ、コメントされないだろうから、何か理由がおありなのかと思ったのです。

MPSの研究のお集まりが、やっと発足されたばかりだし、線維筋痛症などは正式病名にもなっていません。
まだアングラ(古い)な活動で、仲間を増やさないといけないのではないでしょうか。

だって、相手は『権威の塊』なのですもの。
なんて、これは私の個人的見解なのですけれど。

                           シャルル
Commented by syaruruk at 2009-10-10 18:42
>傍観さん
手術して治る人と治らない人
ttp://junk2004.exblog.jp/11975069/

これは、保存治療と手術を比較したグラフですが・・・。

ヘルニアが本当に無害なのかどうか、・・・筋への緊張を与えるのではないかと思うこともあります。でも、筋の緊張がヘルニアを作るのかも。

卵が先か、鶏が先か。。。私は、悩み中です^^(保留です)
でも、痛みさえ取れれば、(麻痺がなければ)問題ないわけですから。
患者としても、お医者さんとしても、手術の必要性はなくなるわけです。

痛みを伴う、痺れ感(なんちゃって麻痺)は、TP注射でよくなります。本当に麻痺すると、痛くないのです。
                             シャルル
Commented by junk_2004jp at 2009-10-10 19:02
birdさん、はじめまして。

そのしびれ感は前腕の筋群かまたは手筋群の痙攣痛だと思います。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/images/img10.jpg

初期ならばTPBをすればすぐに治ったことと思います。

現在、手のしびれで頚椎ヘルニアの手術をしたがよくならなかった人の治療をしていますが、TPBでとても改善してきました。

その方は、コンピュータのマウスをいつも使っている人です。

尺側の屈筋と小指丘のMPSでした。

手のしびれを訴えてくる患者さんは多いですがMPSを知っている医師は簡単に治せることが多いのです。
Commented by bird at 2009-10-10 19:35 x
先生、ご意見ありがとうございます。
もう一つ疑問に思っていることがあるのですが・・・。
全身麻酔によってMPSの症状がなくなる時と、逆に?手術をきっかけにMPSから繊維筋痛症になっていく人がいるのはなぜなのでしょうか?

Commented by junk_2004jp at 2009-10-10 19:36
頚椎ヘルニアのあるスポーツ選手は阪神の赤星外野手、ドジャーズの黒田投手、ゴルフの丸山茂樹、アニカ・ソレンスタムなど

ネット仲間ではシャルルさん、ケイしゃん、エリーさん。

皆さん、手にしびれがあるとは聞いていません。

手術をして治った人に申し上げるのは心苦しいですが、神経が圧迫を受けてもしびれは生じないと思います。
Commented by junk_2004jp at 2009-10-10 19:44
手術というのは外傷なんです。外傷を契機にRSDのようなことも起きるのでしょう。

この割合(椎間板ヘルニアの手術)は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。

これは有名な生理学者patrick Wallの言葉です。

手術で急によくなるのはプラセボ効果(これは痛みの治療につきもので悪いものではありません)と筋弛緩の体位、麻酔の筋弛緩効果などが考えられます。

たとえば、手の筋肉は弛緩したが、切開した頚の筋肉がRSD状の症状を呈することがあるのでしょう。
Commented by junk_2004jp at 2009-10-10 20:26
http://junk2004.exblog.jp/12080589/

この方は今日、いらっしゃいましたが、だいぶよくなったとよろこんでいらっしゃいました。

頚部脊髄症(軽い)に合併したMPSです。

乳がんの手術もしていらっしゃいますので、その影響もあるのでしょう。

医者は「しびれ」と聞いたら、「どこかで神経が圧迫を受けている」と連想ゲームを始めるものなのです。ビタミンB12が処方されることが多いのです。

「しびれ」は筋のスパずム、うっ血などの症状です。しびれと聞いたらMPSを連想するように再教育が必要。
Commented by bird at 2009-10-10 21:09 x
さっそくのご返事ありがとうございます。
私は「腰椎ヘルニア」と近所の整形で言われ、MRIを撮るために少し大きな病院に行き別の先生に診てもらいました。その時は腰のことしか訴えなかったのですが反射の異常から先生が首のヘルニアを見つけてくださいました。手のしびれのことはそのあといろいろ聞かれてから「そういえば・・・」と言った次第です。
お忙しいところ何度も有り難うございました。
Commented by junk_2004jp at 2009-10-10 21:16
頚のヘルニアではまれですが頚髄症があります。

頚髄症にMPSが合併していることがあります。
Commented by 木村 at 2009-10-10 22:21 x
傍観さん、いろいろお詳しいので整形の医師かと思いました。

手術でよくなる例が、全身麻酔やプラセボだけでなく、もしかしたら多裂筋、回旋筋が関係してるのかなと思ったのでお聞きしました。

医療関係者でなかったら、こんなことわかりませんよね、失礼しました。

ついでにお答えしますが、私もおおきなヘルニアがありますが、今は痛みもしびれもありません。
Commented by at 2009-10-10 23:49 x
>木村さん
あなたもコスギさん同様くどい人ですね。あなたのコメントも気味悪いです。
あなたみたいな人が注射打ってるなんて考えたら怖いですね。
Commented by 治らない患者が悪いの? at 2009-10-11 01:28 x
>>笑さん

私は主治医を恨んでいます。おかしいですかね?
彼はヘルニアが原因だと断言して切除すれば治ると言い切りました。
でも、治りませんでした。それで言われた言葉が「精神的な問題かも」
そうかもしれません。でも、それって最初から身体を切る前に考慮すべき問題じゃないんでしょうか?
私がやられたのは、とりあえずヘルニアがあったら切ってみるってことじゃないですか?違いますか?
治らなかったら「普通は治る【はず】なんですけどね」って治らない患者が悪いんでしょかね?

