心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 24日

しびれを神経症状という医師が多いが間違い


しびれはジンジンした感覚をいうのだが、これを神経圧迫による神経症状だという医師が多い。

間違っている。困ったものだ。

細い静脈のうっ血状態ではないかと思っている。

正座、鉄棒ぶら下がり、綱引き、重いものを長時間持つ、血圧計などの時にしびれを体験する。

筋肉の緊張などにより細静脈が影響を受けるのではないだろうか。


手根管症候群のしびれは手を振ると改善すると言われる。

正中神経の分布領域に一致しているのは静脈と神経が伴走して同じような領域に分布しているからかもしれない。

長年、両下肢のしびれ(すべり症による脊柱管狭窄症と診断されていた)がトリガーポイントブロックで一挙に改善した例がある。

知覚鈍磨〜知覚脱失は神経症状(マヒ)だが、長時間の正座のあとしびれと共に知覚が鈍って感じることがあるので注意。

しびれや痛みを神経症状だという説明は間違っている。

私の診察机の下には5Kg重の鉄アレイがある。これはしびれや痛みの原因を実感してもらうためだ。

b0052170_01413825.jpg
腸腰筋の走行
b0052170_01414613.jpg

緩んだ筋肉と突っ張った筋肉のイメージ
b0052170_01415890.jpg
廊下にビデオ(最近はガッテンを流している)
b0052170_01422237.jpg




[PR]

by junk_2004jp | 2018-05-24 01:35 | Comments(0)


<< 医師が代替治療家に負けている      足裏のしびれ=ノイローゼ >>