心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 16日

心因性?

b0052170_22524620.jpg
戸田克広氏より

[痛 みの定義] 国際疼痛学会   1986年


An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage.


不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。


①組織損傷を伴うもの:炎症性疼痛、侵害受容性疼痛、急性痛


②組織損傷があるように表現されるもの:神経障害性疼痛、慢性痛(心因性疼痛)


1990年に神経障害性疼痛を神経系の一時的損傷または機能異常に起因する疼痛と定義される。


現在では「体性感覚系に生じる損傷や疾患の直接的な結果として引き起こされる疼痛」と再定義される。


慢性痛は中枢性の痛覚過敏で痛みそのものが治療の対象となる。


慢性疼痛とは「治療に要すると期待されている時間の枠組みを超えて持続する痛み」と定義されている。(国際疼痛学会)


3ヶ月が目安となっている。


痛みの定義において、2種類の痛みがあると定義されている。

①「組織損傷を伴うもの」は問題がない。

②「組織損傷があるように表現されるもの」をどう表現するかである。

②a ①が遷延して②になった。

②b 組織損傷の兆候がない自発性の慢性痛。


現実的にこの二つを区別することは困難である。このあたりが心因性の有無の議論になっているのか。

b0052170_22531234.jpg
神経根ブロックが効いたのはそこが痛みの現場だったのではなく、痛覚神経の先端からきた痛みの電気信号がそこを通ったということ。


神経根ブロックが効かなかったということはそこを通らなかったということで心因性と決めるのはいかがなものか。


b0052170_23285705.jpg

他人のexperience(経験、体験)と定義されていることを画像で説明することはできないと思う。

[PR]

by junk_2004jp | 2018-06-16 02:37 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< 神経障害性疼痛      慢性痛の治療 >>