心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 28日

やたらにMRI、CT、レントゲンを撮るな


英国の調査によれば、『MRIが腰痛治療の改善に寄与していない』という結果が20年前から出ています。

どういうことかというと、MRI、CT、レントゲンで得られる所見は腰痛の原因ではないということです。

脊柱管狭窄、椎間孔狭窄、ヘルニア、椎間板狭小、すべり症、分離症などは痛みの原因ではないということです。

画像診断が有効なのは骨折、悪性腫瘍、感染症、強直性脊椎炎などのリウマチ類似疾患の鑑別です。

画像検査することによって、痛みと直接関係のない異常を告げられることによって、かえって治らなくなるものです。

このような検査を受けてよくならない人を毎日診ています。

痛みの本態は筋筋膜性疼痛症候群(MPS)です。

同じことは、膝、肩、股関節などどこにでもいえます。

軟骨変性、半月板損傷、腱板損傷などは健常者にも見られ痛みの原因ではありません。

結局、医療費をかけてよくなるどころか治りにくくしているのです。

しっかり検査するとかえって悪影響とは、現代医療の弱点を笑われているようです。

昔はこういうことが痛みの原因だといわれていました。


b0052170_18580964.jpg
いつのまにか骨折」「いつのまにかヘルニア」「いつのまにか半月板損傷」「いつのまにか腱板損傷」「いつのまにか椎間板狭小」

地球上で立って生活すると上記が起こる可能性があります。つまり生理的な老化で痛みの原因にはなりません。健常人でも見られる変化です。

だからいつのまにかなのです。ところがそれを痛みの原因のように説明される。痛みの悪循環が起きる。→慢性痛(中枢性の痛覚過敏状態)

ケガの場合は痛みの治療と組織損傷の治療は別問題と考えてください。もちろん痛みの治療が優先します。

転んだ拍子に椎体の圧迫骨折になった。転んだ拍子に椎間板ヘルニアになった。転んだ拍子に腱板損傷になった。転んだ拍子に半月板損傷になった。

3ヶ月以上続く痛みを「慢性痛」といいます。

慢性痛とは中枢性の痛覚過敏状態で、痛みそのものが治療の対象です。

慢性痛になりやすい環境、脳(不安など)はあります。

慢性痛の治療のキーポイントは「安心」と「運動」です。

早期の治療ですぐによくなります。

五十肩も変形性膝関節症も変形性股関節症も座骨神経痛も椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄症も手根管症候群も胸郭出口症候群も頚椎症も頚肩腕症候群も梨状筋症候群もアキレス腱周囲炎も同じことです。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-02-28 19:55 | Comments(0)


<< 4年前のぎっくり腰以来腰痛に悩...      タウン情報誌「Clubism(... >>