心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 10日

痛みに関して、現状では整形外科や脊椎外科に診てもらわないほうがいいかな

痛み疾患に関して、医師に診てもらうのは注意をするべきです。

特異的疾患:「痛みを伴うことのある特殊な疾患:悪性腫瘍、感染症、リウマチ系・痛風系」これらを除外するということは医師には可能です。

「骨折、腱や靭帯や筋の断裂」と痛みは別の問題です。

「修復すべき組織損傷の有無」の判断と痛みは別の治療と考えたらいいです。

健常人でも普通にみられるものとして「椎間板ヘルニア、半月板損傷、肩板損傷」これらは慢性の痛みの原因になることはありませんので組織損傷に関しては放置が正解です。痛みの治療だけでいい。

「神経が圧迫されて痛い(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)」こんなことをいう医師は痛みに関して正しい知識がないのです。

あの有名な専門医がと思うでしょうが、これが現実です。

「マイクのコードをふんずけていたら音が出た」と言っているのと同じです。全く非科学的です。

手術をしてよくなることのあるのは「儀式的効果、神霊手術的効果、プラセボ効果」です。

効果があっても長続きすることは少ないようです。また痛くなる。

このようなことにMRIやレントゲンを何度も撮り、手術をするのは馬鹿げています。医療費の無駄使いです。

これが保険診療で行われているのですから驚きです。

「軟骨がすり減っているから痛い」「椎間板が潰れているから痛い」「すべり症があるから痛い」これらも間違いです。

そういうことで痛みはおこりません。

画像を見せてこのような説明をすることは扁桃体を刺激してますます痛みの悪化につながります。医療費をかけて悪化させているのです。

医師の個人的な問題というよりも、痛みに関して暗黒の時代だったのです。

1985年ごろより痛みの生理学が爆発的に発展しました。日本は遅れているのです。未だに暗黒の時代にいるのですから。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-05-10 02:39 | Comments(0)


<< 線維筋痛症だった方からのメール...      ガッテン、なかなかよかったですね。 >>