心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 12日

高齢者の腰椎圧迫骨折と慢性の腰痛

3人の腰椎圧迫骨折後の慢性の腰痛の患者さんがいます。70歳後半〜80歳代、女性。

① 5年前転倒受傷、骨セメント注入手術を受けるも痛みが続く。靭帯の骨化が原因ではないかと手術を受けたが痛みは改善せず。現在は両方の下肢まで痛みが広がっていて歩行など、日常生活困難。

② 3ヶ月前の転倒。痛みが続いている。片側の下肢に痛みが広がっていて、歩行困難。

③ 半年前の転倒。腰に広く痛みがあり、寝起きなどの動作が困難。

==============

高齢者の腰椎圧迫骨折の治療

❶ 痛みの治療
❷ 骨折の治療
❸ 骨粗鬆症の治療

この3つがありますが、それぞれ別の問題と思ったらいいです。重要さは❶痛みの治療です。❷骨折の治療は無理をしない程度の安静でいいです。1ヶ月ぐらいコルセット。

骨折が治ったら痛みも治るという問題ではありません。

長期臥床はよくない。

❸骨粗鬆症の治療はできればすればいいでしょう。薬。

痛みの治療は当初より積極的に行うべきだと思います。痛みは慢性化するととても厄介です。痛みが下肢に広がることはよくあることです。トリガーポイント注射、アセトアミノフェンなど

[PR]

by junk_2004jp | 2018-07-12 16:27 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by まなお at 2018-07-14 21:04 x
はじめまして。

都内のペインクリニックでトリガーポイント注射を2週間に一度うけて5カ月になります。服薬はノイロトロピン、ぶし末、ケイシカジュツブトウ。激しい痛みはなくなったのですが、まだまだ痛く近所の買い物へも行けない状態だったので、サインバルタ20mgを処方してもらったところ、かなり痛みは軽くなりました。6週間たったのですが状態は同じです。現在夫の収入だけで食べてはいけるのですが、来年は上の子が大学進学するので、できれば復職したいのです。サインバルタを増量すればさらに痛みは軽くなるのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2018-07-18 07:14
> まなおさん

その可能性はあると思います。通常20mgからはじめて40mgに増量することが多いです。
Commented by まなお at 2018-07-18 09:18 x
加茂先生、ありがとうございます。

昨日注射をして症状はさらによくなったようです。サインバルタは増量せず、もう少し様子を見ようかと思っています。

先生の本、ブログを見て勉強させてもらっていますし、みなさんのやりとりから励まされてます。


     医師が痛みについてどの程度の知... >>