心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 22日

足裏のしびれ=ノイローゼ

Aさん(70歳代)は両足裏のしびれに悩まされている。

数年前、腰痛のため病院を受診した。

脊柱管狭窄症という診断だった。

しばらくして両足の裏にジンジンした感じのしびれを感じるようになった。

当院を受診してふくらはぎの圧痛点数カ所に局所麻酔を注射した。

症状の改善はみられなかった。

「しびれを感じない時はありますか?」

「はい、ゲートボールをしている時は感じないです。」

「しびれは腰から来ているのでしょうか?」

「いいえ、それはノイローゼなんです。気になっておれないのです。だから好きなことをしている時は感じないのです。腰からの可能性は100%ありえません。」

「それも医者によって作られたノイローゼと言ってもいいと思います。」

患者さんはとても納得したようだった。

ノイローゼという言葉を使うときはかなり慎重になる。

「こんなに苦しんでいるのにノイローゼと言われた」と反感を持つ患者さんもいることだろう。

「脊柱管が狭くなっている。神経が圧迫を受けているので、将来足にしびれがくるでしょう。」なんて説明を受けていたとすれば今回のようになることがある。

痛みやしびれは人を容易にノイローゼにする。

慢性の痛みやしびれは不安、神経質と兄弟のような関係です。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-05-22 21:51 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(14)
Commented by みかん at 2018-05-23 05:12 x
以前、腰から下の痺れを相談した者です。雪が解けたらお伺いする予定でしたが、両親が要介護状態になってしまい置いては行けなくなってしまいました。このブログで勉強させていただきながら、せっせと揉みほぐしています。私も、足底の痺れが一番気になる症状です。私もノイローゼですね。毎日歩く度にジンジン痺れるので「気のせい」と言い聞かせながら歩いています。それがノイローゼなのかもって思いました。気にしすぎず、楽しいことで痺れを忘れるべきですね!
Commented by にゃんこ at 2018-05-25 10:05 x
足裏の痺れはノイローゼ?
私の足裏の痺れは、24時間とれたことがない!
痺れの為に痛みもあり、感覚、知覚異常も有るため歩行にも障害があるのだが、ノイローゼという言葉ではかたずけられない痺れも有る。
私の病状は、局所麻酔薬の神経毒性による馬尾症候群であり、何の治療法もなく対症療法のみをうけているので、余計にノイローゼでは納得が出来ないのだ。
リリカ375mg.
サインバルタ60mg.
カロナール原末2g
フェントステープ1mg.
まだ、薬の検討中で2年が経過している。
半月板損傷の手術で、腰椎麻酔を受け
その時の麻酔薬の副作用だ。3665
Commented by junk_2004jp at 2018-05-25 16:53
> みかんさん

そうですね。神経質がそうさせるのか、痺れが神経質にさせるのか。足裏にしびれを訴える人多いですよ。森田療法というのがあります。ありのままに生きる。
Commented by junk_2004jp at 2018-05-25 17:22
> にゃんこさん
ノイローゼという言葉は上手に使わないと反感をもたれることがあります。ごめんなさいね。

「局所麻酔の神経毒性による馬尾症候群」というのは医師によって告げられたのですね。
Commented by にゃんこ at 2018-05-25 20:32 x
局所麻酔薬の神経毒性による馬尾症候群…そう整形外科の主治医に診断されています。
医薬品副作用救済制度に申請しても医療費、医療手当てが支給決定されました。
そのような副作用が有る事などは、全く知らずに安易に手術などするべきでは無かったと後悔するほど、足は麻痺してしまい、リハビリに明け暮れてやっと歩行が出来るようになっても、強く痺れが残り寝ても目が覚め、昼間も痺れが減ることはなく、歩行すればするほど、強くなります。いっその事
ノイローゼ…と。
言われてしまった方が楽なのかも?
こんなに薬を飲み続けなければいけないなら…と。
思うほど辛い痺れです。
因に、1番痺れが酷く、知覚麻痺がある小指を昨日、骨折しました。
少しいつもより外側を向いてしまっている様な気がするのて小指のレントゲンを撮ったら骨折してました。。、
骨折していても、解らないほどの痺れです💦
それでも、ノイローゼ?
Commented by みかん at 2018-05-26 08:00 x
森田療法、調べてみました!『受け入れ 生かす』なんとなく、わかる気がします。これからも、前向きに自分の身体の声を聴きながら頑張ります。先生のブログで、自己解釈しながら(笑)
Commented by junk_2004jp at 2018-05-26 18:39
> みかんさん
本文にも書きましたが、「反感を持つ人もいる」でしょうし、みかんさんのように理解する人もいます。だから文章に書くのではなく顔を見て患者さんの様子を見ながらいうべきことです。

