心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 09日

慢性痛は精神科医が診断すれば「身体表現性障害の中の疼痛性障害」

b0052170_02540413.jpg

「原因不明の身体症状」との付き合い方」

「脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、変形性関節症など、原因がわかっている!」とは思わないで。

整形外科医の勉強不足による早ガッテンだ。

b0052170_03015437.jpg
b0052170_03060735.jpg
b0052170_03063764.jpg
b0052170_03071571.jpg
慢性痛を身体科医師が診断すれば「筋筋膜性疼痛症候群」「線維筋痛症」ということになる。

ヘルニアや狭窄症などはただ構造の状態を言ってるだけで慢性痛の原因ではない。

慢性痛は脳の機能異常(痛覚過敏)だと言われている。

脳という身体の一部の機能異常なのだ。それを「心」と表現するかは議論の余地がある。

一口に慢性痛と言っても身体科よりなものから、精神科よりなものまで幅広いスペクトラムがある。

生物・心理・社会的疼痛症候群

不安、徹底的にやりすぎる人、頑張り屋、医原性

急性痛から慢性痛に移行したもの

最初から慢性痛(不安障害、トラウマ、PTSD)

飛鳥、奈良時代とあまり変わりがない。より複雑になっているかもしれない。

b0052170_03151672.jpg
中宮寺・弥勒菩薩半跏思惟像
「苦・辛・悲・痛み、どないしたらいいものか〜」

b0052170_03195358.jpg
興福寺・千手観音
「いろんな手で解決しまっせ!」

b0052170_03273459.jpg
薬師寺・薬師三尊
「お薬あるよ!」



[PR]

by junk_2004jp | 2018-10-09 03:36 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 痛みの用語      「安心と期待」が痛みを治す。不... >>