と、笑さんに言っても仕方がないので話題を変えます。

笑さんは何で手術で痛みが消えないケースがあると思いますか?
TPBが効くかどうかは別問題にして手術が万能ではないのも事実ですよね。
私は別にTPBを信じてるわけじゃないんですよ。TPBじゃなくてもいいんです、治るなら。
神経は圧迫されると痛みは出るの出ないの?笑さんの意見を聞きたいです。
Commented by at 2009-10-11 02:13 x
携帯から失礼します。
>悪いの?さん
恨むのはおかしくないと思いますし、私も恨むかもしれません。
悪いの?さんは今の自分を受け入れていますでしょうか?このての手術は医師の逃げ道かもしれませんが全て自己責任です。ですから今自分に起こっている事、結果を全て受け止め受け入れなければいけません。でないと前に進めないからです。

自分を受け入れ前に進めているならいいと思いますし、行き着いた場所がこちらなのでしょう。納得してこちらの治療をされるのは結構だと思います。私個人的にはこちらのブログに対して逃げているとまでは言えませんが最善治療や最終治療とはとても思えません。
Commented by at 2009-10-11 02:34 x
手術で直らない原因は正直わかりません。
しかし全身麻酔などなど関係はないと思います。確かに医師のレベルや技術の違いはあるでしょうし、昔は今より頻繁に行われていたのかもしれませんが確かな事はわかりません。

脊髄や脳は痛みはないと思いますが神経根はあると思います。こちらで言われているとても稀な麻痺も脊髄の酷い圧迫によるものですし、既存の手術方法でしか直りません。

私はなんちゃって麻痺と本物の麻痺の見分けはつきませんが何人既存の手術で劇的に回復された方を見ました。
Commented by 治らない患者が悪いの? at 2009-10-11 02:46 x
>>笑さん
患者の無知は自己責任でも、医者の無知は誰も責任をとらないんでしょうか?
こういうのって診断ミスにならないらしいですね・・・よく分かりません。
例えば心臓に問題ないのに心臓病だと診断して、心臓の手術しても死ななければOKってこと?
間違っていようがいまいが、ほとんどの医者が同じことをするから仕方が無いみたいな?
そんなわけで正直、まだ受け入れられていません。
医者の対応もやるだけやったんで後は知らないって感じですし。

ところで前も聞きましたが、笑さんは神経は圧迫されると痛みは出ると思われますか?
それともこちらの先生が主張されているように痛みと神経の圧迫は無関係と思われますか?
そこから考え方が違うのなら、最善もしくは最終の治療は他に何があるのでしょうか?
Commented by 治らない患者が悪いの? at 2009-10-11 03:03 x
>>笑さん
痛みと脊髄や脳は無関係である。
しかし、神経根の圧迫で痛みが起こるという意味でしょうか?

麻痺についてはこちらの先生とほぼ同じ意見と解釈しましたが
そういうことではなく、たぶん医学的に常識なんでしょうね?

最初の私の悩みは痛みでした。
でも、医者に「歩けなくなる」と言われて、いつのまにか手術の目的がすり替わっていったのかもしれません・・・。
Commented by 傍観 at 2009-10-11 16:23 x
>シャルルさん
そうですか、保留ですか。
いつか答えを聞きたいですね。

いろいろ調べたのですが、ヘルニアの弊害として麻痺はあるようですね。

ttp://junk2004.exblog.jp/4360214/

ここでは、馬尾症候群というものだけが手術の適応らしいです。

それと、加茂先生の参考文献によれば、馬尾症候群の患者には坐骨神経痛その他もみられるみたいです。

ttp://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_213.htm

なぜ、馬尾症候群はそういった症状がみられて、他の場所?のヘルニアは症状がないのかな。

なお、IPが違うかもしれませんが本人です。
Commented by シャルル at 2009-10-11 16:45 x
>傍観さん
私も本当のところを知りたいと思いますが、まだまだ、勉強不足で。。。

脊髄のある部分は脊髄症、脊髄の終わりから馬尾神経に移行するので馬尾症候群といわれるのだと思います。症状は、その障害部位の位置によって決まるのでしょう。いずれも、麻痺が主体で痛みは、筋痛症の混在ということになるのでしょうか。

私は、手の指(親指から中指)に痺れが生じることがありますが、拇指球(親指の付け根の筋肉)のやせは見られません、これは、筋痛症によるなんちゃって麻痺である証拠です。
頸髄症の痺れは、筋肉の著しい痩せを伴いますね。
痛いから使わないことによる筋肉のやせと、筋痛症による筋肉の短縮はあるのですが、麻痺の痩せとは異なるものだと理解しています。

痛みがどこからやってくるのか。。。複数の原因が絡み合っていると感じてます。知りたいけど、こだわりすぎると、離れられなくなるのも痛みです。むずかしー。


<< トリガーポイント研究所のサイト...      第1回 線維筋痛症学会 >>