にゃんこさん、気に障ってごめんなさいね。

腰椎麻酔でそのようになるのは極めてまれなことと思います。でもそういうことがあるのなら中止すべきですね。

足裏が痛いとかしびれるという人はとても多いです。痛みとかしびれは神経症状ではありません。

Commented by junk_2004jp at 2018-05-26 18:44
マヒなのかしびれなのか?
Commented by にゃんこ at 2018-05-27 01:02 x
麻痺なのか痺れなのか?…
コメントありがとうございます。
局所麻酔薬注入時の激痛の腰痛麻酔手技後の30分程の手術を無事に終えてから、数時間で痺れが徐々に強くなりだし、いつまでたっても足は動かずに阿佐には、触ることも出来ない程の激痛の痺れとL4.5以下S1~の完全麻痺をしていました。
いつまでたっても動かない足は、このまま一生涯…車イス生活になるかもしれない。
原因は、解らない!
そう、言われながら治験薬を試してみました。
その間も、痺れと麻痺は持続し眠ることも出来ない程の状態が続いていましたが、ある時2ヶ月程したときにピクッ!…と。
親指が動きだし、筋肉が動きだし、腱が動きだし徐々に足が動き始めたのです。。
でも、痺れと知覚麻痺、感覚障害は未だに症状は、当初より改善されつつ有るものの残ったままなのです!

最近では、大きな病院では腰椎麻酔の手術は減って来てあるそうですが、
地方の病院では、麻酔科医ではなく、その担当科の医師が麻酔医をしています。
私に麻酔手技をした麻酔医も整形外科の若い医師でしたが、
私の足の麻痺を見て、「前にも、この様な患者さんがいたが、その人は半年で治った」…と
言っていたので、それほど珍しく無いのだと思ってもいましたが、
半年で治った!…は、今になるとウソだったとおもいます。それは…
私の足が、この様な状態になってから2年が経過するからです
そんなに簡単に改善するわけ無い…という想いからです
私の足は、本当に局所麻酔薬の神経毒性による馬尾症候群なのでしょうか?
この様な状態がいつまで続いて行くのでしょうか?
誰も、ハッキリと言ってくれる医師はいません。。。

Commented by junk_2004jp at 2018-05-27 18:24
> にゃんこさん

>触ることも出来ない程の激痛の痺れとL4.5以下S1~の完全麻痺をしていました。

ここが分からないととろなんですよね〜。運動神経が完全マヒになっていて知覚神経はマヒどころか激しく活動(痛み)している。こんなことは想像できない。

>私の足は、本当に局所麻酔薬の神経毒性による馬尾症候群なのでしょうか?

なにか苦し紛れの診断に思います。(こういうとまたお叱りを受けるでしょうが、本心をいうと)

実際の診てもいないのに想像だけでいうのはいけないのでしょうが、お叱りを覚悟でいうと・・・

治るのではないでしょうか。

キーポイントは「激痛の体験」

(子宮頚ガンワクチン)
Commented by にゃんこ at 2018-05-27 20:40 x
コメントありがとうございます(^-^)
治る!…って言って貰えただけでも嬉しく思います。

私の足が、麻痺から動き始めた時点で
その病院からは退院、リハビリは打ち切りとなりました!
なので、自宅で知り合いの理学療法士を頼りにリハビリを続け、杖が無くても歩行が出来るようになった時は、嬉しかったですが、短下肢装具は今でも外れていません。
知覚麻痺はL5以下にあり、筋硬縮や感覚障害、尾骨、仙骨辺りのヒリヒリする感覚、突然の尿意…等など症状は続いています!

入院中にMRI、神経伝達度検査をし、後は、「薬品会社に聞いたら、そう言う副作用もあるそうです!」…と。
そう、説明されました。
苦し紛れの診断名…ども思いましたので、PMDAに申請したところ認められてしまいました!
まぁ…主治医の意見書、診断書には本当の事は書いては有りませんでしたけど。。。

私に協力してくれる医師は、局所麻酔薬の注入時に痛みを訴えた時は、神経内注入となり、馬尾症候群をおこす。
注意義務違反であり、医療過誤だと言ってくれました。。。
本当にそうなのでしょうか?
本当は、私の足が麻痺すること、後遺症に悩まされる事は無かったのでしょうか???


Commented by junk_2004jp at 2018-05-27 21:28
> にゃんこさん

運動神経マヒと痛覚過敏は逆の現象です。同時に起きるとは考えられません。

激しい痛みの体験が貴方の脳を錯乱させたのでしょう。

いずれ改善すると思います。

子宮頸がんワクチンの騒動を連想した次第です。

>私に協力してくれる医師は、局所麻酔薬の注入時に痛みを訴えた時は、神経内注入となり、馬尾症候群をおこす。

本当かな???
神経内注入=神経根ブロック
Commented by にゃんこ at 2018-05-28 00:02 x
再度のコメントありがとうございます(^-^)
私の協力医師もペインクリニックの医師です。
最初は、神経内注入=神経根ブロック
…と、先生と同じように考えておられました。
しかし、脊髄くも膜下麻酔での神経内は、馬尾症候群を起こす事を検討、考察してブログに載せてくれています。
MGH麻酔の手引き等…他の文献、論文、また、添付文書にも、痛みを訴えた時には、針を抜くか刺し直す。
局所麻酔薬を注入してはならない。
…と、なっております。

先生に、是非ともブログを読んでもらってご意見やご感想を頂きたいものです!
でも、ブログを貼り付けても遅れないですよね?

Commented by にゃんこ at 2018-05-28 07:21 x
これなら送れるかな?
お時間がある時に御一読下さい!ご意見やご感想をお待ちしております。


<< しびれを神経症状という医師が多...      脊柱管狭窄症という病名はどれだ... >>