心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 21日

痛みの専門家はだれ?

整形外科医は痛みの専門家ではありません。

最も痛みと遠い存在なのかもしれません。形の修復を専門としているわけですから。

痛みはExperience(体験、経験)と定義されています。

整形外科医が痛みと関係があるとすれば、ケガの初期だけです。

慢性痛はケガが治った後の痛みですから整形外科医の出番ではないのです。

運動器に強い痛みを訴えて病院に来た場合、整形外科医、ペインクリニック医、心療内科医が必要です。

整形外科医は修復すべき損傷(ケガ)の有無を検査。骨折や腱の断裂などあっても早急にしなくてよい。

ペインクリニック医は痛みの原因を検査して早急に痛みを止めること。ここが一番大切。

心療内科医は心理・社会的な面の検査。

急性痛で強い痛みを訴える場合は以外と「心理・社会的」要素が強いものです。そういう痛みは不合理な痛みなので抑制が効かない。

ところが、なぜか整形外科医が運動器系の痛みの専門家に祭り上げられたのです。

40年前は金沢大にはペインクリニックはありませんでした。全国的にもそろそろでき始めたころでしょうか。

そのような経緯があって整形外科医が痛みを診始めたわけです。

痛みは繊細な考察が必要ですが、整形外科医になる人は体育会系という感じでミスマッチだったのかもしれない。


痛み系は独立した存在。

急性痛はこれにケガがつきます。

急性痛でも心理・社会的な問題の場合、ケガの存在はない。この痛みの方が激しい。
b0052170_04075260.jpg

ケガ

慢性痛はケガの要素が無くなったもの、つまり痛み系の故障。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-06-21 04:54 | Comments(4)
Commented by yumiko at 2018-06-21 09:27 x
ぎっくり腰は整形外科でしょうか?または病院に行くべきなのか、日にち薬、自然治癒がいはいのか?今まで、肩関節周囲炎左右とヘルニアからの坐骨神経痛で整形外科、リハビリに通っていましたが痛み残りリハビリ回数限度で途中終了。更に線維筋痛症もあり全身関節他痛みあり。初めてのぎっくり腰痛いし不安だし困りますが未だ病院整形外科にも整骨院等にも行かずにいます。
Commented by junk_2004jp at 2018-06-21 21:09
> yumikoさん

難しい判断ですね。ヘルニアからの坐骨神経痛ということはありません。ヘルニアは無視でいいです。全部まとめて線維筋痛症ということだと思います。
Commented by yumiko at 2018-06-22 01:10 x
コメント有り難うございました。
今回のぎっくり腰も、線維筋痛症にまとめてOKとの考え方でしょうか?
それなら頭の中はわかりやすくスッキリして嬉しいです。しかしお尻と左足付け根の痛みで未だに高反発クッションないと家でも外でも座れず常にクッション持ち歩き。現在服用のリリカで痛み取れないなら仕方ないでしょうか?投薬以外の選択肢を知らなかったしまずはそれで様子見ると続けていますが、数年たち、点滴療法や漢方、鍼灸、保険診療と自費取り混ぜての病院が出来ていたりしてかなり揺れ動いています。痛みが少しでも軽減、緩和するならなんでもしでみたい。因みにそこのドクターは投薬もするが、リリカは最後とインタビューで話されていました。長々申し訳ありません。また、ご意見その他是非お聞かせ頂ければ有り難く嬉しいです。
Commented by junk_2004jp at 2018-06-23 20:24
> yumikoさん
中枢性の痛覚過敏状態です。火災報知器が過敏になった状態を想像してください。5月19日のブログ、NHKガッテンをみてください。広範囲な慢性痛=線維筋痛症。私は毎日そのような患者さんをたくさん診ています。

あなたの脳の痛覚感受性がとても増した状態です。(神経可塑性の狂乱)痛みそのものが治療の対象です。

ぎっくり腰だけなら、治療ですぐによくなることが多い。
治療は個人差が多く、なかなか一般化して話せないのですが、私はトリガーポイント注射を得意としています。

リラックスや認知行動療法、薬はトラムセットをよく使っています。そのほか、サインバルタ、ノルスパンテープ、リリカ、トリプタノール、ノイロトロピン。


<< 反面教師      慢性疼痛の機序(日本ペインクリ... >>