心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 05日

外傷性頚部症候群のケベックの治療ガイドライン

最近の症例

2007年5月のブログの私のコメントより

ほとんど分からない医者が診てる。

カナダ・ケベック州のガイドラインあるが、「ケベック州自動車保険協会」の要請のもとにつくられたもの。つまり研究費はそこからでている。

日本にもいくつかの診断マニュアルみたいなものがあるけど、たいがい損保がからんでいる。

こんなの信用できない。


http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_465.htm

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_43.htm

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_354.htm

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_466.htm

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_468.htm

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_437.htm

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_405.htm


Monthly Book Orthopaedics. Vol.23 No.3(2010)  
「外傷性頚部症候群に伴う肩甲帯部痛」より


外傷性頚部症候群2627例の解析では、初期症状の平均回復期間は32日であり、全体の27%が6カ月以降も回復していなかった。
(Eur spine J.10:44-49,2001)


27%は大きな数字ではないか。

停車中40Km/hで追突されるということは、後ろ向きに40Km/hで走って壁に激突するということだ。

このときに、頭は150kg重ぐらいの力で後に引っ張られるものと思われる。身構えなかった外傷は身構えた外傷とおおきく異なる。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-05 21:12 | 交通事故診療 | Comments(0)


<< おじぃちゃん先生の局注      筋肉に対する治療を真剣に考えるべきだ >>