心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 17日

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因になりません

紺野愼一教授(福島県立医科大・整形外科)


私はこのTVを見ていませんので説明の流れなど詳しくはわかりません。
ついでに脊柱管狭窄症も犯人ではないと言ってほしいものです。
もう常識となるように!!
その痛みは筋筋膜性疼痛症候群です。
b0052170_18014399.jpg
b0052170_18013637.jpg
そういう古い知識のままの医者は、ヘルニアによる神経の圧迫が腰痛の原因だという旧来の診断をしている。

「英国の調査によれば、『MRIが腰痛治療の改善に寄与していない』という結果が20年前から出ています。


[PR]

by junk_2004jp | 2018-01-17 18:15 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 「軟骨が減っているから痛い」は...      悲しき整形外科 >>