心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 17日

英国の病院に貼られていたポスター

英国にいる知人が病院に貼られていたポスターを送ってくれた。

下のリンクはコメント欄で知らせてくださいましたので後で追加しました。




b0052170_00210521.jpg

b0052170_23031440.jpg
b0052170_00211210.jpg

BACK PAIN
MYTH BUSTERS

腰痛神話の崩壊

腰痛神話#1

Moving will make my back pain worse
動くと腰痛が悪化する。


腰痛神話#2

I should avoid exercise,especially weight training.
特にウェートトレーニングは避けるべきだ。

腰痛神話#3

A scan will show me exactly what is wrong.
MRIで痛みの原因がわかる。

腰痛神話#4

Pain equals damage
痛みは損傷(痛みの損傷モデル)

=======================================

日本の大学病院でもこのようなポスターが貼られる日がくるように。

脊柱管狭窄、椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、椎間板症、椎間関節症、神経根症などの言葉で表現される病名は痛みの原因ではないということです。

つまり今までの痛みの診断は何だったのかということです。

このような痛み・しびれの診断のもとに手術は絶対にしてはいけないということをいっているのです。

線維筋痛症の患者さんを何人も診ていますが頚や腰の手術を複数回行った人が何人もいます。

線維筋痛症とまではいかなくても慢性痛の患者さんの中にヘルニアなどの手術をした人はいっぱいいます。

腰だけではありません。

頚も肩も膝も股関節も同じことです。

痛みは「主観的な体験」と定義されているのですから、手で押さえて過敏になったポイント(患者が痛いと申告するポイント)をさぐるしかありません。

腰痛の場合は腸腰筋は深いので後方からはわかりにくいことがある。前方の鼠径靭帯のあたりでチェック。


[PR]

by junk_2004jp | 2018-03-17 23:23 | Comments(2)
Commented by ucymtr at 2018-03-19 08:37 x
有用な情報ありがとうございました。英国の公認理学療法士の団体からのもののようです。pdfおよび引用文献を以下に見つけました。
https://goo.gl/pU7dBc
Commented by junk_2004jp at 2018-03-19 13:02
ありがとうございます。日本でもこのようなポスターを作れば医療費の節約もできますし、何より助かる患者さんが多勢いることと思います。

これを「医療費を節約するための謀略だ」と主張する人もいるとか。

痛みの生理学が発展し、またMRIなどの検査機器の発展によってかなり詳しくわかってきました。

生理学的にも統計的にも臨床経過からもまさに腰痛神話はそろそろ終わりにしなくては。

どの部位の痛みについても同じことがいえます。(悪性腫瘍、感染症、リウマチ系、痛風系を除いて)

慢性化は中枢性の痛覚過敏状態です。(時間的加算、長期増強、下行性疼痛抑制系の機能低下)


<< 「神経障害性疼痛」の誤解      慢性痛患者2300万人(日本人... >>