人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 28日

むちうち、7年目

むちうち、7年目_b0052170_20344467.jpg
むちうち、7年目_b0052170_20342179.jpg


「むちうちなんて本当はないのだ」という意見も聞くことがあるが、

この症例は、むち打ちになって7年目、頚から背中広範囲に痛み、こわばりがある。むち打ちがきっかけとなった慢性の筋筋膜性疼痛症候群だ。

もちろん、現在は交通事故の保険は使っていない。県外から通院している。

写真でみても右側の筋肉が硬く盛り上がっているのが分かるだろう。(左右を比較)

しかしほとんど補償をうけていない。全くの当たられ損だ。

それはレントゲンやMRIで異常がみられないからで、筋肉に対して知識のある医師が極めて少ないからだ。

他の症例についてだが弁護士から問い合わせがあった。

「神経学的検査はどうだったか」

「経年的な変化が症状に及ぼす影響」

神経学的検査とは神経麻痺に対する検査で疼痛に対しては意味がない。

経年的な変化が痛みを作ることはない。

全く無意味なことを聞いてくるもんだ。



by junk_2004jp | 2014-03-28 20:39 | 交通事故診療


<< 慢性痛の8割は筋肉の痛みが原因だった      侵害受容性疼痛が神経障害性疼痛... >>