心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 02日

先輩の医師哲学


医師はストレスの多い職種の一つ。自分自身を守るためにも後輩に伝えたい。

40年前、金沢大学整形外科教授・高瀬武平先生の言葉

患者が治るのを邪魔するな!

何が起ころうとも一生面倒をみる覚悟がなければメスをもつな!


山田先生のドクターズルール10

山田浩先生は金沢大整形外科の先輩で,私が石川県立中央病院の時、先生から指導を受けました。

⑴ 死期を早めてはならない。不必要に死期を延ばしてはいけない。患者は死に至るまでの過程を大切にして欲しいと願っているのでないか。安らかに死ぬのも医療のうち。

⑵ 臨床的証拠がないからといって病気が存在しないという証拠にならない。患者の訴えは正しいものである。医学的にあり得ないと考えずに訴えに耳を傾けること。患者は全身で24時間疾病と対決している。

⑶ あなたが診ようが診まいが、ほとんどの外来患者の病気は治癒するものである。病人が治るのを邪魔しないのが良い医師である。

⑷ 態度、言葉は医師の有する最も重要な手段である。その重要性を認識して賢明な使い方が出来るようになりなさい。医師は役者でなければならない。相手、場合によって態度、言葉を変更する必要がある。

⑸ 他のことをしながら患者の話を聴いてはならない。患者が話している最中に病室から出てはならない。患者は常に自分のことに100%関心を持って欲しいと願っている。患者は病気の治療に来るとともに安心を求めに来る。病院は安心を売る商売である。

⑹ 患者を好きになる必要はないが、好きになれば役立つことが多い。親切にすることが最大の医療の補助になる。

⑺ 痛みはいかなる時も速かに止めること。医療では完壁よりも急を尊ぶ場合が多い。

⑻ あなたが病院で医師として仕事が出来るのは、多くの縁の下の力持ちの人たちがいることを忘れてはならない。夜間のナースからのコールは、医師に助けを求めていることを意味する。早く助けてあげること。

⑼ 投与薬は出来るだけ少数に絞ること。量が増えれば、副作用の起こる可能性は指数関数的に高くなる。老人のほとんどは服用している薬を中止すると体調がよくなる。

(10)すべての検査結果について、必ず患者名をチェックする習慣を身につけなさい検査結果が違う患者のカルテに入っていることがしばしばある。放射線科のポリクリで平松教授に肺読影のコツを質問した。「その患者のものであることを確めること」。

[PR]

by junk_2004jp | 2016-07-02 07:49 | Comments(4)
Commented by M at 2016-07-02 11:43 x
先生、お返事をありがとうございます。
(2)のお話しですが、私も画像診断によって、何度も痛みを否定されました。

「治らないのは、あなたがオカシイ。」といって責めてくる鍼灸師もいました。有名脊椎外科医がバックにいた事を後で知りました。両者とも私がエイリアンとでも言いたいのかと。。怒りを通り越して呆れました。

その時、私は責任問題を一切口にしていないのですが、そこまで責任を取りたくのならば、人の身体に触れない職に就いて欲しいものですよね。。

加茂先生ほど、広く深く、いろいろな人に愛されている医者はいないです。先生のご苦労は計り知れないことと思いますが、いつも元気と勇気と愛情を戴きます。私も先生の生き方を見習って頑張ります(^-^)ヾ
Commented by 国松 at 2016-07-02 19:50 x
Mさん、初めまして  m(___)m

よかったですね・・・、

 ゆっくりされてから・・・

 ぼちぼちが いいと思います ^^V
あ これは、人によって違うので、
単なるおいらのつぶやきですから・・・、
おいらは こんな感じで 生活しています 
               m(____)m
Commented by 国松 at 2016-07-02 21:53 x
同感です。その人たちは●X組の幹部、幹部補佐と似てると言えば 似てるような気がしますけど、
その●X組の幹部、幹部補佐のほうが、きちんと
真面目に してると、思いますよ。なまぬるい生活に 慢心してる・・・・・、立派な?先生たちが
百万単位で いることでしょうねぇ・・・
 おれも 大病院の院長に なりたかったなあ
もうすぐ、80歳のおいらには 無理かも・・・
 実際、大名行列やないですか?! あれと、治療と 何も 関係おまへんで・・・、俺は エッヘンえらいんやど 鼻高々に患者からは みえます。英雄のように見えます。でも、政治家ぐるみで脱税するひともいる、そのひとが 地元では 大人気・・・~~~、おいらは、あほやから わけ わかりません、先生・・、おかげさまで 治ったと思っていますが、これだけは やはり あの世に行くまで 友達同士の関係がいいと思います。
 本当に、ありがとう ございました。
    m(______________)m  
Commented by 無名の鍼灸師 at 2016-07-05 16:34 x
ドクターズルール、確か以前のブログでも読ませていただいたのですが、今回はすぐにワープロソフト上で編集して(私には10番が不要なので)、額縁に入れて事務室のドアにかけておきました。教科書にはない摩訶不思議な、やもすると患者さんを疑ってしまうような症状を持った方が沢山来院するので、これらは今の私を戒めてくれる言葉です。ご紹介していただきありがとうございました。


<< 慢性痛はなかなかややこしくて話...      うれしい報告 >>