人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 30日

海外ジャーナル (MPSである証拠)

m3.com 海外ジャーナルより

半月板断裂手術、理学療法と同等     2013年03月25日

文献:Katz JN et al.Surgery versus Physical Therapy for a Meniscal Tear and Osteoarthritis.March 19, 2013DOI: 10.1056/NEJMoa1301408.

変形性関節症で半月板断裂の患者351人を対象に、関節鏡下半月板部分切除術と理学療法の治療効果を無作為化試験で比較。変形性関節症の評価尺度WOMAC身体機能スコアの平均改善度は、6カ月時で手術群20.9ポイント、理学療法群18.5ポイントと有意差はなかった。12カ月時の結果も同様で、有害事象の頻度も有意な群間差はなかった。


ヘルニア治療転帰、MRI無関係     2013年03月18日

文献:el Barzouhi A et al.Magnetic Resonance Imaging in Follow-up Assessment of Sciatica.N Engl J Med 2013; 368:999-1007.

 治療を受けた坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアの患者283人を対象に、経過観察時の磁気共鳴画像法(MRI)所見と治療後転帰の関連を検証。1年目に良好な転帰を有した患者の割合はヘルニア所見あり群85%、所見なし群83%だった(P=0.70)。MRI検査での評価は治療後転帰を識別しなかった(受信者動作特性曲線下面積0.48)。


外側上顆炎のステロイド、転帰悪化      2013年02月08日

文献:Coombes BK et al.Effect of Corticosteroid Injection, Physiotherapy, or Both on Clinical Outcomes in Patients With Unilateral Lateral EpicondylalgiaA Randomized Controlled Trial.JAMA. 2013;309(5):461-469.

片側性の外側上顆炎を有する患者165人を対象に、副腎皮質ステロイド注射と理学療法の有効性を2×2要因無作為化比較試験で検討。ステロイド注射群ではプラセボ注射群に比べ1年後の完全回復または著明改善率が低く(83%対96%)、再発率が高かった(54%対12%)。理学療法群と非理学療法群の比較では、1年後の転帰に差はなかった。





これらはつまりMPSなんですね。 だから手術をしなくてもいいのです。また炎症ではありませんからステロイドを使わなくてもいいのです。

海外ジャーナル (MPSである証拠)_b0052170_2041998.jpg


この図をみて考えてください。

「重いものを持ち上げてヘルニアになって痛い」

「転んで半月板損傷になって痛い」

いずれも文学的には正しい。

しかし、科学的には、痛みの原因は侵害刺激であって、ヘルニアや半月板損傷ではないのです。



CareNet より

手根管症候群にHLTパッチが有用

手根管症候群(CTS)は、疼痛、感覚異常、筋力低下などを特徴とする正中神経の圧迫性神経障害である。米国・International Clinical Research Institute社のSrinivas Nalamachu氏らが実施したパイロット試験の結果、発熱成分、リドカイン、テトラカインを組み合わせた局所貼付剤(HLTパッチ)がCTSの疼痛緩和に有用であることを報告した。著者は、「HLTパッチは、CTSによる疼痛をターゲットとした標準的な非外科的治療となる可能性がある」と述べている。Pain Practice誌オンライン版2013年8月1日号の掲載報告。


手根管症候群もMPSなんです。だから局麻でよくなるのです。

腰痛予後不良の予測因子は疼痛強度と思い込み

腰痛の長期予後に関する予測因子はほとんどわかっていない。英国・キール大学のPaul Campbell氏らは、プライマリ・ケアにおける腰痛患者を前向きに5年間追跡した結果、疼痛強度および腰痛が持続するかどうかについての患者の認識が、6ヵ月後および5年後の予後不良を予測する因子であることを明らかにした。結果を踏まえて著者は、「両因子が臨床的な介入目標となる可能性がある」と結論している。Journal of Pain誌2013年8月号(オンライン版2013年6月20日号)の掲載報告。


腰痛はほとんどがMPSだから。


ヒアルロン酸もはや推奨せず

米国整形外科学会(AAOS)は6月4日、変形性膝関節症治療に関する臨床診療ガイドライン(CPG)改訂版を発表した。ヒアルロン酸を推奨しないと明記した。変形性関節症(0A)は庫擦による消耗が原因の関節炎とも知られ、65歳以上に発症することが最も多い。米国では約3300万人が0Aに確患し、身体障害の主因となっている。

本CPGは膝関節置換術より侵襲性の少ない治療を対象としている。2009年cpGから変更された主要推奨事項は、アセトアミノフェンとヒアルロン酸に関する2点。アセトアミノフェンの推奨用量は4000mgから3000mg/日に減った。

これはFDAが2009年以降にアセトアミノフェン使用者全般に対して変更したことによる。ヒアルロン酸の関節内注射は、14件の試験のメタ解析において臨床的に重要な改善を意味する最小開値に達しておらず、症候性の変形性膝関節症治療法としてもはや推奨されないものとしている。


変形性関節症の痛みもMPSです。軟骨が減って痛いのではなくて痛いから、バランスが悪く軟骨が減ってきたと考えるほうが理にかなっています。


by junk_2004jp | 2013-08-30 20:17


<< 慢性痛と経済      坐骨神経痛 >>