人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 17日

脚に力が入らない

Buckling Knee Syndrome

Aさん(60歳代、男性)は数日前より、急に右下肢に力が入らなくなりました。

知人の医師に相談したところ、頭の検査を受けたほうがいいとのことで、MRIを撮りましたが異常はありませんでした。

Aさんは以前に五十肩で当院に来ていました。

内側広筋に強い圧痛点がありました。

階段の昇降を頻繁にしたそうです。

TPBをしたところすぐに力が入るようになりました。

Buckling Knee Syndromeといいます。痛みよりも力が入らないといって受診されることがあります。
内側広筋は膝痛を起こすだけではなく、”根性なし”という評価を持った筋肉だ。というのはこの筋肉はBuckling Knee Syndrome(膝くずれ症候群)を起こす可能性があるからだ。


ひつまぶしさんが掲示板に書きました。
若い頃から母は膝の調子が悪いようでした。膝から力が抜けて、歩いていて突然グシャッとなったり、自転車から飛び降りたとき膝がしゃんとしなくて転んだとか、痛くて正座できない・・・とか。

内側広筋などのMPSですね。若い時になんらかの原因で内側広筋にTPを作ってしまったのです。

それが長年にわたる膝痛や膝崩れの原因です。

TPをなくす日ごろのお手入れが重要です。

TPのできやすい部位はだいたい決まっています。

筋肉に対する知識をもち、ふだんからお手入れをすればどれだけの医療費が削減でき、なおかつ活動的で健康でハッピーでいられることでしょうか。






by junk_2004jp | 2010-12-17 00:30 | 急性痛 | Comments(3)
Commented by boribori at 2010-12-17 08:12 x
先日ちょうど同じような症例がありました。5年前から歩行時の膝くずれがあり、あちこちの病院を受診しましたが異常がないといわれ、2年前に某総合病院で膝蓋骨亜脱臼と診断され、「手術するほどではないから、なるべく歩かないようにして、様子をみるように」と言われたそうです。2年間通院したけれども症状が悪化しているので、当院を受診しました。私の診断は内側広筋のMPSでした。TPBを打ちましたが、これまでの治療の結果、大腿四頭筋の著しい萎縮と膝の伸展制限があるので、治療には時間がかかると説明しました。Buckling Knee Syndromeと言う病名があることは知りませんでしたが、毎日このブログを読ませていただいているおかげで、診断出来ました。ありがとうございます。
Commented by junk_2004jp at 2010-12-17 12:28
臨床は耳学問(小耳にはさむ)が重要ですね。

Commented by ひつまぶし at 2010-12-17 23:02 x
おっしゃること、まことに御意です。
母は20年ほど前、週1で鍼灸に通っていた時期があり、着実に効果があって、帰り道などはスタスタ歩いて、寄り道なんかもしちゃって、地下鉄の階段の昇降も楽勝で軽やかだったのです。
あのまま鍼灸に通っていたらどうだったのだろう・・・という思いがあります。なぜやめたのだろう・・・って。

娘としては、いろんな面で、少し、いや、かなり切ないです。


<< 変形性関節症の電話支援、疼痛を...      脊柱管狭窄症の手術で悪化 >>