心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 30日

HOW TO TEACH DOCTOR ABOUT MPS (医者にいかにしてMPSを教えるか)


HOW TO TEACH DOCTOR ABOUT MPS 

繊維筋痛症と同様、MPSもしばしば誤解されている。今日でさえ、MPSの徴候や治療を理解していないのみならず、その存在すら信じない医師が少なからずいるのは驚きである。MPSの治療は、正確な診断があってはじめて行うことができる。

本日の3症例

① 60歳代後半、女性

9ヶ月前、平泳ぎをして右膝の裏に痛みあり。鍼に数回通院。病院でヒアルロン酸注射を続けたがよくならず。病院を変えたが同じようなことだった。左膝も痛くなってきた。歩き方が変なせいか右の股関節や太ももにも痛みが出てきた。娘の勧めで当院受診。

腸腰筋、大腿直筋、内側広筋、腓腹筋などにできた圧痛点に局所麻酔を注射した。(0.5%メピバカイン、数ミリcc)
すぐに痛みが軽減した。

MPSです。痛みは慢性化とともに広がることがあります。

② 70歳代前半、女性

3年前、剪定をしてより、左肩痛。服の着脱時に痛む。MRIの結果、肩板断裂ありであまり動かさないようにいわれている。

棘下筋や大胸筋などにできた圧痛点に注射。よく動かしてもらう。すぐに痛みがなくなった。

MPSです。

③ 70歳代後半、女性

両側の頚痛、右下腿痛、2月ごろ、咳がとまらず、クビも痛くなった。いろいろ検査を受けたが咳の原因も分からなかった。
炎症の値が高いということで筋肉リウマチという診断でステロイドを飲んでいるのだが・・・。現在は咳は止まっている。

今日で3回目の診察だが、あまりよくならないと心配している。ステロイドは止めてアセトアミノフェンにした。

「雪かきをして、近所の人とトラブルになり、強く叱られた。」それから眠れなくなり、食欲もなくなった。そのころから咳や痛みが出てきた。

MPSです。発症のきっかけは強いストレスだと思われる。

いずれの症例も筋筋膜性疼痛症候群(MPS)なのだが、医師はこの病名を知らない。だからどれだけ検査をしてもこの病名にたどりつくことはない。

3症例とももし私が、痛みが生じてすぐにでも診察していれば、レントゲンやMRIも撮らずに1〜数回の簡単な治療でよくなっていた可能性がある。

医師が大学でMPSを習わないということが問題だと思う。ほとんどの痛みはMPSなのだが・・・。




[PR]

by junk_2004jp | 2018-07-30 18:28 | MPS | Comments(0)


<< ギックリ腰      激しい痛み(痛み行動)ほど心理... >>